1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. インタビュー
  5. AK-69
  6. 【インタビュー】AK-69が自身の事務所Flying Bを設立するという厳しい道を選び再び“挑戦者”となり、ニューアルバムをリリース!

【インタビュー】AK-69が自身の事務所Flying Bを設立するという厳しい道を選び再び“挑戦者”となり、ニューアルバムをリリース!

ヒップホップ界を牽引するアーティストが揃うDef Jam Recordingsの、日本再始動初のアーティストとして契約を果たしたAK-69

公開日:2016年12月3日 更新日:2019年6月14日

Interview

愛香


この記事の目次
  1. ・AK-69にインタビュー
  2. ・自身が代表を務めるFlying B Entertainment」
  3. ・アルバム『DAWN』 タイトルに込めた意味
  4. ・レーベルDef Jam Recordings
  5. ・アルバム『DAWN』と楽曲の『DAWN』について
  6. ・初共演となるUVERworldとの楽曲
  7. ・清木場俊介とのコラボ曲
  8. ・AK-69がコラボしたいと思うアーティスト
  9. ・初のドラマ挿入歌『Baby』
  10. ・最後に
  11. ・AK-69 最新情報
  12. ・リリース情報
  13. ・AK-69 Profile

AK-69にインタビュー


リアーナやジャスティンビーバー、ジェイZやカニエウエストなど、ヒップホップ界を牽引するアーティストが揃うDef Jam Recordingsの、日本再始動初のアーティストとして契約を果たしたAK-69。

インディーズというグラウンドで“インディペンデントである事”にこだわり続けてきた彼が、自身の事務所Flying Bを設立するという厳しい道を選び再び“挑戦者”となった今、『DAWN』、夜明けというタイトルを掲げたニューアルバムをリリース。

掲げたタイトルへの想いや初コラボとなるUVERworldや清木場俊介との楽曲製作についてインタビューをしてきたので、是非ご覧ください。

自身が代表を務めるFlying B Entertainment」


──AKさんは自身が代表を務めるFlying B Entertainmentを設立されたんですよね。

AK-69:知らない人もいっぱいいると思うんですけど、自分は名古屋のストリートでヒップホップに出会って、荒んだ環境からこのヒップホップに救われて、ずっとそこで名前売り続けて、いわゆる「売れない」「勝ち上がりづらい」って言われる体制からやり続けて勝ち上がることに男としてのカッコよさを掲げてずっとやってきたアーティストです。

もともと音楽系の会社じゃない会社に居たんで、今回「これ以上の戦いは無理だ」ってことをその社長とも話して、現状維持ではなく1ミリの可能性だったとしてもステージを上げてもっとヒップホップを広げる第一人者になりたい、玉砕する可能性の方が全然高くてもそこに賭けたい、っていうその想いだけで事務所立ち上げました。

アルバム『DAWN』 タイトルに込めた意味



──『DAWN』夜明けというタイトルに込められた想いについて聞かせてください。

AK-69:今まで“キング”とか“王座”っていうイメージでずっと言ってきたけど、前回のアルバムで成り上がりストーリーの第1幕を終わらせて、今回はまた挑戦者として新章を迎えるっていう意味で『DAWN』というタイトルをつけました。

──夜明けというと、これまでを“夜”と例えているようですが、ご自身の中でそう言った感覚がおありなんですか?

AK-69:まずアンダーグラウンドというかインディーズでやってきたっていうストリートから始まって、アンダーグラウンドが夜だとしたらDef Jamっていう看板を背負ってオーバーグラウンドに出るっていう意味で今までを“夜”と思っています。

──今までが成り上がりストーリーの第1幕だったとしたら、これからはどんなストーリーになっていくんでしょうか。

AK-69:こういう体制に自分の身を置いて、リスクを背負ってやっていくことが自分のポリシーだし、自分で事務所を立ち上げて勝率の低いところでまたやってのけるっていうところを見せたいなっていう。そういう生き様とかが歌詞に乗るのが俺の音楽なので。

レーベルDef Jam Recordings


──Def Jam Recordingsといえば過去にTOKONA-Xさんが在籍されていたレーベルでしたね。

AK-69:そうですね。昔TOKONA-XがDef Jam Japanと契約した時、スゲェ興奮したのもスゲェ悔しかったのも昨日のことのように覚えてます。

──そしてDef Jam Recordingsからの第1弾シングルが『With You ~10年、20年経っても~』でした。

AK-69:TOKONA-XがDef Jamと契約が決まった時、「契約決まったで!」って電話してきてくれて、ファーストシングルに当時まだペーペーだった俺を呼んでくれて。

Kalassy Nikoffっていうシンガー名義で参加した歌だったんですけど、その曲で語りかけていた相手が今の奥さんだったんですよね。その曲の続編というかアンサーソングみたいな曲が『With You ~10年、20年経っても~』。

Def Jamの契約1発目だから作ったんじゃなくて、もともとできていて、すごい俺の中で意味があったんで、ファーストシングルに持ってきました。

アルバム『DAWN』と楽曲の『DAWN』について


──アルバムタイトルにもなっている1曲目の『DAWN』について伺いたいと思います。この曲をこのタイミングでアルバムとして出した理由について教えてください。

AK-69:11月23日の発売っていうのもレーベルが提示してきた日程だったんですけど、スパンが短かったんで無理だとも思ったんですけど、何も言い訳したくなかったんで、ベストな日程がここって言ってんならそこに合わせるのがアーティストの器量だって思って始めましたね。

ちょうど『DAWN』を作り始める前に「ちょっと待てよ、23日!?」と思って。11月22日がTOKONA-Xの命日なんですよ、俺があいつの意思も背負って10何年経った今Def Jamを日本に復活させて『DAWN』っていうタイトルを掲げてあいつの命日の次の日に夜明けるっていうすごい運命で。

自分で仕組んだわけじゃないんですよね。運命というか宿命っていうようなアルバムになったなって改めて思いますね。

──収録曲の曲順はどのように決められたんですか?

AK-69:曲が全部できて、歌詞の意味とか世界的にドラマのようにつながっていくように決めていきました。

空が青黒くなってきた時の夜明け前のイメージが『DAWN』で、『Flying Lady』で朝日が差し込んでくる夜明けをイメージ。そこから1日が流れていって『上ヲ向イテ』で夕方になって、『KING PIN』で夜になって1周して夜明けになるっていう時間軸的な意味もあるんです。

──1曲目がゴリゴリのヒップホップな感じだったんで、そういう感じのアルバムかと思いきや2曲目で急に優しくなってびっくりしました。

AK-69:ハハハ。あの2曲はセットなんですよね。最初は『Flying Lady』の方に『DAWN』ってタイトルが付いていたんですよ。だからこの2曲で夜明けが表現されているって感じなんで、みんなには1・2曲目はセットで聴いてほしいなって思います。

次ページ : UVERworldと初共演の楽曲とは?

孤高のHIP HOPアーティスト。 「険しい道を敢えて選ぶ」という自身の歌詞にもある通り、勝ち上がり辛い環境から、頂点を目指すラッパーである。 オリコン総合DVDチャートにて1位を獲得をはじめ、音楽アワードMTV VMAJ 2015にて「BEST HIP HOP ARTIST」を受賞。 ニューヨークのNo.1 HIP HOPラジ···

ももちひろこ、新曲「好きだから言えない…

「ポジティブでいるためには何かをマイナ…