1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. インタビュー
  5. 吉田山田
  6. 吉田山田の新作を心の栄養に!ハードなツアーを終えてさらに深みの増した彼らの歌詞に注目!【インタビュー】

吉田山田の新作を心の栄養に!ハードなツアーを終えてさらに深みの増した彼らの歌詞に注目!【インタビュー】

ツアーを終え、新たなラジオ番組も始まった吉田山田にインタビュー!

公開日:2017年5月24日 更新日:2017年6月2日

Interview

愛香


この記事の目次
  1. ・吉田山田インタビュー
  2. ・ツアーを終え、新たなラジオ番組も始まった吉田山田
  3. ・『街』のイメージは山田の見る怖い夢だった
  4. ・プレゼント応募について
  5. ・最後に…
  6. ・吉田山田 最新情報
  7. ・リリース情報
  8. ・番組情報
  9. ・ライブ情報
  10. ・ツアー情報
  11. ・吉田山田 Profile

吉田山田インタビュー

ツアーを終え、新たなラジオ番組も始まった吉田山田



──先日の「Over The Rainbowツアー」東京ファイナルはUtaTenでもレポートさせていただきましたが、スーツにサングラス姿で登場されたのは驚きでした!今回どうしてスーツを着られたんですか?

[8周年を迎える吉田山田、アッパーチューンを集めた全力でハッピーなツアーファイナル!【ライブレポート】]

吉田:あれは『街』のミュージックビデオを撮影しながらスタッフとスタイリストさんと打ち合わせをする中で、僕らが今まであまりしてこなかった“コンセプトのある衣装”にしたいということでみんなの意見が一致してあぁなりました。ちょっといつもと違う自分になれるというのをあの日に体感しました。

山田:ちょっとスピンオフ的な。


──登場された時ざわつきましたもんね!

吉田:うん、最初ちょっとクスクスされましたもんね(笑)。


──セットリストもアップテンポの曲がほとんどでしたが、やっぱりあれだけ駆け回るといつも以上に疲れたり?

吉田:疲れましたね(笑)。あの日両親が見に来ていたんですけど、真っ先に母親から来たのが「疲れたでしょ?」っていう連絡でした。ライブの最中に疲れは感じなかったんですけど、MCも少なかったし喉が持つかちょっと心配だったんです。でもこの前の47都道府県ツアーで培った根性というか、歌力でカバーできたので、むしろもっといってよかったかなって思ったくらい。


──47都道府県ツアーも相当大変だったんじゃないかと思います。

吉田:そうですね、でも今思うと丁度よかったなっていう感じです。あそこまで根詰めてライブをやりながら反省して、次の日にすぐ活かしてっていうのをコンスタントにできたことってデビューしてから今までなかったので、体力的にも精神的にもちょっとキツい時もありましたけど、それが良い具合でした。


──急成長できたような感覚?

山田:なのかもしれないですね。僕の場合、飛んだり跳ねたり走り回ったりしているので息切れしまくってたんですけど(笑)、自分の思い描くもっと大きいステージでやるっていうことを考えたら、ここで息切れしているようじゃダメだなって、鍛えようって思いました(笑)。


──そのライブでも告知があった、4月から始まったラジオ番組ですけど、吉田さんの感触としてはいかがですか?

吉田:僕は中学校の頃からTBSラジオの伊集院光さんの番組をずっと聴き続けてきたので、僕にとってラジオは偉大なものなんです。もっと言うと伊集院さんの番組と同じ曜日なので不思議な感覚です。今まで月曜の深夜1時から毎週聞いていた番組の3時間半前に僕らのおしゃべりが流れるって夢みたいじゃないですか。


──夢に近づいている実感は?



吉田:必死でずっと進んできているからなかなか感じることではないんですよね。
1個ステージが上がったら上がったで次のステージがより鮮明に見えるから、自分たちの足りないところばっかりが気になって、充実感とか、振り返って感慨深くなることとかあんまりないんですよ。でもラジオで憧れの人の近くで番組を持てたっていうのはすごく報われた感もありますし、スポンサーの山田うどんさんは番組内で特にCMも入れずに僕たちの魅力を電波を通して広げたいっていう想いでいてくださっているのを肌で感じるので、足りないなりにも7年間突っ走ってきてこれたことへの一つのご褒美としてすごく嬉しいです。


──山田さんとしてはいかがですか?

山田:PodcastやTBSラジオクラウドの配信だけの時はディレクターさんの家みたいなスタジオでリラックスした状態でやっていたのが、今はスーツの大人が聞きにくるような感じなので“おっと…(汗)”って感じです(笑)。まだ緊張するんですけど、周りに人がいても緊張せず雑談ができたらいいなっていう目標がありますね、知らない人が聞いてたらカッコつけちゃう自分がまだいるので、周りの人も巻き込んで楽しくできるようにしたいです。


──カッコつけちゃうんですか!

山田:はい、今はカッコつけ期ですね!

吉田:これ山田あるあるなんですけど、僕はそれだけ真面目なんだなって思うし、真剣に取り組もうとしている証拠だと思います。僕よりラジオを通ってきていないので明確にどんなラジオにしたいかっていうのが僕に比べるとないと思うんです。だから一生懸命にやっているのが正解な気もしますね。


『街』のイメージは山田の見る怖い夢だった



──この曲を書き始めたきっかけっていうのは何かあったんですか?

山田:この物語は僕がちっちゃい頃から何回も見る夢なんですよ。それを楽曲っていう形に残しました。去年、『吉田山田展presents 山田義孝展』という個展を開かせてもらった時に絵という形でも残している夢なんです。


──ではこの曲は映像から得たインスピレーションで作られた曲なんですね。

山田:そうですね。もうとにかく恐ろしい夢なんです。高層ビルが立ち並ぶ中でいろんな人が必死で逃げ惑って、空を見上げると分厚い雲が割れていくんですけど、そこから凄まじいデカさの何かが落ちてくるんです。怪獣だったり丸い物体だったり毎回落ちてくるものは違うんですけど、大切な人もいなくなってしまうし。



──そんな怖い夢がこの曲に。

山田:曲を作り始める時はメッセージ性はあまり考えていなくて、とにかくこの夢を形に残そうって思ってましたね。でも、その夢が覚めて起きた時、カーテンを開けるとのほほんとした日常が広がっていて“夢でよかった”って思うから、この曲を聴いたみんなとこの気持ちを共有できたらというか、自分の大切な物や希望を見つけるきっかけになったらいいなって思います。

吉田:山田はこうやって映像から入ることって多い気がしますね。それをどれだけ克明に描けるかっていうことをしていくんですけど、目で見た物以外に聴いていた音とか声とか、気温とか、匂いとか、山田の気持ちを改めて紐解いていくのが僕のこの曲を作る上での立ち位置で。、そうすることによって音楽として聴いている側は立体的なものとして捉えられるようになるんだと思います。


──タイトルは「怪獣」でも「夢」でもよかったと思うんですけど、『街』にテーマを持って行かれた理由は?

山田:一番はしっくりくるっていう感覚なんですけど、『町』でなく『街』という漢字を選んだのも、雑踏の中の生活が見える気がするからなんです。

次ページ : 吉田山田が街を壊す怪獣を倒す?

【歌う動画トップテン:5/29付】今週…

4人体制でリスタートした「9nine」…