笹谷創の記事一覧

【歌詞コラム】石野卓球のセンスが感じられる「チャイム」

類稀なる想像力を駆使し、世界的な活躍を果たすDJ石野卓球。発想力を見事に、言葉に音楽に落とし込むある種天才的な人物だ。天才というのは常識に従っているのではなく、自分の感性や感覚に従い行動を起こしている。石野卓球もそんな1人で決して枠に囚われず音楽を創造していく。

【歌詞コラム】LUNA SEAのROSIERを解明して、魅力に迫りたい

圧倒的な美意識にファンを「SLAVE(奴隷)」と呼んでしまうほどのカリスマ性を持つバンド「LUNA SEA」。1989年に結成された彼らだが、デビュー当時から不動の人気を誇る。 メンバーそれぞれの音楽性も違い、個々人の個性も桁違いに強い。それでもバンドを続けられた理由の一つは、「リーダーを決めない」「メンバーの一人でも反対だと否決」などのルールを決めているからであろう。

【歌詞コラム】非対称だからこそ意味を持つ。スガシカオの繊細さや感性から生み出される1曲、「アシンメトリ―」を読み解く。

スガシカオは長年、第一線で活躍しているアーティストだ。音楽を用いて、日常のささいなほろ苦さを品のあるセクシーさと共存させる。彼の繊細さや感性はその声を一聴すれば誰しもが気がつく。金属質のようでありながら心を震わせる不思議な声をしている。

【歌詞コラム】くるりの原点ともいえる楽曲「東京」

京都にある立命館大学の音楽サークルの活動として、「くるり」の歴史は幕を開けた。彼らの音楽のレベルが高いのは周知の事実だ。だが、ここまでの道のりに問題が一つもないわけではない。サークルからプロとして活動していく中で、意識の隔たりやクラシック音楽に挑戦した岸田の作曲方法についていけないメンバーが出てきていたのも事実だ。

【歌詞コラム】華やかに音楽を奏でる氣志團の「One Night Carnival」

奇抜な髪型で学ラン姿に身を包み華やかに音楽を奏でる「氣志團」。音楽は確かなロックンロールで、青春時代の閉ざされた心を取り戻してくれるような世界へと誘ってくれる。彼らは自分たちの音楽を「ヤンクロック」といい、インディーズ時代からそのスタイルを貫いている。メンバーそれぞれのキャッチフレーズも親しみやすい。

【歌詞コラム】平井 大『Slow&Easy』の魅力に迫る

現在、人気に火が着いているアーティストといえば平井大だ。心地いいその音楽に多くの人が惚れんでしまうのもうなづける。そんな彼を語る前にまず「ジャワイアン」に触れなければいけない。日本ではDeftechによりその名が知られたジャンルである「ジャワイアン」は、ハワイの音楽とレゲエが融合したいわゆるハワイアン・レゲエだ。

【歌詞コラム】彼らの音楽は良質でセンスに溢れている。TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDの「打ち寄せられた忘却の残響に」

20年以上のキャリアを誇り、近年では数々のアニメに楽曲を提供しているテクノ・ポップバンド「TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND」。キャリアもさることながら、彼らは感覚が研ぎ澄まされたものだけが作れる音楽をしている。流行に流されず自分たちのサウンドを奏で続けている。

【歌詞コラム】福耳「DANCE BABY DANCE」の歌詞の世界に迫る

一流は「個」を確立し我が道を行く。「ブルーハーツに憧れているならば、ブルーハーツの真似をするのではなく自分を追求する」といった言葉を耳にしたことがある。そう、自らを追求することこそ一流への道のりなのである。そんな一流が集まっているユニット「福耳」をご存知だろうか。「福耳」はオフィスオガースタに所属しているアーティストで結成されており、山崎まさよし・秦基博・元ちとせなどがメンバーである。彼ら彼女らの知名度は抜群でその実力は折り紙つきだ。

【歌詞コラム】人気を博したロカビリーバンド、MAGICの代表曲!「天使のジェラシー」

ロカビリーには、イヤなことを忘れられるポジティブな要素がたくさん詰まっている。今回はMAGICの代表曲「天使のジェラシー」の楽曲を紐解きながら、「ロカビリー」の魅力に迫っていきたい。