1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. 米米CLUB
  6. ただ単に同じ単語を連呼しているわけではない!米米CLUBの『Shake Hip!』

【歌詞コラム】ただ単に同じ単語を連呼しているわけではない!米米CLUBの『Shake Hip!』

このアーティストの関連記事をチェック

ナンセンスの追求こそ戦争。米米CLUB…

米米CLUB、長きに渡り絶大的人気を誇…

米米CLUBは、ツインボーカルにギター、ベース、ドラム、ダンサー、コーラスがつき、さらにホーンセクションまでいるという大所帯バンドです。

公開日:2016年10月17日 更新日:2019年7月1日


この記事の目次 []
  1. ・大ヒット曲を生み出したバンド
  2. ・Shake Hip!
  3. ・音のリズムを仕込む
  4. ・米米CLUBだからこそできる音楽

大ヒット曲を生み出したバンド


米米CLUBは、ツインボーカルにギター、ベース、ドラム、ダンサー、コーラスがつき、さらにホーンセクションまでいるという大所帯バンドです。

170万枚売れた『浪漫飛行』、289万枚売れた『君がいるだけで』という大ヒット曲を持ち、全盛期はテレビにも積極的に出ていました。

『Shake Hip!』は、そんな米米の代表曲の一つ。倖田來未もカバーしています。米米は、もともとファンクを主体としたバンドであり、そんなファンクバンドの側面がよく出ているノリのいい曲です。

タイトルは、米米流に言うなら『ケツをふれ!』。そのタイトルどおりに、ライブでファンが一斉に踊る曲です。

Shake Hip!

----------------
Youの心 フュージョン
ルージュから
レーザー発してるよ
Shake Hip ゆれる度に
Oh! Sexy Shock!
≪Shake Hip! 歌詞より抜粋≫
----------------

歌いだしの歌詞です。「Youの心 フュージョン」あなたの心に融合するようだ、と言っています。「ルージュからレーザー発してるよ」口紅からレーザー光線を浴びるかのようなショック。男が女に夢中になっている歌であることが最初の段階で分かります。

「フュージョン」「ルージュ」と似たような響きの言葉を並べてリズムを作ります。「レーザー」とやや変化をつけてから「シェイクヒップ」というタイトルの語が登場。

「フュージョン」「ルージュ」「レーザー」とのばす音を連続してから「シェイクヒップ」というはねる音をもってきて、印象に残るようにしているんですね。

----------------
Youの瞳クレイジー
でもひかれる My Heart
そのドレスやぶって
Mon amour
≪Shake Hip! 歌詞より抜粋≫
----------------

「クレイジー」「マイハート」と、ここでものばす音を入れています。

「Mon amor」はフランス語で愛する人の意味。男が女にひかれ妄想を膨らませていることが分かる展開です。ここでは「シェイクヒップ」の単語は入れずに温存します。

音のリズムを仕込む


----------------
思うまま Dancing
とても とどかないよ Baby
いたずらに視線を
なげないで yeah yeah
yeah yeah yeah yeah
≪Shake Hip! 歌詞より抜粋≫
----------------

サビへとつながる箇所。「ダンシン」「ベイべ」ときてから、「いたずらに視線をなげないで」。男が女に翻弄されている歌詞が続きます。「だんしん」「べいべ」「いたずら」「しせん」「なげない」「い」の音を連続させ、さらに「なげなーいでーいえいえいえいえ」と歌います。

「シェイクヒップ」というタイトルが「い」の音を2回入れてますが、このサビへとつながる箇所で「い」の音のリズムを仕込んでいたんですね。

この曲は、全体を通してなんとなく聴くと、ひたすら「シェイクヒップ」という単語を連呼しているかのような曲に思えます。

しかし、実はきちんと作られた曲。この前半部分で巧みに伏線を仕込んでいたからこそ、「シェイクヒップ」が際立っていることが分かります。また、「シェイクヒップ」は女のお尻が揺れている状況ですが、男が興奮して心が激しく揺れていることにもかけているんですね。

米米CLUBだからこそできる音楽


----------------
「Do you know us?
We are the 米米CLUB」
≪Shake Hip! 歌詞より抜粋≫
----------------

途中で台詞が入るのもポイント。「We are the米米CLUB」と自己紹介しています。このさりげない自己紹介があるからこそ、この曲が「米米CLUBのメンバー全員で作っている曲」であることが分かるのです。

この台詞の後には、ホーンセクションのきらびやかな見せ場がきます。単調になりかねない曲を様々な趣向で聴かせているんですね。

バンドにダンサー、コーラス、ホーンまでそろったグループは今も昔も米米以外にありません。『Shake Hip!』は、この形態だったからこそ輝いた曲でもあります。

TEXT 改訂木魚(じゃぶけん東京本部)

米米CLUBは、1959年11月8日生まれ神奈川県川崎市出身でボーカル担当のジェームス小野田・1959年9月22日生まれ茨城県北茨城市出身でボーカル担当のカールスモーキー石井・1960年3月5日生まれ神奈川県川崎市出身でベース、コーラス担当のBON・1964年3月22日生まれ千葉県出身でサックス、キーボード、···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

許されぬ恋だからこそ儚く美しい、結成1…

最新アルバム『ラ・セラヴィー』の「エロ…