1. 胸にグッとせまる音楽を作るココロオークション。最新ミニアルバム『CINEMA』への心模様【インタビュー】

胸にグッとせまる音楽を作るココロオークション。最新ミニアルバム『CINEMA』への心模様【インタビュー】

なんて胸にグッとせまる音楽なんだ。ココロオークションの最新ミニアルバム『CINEMA』を聞きながら、気持ちが熱く揺さぶられていた。

2017年2月10日

Interview

長澤智典


この記事の目次
  1. ・ココロオークション インタビュー
  2. ・『星座線』ギャップが、より切なさを増す要因になったと思います
  3. ・「そこへ辿り着きたいけど、なかなかそこへ辿り着けないこと」
  4. ・幸せを感じながら生涯を終えてゆく。でも主人公は宇宙から来た人
  5. ・アルバム『CINEMA』のような、人の心を揺さぶる曲を作り続けていきたい
  6. ・プレゼント応募について
  7. ・ココロオークション 最新情報
  8. ・ライブ情報
  9. ・リリース情報
  10. ・ココロオークション Profile
L→R:Dr.井川聡(イカワサトル)/Ba.大野裕司(オオノユウジ) /Vo.&Gt.粟子真行(アワコマサユキ) /Gt.テンメイ

 なんて胸にグッとせまる音楽なんだ。ココロオークションの最新ミニアルバム『CINEMA』を聞きながら、気持ちが熱く揺さぶられていた。彼らがどんな想いを胸に一つ一つの景色を楽曲に映し出したのか、その心模様を伺った。

ココロオークション インタビュー

『星座線』ギャップが、より切なさを増す要因になったと思います



――まずは、最新ミニアルバム『CINEMA』を作るに当たっての狙いから教えてください。

大野:僕らの場合はアルバムを作るうえでコンセプトを決めるのではなく、楽曲制作を重ねていく中、最初に作品の核となる楽曲が生まれ、それを中心軸に全体像が描き出されてゆく形を取っています。

――『CINEMA』に於いての中心核となったのが、リード曲の『星座線』だったのでしょうか?

大野:そうです。今回はフルアルバムを作るくらいの気持ちでたくさん楽曲を作っていく中、とくにグッとくるものが『星座線』だったことから、この歌を軸にミニアルバムを構築した形でした。

――それくらい『星座線』は手応えを覚える楽曲だったわけだ。

粟子:そうでした。『星座線』の歌詞は実際に観た、忘れられない景色がきっかけで生まれました。

――それ、気になります。

粟子:昨年、山の上で行われた夏フェスに出たときのこと。あのときに見た満天の星空が忘れられなくて。何時かあの景色を歌詞にしようとずっと思っていた中、『星座線』のメロディーが浮かんだときに、「このメロディーにあの風景を元にした歌詞を乗せたい」と思った。それが、『星座線』の歌詞を作るうえでのスタート地点になりました。結果、実際に見た景色はもちろん、自分の内側にある感情を言葉に乗せて描きました。

――『星座線』では別れた女性に対しての想いやみずからの未来図を歌っています。その歌詞へ、切なくもロマンチックさを覚えていました。

粟子:切ない歌詞なのに曲調が明るく、しかもメロディーもキャッチー。そのギャップが、より切なさを増す要因になったとも思っています。

――3人も、歌詞を受け止めたうえで演奏してゆく形なのでしょうか?

大野:歌詞は楽曲が出来上がったうえで書いているように、曲を制作しているときはデモ楽曲の持つ雰囲気やメロディーを元に何時も作っています。ただし楽曲を煮詰めていくうえで、彼(粟子)が「この曲はこういうイメージ」とテーマとなるワードも投げかけてくるように、それが楽曲を導く役割も果たしています。



テンメイ:そのワードを鍵に生み出してゆくフレーズもあるよう、そこは表現していくうえで大切に心がけていることなんです。

井川:確かにね。「この曲は雪の結晶をイメージして作った」と言われると、こちら側もそれをイメージして演奏をすれば、そのワードがあるだけで楽曲のニュアンスにも変化が生まれていくように、そこは大切にしています。
 

「そこへ辿り着きたいけど、なかなかそこへ辿り着けないこと」



――2曲目に収録した『スノーデイ』は、まさに…。

井川:「雪の結晶をイメージしながら作ったし、そう表現したい」という想いを元に制作をしています。

粟子:最初の段階では「冬の歌を書こう」というわけではなかったんです。

――と言うと?

粟子:ココロオークションには夏の歌が多く、昨年夏にも夏を舞台に連動した3本のMVも作っていたように、世の中としても「ココロオークション=夏」というイメージを強く持たれていました。それもあって「季節や景色を軸に据えた楽曲をもっと作ってもいいんじゃないか?」と思い、「そういえば、ココロオークションには冬の曲ってなかったな」と思い立ったことから『スノーデイ』を作り始めました。

大野:『スノーデイ』のサウンドは、まさに冬って感じがしますよね。何より、聴いた瞬間に「これは冬の歌」とわかる音作りを心がけました。実際、頭の音色を聴けばそのイメージが浮かぶように仕上げています。

テンメイ:『スノーデイ』は、冬を舞台にしながらも温かみを持った楽曲になったからね。
井川:その暖かさを、ライブでもどれだけ出せるかだね。



――ライブ感という面では、『M.A.P.』が持つ激しい躍動感は嬉しい刺激を与えてくれました。

テンメイ:アルバムの中でも一番熱量の籠もった楽曲だからね。表情の変化に合わせてギターの音色が変わっていくのもポイントとなるところ。

井川:テンポが速いぶん、ドラムも気持ち良く叩けました。

大野:『M.A.P.』はたぎる曲。まさに、血がたぎるイメージを持った楽曲なんですけど。その激しい感じをギターの音で表現しながら、その裏ではベルの音色など優しい音も鳴り響いてゆく。ABメロは激しいのにCメロは切なく、サビではキャッチーになってゆく。『M.A.P.』はココロオークションらしさへ、いかに激しさを組み合わせてゆくかをテーマに作りあげました。

粟子:今回収録した曲たちにはそれぞれの物語に合わせた主人公がいる中、『M.A.P.』は自分自身のことを歌詞にした楽曲になりました。成りたい自分と成れない自分、悩み抜いたうえで辿り着いた本当の自分の気持ち。それを感じてください。
さっき「たぎる」という言葉が出ていたように、楽曲にも一生懸命に息を切らして走っている必死感というか、そういう景色を描いています。

――主人公は、「ここじゃない」と呟きながら自分の今いるべき場所。つまり現在地を探そうと模索し続けていきます。

粟子:ああ成りたいけど成れてない自分、理想を求める中、足りてない面。そういうことを思いながら楽曲を作ったんですけど。きっとみんなにもあると思うんです、「そこへ辿り着きたいけど、なかなかそこへ辿り着けないこと」って。そういうことを繰り返しながら人は前へと進んでゆく。そういう思いを自分なりに表現してみました。

幸せを感じながら生涯を終えてゆく。でも主人公は宇宙から来た人

――『ジグソーピース』へも、人生観を描き出していません?

粟子:『ジグソーピース』はまさに「人生」について書いています。ただ、最初から「人生」をテーマに書き始めたわけではなく、メロディーにはまる言葉を探しながら書いていく中で「人生」というテーマが浮かび、何時しか思い出をピースに例えて書き始めていました。
 人は、良いこと(ピース)も悪いこと(ピース)も両方あったうえで、すべてが今の自分に繋がってゆく。それが今の自分らしさなんだと認めたときに初めて強くなれる。そういう想いを歌にしています。

――けっこう壮大なテーマですよね。

粟子:最初はもっと狭い範囲で書いていたんですけど、結果的に大きくなった形でした。ただし表現している言葉は大きくないと言いますか、「恐竜が好きだった」や「コーヒーが苦手だった」と書いているように、けっこう身近に感じる想いを記しています。

大野:『ジグソーピース』は面白い曲ですよね。最初は突拍子もない楽曲だったことから、果たしてこれをココロオークションとして出しても大丈夫なのか!?と思っていたけど。最終的には、粟子さんが歌うことでスーッとココロオークションの器の中へ入っていった。そこが、このバンドの色や個性なんでしょうね。

テンメイ:『ジグソーピース』は、だいぶ無邪気な楽曲だからね。結果、大人なギターを弾いてるんですけど、気持ちは子供のままというか、そこの噛み合わせの面白さを演奏面でも感じてもらえたらなと思ってる。

井川:確かにぶっ飛んだ楽曲ですけど、僕自身はとくに難しい演奏はしてないです。むしろ、突拍子もない曲調へ歌詞と歌が乗ったことで、人生観を映し出す良い楽曲にまとまったなという感じで受け止めています。

――最後は、『地球の歩き方』です。



井川:この曲ではドラムの変わりにタンバリンを使ったりと、面白い表情になりました。

テンメイ:これは、僕の畑の楽曲。もともとカントリーミュージックなどアコースティックなサウンドが好きだったように、自分のミュージシャンとしてのルーツを上手く演奏にも反映しています。

大野:オルガンやアコーディオンを加えたりなど、完成したとき一番ライブ感のある楽曲だなと感じました。

――『地球の歩き方』にも人生を投影していませんか?

粟子:最初に浮かんだ言葉が「旅」でした。そこから「人生は旅」と捉えながら楽曲を作り出したとき、曲の終盤に出てくる「life is beautiful」というメロディーと歌詞が浮かんだんですね。その言葉から肉付けしていく中で生まれたのが『地球の歩き方』なんです。
曲調もカントリー風なんで、最初は田舎の道を駆けてゆくみたいな感じで歌詞を書こうと思っていたんですけど、楽曲が次第に壮大になっていく中、ちょっとファンタジーな要素を入れたくなり、冒頭にも「僕は宇宙の旅人」と記したよう、結果、スケールの大きな歌になりました。

――遠い星からやってきた人が、地球で好きな人を見つけ、その人と生涯を添い遂げようとしていく。ほんとスケールの大きな人生物語になりました。

粟子:好きな人を見つけ、家族が増えて、幸せを感じながら生涯を終えてゆく。でも主人公は宇宙から来た人。そういうところにも面白さを覚えています。

アルバム『CINEMA』のような、人の心を揺さぶる曲を作り続けていきたい



――完成した『CINEMA』、それぞれどんな作品になったかも教えてください。

粟子:人生を楽しく生きるヒントになるような作品です。歌ってる内容は、何気ない日常であったりもするんですけど。裏テーマとして「人生」を描きながら。何気ない普通の日だって考え方次第で輝き出せば、ロマンチックにもドラマチックにもなっていくんだよということを、このアルバムが教えてくれる。そういう発見のある作品になりました。

大野:今回のアルバムに於けるサウンド的なテーマが、「メンバーそれぞれの演奏している顔が見える」ということ。実際にそれが出来たからこそ、それぞれの楽曲にドラマを描き出せた。そういう風に捉えています。

テンメイ:ひと言でいうなら、「僕ららしい1枚になったな」ということ。僕ら、見てわかるようにけっして派手な人たちではない。これまでの人生の中でも、とくに目立ったこともなければ、僕ら自身が聴いてくれるみんなと同じような人生を歩んでいる人たちばかり。そういう僕らが日常で感じている想いを音楽にしているからこそ、みんなと同じ視線を持った歌たちになる。このアルバムを聴いてもらえたら、ココロオークションというバンドやメンバーそれぞれの顔がきっと見えてくると思います。

井川:初めてマスタリングを海外の方にお願いする経験も含め、すごくスケールでかく仕上げられた作品になったなと思ってて。だからこそ、これをライブで表現していくうえで、自分たちもさらに成長しなきゃいけない。むしろ、もっと成長したい。そう思わせてくれるアルバムになりました。

大野:ライブこそ、自分らの等身大な姿を示せる場所だけに、ここへ詰め込んだ想いをしっかり等身大な姿のまま生で届けたいなと思ってる。

粟子:僕らはココロオークションと名乗るように、心を豊かにする音楽を届けるために活動しているバンドです。これからもアルバム『CINEMA』のような、人の心を揺さぶる曲を作り続けていきます。



Text:長澤智典
Photo:片山拓

プレゼント応募について

Twitterで応募するとメンバーのサイン入りチェキをUtaTenをご覧の方に抽選でプレゼント!!

【応募方法について】
UtaTenのTwitterアカウント(@utaten)をフォローをします。
(既にフォローしていただいている方はそのままで!)

②UtaTenのページにあるこの記事上下のツイートボタンからツイート。
※入力されている内容は消さないようにご注意ください!(追記はOK!)

③応募完了となります。応募締め切り後、当選者の方にDMにて当選の旨をご連絡致します。
※応募完了後であっても、該当のTweetの削除、UtaTenのフォローを外した場合、その時点で応募対象外となります。



[応募締め切り]
2/20 21:00まで
【当選の通知方法】
締め切り後に抽選を行い、当選者には@utatenからDMにてご連絡いたします。
※ご自身のTwitterアカウントのDM設定をご確認ください!!

沢山のご応募お待ちしてます♪

リリース情報

Major 2nd mini Album「CINEMA」
2017年1月11日(水)発売  TECB-1002 / ¥1,574



1.星座線
2.スノーデイ
3.M.A.P.
4.ジグソーピース
5.地球の歩き方


ライブ・イベント情報

「PREMIUM AUCTION Vol.0」
■1月29日(日)札幌COLONY
<出演者>
ココロオークション / The Floor

「PREMIUM AUCTION Vol.1」
■2月17日(金)渋谷CLUB QUATTRO
<出演者>
ココロオークション / ウソツキ / HOWL BE QUIET

「PREMIUM AUCTION Vol.2」
■2月24日(金)名古屋CLUB QUATTRO
<出演者>
ココロオークション / BRADIO / 夜の本気ダンス

「PREMIUM AUCTION Vol.3」
■2月25日(土)梅田CLUB QUATTRO
<出演者>
ココロオークション / SAKANAMON / HOWL BE QUIET

■CINEMA Winter Roadshow Tour 2017
2/11(土)米子 AZTiC laughs
<出演者>
ココロオークション / ドラマチックアラスカ / POT

2/18(土)新潟 CLUB RIVERST
<出演者>
ココロオークション / ドラマチックアラスカ / 午前四時、朝焼けにツキ

2/19(日)仙台 JUNK BOX
<出演者>
ココロオークション / ドラマチックアラスカ / 午前四時、朝焼けにツキ / Bentham

3/05(日)横浜 F.A.D
<出演者>
ココロオークション / LUCCI / POT +2バンド

3/13(月)大分 club SPOT
<出演者>
ココロオークション / ORANGE POST REASON / LOCAL CONNECT / FouFou / Vitaminotes

3/14(火)宮崎 SR BOX
<出演者>
ココロオークション / SIX LOUNGE / Age Factory / 謎3Q / dew wood

3/16(木)小倉 FUSE
<出演者>
ココロオークション / 感覚ピエロ / ドラマチックアラスカ / SIX LOUNGE

3/26(日)金沢 vanvanV4
<出演者>
ココロオークション / LUCCI / MAGIC OF LiFE / ハルカミライ +1バンド

EVENT
 2/05(日)岡山「machioto’17」
 3/04(土)東京「見放題東京2017」
 3/11(土)広島「HIROSHIMA MUSIC STUDIUM-ハルバン’17-」
 3/12(日)福岡「TENJIN ONTAQ 2017」
 3/18(土)熊本「HAPPY JACK 2017」
 3/19or20 高松「SANUKI ROCK COLOSSEUM」

ココロオークション 最新情報

ライブ情報

【ツアー情報】
CCR UNPLUGGED TOUR 2018 〜Winter Session〜
2018年1月08日(月祝) 東京都 下北沢440
2018年1月09日(火) 宮城県 仙台HIGHBURY
2018年1月12日(金) 愛知県 名古屋得三
2018年1月13日(土) 広島県 楽座
2018年1月14日(日) 岡山県 城下公会堂
2018年1月20日(土) 北海道 札幌円山夜想
2018年1月27日(土) 石川県 金沢もっきりや
2018年2月02日(金) 大阪府 心斎橋Music Club JANUS

【学園祭出演情報】
『ココロオークション 学園祭TOUR 2017』
2017年10月29日(日) 石川県 金沢大学
2017年11月03日(祝) 東京都 法政大学 w/ GOOD ON THE REEL
2017年11月04日(土) 千葉県 日本大学
2017年11月05日(日) 大阪府 大阪産業大学 w/ 夜の本気ダンス / Brian the Sun / Saucy Dog
2017年11月05日(日) 京都府 京都産業大学 w/ ねごと

リリース情報

最新ミニアルバム「夏の夜の夢」2017年8月2日発売
■初回限定盤(CD+DVD)TECB-1004  ¥2,315+税
■通常盤(CD)TECB-1005  ¥1,667+税
<CD収録内容(初回限定盤・通常盤共通)>
1.景色の花束
2.蝉時雨<第一話>
3.夏の幻<第二話>
4.雨音<第三話>
5.線香花火<第四話>
6.なみだ
7.僕らのナツ。-CCR UNPLUGGED SESSION-
<DVD収録内容(初回限定盤のみ)>
1.蝉時雨(Music Video)
2.夏の幻(Music Video)
3.雨音(Music Video)
4.線香花火(Music Video)
5.短編映画「蝉時雨」

ココロオークション Profile

関西バンドシーンから現れた正統派王道「歌モノ」バンド。 アグレッシブなロックナンバーから真っ直ぐでメロディアスなバラードまで、幅広い音楽性が全国のライブフリークはもちろん、様々な年齢層からの支持を集める。
2014 年発売のアルバム『七色のダイス』は初の全国流通盤にして「タワレコメン」に選出される。YOUTUBE上に発表を続ける夏の短編小説MVシリーズ「蝉時雨」「夏の幻」「雨音」が、クチコミで話題を集め、累計再生回数350万回を超えて今もなおバズり続けている。
2016年4月、ミニアルバム「CANVAS」をリリースしメジャーデビューを果たす。リード曲「フライサイト」が全国ラジオFM/AM35局でパワープレイを獲得。 東名阪の冬フェス「COUNTDOWN JAPAN」「RADIO CRAZY」「MERRY ROCK PARADE」に出演。
2017年、夏フェス「ROCK IN JAPAN FES」「RISING SUN ROCK FES」「RUSH BALL」への出演も決定するなど、この夏を、ココロオークションが、最も熱くする。
ココロオークションの「夏」をあなたに。夏の始まりを探しに行こう。

<メンバー>
Vo.&Gt.粟子真行(アワコマサユキ)、Ba.大野裕司(オオノユウジ)、Dr.井川聡(イカワサトル)、Gt.テンメイ

HP:http://cocoroauction.com/
Twitter:https://twitter.com/Cocoro_Auction
Facebook:https://www.facebook.com/cocoroauction

BOGUS RECORDS:https://www.bogusrecords.jp

EGOIST『LoveStruck』で…

デビューシングル「オオカミの涙」の歌詞…