1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. アルカラ
  6. アルカラの『炒飯MUSIC』は『ドラゴンボール』シリーズのオマージュにあふれている

【歌詞コラム】アルカラの『炒飯MUSIC』は『ドラゴンボール』シリーズのオマージュにあふれている

このアーティストの関連記事をチェック

ジュースの歌じゃない! ロック界の奇行…

「瞬間 瞬間 瞬間」は音楽に対するアル…

アルカラは、2000年代からずっと活躍を続けている4人組のバンド。『炒飯MUSIC』曲は『ドラゴンボール超』のエンディング

公開日:2016年12月7日 更新日:2017年5月30日




アルカラは、2000年代からずっと活躍を続けている4人組のバンド。2016年11月に『炒飯MUSIC』をリリースしました。この曲は『ドラゴンボール超』のエンディングテーマ。かつての『ドラゴンボール』シリーズの主題歌を意識して作られているのが特徴。



例えば、MVが『ドラゴンボールZ』初代のエンディング『でてこいとびきりZENKAIパワー』を模したものになっています。『でてこいとびきりZENKAIパワー』は、幼い頃の孫悟飯にスポットを当てている曲。曲中に、悟飯とごはんをかけたフレーズも出てきます。アルカラの曲タイトルが『炒飯MUSIC』なのは、これもまた悟飯にかけているからなんですね。

“名前も知らない
オタマにまたがり
4000年の怪物
かき混ぜて たちまち仕上がり
不思議な物語
そっとーパラパラスパイス一投
世界でただただ一途
メシ上がれ
暴れ出せリビドー 右手にはレンゲ
止め刺してやれー”


「名前も知らないオタマにまたがり」の歌詞でAメロがスタート。「オタマ」は、ドラゴンボールの「球」とかけていますね。「4000年のモンスター」の歌詞は、前述のED曲『でてこいとびきりZENKAIパワー』の「駆けてくるよアップル色モンスター」の歌詞とかけています。「4000年」という月日は、中国4000年の歴史をふまえているフレーズ。『ドラゴンボール』は、もともと中国の昔話『西遊記』をベースにしてスタートしています。炒飯に中国の歴史が詰まっていることも、このフレーズで表現。この曲は、ドラの音も効果的に入れて中華風の雰囲気を出しています。最初のフレーズは炒飯を食べる行為と、『ドラゴンボール』のストーリーを掛け合わせているんですね。

「不思議なストーリー」は、『ドラゴンボール』シリーズが持っている不思議なストーリー展開そのものを表現。そしてこのフレーズもまた、初代『ドラゴンボール』主題歌『摩訶不思議アドベンチャー』のタイトルにかけています。「世界でただただ一途」の歌詞も、『摩訶不思議アドベンチャー』に登場する印象的なフレーズ「世界でいっとー不思議な奇跡」とかけています。かつての『ドラゴンボール』シリーズ主題歌を知るファンはピンとくるんですね。

“你好 5 6 7 8
超謝謝炒飯好吃”


サビのフレーズは「你好5678」。こんにちは、という意味の単語と数字を中国語で表現しています。ドラゴンボールは7つ。∞にも見える8を加えて、『ドラゴンボール』シリーズが無限に拡大していく様子を表します。「超」と表記して、スーパーと読む歌詞は現在の『ドラゴンボール超』をうけていますね。

アルカラは、これまで発表してきた曲にも、例えば『夢見る少女でいたい。』というものがあります。この曲のタイトルも、相川七瀬の代表作『夢見る少女じゃいられない』のパロディですね。原曲にリスペクトをしてパロディをしつつ、独自の新しい曲を作るのがもともと得意なバンド。

この『炒飯MUSIC』『ドラゴンボール』主題歌のパロディでありつつ、『ドラゴンボール』愛がつまった一曲。アルカラだからこそできる曲なのです。



TEXT:改訂木魚(じゃぶけん東京本部)

▷オフィシャルサイト  ▷レーベルサイト  ▷アルカラ LINEスタンプ

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

【歌う動画トップテン:12/12付】成…

V系バンドDaizyStripperと…