1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. インタビュー
  5. 蓮花
  6. 「言葉」に強いこだわりを示す蓮花の3rdシングル『白雪』の世界観に浸りたい【インタビュー】

「言葉」に強いこだわりを示す蓮花の3rdシングル『白雪』の世界観に浸りたい【インタビュー】 (2/2)



「あっ、これだ!!」と思い、そこから文章を構築していきました



――詩を綴るのと歌詞を書くのでは、同じ言葉を紡ぐでも表現方法に違いを覚えません?

蓮花:ぜんぜん違いますよね。何時もそこで戦ってると言いますか、定められたメロディ数よりも文字数が足りなかったり、逆にはみ出たり。メロディという決まった数の中へ心を込めた文字を記すのはとても難しいこと。上手くいかないときには、ガラッと発想の転換も必要だったり、気持ちの視点を変えて表現を求めたりなど、本当に頭を使う作業だなと今でも感じてます。

――蓮花さんは想いをストレートに表現するのではなく、その言葉から巧みに想いを匂わせる表現を何時もしていますよね。だからこそ、いろんな想像を掻き立てれば、頭の中へ様々な情景が浮かぶんだろうなと思います。『白雪』でも蓮花さんは、沸き上がる恋の情熱を何とか静めようとする描写を、「白雪 燃える心解かして」と書き記しました。その表現が素敵だなと思っていて…。

蓮花:心、揺れ動いてる感じが伝わったのなら嬉しいです。『白雪』は、アニメ「信長の忍び」の第一期主題歌だった『徒桜』でも作曲を手がけてくださったKAZUYA(universe)さんの手による楽曲です。この楽曲のメロディの入った音源を聴いたとき、私の頭の中へ最初に「白雪」という言葉が浮かびました。

私の場合、そのメロディがどの部分であれ、最初にメロディを聞いてインスピレーションを得た言葉をとても大切にしています。『白雪』に関しても、冒頭で歌う「白雪、燃ゆる心解かして。。。」という言葉が最初に思い浮かんだことから、「あっ、これだ!!」と思い、そこから文章を構築していきました。つまり、私の場合は音に導かれて歌詞を書き始めることが多いんです。

――ということは…。

蓮花:メロディを聴くまでは、どんな言葉が出てくるのか自分でもわからないんです(笑)。そのメロディに導かれ、自分の心の中へ浮かんだ言葉をそのまま歌詞に載せていく形を私は取っています。

――2曲目に収録した『Gemini』は、メロディを聞いて最初にどんな言葉が思い浮かんだのか、今の話を聞いて興味が沸きました。

蓮花:『Gemini』は、サビに綴った「ひとりでいれば、寂しくて だれかといると、息苦しくなる」という言葉が最初に想い浮かびました。その言葉は、私がずっと付けている日記に記していた言葉で、そこから引用をしています。私が書いている日記と同じように、『Gemini』にも、人には言えず心に隠している感情を書き記しました。

どの歌にも私の本心を詰め込んでいます

――『白雪』は、アニメ「信長の忍び~伊勢・金ヶ崎篇~」の主題歌にも起用中。アニメとのリンク性も考慮したうえで歌詞を書き記している面もありません?

蓮花:リンク性はあります。「信長の忍び」には、千鳥(チドリ)ちゃんという忍びの主人公が登場します。この歌詞では、もし千鳥ちゃんが、守る役割を担っている織田信長のことを好きになってしまったら…「もし千鳥ちゃんが信長に恋をしたら、どんな気持ちを抱くんだろう」「恋をした信長の前でどんな表情をするのかな?」「手紙を書いたりするのか、書いたとしても、それを懐へ閉まったまま想いをずっと心に秘めておくのか??」と、自分の中でいろんな想像を膨らませ書きました。なので『白雪』の歌詞には、千鳥ちゃんの想いをメインに書きながら、そこへ私自身の想いも重ね合わせ書いています。

――アニメ「信長の忍び」ファンにとっては、いろんな想像が膨らみそうですね。

蓮花:『白雪』の歌詞には、「信長の忍び」のシーンを彷彿させる描写も記しました。なのでアニメを見てくださっている方は、「『白雪』のこの歌詞は、もしかしたらこのシーンのこと!?」と想像を膨らませ聞いてもらえたら、さらに楽しんでいただけるのではないかと思います。

――さきほども言ってましたが、『白雪』に綴った恋する想いは蓮花さん自身の気持ちとも重なりあうわけですよね。

蓮花:もちろん、私自身の気持ちも重ね合わせ書いています。むしろ、どの歌にも私の本心は詰め込まれています。嘘偽りのない想いを書いてこそ、聞いてくださる人たちの心の奥まで想いが響いてゆく。私はそう信じているからこそ、設定自体はフィクションでも、記した想いはリアリティを持って書いています。

――『Gemini』のサビに綴った「ひとりでいれば、寂しくて だれかといると、息苦しくなる」という言葉も、すごくわかります。と言うか、きっと同じ想いを抱いてる人たちは多いだろうなと想像します。

蓮花:『Gemini』に書いたような想いは、きっと、みなさんの中にもある感情ですよね。独りぼっちでいるときに感じる寂しさ。そういう気持ちを、普段の会話の中で言うことってあまりないですよね。それを誰かが代弁することで「じつは私もそう思ってた」と共感を覚えたり、そういう文章を読むと「あっ、この人も同じ気持ちを抱えてる、独りぼっちと感じるのは自分だけじゃないんだ」と感じたり。そうやって共感することで安心感を覚えることも人はあると思います。私自身も、そう。
 私が歌詞に綴った想いを通し少しでも触れた人の心のリラックスに繋ったら、そんな嬉しいことはないですからね。

――確かに。

蓮花:『Gemini』は、夜から朝にかけての風景を書いた歌。眠れない夜にもピッタリの楽曲だから、一人でしっとり聞いてもらえたら嬉しいです。

もし、自分が戦国時代に生きていたら、どんな感情を抱くのかな!?



――3曲目には『命の花びら』を収録しました。こちらは、どんな想いから生まれたのでしょうか?

蓮花:「もし、自分が戦国時代に生きていたら、どんな感情を抱くのかな!?」と想像を膨らま書いたのが、『命の花びら』になります。歌いだしの歌詞へ、私は「命の花びら散って 誰も気づかない 感じない睨んだ…」と書きました。そこの一行に、私自身の想いをかなり詰め込んでいます。

――そこ、具体的に教えてください。

蓮花:戦国時代の人たちは、刹那に生きてる人たちだったと私は想像します。何時自分の命が終わってしまうのかわからない状況だって有り得たこと。自分の大切な人を目の前で失ったとき、その人自身は言葉にならない強い悲しみを抱くと思います。でも、その人と直接関係のない人たちは、「自分じゃなくて良かった」と安心を覚え、立ち去ってしまう。でも悲しみに暮れた当人は、「この光景を見て何も感じないの?」「私たちを置いてくの??」と心の中で泣きながら、立ち去る人たちを睨んでゆく。

戦国時代って、自分たちの想像を遥かに超えることが現実に起きていた時代だと思うんです。そんな時代に私なりに思いを寄せ、想像を巡らせながら『命の花びら』を書きました。

――「初回限定盤」には、『徒桜』のピアノアレンジバージョンも収録しています。こちら、原曲とはまた違う装いを持って作りあげましたね。

蓮花:『徒桜』は、アニメ「信長の忍び」の第一期主題歌として起用していた楽曲でした。『徒桜』はいろんな人たちから感想や反響をいただけたようにたくさんの方々に愛された曲になりました。だからこそ今回、また違うバージョンに装いを変え、みなさんにお届けしたいなと思い、ピアノバージョンという形にアレンジし、オリジナルとはちょっと視点を変えて作りました。ぜひ原曲と聞き比べ、その違いを楽しんでいただけたたらなと思います。

世界観に浸って欲しいと強く思います



――完成した3rdシングルの『白雪』、今の蓮花さんにとってどんな1枚になりましたか?

蓮花:1曲1曲スタッフのみなさんと時間をかけ、細かいところまでこだわりながら丁寧に作りました。だからこそ、完成したときは感動を覚えていましたし、みなさんに聞いて欲しい気持ちを強く持っています。

個人的に、『白雪』のMVもすごく気に入ってます。今回も、楽曲も映像も写真もジャケットも、すべてが統一した世界観を持って繋がっているように、私の表現したい世界観を制作チームのみなさんがしっかり汲み取って作りあげた作品になりました。制作に関わった一人一人の命の籠もった作品になっているからこそ、みなさんに手に取っていただき、『白雪』の持つ世界観に浸って欲しいと強く思っています。


プレゼント応募について

Twitterで応募するとサイン入りポスターをUtaTenをご覧の方に抽選でプレゼント!!

【応募方法について】
UtaTenのTwitterアカウント(@utaten)をフォローをします。
(既にフォローしていただいている方はそのままで!)

②UtaTenのページにあるこの記事上下のツイートボタンからツイート。
※入力されている内容は消さないようにご注意ください!(追記はOK!)

③応募完了となります。応募締め切り後、当選者の方にDMにて当選の旨をご連絡致します。
※応募完了後であっても、該当のTweetの削除、UtaTenのフォローを外した場合、その時点で応募対象外となります。



【応募締め切り】
5/28 21:00まで

【当選の通知方法】
締め切り後に抽選を行い、当選者には@utatenからDMにてご連絡いたします。
※ご自身のTwitterアカウントのDM設定をご確認ください!!

蓮花 最新情報

リリース情報

4th SINGLE 2018.5.30 Release!!
「金魚涙。」

JBCZ-4044 1,800円+税

M1:1.金魚涙。
M2:Rainy day...
M3:jewelry☆
M4:Gemini ~brilliant blue remix~
■蓮花初の単独ライブ 映像収録!!
■3周年記念ライブ 先行予約抽選シリアル封入!!

ライブ情報

■蓮花 3周年記念ライブ
タイトル:蓮花~Live Voice#1~
公演日:2018年7月21日(土)予定
場所:六本木クラップス(会場へのお問い合わせはご遠慮下さい。)
※詳しくは蓮花のオフィシャルサイトをご覧ください。(http://renka-web.com/


【放送局・放送日時】
TVアニメ「信長の忍び信長の忍び~姉川・石山篇~」
●TOKYO MX
 4月6日より毎週金曜25:35~ 
●KBS京都
 4月6日より毎週金曜25:35~ 
●BSフジ
 4月10日より毎週火曜23:55~ 
※放送時間は予告なく変更になる可能性があります。

◆TVアニメ「信長の忍び」公式サイト
 http://nobunaga-no-shinobi.com/
 ※無料会員登録ページ
 https://nobunaga-no-shinobi.com/signup
(C)重野なおき/白泉社・信長の忍び参部製作委員会

■「信長の忍び」とは  
重野なおき原作、ヤングアニマル(白泉社)にて連載中の「信長の忍び」は、織田信長と忍びの少女・千鳥が愉快な仲間たちとともに天下統一を目指す4コママンガ。TVアニメは2016年10月より放送がスタートし、2018年4月より第3期にあたる「信長の忍び~姉川・石山篇~」がスタートする。主人公・千鳥役は「ご注文はうさぎですか?」チノ役などで知られる水瀬いのり。信長役は「幕末Rock」原田左之助役の羽多野渉、秀吉役は「名探偵コナン」工藤新一/怪盗キッド役の山口勝平が務める。このほか助蔵役は村瀬歩、帰蝶役はたかはし智秋、お市役は三森すずこ、ねね役は釘宮理恵が担当。また監督は「セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん」「ギャグマンガ日和」などを手がけた大地丙太郎、キャラクターデザインは山中純子が手掛ける。

蓮花 Profile

蓮花(れんか)
2015年7月1日にニンテンドー3DSソフト「ファイアーエムブレムif」 のテーマ曲「if~ひとり思う~」で鮮烈なデビューを飾る。
素性を明かさず、メディア露出をしないにも関わらずオリコンデイリーランキング11位、ウィークリーランキング20位に。 TVアニメ『信長の忍び』の放送開始時の主題歌「徒桜」は多くの要望から緊急配信を実施。iTunes J-POPランキングではデイリー5位をマークする。
“誰か”が言葉にできない思いを綴り、奇跡の歌声と称された、清く澄んだ歌声で、時代を癒す。 現在、北海道FM NORTH WAVEでレギュラーラジオ番組「蓮花Voice」を持ち、 独特な世界観でトークも展開中。

蓮花オフィシャルウェブサイト:http://renka-web.com/
公式ツイッター:@renka_official

SNSフォロワー1万人計画達成へ向けて…

【歌う動画トップテン:5/22付】今週…