1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. 歌詞コラム
  5. チャットモンチー
  6. 掴めそうでつかめない。チャットモンチー『シャングリラ』の世界観 そのヒントは童話にあった

【歌詞コラム】掴めそうでつかめない。チャットモンチー『シャングリラ』の世界観 そのヒントは童話にあった

2000年にリードボーカルの橋本絵莉子が中心となり結成されたバンド「チャットモンチー」。彼女たちの大ヒット曲『シャングリラ』に注目し、彼女たちの世界観に覗いてみよう。

公開日:2017年3月19日 更新日:2019年7月9日


この記事の目次
  1. ・躍進し続けたバンド チャットモンチー!
  2. ・高まる期待と現在の自分のたちの想い
  3. ・語感が堪らない『シャングリラ』
  4. ・紡ぐ物語に惹き込まれる
  5. ・チャットモンチーが示す指針
  6. ・チャットモンチー 最新情報
  7. ・リリース情報
  8. ・チャットモンチー Profile

躍進し続けたバンド チャットモンチー!


2000年にリードボーカルの橋本絵莉子が中心となり結成されたバンド「チャットモンチー」。

メンバーの入れ替わりを経験しながらも、チャットモンチーは躍進し続けた。2004年に徳島で行われたバンドコンテストではグランプリを受賞し、その注目度を上げた。

10年以上の長いキャリアを持つチャットモンチー。だが、彼女たちの活動の中では解散の危機があったという。それは、2011年にドラムの高橋久美子が脱退発表をした時が広く認知されているはずだ。

当時の高橋久美子の活躍は、ももいろクローバーZへの楽曲提供やエッセイや絵本の発売などその活躍は甚だしかった。

だが、実は高橋久美子がチャットモンチーから脱退する前に、すでに解散の危機があったといわれている…。

高まる期待と現在の自分のたちの想い


周囲の期待と自分たちの気持ちが乖離していた。周囲は勢いのままにどんどんと大きくなるチャットモンチーを想像していた。その期待に応えようとすればするほど、バンドが分解してしまう恐れがあったのだ。

「バンドは続けるだけが正しいことじゃない」そんな思いもよぎっていた最中、高橋久美子から脱退の申し出があったのだ。

結果、チャットモンチーは解散しなかった。さらにアクセルを踏み加速したのだ。その時の二人は半ばやけくそだったのかもしれない。

いずれにしろ危機を乗り越えたチャットモンチーは、さらなるステージへと駆け上がったのだ。

ガールズバンドとして頭角を現し多くのファンを持つチャットモンチーは、現実的なようでどこか浮遊している、掴めそうでつかめない歌詞を書く。

サウンド面でもギターにドラム、ベースが一つのまとまった楽器として機能しているかのようなグルーブ感を持つ。エレキギターがかき鳴らされていたとしても、溶けそうになる甘い感覚を誘うのだ。

今回はチャットモンチーの大ヒット曲『シャングリラ』からその世界観を覗いてみたいと思う。

語感が堪らない『シャングリラ』


----------------
シャングリラ 幸せだって叫んでくれよ
時には僕の胸で泣いてくれよ

シャングリラ 夢の中でさえ上手く笑えない君のこと
ダメな人って叱りながら愛していたい
≪シャングリラ 歌詞より抜粋≫
----------------

理想郷を意味するシャングリラだが、発音してみると音の響きがどこかコミカルである。意味と響きのギャップを持つ単語「シャングリラ」を主軸にチャットモンチーは世界を展開していく。

上記の歌詞を見るとシャングリラに問いかけていると分かる。仮にではあるが理想の男性の名前を「シャングリラ」としているのだ。掴み所のない不思議な世界観は彼女達のセンスある言葉のチョイスにより形成されているのだ。

さらに具体的に想像してみると、私たちの頭にはシャングリラという王子様に憧れるいたいけな少女が浮かぶ。その少女は、自分たちの住む場所から遠く離れた夢の国にいるのだ。

チャットモンチーの歌詞をなぞると、まるで童話を読んでいるような気持ちになる。ここにチャットモンチーの世界を紐解くヒントがあるはずだ。

紡ぐ物語に惹き込まれる


----------------
携帯電話を川に落としたよ
笹舟のように流れてったよ あぁあ
君を想うと今日も眠れない
僕らどこへ向かおうか? あぁあ
≪シャングリラ 歌詞より抜粋≫
----------------

連絡を取る手段である携帯電話を川に落としてしまう女の子。これでは、好きな男の人に連絡を取ることができない。理想をさらに遠のけてしまったちょっぴりドジな女の子を思わず応援したくなる。

そう、気がつけばリスナーはチャットモンチーが紡いだ物語(世界)にすでに迷いこんでしまっているのだ。

チャットモンチーが示す指針


----------------
あぁあ 気がつけばあんなちっぽけな物でつながってたんだ
あぁあ 手ぶらになって歩いてみりゃ 楽かもしんないな

胸を張って歩けよ 前を見て歩けよ
希望の光なんてなくったっていいじゃないか
≪シャングリラ 歌詞より抜粋≫
----------------

さらに物語は続く。上記のちっぽけな物とは携帯電話のことを指す。携帯電話を失った少女は自由を感じる。チャットモンチーは、恋い焦がれる少女の心をなぞるだけではない。携帯電話に依存してしまっている人々に警鐘を鳴らす。

恋愛のみだけではなく、より心を豊かにするための彼女達なりの指針が示されているのだ。「胸を張って歩けよ 前を見て歩けよ 希望の光 なんてなくったっていいじゃないか」という歌詞が素直な気持ちを感じる大切さを思い起こさせてくれる。

少女の心を表現した名曲シャングリラから、一流のガールズバンド「チャットモンチー」は一流の作家であるとも理解できる。

魅力的すぎるガールズバンド チャットモンチーが紡ぐストーリーに一度はまると抜け出せない…。なぜなら、彼女達が創るのは、ただゆらゆらと揺れているだけの世界ではない。発信された物語にはメッセージも込められているのだ…。

「より幸せな方へと進むように」その思いを込めてチャットモンチーは、鼓動のわずかな高鳴りさえも音楽で表現しているのだろう。

TEXT 笹谷創(Blog

チャットモンチーは徳島県出身の日本のロックバンド。所属レーベルはKi/oon Music。所属事務所はソニー・ミュージックアーティスツ。メンバーは橋本絵莉子(Vo./Gt.)、福岡晃子(Ba./Dr./Cho.)。旧メンバーに中村ゆみ(Ba.)、石田えりな(Dr.)、高橋久美子(Dr./Cho.)がいる。2000年、橋本絵莉···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

チャットモンチー 最新情報

リリース情報


●2018年10月24日 リリース!
『CHATMONCHY LAST ONEMAN LIVE ~I Love CHATMONCHY~』
最後まで“変身”をやめなかったチャットモンチー。みんなが「ありがとう!」と涙した、日本武道館での伝説的なラストライブが、早くもパッケージ化!

★初回生産限定仕様〈DVD〉
価格:4,800円(税抜)
品番:KSBL-6325 
内容:三方背ケース+フォトブック、プレイパス対応

★初回生産限定仕様〈Blu-ray〉
価格:5,300円(税抜)
品番:KSXL-271 
内容:三方背ケース+フォトブック、プレイパス対応

[ブックレット]
①ライター兵庫慎司氏によるライナーノーツ
②舞台監督 萩原克彦氏インタビュー
③楽器チーフ 吉田正邦氏インタビュー
を掲載。一夜限りの伝説のライブがどの様に出来上がったのかに迫っている。

【CD 収録曲】
[第一部]
01. Opening~CHATMONCHY MECHA
02. たったさっきから3000年までの話
03. the key
04. 裸足の街のスター
05. 砂鉄
06. クッキング・ララ feat. DJみそしるとMCごはん
07. MC
08. 惚たる蛍
09. 染まるよ
10. チャットモンチー 2005~2018 ヒストリー映像

[第二部]
11. majority blues
12. ウィークエンドのまぼろし
13. 例えば、
14. MC
15. 東京ハチミツオーケストラ
16. さよならGood bye
17. どなる、でんわ、どしゃぶり
18. Last Love Letter
19. 真夜中遊園地
20. ハナノユメ

[Encore]
21. Encore
22. シャングリラ
23. 風吹けば恋
24. MC
25. サラバ青春
26. Ending





●2018年10月31日 リリース!
『BEST MONCHY 1 -Listening-』
13年間のキャリアを網羅するオールタイム音源ベスト。全シングル表題曲(オリジナル曲のみ)+アルバムリード曲を網羅した、珠玉の全35曲を全曲リマスタリングで収録。初回生産限定盤のみ付属のDisc 3には、Remixies & Rare Tracksを収録。

★初回生産限定盤
価格:3,700円(税抜)
品番:KSCL 30067-30070
内容:3CD+Book
・Disc 3 Remixies & Rare Tracks付属
・三方背ケース入りトールサイズ商品+豪華ブックレット(100ページ)、プレイパス対応

★期間限定通常盤
価格:3,200円(税抜)
品番:KSCL 30071-30073
内容:2CD+Book
・三方背ケース入りトールサイズ商品+豪華ブックレット(100ページ)

[豪華ブックレット]
・楽曲に対する、ファンからのメッセージ
・ファンによるコラム
・チャットモンチー完結展、チャット商店に設置した
 メッセージノートより、ファンからの直筆メッセージ
・全ディスコグラフィー
を掲載

【CD 収録曲】
[Disc 1 (2005-2011)]
01. ハナノユメ
02. サラバ青春
03. 恋の煙
04. 恋愛スピリッツ
05. 東京ハチミツオーケストラ

06. シャングリラ
07. 女子たちに明日はない
08. バスロマンス
09. とび魚のバタフライ
10. 世界が終わる夜に

11. 橙
12. 親知らず
13. ヒラヒラヒラク秘密ノ扉
14. 風吹けば恋
15. 染まるよ

16. Last Love Letter
17. 8cmのピンヒール
18. ここだけの話
19. バースデーケーキの上を歩いて帰った

[Disc 2 (2012-2018)]
01. 満月に吠えろ
02. テルマエ・ロマン
03. ハテナ
04. きらきらひかれ
05. コンビニエンスハネムーン

06. 変身
07. こころとあたま
08. いたちごっこ
09. ときめき
10. 隣の女

11. きみがその気なら
12. majority blues
13. 消えない星
14. Magical Fiction
15. I Laugh You
16. たったさっきから3000年までの話

[Disc 3 (Remixies & Rare Tracks)]
※初回生産限定盤のみ付属
01. Shangrila (Takkyu Ishino Remix)
02. あいまいな感情 (Dub Mix)
03. 変身 (GLIDER MIX) by group_inou
04. Last Love Letter (Koji Nakamura Remix)
05. やさしさ -seb remix-

06. 砂鉄 (golmol Remix)
07. 恋の煙 (同期ver.) with 小出祐介 (Base Ball Bear)
08. お調子者
09. マイネオムーン イズ ヒア
10. 夢心地

11. BETSUBARA
12. 息子 (Cover)
13. かわいいひと (Cover)
14. きっきょん
15. とまらん





●2018年11月23日 リリース!
『BEST MONCHY 2 -Viewing-』
13年間のキャリアを網羅するオールタイム映像ベスト。フル・ヴァージョンが存在する全ミュージック・ビデオと、時代別のLive映像ベスト選集を全曲リマスタリングで収録。

★完全生産限定盤
価格:5,000円(税抜)
品番:KSBL-6317~6321
内容:4DVD+Book
完全生産限定盤仕様:三方背ケース入りトールサイズ商品+豪華ブックレット

★完全生産限定盤:(2Blu-ray+Book)
価格:5,500円(税抜)
品番:KSXL-265~267
完全生産限定盤仕様:三方背ケース入りトールサイズ商品+豪華ブックレット

【収録曲 (DVD)】
[Disc 1 Music Video (2005-2011) ]
01. ハナノユメ
02. 恋の煙
03. 恋愛スピリッツ
04. シャングリラ
05. 女子たちに明日はない
06. とび魚のバタフライ

07. 世界が終わる夜に
08. 橙
09. ヒラヒラヒラク秘密ノ扉
10. 風吹けば恋
11. 染まるよ
12. Last Love Letter

13. バスロマンス
14. 春夏秋
15. three sheep
16. ここだけの話
17. バースデーケーキの上を歩いて帰った

[Disc 2 Music Video (2012-2018)]
01. 満月に吠えろ
02. テルマエ・ロマン
03. ハテナ
04. きらきらひかれ
05. コンビニエンスハネムーン
06. こころとあたま
07. いたちごっこ

08. ときめき
09. 隣の女
10. きみがその気なら
11. majority blues
12. 消えない星
13. Magical Fiction
14. たったさっきから3000年までの話

[Disc 3 Live (2005-2011)]
※下記日程の公演から、楽曲をセレクトして収録。

◎2005
徳島・徳島JITTERBUG (2005.10.15)

◎2006
東京・新宿LOFT (2006.04.01)
東京・SHIBUYA CLUB QUATTRO (2007.07.02)

◎2007
東京・日比谷野外大音楽堂 (2007.07.07)

◎2008
東京・日本武道館 (2008.04.01)

◎2009
東京・Zepp Tokyo (2009.07.05)

◎2010
東京・Billboard Live TOKYO (2010.11.23)

◎2011
大阪・Zepp Osaka (2011.06.18)
東京・中野サンプラザ (2011.06.22)
徳島・徳島club GRINDHOUSE (2011.09.29)

[Disc 4 Live (2012-2018)]
※下記日程の公演から、楽曲をセレクトして収録。

◎2012
東京・西早稲田AVACO Creative Studio (2012.08.28)

◎2013
東京・Zepp DiverCity (2013.01.14)

◎2015
東京・Zepp Tokyo (2015.07.01)
東京・日本武道館 (2015.11.11)

◎2016
徳島・アスティとくしま (2016.02.28)

◎2017
東京・EX THEATER ROPPONGI (2017.07.09)

◎2018
東京・渋谷WWW X (2018.06.25)
徳島・アスティとくしま (2018.07.21)
徳島・アスティとくしま (2018.07.22)

【収録曲 (Blu-ray)】
[Disc 1 Music Video (2005-2018)]
01. ハナノユメ
02. 恋の煙
03. 恋愛スピリッツ
04. シャングリラ
05. 女子たちに明日はない

06. とび魚のバタフライ
07. 世界が終わる夜に
08. 橙
09. ヒラヒラヒラク秘密ノ扉
10. 風吹けば恋

11. 染まるよ
12. Last Love Letter
13. バスロマンス
14. 春夏秋
15. three sheep

16. ここだけの話
17. バースデーケーキの上を歩いて帰った
18. 満月に吠えろ
19. テルマエ・ロマン
20. ハテナ

21. きらきらひかれ
22. コンビニエンスハネムーン
23. こころとあたま
24. いたちごっこ
25. ときめき

26. 隣の女
27. きみがその気なら
29. majority blues
29. 消えない星
30. Magical Fiction
31. たったさっきから3000年までの話

[Disc 2 Live (2005-2018)]
※下記日程の公演から、楽曲をセレクトして収録。
◎2005
徳島・徳島JITTERBUG (2005.10.15)

◎2006
東京・新宿LOFT (2006.04.01)
東京・SHIBUYA CLUB QUATTRO (2007.07.02)

◎2007
東京・日比谷野外大音楽堂 (2007.07.07)

◎2008
東京・日本武道館 (2008.04.01)

◎2009
東京・Zepp Tokyo (2009.07.05)

◎2010
東京・Billboard Live TOKYO (2010.11.23)

◎2011
大阪・Zepp Osaka (2011.06.18)
東京・中野サンプラザ (2011.06.22)
徳島・徳島club GRINDHOUSE (2011.09.29)

◎2012
東京・西早稲田AVACO Creative Studio (2012.08.28)

◎2013
東京・Zepp DiverCity (2013.01.14)

◎2015
東京・Zepp Tokyo (2015.07.01)
東京・日本武道館 (2015.11.11)

◎2016
徳島・アスティとくしま (2016.02.28)

◎2017
東京・EX THEATER ROPPONGI (2017.07.09)

◎2018
東京・渋谷WWW X (2018.06.25)
徳島・アスティとくしま (2018.07.21)
徳島・アスティとくしま (2018.07.22)

※『BEST MONCHY 1 -Listening-』と『BEST MONCHY 2 -Viewing-』に関して後日それぞれの通常盤の発売に関してご案内させて頂く予定です。




●『CHATMONCHY LAST ONEMAN LIVE ~I Love CHATMONCHY~』
ダイジェストムービーYOUTUBE公開中
▷公開URLはこちら

チャットモンチー Profile

橋本絵莉子(Guitar, Vocals, Synthesizer)・福岡晃子(Bass, Drums, Chorus, Synthesizer, Percussion etc.)

2000年徳島で結成。2005年メジャーデビュー。2006年リリースのSG.『シャングリラ』がヒット。2007年リリースの2nd AL.『生命力』に続き、09年リリースの 3rd AL.『告白』は、オリコン初登場 2位を記録。

2008年には、初の日本武道館公演を開催。メジャーデビューから2年4か月での日本武道館2days公演は、女性ロックバンドとしては史上最短(※当時)で、現在のロックシーンを 代表するバンドへと成長を遂げる。

2011年にDr.高橋久美子の脱退により、橋本、福岡の2ピース体制となる。2014年には、サポートメンバーを迎えた体制での活動を発表し、6th AL.『共鳴』を2015年にリリース。そしてデビュー10周年の日本武道館公演を行い、2016年には郷里徳島で主催フェスを2daysで初開催。大成功を収めた。

デュオ"橋本絵莉子波多野裕文"(橋本)やユニット"くもゆき"(福岡)での活動、CM歌唱(橋本)や徳島での多目的スペースOLUYOの運営(福岡)など、それぞれ多彩な活動を行っている。

2018年6月27日にラストアルバム『誕生』リリースし、7月をもって活動を「完結」させている。現在は[チャットモンチー(済)]としてマイペースに個人活動中。

▷チャットモンチー オフィシャルホームページ

星野源 恋が輝く前のネガティブソングが…

21世紀の社会を予言していたのか。井上…