1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. 米津玄師
  6. 「人波」ではなく「人並み」を眺める。米津玄師と中田ヤスタカが『NANIMONO』で表現する不安と希望

【歌詞コラム】「人波」ではなく「人並み」を眺める。米津玄師と中田ヤスタカが『NANIMONO』で表現する不安と希望

このアーティストの関連記事をチェック

米津玄師が「メトロノーム」に託した『さ…

ハズレ無しの面白さ!「ノーサイド・ゲー…

中田ヤスタカと米津玄師の初コラボが実現し、映画『何者』主題歌が誕生しました。

公開日:2016年11月1日 更新日:2018年10月26日


この記事の目次
  1. ・米津玄師×中田ヤスタカがタッグを組んだ「何者」
  2. ・NANIMONO(feat.米津玄師)│中田ヤスタカ 歌詞
  3. ・中田ヤスタカ - NANIMONO (feat. 米津玄師) (Official Video)
  4. ・“人波”ではなく“人並み”である理由
  5. ・愛されたのなら大歓迎
  6. ・「何者」が登場
  7. ・もどかしさを歌う歌詞
  8. ・米津玄師 最新情報
  9. ・リリース情報
  10. ・ライブ情報
  11. ・米津玄師 Profile
  12. ・中田ヤスタカ 最新情報
  13. ・中田ヤスタカ Profile


米津玄師×中田ヤスタカがタッグを組んだ「何者」

中田ヤスタカと米津玄師の初コラボが実現し、映画『何者』主題歌が誕生しました。

楽曲は、中田ヤスタカ名義となり『NANIMONO(feat.米津玄師)』のタイトルでリリースされています。

中田ヤスタカは、Perfumeやきゃりーぱみゅぱみゅのプロデュースで有名な作曲家。

今作では、作曲と編曲を担当。米津玄師は、ニコ動で発表してきた楽曲で注目を浴び、メジャーデビューしたシンガーソングライター。今作の作詞とボーカルを担当しています。

NANIMONO(feat.米津玄師)│中田ヤスタカ 歌詞



中田ヤスタカ - NANIMONO (feat. 米津玄師) (Official Video)



“人波”ではなく“人並み”である理由

“踊り場の窓から
人並みを眺めていた

僕らはどこへ行こうか
階段の途中で

不確かな言葉を携えて
呼吸を揃えて初めまして

そんで愛されたのなら大歓迎
繰り返し向かえ遠く向こうへ”
≪NANIMONO feat.米津玄師 歌詞 より抜粋≫

「踊り場の窓」というフレーズから曲はスタートします。「踊り場」=「階段の途中」。これは「人生の途中」であることを示している歌詞。

また、「窓」から眺めていたのが「人並み」であるという点に注目。人が波のように多い「人波」ではなく、あえて人並みになりたい意味の「人並み」の字をあてているのです

この最初のワンフレーズだけで、人生の途中で人並みの生活をおくれるかという不安を歌っていることが分かるんですね。

「不確かな言葉を携えて」と「呼吸を揃えて初めまして」の対比が登場。この曲の歌詞は、対比で構成されています。

面接や自己紹介の際に出てくる言葉は、自信もない「不確かな言葉」。しかし、それでも「呼吸を揃えて」=周囲と足並みを揃えて、言葉を発しなければならない。そういった息苦しさと緊張感を歌っています。

愛されたのなら大歓迎

続くフレーズが「そんで愛されたのなら大歓迎」。「それで」でなく「そんで」にすることで音にのりやすくなります。

また、歌詞の主人公が口頭で語っているような印象を与え、聴く者の耳に入りやすくなるんですね。「初めまして」という最初から新しい環境の人から愛されれば、文字通り「大歓迎」されるでしょう。しかし、現実はそう上手くいかないもの。だから「繰り返し」向かっていくんですね。

「何者」が登場

“結局僕らはさ
何者になるのかな

迷い犬みたいでいた
階段の途中で

大胆不敵に笑ったって
心臓はまだ震えていて

それでもまたあなたに会いたくて
下手くそでも向かえ遠く向こうへ”
≪NANIMONO feat.米津玄師 歌詞 より抜粋≫

「何者になるのかな」のフレーズ。ここでタイトルである「何者」が登場します。「自分が何者になれるのか」という不安をこの一言で表現している、映画タイトルでもあるこの言葉。これを「結局僕らはさ 何者になるのかな」と歌います。

「結局」という表現で諦念のようなものが見え、さらに「なるのかな」という疑問形で不安を表現。「僕らはさ」の「さ」は、この一語を入れることで5文字になり、語呂が良くなる役割を担っています。また、「あのさ」と呼びかけるような効果も発揮。この「さ」があることで聴き手に届きやすくなります。

「大胆不敵に笑ったって」と「心臓はまだ震えていて」。ここでも対比構造が登場します。歌詞の主人公が、友人と将来について笑いながら話している様子が分かります。

笑いながらも心は不安である模様

「それでもまたあなたに会いたくて」と、ここではじめて「あなた」が登場。この「あなた」は踊り場で話を聞いてくれている友人かもしれないし、憧れの人やお世話になった人かもしれない。聴き手が自由にあてはめることができます。

もどかしさを歌う歌詞

“大根役者でいいとして
台本通り踊れなくて

ただまっすぐ段を登っていけ
わかっちゃいたって待ちぼうけ

みっともないと笑ってくれ
僕に名前をつけてくれ

踊り場の窓に背をむけて
前を見て向かえ遠く向こうへ”
≪NANIMONO feat.米津玄師 歌詞 より抜粋≫

「大根役者でいいとして」ここは、「不確かな言葉」の言い換えですね。へたくそな芝居でもいいとしても、結局台本どおりに行動することもできないもどかしさを歌う歌詞。

まっすぐ階段をのぼっていけばいいと分かっていても、「待ちぼうけ」になるようなことをしでかしてしまいます。こういう「頭では分かっているけれども実際の行動にうつせない」感覚を巧みに歌詞にしています。米津玄師は、こういう「みっともなさ」を曲に反映させるのが上手いんですね。

そしてこの曲の一番の要は、必ずラストで「向かえ遠く向こうへ」で終わること。「向かえ遠く向こうへ」という前向きな歌詞で、曲全体の雰囲気が前向きになるのです。中田ヤスタカの明るいサウンドが、この「向かえ遠く向こうへ」の肯定感を強調します。

世には様々なコラボがありますが、この曲は米津玄師と中田ヤスタカのそれぞれの持ち味が出た曲だと言えるでしょう。

『NANIMONO』は、就活中の学生の心情だけにとどまりません。全ての人の人生における「自分は何者になれるのか」という不安と希望を歌っているのです


TEXT:改訂木魚(じゃぶけん東京本部)

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

米津玄師 最新情報

リリース情報

●2019年9月11日(水) 発売
米津玄師 New SINGLE『馬と鹿』



▷米津玄師『馬と鹿』特設ページ

★ノーサイド盤(初回限定)
価格:1,900円(税抜)
品番:SECL-2493~94
内容:CD+ホイッスル型ペンダント(レザージャケ)

★映像盤(初回限定)
価格:1,500円(税抜)
品番:SECL-2495~96
内容:CD+DVD(紙ジャケ)

★通常盤
価格:1,000円(税抜)
品番:SECL-2497
内容:CD only 

《全形態共通・初回封入》
※初回生産分のみ封入、なくなり次第終了となります。

・米津玄師 2020 TOUR / HYPE チケット最速先行「抽選応募券」

[応募期間]
2019年9月10日(火)10:00〜
2019年9月15日(日)23:59

【収録内容】
[CD]※全形態共通
01. 馬と鹿
02. 海の幽霊
03. でしょましょ

[DVD]※「映像盤(初回限定)」のみに収録
01. 「米津玄師 2019 TOUR / 脊椎がオパールになる頃」LIVE Teaser
・Flamingo
・LOSER
・砂の惑星
・飛燕
・かいじゅうのマーチ
・春雷

・TEENAGE RIOT
・amen
・Undercover
・Lemon
・ごめんね (total 18min)

02. 「海の幽霊」MV

《購入者店舗特典》
・ラバーバンド
※特典は「先着」となり、数に限りがあります。一部の店舗/ECサイトでは特典が付かない場合がございます。ご予約ご購入の際は、特典の有無を必ず店頭/ECサイトでご確認下さい。


●2019年8月12日(月) 配信
米津玄師『馬と鹿』 
▷配信先はこちら


ライブ情報

●米津玄師 2020 TOUR / HYPE

2月1日(土), 2日(日)
和歌山県:和歌山ビッグホエール

2月8日(土), 9日(日)
福井県:サンドーム福井

2月15日(土), 16日(日)
神奈川県:横浜アリーナ

2月22日(土), 23日(日)
広島県:広島グリーンアリーナ

2月27日(木), 28日(金)
宮城県:宮城セキスイハイムスーパーアリーナ

3月7日(土), 8日(日)
三重県:三重県営サンアリーナ

3月11日(水), 12日(木)
大阪府:大阪城ホール

3月17日(火), 18日(水)
埼玉県:さいたまスーパーアリーナ

3月25日(水), 26日(木)
福岡県:マリンメッセ福岡

4月4日(土), 5日(日)
北海道:北海きたえーる

米津玄師 Profile

ハチ名義でボカロシーンを席巻し、2012年本名の米津玄師としての活動を開始。その独特なサウンドメイクをした楽曲の強さと、リアルな言葉の数々は圧倒的で、今の音楽シーンにはない新鮮さを鮮烈に刻み話題に。

2015年リリースの3rdアルバム『Bremen』ではオリコン週間アルバムランキング1位、iTunes週間チャート1位、Billboard Japan週間チャート1位という三冠を達成、2015年度レコード大賞優秀アルバム賞受賞した。

2016年はユニバーサル・スタジオ・ジャパン15周年企画 “やり過ぎ” コラボ、ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」公式イメージソング、佐藤健・有村架純らが主演の映画「何者」の主題歌を中田ヤスタカ×米津玄師として初のコラボレーション作品として発表したりと、多岐にわたる才能を披露した。

同年9月に発売したシングル『LOSER / ナンバーナイン』はオリコン週間シングルランキング自身最高の2位を記録。2017年2月には羽海野チカ原作のTVアニメ「3月のライオン」エンディングテーマを務め、自身初のアニメタイアップとなったシングル『orion』は、iTunesチャートを始め、各配信ダウンロードサイトで軒並み1位を獲得し、配信11冠という快挙を達成した。

6月に発売したTV アニメ「僕のヒーローアカデミア」のオープニングテーマとして書き下ろした『ピースサイン』がオリコン週間シングルランキング2位を獲得。iTunesチャートでもシングル・バンドルと1位を獲得。8月には、初音ミク10周年「マジカルミライ2017」テーマソングとして、ハチ名義の『砂の惑星』を発表し、ニコニコ動画でボカロ最速ミリオンの記録を樹立。

また、映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」主題歌をプロデュースし、『打上花火』DAOKO×米津玄師として発表した。11月には4枚目のアルバム『BOOTLEG』を発表し、オリコン週間アルバムランキング1位、iTunes週間チャート1位、Billboard Japan週間チャート1位を始めウィークリー1位の23冠という快挙を達成。

2018年1月からはTBS金曜ドラマ「アンナチュラル」の主題歌として『Lemon』を書き下ろし“ミリオン”セールスを記録。「第96回ドラマアカデミー賞」にて【最優秀ドラマソング賞】を受賞。日本レコード協会にて「史上最速」の200万DL認定など音楽史に残る記録を残している。

8月には2020年とその先に向けて、頑張っているすべての人たちを応援するプロジェクトの楽曲として小学生ユニットFoorinがうたう「パプリカ」を発表。10/31には両A面シングル「Flamingo / TEENAGE RIOT」をリリース。

表題曲の1つ『Flamingo』Music VideoはYouTube公開から3時間で100万再生突破と自己最速を記録、オリコン週間シングルランキングで1位を獲得。

『Lemon』は発表後、1年を通してその支持が拡大し続け、2018年・年間ランキング各主要チャートを総なめにし、昨年末には紅白歌合戦に初出場、初のテレビ歌唱が話題を呼び、MV4億再生を突破、デジタル・フィジカル合算300万セールス突破と、年度を象徴する楽曲となり、2019年上半期チャートにおいても尚、軒並み首位を獲得している。
 
2019年5月、菅田将暉『まちがいさがし』をプロデュース。6月にはアニメ映画「海獣の子供」主題歌として『海の幽霊』をリリース。首位18冠を獲得し、2019年最大のヒットとなった。

8月には、子供たちの間で最も人気のあるキッズソングとして定着したFoorinがうたう『パプリカ』のセルフカバーバージョンを発表、米津玄師 MV『パプリカ』は、公開より4日と9時間で1,000万再生突破という、今年発表した『海の幽霊』MVの公開から4日と12時間という「自身最速」記録を塗り替えることとなった。

また、MVに関しては、『Lemon』が4億再生と日本人アーティスト初の記録を更新し続けているだけでなく、1億再生が9作品という圧倒的な記録を達成し(『Lemon』『アイネクライネ』『LOSER』『ピースサイン』『灰色と青(+菅田将暉)』『orion』『Flamingo』『打上花火』「パプリカ」)、公式YouTubeチャンネル登録者数は418万人を突破している。

▷米津玄師 オフィシャルサイト
▷米津玄師 公式twitter URL

中田ヤスタカ 最新情報

【New Release】
中田ヤスタカ
digital single「White Cube (+Voice Version) [feat. 苺りなはむ]」
2018.03.09 配信

【Discography】
中田ヤスタカ
new album『Digital Native』
2018.02.07 release

□初回限定盤(2CD) WPCL-12695/6 ¥3,300(税抜)
□通常盤(CD) WPCL-12697 ¥2,800(税抜)

□disc1:
01 White Cube
02 Crazy Crazy (feat. Charli XCX & Kyary Pamyu Pamyu)
03 Love Don’t Lie (Ultra Music Festival Anthem)(feat. ROSII)
04 NANIMONO (feat. 米津玄師)
05 Source of Light
06 Digital Native
07 Jump in Tonight (feat. 眞白桃々)
08 Level Up (feat. banvox)
09 Wire Frame Baby (feat. MAMIKO[chelmico])
10 Give You More

□disc2:初回限定盤のみ
01 Zedd & Alessia Cara「Stay - Yasutaka Nakata Remix」
02 Steve Aoki & Moxie「I Love It When You Cry (Moxoki) - Yasutaka Nakata Remix」
03 Madeon「Pay No Mind feat. Passion Pit - Yasutaka Nakata Remix」
04 Kylie Minogue「Into The Blue - Yasutaka Nakata Remix」
05 Kylie Minogue「Get Outta My Way - Yasutaka Nakata Remix」
06 Passion Pit「The Reeling - Yasutaka Nakata Remix」
07 Sweetbox「EVERYTHING'S GONNA BE ALRIGHT - Yasutaka Nakata Remix」

【関連リンク】
■中田ヤスタカ『Digital Native』ダウンロード&ストリーミング
https://lnk.to/-g7yg

■中田ヤスタカ オフィシャルサイト
http://yasutaka-nakata.com

■中田ヤスタカ OFFICIAL YouTube CHANNEL
https://www.youtube.com/c/YasutakaNakataOfficial

中田ヤスタカ Profile

音楽家・DJ・プロデューサー。‘01年に自身のユニットCAPSULEにてデビュー。その独自の音楽性によってシーンを牽引し続けている。プロデューサーとしては、Perfume、きゃりーぱみゅぱみゅなど数々のアーティストを世に送り出した。また、世界中のアーティストから支持を受けている数少ない日本人アーティストであり、Madeon、Porter Robinson、Sophie(PC Music)といった第一線で活躍している彼らも「強くインスパイアされたアーティスト」として中田ヤスタカの名を挙げるなど、海外シーンへの影響力も大きい。国際的なセレモニーへの楽曲提供や、北陸新幹線金沢駅の発車予告音などパブリックな作品の他、ハリウッドを始めとする国内外数々の映画の楽曲制作にも携わっており、映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」では監督であるJ・J・エイブラムスと共同プロデュースによる劇中曲も手がけているなど、その活動の幅は多岐に渡る。

近年では全国公開の映画「何者」('16)のサウンドトラック、及び主題歌「NANIMONO(feat.米津玄師)」 を発表。同楽曲は、Spotify 2016年度のジャパンランキングにて「日本で最も再生された日本の楽曲」で1 位を獲得、「日本国内で最も再生されたアーティスト」でも中田ヤスタカが2位にランクインした。

■中田ヤスタカ オフィシャルサイト
http://yasutaka-nakata.com

■中田ヤスタカ – Give You More 配信リンク
https://lnk.to/KWl0r

乃木坂46、秋元真夏が残されるメンバー…

メジャーデビューから1年、Mrs. G…