1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. コラム
  5. Hilcrhyme
  6. 軽く聴こえるHilcrhymeの『春夏秋冬』が心に染みる理由とは

軽く聴こえるHilcrhymeの『春夏秋冬』が心に染みる理由とは

Hilcrhyme(ヒルクライム)は、TOCとDJ KATSUによるユニットだ。

2017年1月1日


この記事の目次
  1. ・Hilcrhyme 最新情報
  2. ・リリース情報
  3. ・イベント情報
  4. ・ライブ情報
  5. ・Hilcrhyme Profile


Hilcrhyme(ヒルクライム)は、TOCとDJ KATSUによるユニットだ。彼らは『ポップなラップ』をする人として認識されることも多いだろう。しかしながら、軽い音楽と聴かずに距離を取っている人にこそ知ってほしいアーティストなのである。

Hip Hopかそうではないかという論争に何度も巻き込まれた彼らだが問題はそこではない。ジャンルうんぬんでは説明できない確かなメロディセンスを持っているのだ。

抜群という他ないそのメロディセンスを作ったのは、間違いなく彼の音楽に対する姿勢なのである。大学生の時には、あるDJの部屋にひたすらいたそうで、そのDJが買ってきたレコードを全部聴いていたという。

今回はそんなHilcrhymeが2009年に発売した代表作ともいえる「春夏秋冬」をご紹介したい。着うたとして爆発的にヒットしたこの曲を一度は耳にしたことがあるはずだ。


“鮮やかな色 四季おりおりの景色求め二人で It’s going going on
車、電車、船もしくは飛行機 計画を練る週末の日曜日”



春夏秋冬という名のラブソングに込められたのは「ずっと一緒に」というテーマだ。
ここの歌詞は、起承転結の“起”に当たる部分だ。

車や電車、船に飛行機と乗り物をなぜ羅列したのか。それはこれからの出発、つまり、“二人の恋のスタート”を想像させるためである。加えて、飛行機と日曜日で韻を踏んで、音の響きや語感でも楽しませてくれているのだ。

”春は花見満開の桜の下乾杯 頭上広がる桃色はLike a ファンタジー
夏は照りつける陽の下でバーベキュー 夜になればどこかで花火が上がってる
秋は紅葉の山に目が止まる 冬にはそれが雪で白く染まる
すべての季節 お前とずっと居たいよ 春夏秋冬”



時間が流れれば四季は移り変わる。景色や自然の様相は変われど、二人の愛情はそのままだ。ここでは、変わりゆくもの(四季)と変わらないもの(愛情)を対比させている。

その対比により変化も不変も強調され、心にスッと音楽が入ってくるのだ。素直な情感を素直なままに表した、その素直さこそがこの楽曲の魅力の一つだ。


”今年の春はどこに行こうか?
今年の夏はどこに行こうか?
春の桜も夏の海もあなたと見たい あなたと居たい
今年の秋はどこに行こうか?
今年の冬はどこに行こうか?
秋の紅葉も冬の雪も あなたと見たい あなたと居たい”



ここはサビの部分に当たる。
四季の変化と愛情の不変をしっかりと表した歌詞ももちろんだが、注目してほしいのはやはりメロディである。染み渡る心地よさの中にどこか哀愁すらも漂うサビは、昔の歌謡曲を聴いているようなノスタルジックな気持ちにさせてくれる。それはなぜか。いつ誰がどこで聴いても素晴らしい普遍的なメロディだからである。「軽そう」 というイメージだけでこの曲を判断してはもったいない理由がここにあるのだ。


”たまにゃやっぱり 家でまったり 二人毛布に包まったり
じゃれ合いながら過ごす気の済むまで
飽きたらまた探すのさ行く宛
さぁ 今日はどこ行こうか?ほらあの丘の向こう側まで続く青空
買ったナビきっかけにどこでも行ったね 色んな所を知ったね”



「車、電車、船もしくは飛行機 計画を練る週末の日曜日」という冒頭の歌詞に対して「買ったナビきっかけにどこでも行ったね 色んな所を知ったね」と答えており、時の経過を見事に表し展開を作っている。さらに「さぁ 今日はどこ行こうか?ほらあの丘の向こう側まで続く青空」と四季を乗り越えてきた二人のストーリーは続いていることを示している。
”丘の向こう側まで続く”という表現が、二人の未来をより強く感じさせるものになっている。


「軽々しい」といったイメージを拭い去ってぜひともHilcrhymeを聴いてほしい。
類稀なるメロディセンスに驚かされるに違いない。



TEXT:笹谷創( http://sasaworks1990.hatenablog.com/

Hilcrhyme 最新情報

リリース情報

発売日:2018年7月4日(水)
タイトル:「One Man」
価格:\2000(税抜)
品番:PROE-1015
レーベル:神宮前レコード

収録曲(全5曲)
M1 アタリマエ
M2 Good Luck
M3 愛更新
M4 ルーズリーフ
M5 涙の種、幸せの花

■TOWER RECORDSオリジナル特典
全国のTOWER RECORDS 店舗&TOWER RECORDS ONLINEでHilcrhyme EP「One Man」を購入された方に先着で「Hilcrhyme特製ポストカード“One Man”」をプレゼント。
※特典数に限りがあるため、ご予約をおすすめ致します。無くなり次第、終了となります。
さらに、TOWER RECORDS 店舗&TOWER RECORDS ONLINEでHilcrhyme EP「One Man」を購入された方の中から、応募抽選で10名の方に「Hilcrhyme直筆サイン入りオフィシャルタオル」をプレゼント。
※ポストカードと同封の応募専用ハガキでご応募ください。
ご予約こちらから。
http://tower.jp/item/4726360/

■Hilcrhyme OFFICIAL FANCLUB「4Seasons」会員特典
ユニバーサルミュージックのオンラインサイトでHilcrhyme「One Man」を購入されたFC会員の方に「CDジャケット絵柄のミニクリアファイル」をプレゼント。
※会員限定のサイトよりご予約下さい。
Hilcrhyme OFFICIAL SITE http://hilcrhyme.com/

■EP「One Man」配信情報/ 配信開始!
Spotify http://po.st/DJQGdj
LINE http://po.st/ez46xP
Apple Music http://po.st/tpUjOZ
レコチョク http://po.st/oF6vjA
ITunes http://po.st/nR7VJ6
レコチョクHD http://po.st/9Ttuoc


イベント情報

CD「One Man」リリース記念トーク&サイン会 開催
◆7月7日(土)14:00〜新潟・蔦屋書店 長岡神保店 タリーズテラス
◆7月8日(日)18:00〜東京・タワーレコード新宿店 7Fイベントスペース
[イベント問合せ]
神宮前レコード/UNIVERSAL CONNECT カスタマー・サービスセンター
TEL:045-330-7213(平日10:00-18:00)

ライブ情報

Hilcrhyme LIVE 2018「One Man>
2018年9月2日(日) 東京・日比谷野外大音楽堂
開場16:15/開演17:00
全席指定
前売 ¥6,000(税込)
当日 ¥7,000(税込)
*雨天決行
*3歳以上有料、3歳未満入場不可
お問い合わせ先:ディスクガレージ 050-5533-0888
チケット一般発売:2018年7月14日(土)
チケット先行受付
・7/4発売 Hilcrhyme EP「One Man」封入チラシ先行:7/3(火)〜7月8日(日) 23:59 まで(抽選)
※7/4発売のCD 商品「One Man」に封入されているチラシの案内からご確認ください。

Hilcrhyme Profile

Hilcrhyme(ヒルクライム)
2006年6月9日にHilcrhymeを結成。
2009年にシングル「純也と真菜実」でメジャー・デビュー。同年リリースの2ndシングル「春夏秋冬」が大ヒットし、日本レコード大賞、有線大賞など各新人賞を受賞。メロディアスなラップ・スタイルと等身大かつ文芸的なリリック、万人に響くメロディー・メイクが反響を呼び、日本語ラップという形では過去に例を見ないトータル1000万DL超えを記録。

また、叩き上げのスキルあるステージングにより動員を増やし続け、2014年には初の武道館公演をSOLD OUT。ブレずに新潟在住で音楽活動を続け、2016年6月 9日に結成10周年のアニバーサリーイヤーに突入。3Dライブ映画の劇場公開、通算7枚目のオリジナル・アルバムの発売、全20ヶ所の10th Anniversary TOUR「BEST10」開催と精力的に活動。

2017年は、3月に地元新潟のアリーナ会場“朱鷺メッセ”でのワンマン公演を成功させ、4月にファン投票による人気曲を45曲を収録したオールタイムベストを発売、代表曲をモチーフにした映画「春夏秋冬物語」を劇場公開するなど周年の後半も更なる展開で魅せ、5月~6月に開催した東名阪ツアー『Hilcrhyme TOUR 2017“SIDE BY SIDE”』で盛大に締めくくった。10月18日に初のアーティストブック『Hilcrhyme Official YEARBOOK 2017-2018「H」』を発売。11月22日にドラマ主題歌の22ndシングル「涙の種、幸せの花」を発売し、スマッシュ・ヒット!

2018年3月19日にDJ KATSUが脱退。メンバーはTOCのみとなったが、TOCは“人生全てをかけてHilcrhymeを全うする”と所信表明。歌い続けていく。

■Hilcrhyme OFFICIAL SITE
http://hilcrhyme.com/

UtaTen音楽コラム大賞:1年間で最…

関ジャニ∞の最終兵器?!『Dye D?…