1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. 歌詞コラム
  5. サザンオールスターズ
  6. 芥川龍之介はスライを聴いたことがあるのか?サザンオールスターズ『マンピーのG★SPOT』

【歌詞コラム】芥川龍之介はスライを聴いたことがあるのか?サザンオールスターズ『マンピーのG★SPOT』

サザンオールスターズ。彼らはデビューして30年以上第一線で活動しています。その中で世に送りだした楽曲は様々な色がありますが…『マンピーのG★SPOT』というとんでもないタイトルの曲が存在するんです!

公開日:2017年3月22日 更新日:2019年4月17日


この記事の目次
  1. ・いつまでも色あせないサザン
  2. ・マンピーのG★SPOT
  3. ・他に何がある?
  4. ・サザンオールスターズ 最新情報
  5. ・リリース情報
  6. ・公開中ミュージックビデオ
  7. ・サザンオールスターズ Profile

いつまでも色あせないサザン


サザンオールスターズは、30年以上にわたり活躍するバンド。30年以上も活動していれば様々な楽曲があり、『マンピーのG★SPOT』というとんでもないタイトルの曲まで存在します。

この曲がシングルであることも、このタイトルでゴールデンの歌番組で歌えることもすごいです。そんなことが許されるのは、ヒット曲を多数持つサザンだからでしょう。

桑田佳祐は、いったい何を考えてこの曲を作ったのでしょう?

マンピーのG★SPOT


----------------
芥川龍之介がスライを聴いて
"お歌が上手"とほざいたと言う
≪マンピーのG★SPOT 歌詞より抜粋≫
----------------

この曲は、2番で「芥川龍之介がスライを聴いて”お歌が上手”とほざいたと言う」という印象的なフレーズが出てきます。

芥川龍之介は、日本の作家。POPSの歌詞の中にこの作家の名前が出てくることも、まずありません。1892年から1927年まで生きた非常に有名な小説家であり「蜘蛛の糸」「トロッコ」などで知られています。

スライは、スライ&ザ・ファミリー・ストーンのこと。1960年代後半から70年代にかけて活躍したファンクバンドです。

時代が異なるので、芥川龍之介は生きている間にスライを聴けることはありません。「芥川龍之介がスライを聴いて“お歌が上手”とほざいたと言う」という状況は、現実にはあり得ないのです。

では、このフレーズは何を表しているのでしょうか?


----------------
たぶん本当の未来なんて
知りたくないとアナタは言う
≪マンピーのG★SPOT 歌詞より抜粋≫
----------------
----------------
笑う人生にビジョンなんて
およしなさいとアナタは言う
≪マンピーのG★SPOT 歌詞より抜粋≫
----------------
----------------
Come On!!情熱や美談なんて
ロクでもないとアナタは言う
≪マンピーのG★SPOT 歌詞より抜粋≫
----------------

この「芥川龍之介がスライを聴いて」にあたる部分の、他の歌詞を見ていきます。

「本当の未来なんて知りたくない」「笑う人生にビジョンなんておよしなさい」「情熱や美談なんてロクでもない」それぞれこう歌っています。

いずれも歌詞上の「アナタ」が否定していることなんですね。「ほざいた」というのもバカにしている表現。「アナタ」は「本当の未来」も「人生にビジョン」も「情熱や美談」も全て否定しているのです。

そして、これと同様に「芥川龍之介がスライを聴く」ような架空の出来事すら否定している。

他に何がある?


では人生のビジョンや情熱や架空の出来事も否定して、何が他にあるのか?

この世にあるのは「無情の愛」=愛のないセックスや「ベッピンな美女を抱いて宴に舞う」ような欲望ばかりだと言っています。

この曲は、目の前の欲望の前には他のことは全て無意味になってしまう「人の業」を歌っているんですね。芥川龍之介のような優れた文学も、スライのような素晴らしい音楽も、文学性を持った歌詞とブラックミュージック要素をもつサザンの曲も、エロや欲望の前では無意味なものとして扱われてしまうのです。

それは、この『マンピーのG★SPOT』という曲が、タイトルフレーズのインパクトが強く残り「この曲は歌詞に意味がない」とされがちなことと似ています。人は強い欲望を目の前にしてしまうと、他のことが霞んでしまうんですね。

そして桑田佳祐は、そんな「人の業」すらも笑いにしてしまうのです。

この曲は、ライブにおいて桑田がハゲカツラをかぶって暴れる曲です。エロい単語を連呼してるだけで全く意味のない歌。

そう思われて大いに結構だし、それで間違っていない。でもそういう曲でも、しっかりと作る。だからサザンはずっと人気なんですね。

TEXT 改訂木魚(じゃぶけん東京本部)

1978年6月25日、ファーストシングルシングル「勝手にシンドバッド」を発売し、メジャーデビューしたサザンオールスターズは、現在、桑田佳祐(ボーカル・ギター)関口和之(ベース)松田弘(ドラムス)野沢秀行(パーカッション)原由子(キーボード・ボーカル)から成る5人組のロックバンドである···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

サザンオールスターズ 最新情報

リリース情報

●2019年11月27日(水)発売
◎サザンオールスターズ ライブ映像作品
『LIVE TOUR 2019 “キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ!!” だと!? ふざけるな!!』

★完全生産限定盤 
<LIVE+BONUS DISC+GOODS>
三点まとめ買いセット

[Blu-ray 完全生産限定盤] 
価格:9,990+税
品番:VIZL-2300

[DVD 完全生産限定盤] 
価格:9,990+税
品番:VIZL-2301
※ボーナスディスク、グッズに関しては後日発表

<完全生産限定盤 商品内容>
“三点まとめ買いセット”と題した完全生産限定盤には『LIVE TOUR 2019 “キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ!!” だと!? ふざけるな!!』に加え、ボーナスディスクにパッケージ化の要望が強く寄せられていた《あの映像》が収録!

そしてスペシャルグッズとして、ツアーに参加した人であればだれもが目にしたであろう、《あのグッズ》が同梱!ファン心をくすぐる超豪華盤になっている。

★通常盤 <LIVE>

[Blu-ray 通常盤]
価格:7,000+税
品番:VIXL-1200

[DVD 通常盤]
価格:7,000+税
品番:VIBL-1700〜1701

<『LIVE TOUR 2019 “キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ!!” だと!? ふざけるな!!』 収録内容>

*完全生産限定盤に同梱の『LIVE TOUR 2019 “キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ!!” だと!? ふざけるな!!』も共通

本編全36曲 メイキング映像付き

40周年イヤーの締めくくりとして行われ、サザンオールスターズ史上最大の約55万人を動員した約4年ぶりの全国アリーナ&6大ドームツアー「サザンオールスターズ LIVE TOUR 2019 “キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ!!”だと!? ふざけるな!!」。東京ドーム公演の模様を中心に、ツアーのメイキング映像とともに完全パッケージ化!

【収録曲】
※全形態共通

東京VICTORY
壮年JUMP
希望の轍
闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて
SAUDADE~真冬の蜃気楼~
彩〜Aja〜
神の島遥か国
青春番外地
欲しくて欲しくてたまらない
MOON LIGHT LOVER
赤い炎の女
北鎌倉の思い出
古戦場で濡れん坊は昭和のHero
JAPANEGGAE (ジャパネゲエ)
女神達への情歌〜報道されないY型(ケイ)の彼方へ〜
慕情
愛はスローにちょっとずつ
ゆけ!!力道山
CRY 哀 CRY
HAIR
当って砕けろ
東京シャッフル
DJ・コービーの伝説
わすれじのレイド・バック
思い過ごしも恋のうち
はっぴいえんど
シュラバ★ラ★バンバ SHULABA-LA-BAMBA
マチルダBABY
ミス・ブランニュー・デイ (MISS BRAND-NEW DAY)
イエローマン〜星の王子様〜
マンピーのG★SPOT
I AM YOUR SINGER
LOVE AFFAIR〜秘密のデート〜
栄光の男
勝手にシンドバッド
旅姿四十周年

*メイキング映像付

■LIVE Blu-ray / DVD先着予約・購入特典
全国CDショップ、オンラインショップにて「LIVE TOUR 2019 “キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ!!” だと!? ふざけるな!!」をご予約・ご購入の方に先着で「LIVE TOUR 2019 “キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ!!” だと!? ふざけるな!!」オリジナルクリアファイルをプレゼント!

※各店共通デザインとなります。
※特典は無くなり次第終了となります。
※一部お取扱いの無い店舗もございますので、詳しくはお近くの店舗へお問い合わせ下さい。
※4形態共通となります。

■『LIVE TOUR 2019 “キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ!!” だと!? ふざけるな!!』スペシャルサイト



◎SOUTHERN ALL STARS YEARBOOK「40」
●2019年11月27日(水)発売
期間限定出荷商品
価格:4,091+税
品番:AMD90012309

公開中ミュージックビデオ

▷サザンオールスターズ – 壮年JUMP (Full ver.)
▷サザンオールスターズ – 闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて(Full ver.)
▷サザンオールスターズ – 愛はスローにちょっとずつ(Full ver.)

サザンオールスターズ Profile

1978年6月25日にシングル『勝手にシンドバッド』でデビュー。

1979年『いとしのエリー』の大ヒットをきっかけに、日本を代表するロックグループとして名実ともに評価を受ける。以降数々の記録と記憶に残る作品を世に送り続け、時代とともに新たなアプローチで常に音楽界をリードする国民的ロックバンド。

2000年1月リリースの『TSUNAMI』が自己最高セールスを記録、第42回日本レコード大賞を受賞。2008年8月、史上初の日産スタジアム4DAYS“「真夏の大感謝祭」30周年記念LIVE”を成し遂げた後、無期限活動休止期間に。

2013年デビュー35周年を迎え5年間の沈黙を破り、シングルリリース&野外スタジアムツアーを敢行し大復活。2015年3月には約10年ぶりとなるアルバム『葡萄』を発表し、5大ドームや22年振りとなる日本武道館での追加公演を含む全国ツアーを開催、約50万人を動員した。

そして2018年、6月25日にデビュー40周年を迎え、NHKホールで“キックオフライブ2018「ちょっとエッチなラララのおじさん」”を開催。8月1日には、数々の名曲と新曲3曲が収録されたプレミアムアルバム『海のOh, Yeah!!』をリリースし大ヒットを記録。

2019年春より、6大ドームを含む全国11箇所22公演に及ぶドーム&アリーナツアーを行うことが決定。

【MORE INFORMATION】
▷サザンオールスターズ オフィシャルサイト
▷桑田佳祐 公式 YouTube channel
▷サザンオールスターズ公式Facebook
▷サザンオールスターズ公式ツイッター

【歌う動画トップテン:3/27付】今週…

まずは聞いてみて!夢みるアドレセンスの…