1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. 三浦大知
  6. 三浦大知が『Unlock』で表現してみせたゴーストライターの心情とは?

三浦大知が『Unlock』で表現してみせたゴーストライターの心情とは?

三浦大知の『Unlock』を紹介します。彼は歌って踊れる無敵のアーティスト!振付も自分で考え、更にはピアノ弾き語りもでき、作詞作曲もできてしまう、天才的なアーティストです!

公開日:2015年6月13日 更新日:2019年2月1日


この記事の目次 []
  1. ・多才なアーティスト三浦大知
  2. ・ドラマ主題歌になった『Unlock』
  3. ・ドラマと呼応する歌詞
  4. ・KOHARU SUGAWARAと息のあったダンスも必見!

多才なアーティスト三浦大知

三浦大知は歌って踊れるアーティスト。振付も自分で考え、更にはピアノ弾き語りもでき、作詞作曲した曲まであります。

ワンマンライブに行くと、その多彩ぶりがダイレクトに分かります。何曲踊りながら歌っても、声がぶれることがありません。また、振付の面白さも群を抜いています。歌詞や音楽を視覚的に広げる意識が観てとれるのです。

そんな三浦大知のこの曲『Unlock』はフジテレビ系列で放送されたテレビドラマ『ゴーストライター』の主題歌として使われていました。

ドラマ主題歌になった『Unlock』


このドラマは、中谷美紀演じる売れっ子作家が小説を書けなくなり、アシスタントだった水川あさみがゴーストライターとして小説を書く物語です。

ちょっとしたきっかけからゴーストライターの道にハマっていく過程が面白いサスペンス作品。作家とゴーストの駆け引き、確執、そして奇妙な関係が描かれます。最終的な終わり方も納得いくもので、評判は上々。視聴率はふるいませんでしたが、多くの人に観てもらいたいドラマですね。

主題歌の『Unlock』。ドラマ内では、冒頭でストーリーがちょっと進んでからのサビの最初のフレーズが流れてきます。
----------------
いつから You lost who you are
≪Unlock 歌詞より抜粋≫
----------------

そのあとに、オープニング映像が「Just un-un-un-unlock yourself」のフレーズとともに流れてくるのです。

ドラマと呼応する歌詞

ドラマ内で、作家もゴーストも「いつからこんな関係になってしまったんだろう?」と自問自答します。まさに歌詞が、登場人物の心情と呼応していたのです。

----------------
閉じ込めたのは何を守るため
≪Unlock 歌詞より抜粋≫
----------------
このフレーズも、作家とゴーストという関係を2人の中で閉じ込めて、作家は自身のポジションを、ゴーストは自分の創作意欲を守る様と呼応しています。

曲が使われている箇所自体は少ないものの、かなり効果的に楽曲が使われた例でした。

KOHARU SUGAWARAと息のあったダンスも必見!

この曲のMVで三浦大知は、世界的に評価の高いダンサーKOHARU SUGAWARAと息のあったダンスを披露しています。楽曲が持つ緊張感を動きで表現しています。「2人で踊る」というのもドラマの作家とゴーストの関係を連想させますよね。

三浦大知は新曲『music』を6月17日に発売します。公開されているリリックビデオを観ると、かなり爽やかな印象の曲調。

三浦大知にとって「音楽」はきっと楽しいものなんだろうなと思わせる映像です。こちらも楽しみですね。

▷Unlockの動画を見る

TEXT:改訂木魚(じゃぶけん東京本部)

▷三浦大知 公式サイト ▷三浦大知 オフィシャルファンクラブ「大知識」 ▷三浦大知 Instagram ▷三浦大知 Twitter

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

UtaTen リクエスト歌詞掲載のお知…

父の日にピッタリ!お父さんの歌特集!