1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. フレンズ
  6. ”神泉系バンド”フレンズ 恋愛の喜びも痛みも全て知っている大人故の『ベビー誕生!』

【歌詞コラム】”神泉系バンド”フレンズ 恋愛の喜びも痛みも全て知っている大人故の『ベビー誕生!』

●フレンズとは? フレンズとは、2015年6月にVo.おかもとえみ(科学特奏隊)、Key. ひろせひろせ(nicoten)、Ba. 長島涼平(FAINAL FLASH/the telephones)、Gt. 三浦太(ex.HOLIDAYS OF SEVENTEEN)、Dr. SEKIGUCHI LOUIE(ex.the Mirraz)により結成された5人編成のバンドで、メンバー全員が有名バンド出身という実力派揃いの異色ユニットだ。

公開日:2017年6月2日 更新日:2017年6月2日


この記事の目次
  1. ・『ベビー誕生!』オススメ曲レビュー
  2. ・「ビビビ」
  3. ・「シンデレラガール」
  4. ・「夜明けのメモリー」
  5. ・「塩と砂糖」
  6. ・「そんなかんじ」
  7. ・フレンズ 最新情報
  8. ・リリース情報
  9. ・ライブ情報
  10. ・フレンズ Profile
神泉という場所は、京王井の頭線に面していて、渋谷と下北沢に挟まれた所にある。渋谷程にポップスやヒップホップ要素が少なく、下北沢程にロックでは無いという、2つの音楽要素を織り交ぜた音楽性をその位置関係から“神泉系バンド”として呼ばれている。

フレンズの音楽は、ジャンル的に言うと、ネオシティポップと呼ばれるもので、ムード歌謡を現代風にアレンジしたもの。シチュエーションで例えてみると、「ドライブしながら聴く」「歩きながら聴く」という時にぴったりです。変に邪魔してこない心地よさと緩さがあり、無意識に身体を揺らしたくなる。そう、揺れてしまうサウンドなのだ。

そんなフレンズが、4月5日に初の全国流通盤『ベビー誕生!』をリリースした。このアルバムは最初から最後まで繋がっているように感じる。
序盤は【恋】から始まり、【恋人】になり、【すれ違い・倦怠期】【仲直り】。最終的には全てを許して“そんなかんじ”と開き直り。恋愛の喜びも痛みも全て知っている、少し大人なビターな味を堪能しているような気分にさせる一枚です。
その中でも、“特に聴いて欲しい!”ものを5曲に絞り、レビューをお届けする


『ベビー誕生!』オススメ曲レビュー

「ビビビ」


ビビビッとくるようなときめきだ
これが恋じゃない? 恋じゃない? 指の先まで
いてもたってもいられないドキドキだ
これで恋したい Yeah! 本気だ Yeah!
謎だらけミステリー


産声をあげて、最初に“オギャー!”と鳴くのは、恋に落ちてしまったトキメキの瞬間を歌った『ビビビ』。寝る前に無意識に相手の事を想ったり、顔を思い浮かべたり。“恋”というものを“ミステリー”という視点で描かれているのが面白い。“謎解き”をしている時と感覚が似ている。聴くだけで、ドキドキワクワクを感じ取る事が出来る、ハッピーラヴソング。


「シンデレラガール」


らんらんらららら きっと似てるね
綺麗になって飛び出そう
らんらんらららら ちょっとやっぱり
会いたくなるけど


勇気を振り絞って、一目惚れの先へと歩き出す女性を描いたダンスナンバー『シンデレラガールズ』。ラップ調のサウンドに合わせて、軽やかなステップを踏みながら街中で聴きたい曲。綺麗になってあの人を見返してやりたい。と奮起する、頑張る全ての女性達に、“0時までの魔法”をそっとかける応援ソング。


「夜明けのメモリー」


君と春を思い出したり 夏に悪さして呆れたり
秋は少し離れてみたり クリスマスは2人でいたり
君の涙に狼狽えたり たまに試してみたりしたり
でも好きな気持ちを見せたり 二人の夢に溺れたり


スローなヒップホップ調のビートに合わせて、恋人同士の別れの朝を歌った『夜明けのメモリー』。毎日一緒に居るのが当たり前だったけど、夜が明けたら二人の履歴が途絶え、履歴書となる。声が聞きたいけど、かける言葉が見つからない。何らかの理由で離れ離れになってしまう二人の、決して届くことはない心の声が切ないナンバー。

「塩と砂糖」


あまいからい間違えても愛してくれるのいいね!
居心地良いことなんてさなかなか無いんだよ
自分ばかり考えてるって思い合ってもダメ!
愚痴ばっかこぼしてもさ受け止めてあげる
愛 ちょっとスイート?ラブリー強情!


正反対なカップルの日常の不満が、まるでポップコーンのように弾け飛ぶポップチューン『塩と砂糖』。中身は違くても、割り合いさえよくすれば、より良いものになるという関係性を、“塩と砂糖”に例えている。「愛してはいる。けど、分かり合いたくても中々分かり合えない。それは、所詮他人同士なんだから仕方が無い事だ。」と、割り切って、この難題に挑むカップルのやり取りを歌っているのが面白いポップソング。

「そんなかんじ」


そんな感じで朝が来て 楽しすぎるこの夜とかgood!
やだよやだよやだやだ 帰りたくなんてないけど
明日また会う約束しよう


大人の夜遊びパーティーチューン『そんなかんじ』。
仕事終わりのご褒美タイムで、気の合う仲間達とお酒を呑みながら、時にはハメを外しちゃおう!と肩の力を抜いてくれる曲。世の中の為に。家族の為に。自分の為に。それぞれの目的で毎日朝から晩まで働き、やっと訪れた自由な時間。「大人だってたまには息抜きしてもいいじゃん!なんか分かんないけど帰りたくないくらい楽しい!」まさしく“そんなかんじ”の事を歌っているスローダンスナンバー。




いかがでしょうか。ちょっぴりビターな恋愛ソングが、多くの人を共感させる一枚。「ベビー誕生!」は、人生経験豊富な大人だから生まれる見栄や葛藤が多く描かれ、曲ごとに感情豊かに表現されています。

男女ツインボーカルだからこそ、曲の中の会話がリアルさを増して、感情移入しやすく、聴きやすいところもフレンズならではの良さ。
彼等が作り出す、“ふたりだけの物語”が、今後どのように変貌を遂げていくのか楽しみです!

フレンズは日本の男女5人混合バンドである。メンバーは、ボーカル・作詞・作曲のおかもとえみ、キーボード・ボーカル・作詞・作曲のひろせひろせ、ベースの長島涼平、ギター・ボーカルの三浦太郎、ドラムスのSEKIGUCHI LOUIE(せきぐち るい)である。SEKIGUCHIはリーダーも務める。また、楽曲の···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

フレンズ 最新情報

リリース情報

タイトル:HEARTS GIRL 

●発売日:2019年9月25日(水)
価格:¥1,818(税抜き)
品番:AICL-3729
内容:プチアルバム 1形態 初回限定デジパック仕様

■CD封入特典:「シチュエーション・コメディ season4」スペシャルデザインチケット引換券
【CD収録内容】
1.take a chance
2.HEARTS GIRL
3.12月のブルー
4.Nothing
5.0:25
6.地球を越えても

【店舗特典情報】
■店頭特典:Amazon 「HEARTS GIRL」オリジナルデカジャケット
■他店舗:「HEARTS GIRL」オリジナルステッカー2種(ランダム)

【先行配信情報】
楽曲:take a chance
配信はこちら



●シングル「楽しもう/iをyou」
価格:¥1,500(税抜き)
品番:AICL-3719 
形態:初回限定デジパック仕様

収録内容:
M1. 楽しもう ※映画『今日も嫌がらせ弁当』主題歌
M2. iをyou  ※テレビ東京系ドラマ24『きのう何食べた?』エンディングテーマ
M3.おいでよラジオパーク~どっちかならYES!~
※ニッポン放送『ラジオパークin日比谷2019』テーマソング
M4. 街(神泉Ver.)
M5. 楽しもう(音を楽しもうVer.)
M6. iをyou(音を楽しもうVer.)

【MUSIC VIDEO情報】
楽曲名:楽しもう
YOUTUBE
楽曲名:iをyou
YOUTUBE

ライブ情報

シチュエーション・コメディ season4

▼2019年11⽉1⽇(⾦)
DRUM LOGOS@福岡
OPEN 18:15 / START 19:00

▼2019年11⽉13⽇(⽔)
Rensa@仙台
OPEN 18:15 / START 19:00

▼2019年11⽉24⽇(⽇)
サンケイホールブリーゼ@大阪
OPEN 17:00 / START 18:00

▼2019年11⽉28⽇(⽊)
ペニーレーン24@札幌
OPEN 18:15 / START 19:00

▼2019年12⽉8⽇(⽇)
名古屋市公会堂@名古屋
OPEN 17:00 / START 18:00

▼2020年1⽉12⽇(⽇)
LINE CUBE SHIBUYA(渋⾕公会堂)@東京
OPEN 17:00 / START 18:00


フレンズ Profile

2015年6月に結成された男女混合5人組バンド。各メンバーが他でのバンド経験を持つ実力派。

結成わすか3年で数多くの大型フェス出演やTOKYO DOME CITY HALL、NHKホールのワンマンライブを成功に収める。多彩なサウンドと多幸感に溢れるライブで老若男女問わず人気を誇る注目のバンドである。

▷フレンズオフィシャルサイト
▷フレンズオフィシャルTwitter
フレンズLINE @friends


なぜデビュー曲の歌いだしが「楽しい時も…

本人コメントも到着!吉澤嘉代子が歌う「…