1. ニューシングルは深い恋愛ソング!本人と一緒にいろんな角度から家入レオを楽しんで!【インタビュー】

ニューシングルは深い恋愛ソング!本人と一緒にいろんな角度から家入レオを楽しんで!【インタビュー】

5周年を迎えた2017年の第1弾シングル『ずっと、ふたりで』をリリースした家入レオさんにインタビューを敢行致しました! 自身初の武道館ワンマンライブを経て音楽と向き合う姿勢に変化があったという彼女が今回繰り出すラブソングはいかに!?歌詞に共感している女子たちはもちろん、いつもの意志の強い歌声とは違った可愛らしさ満載の歌声に惚れた男子たちも!このインタビューを見て『ずっと、ふたりで』『だってネコだから』『ヒーロー』を何倍も楽しんじゃってください!

2017年7月27日

Interview

愛香


この記事の目次
  1. ・5周年、いろんな角度から家入レオを楽しみたい!
  2. ・“らしさ”を出したウルフルズカバーの『ヒーロー』
  3. ・ネコに扮した家入が乙女な気持ちを歌う『だってネコだから』
  4. ・壮大な気持ちで歌った『ずっと、ふたりで』
  5. ・制作エピソードでガールズトーク
  6. ・ピックアップフレーズ
  7. ・最後に…
  8. ・プレゼント応募について
  9. ・家入レオ 最新情報
  10. ・リリース情報
  11. ・家入レオ Profile

5周年、いろんな角度から家入レオを楽しみたい!

──5周年おめでとうございます!5周年と言われると、もっと長いと思ってた!って感覚なのですが、ご自身的にはいかがですか?

家入レオ(以下:家入):この5年は本当に時間軸がよくわからないというか。仕事がずっと入っている日は家を出て現場に入って、現場を出るともう真っ暗なので1日が一瞬なんですけど、逆に制作が入っている日は曲ができなかったりすると1時間がすごく長く感じたりするので、すごい早かったしすごい遅かったし、いろんな時間軸の中で生きていた5年間でした。


──曲作りに関しては天才的にパパッと作ってしまいそうなイメージでしたが、悩まれることも多いんですね。

家入:いや〜、ありますね!デビュー前は自分の好きなタイミングで曲を作れていたんですけど、デビューすると有り難いことに書き下ろすことが多くなってきて、曲調とかリズムまで指定されることもあるので、慣れていない時はそこに対するアプローチの仕方がわからなくて迷ったりしました。


──そういった時はどうやって乗り切ってこられたんですか?

家入:曲作りってある意味体育会系というか。作るしかないから、こもりっきりで作りますね。


──今はもうアーティストとして唯一無二で不動の存在だと思うんですが、今後の展望や目標として具体的に掲げていることってございますか?

家入:嬉しいです。今までは10代でデビューしたのもあって“私ってこう言う人なんです”っていうのをブレさせないことが大事だなって思っていたからすごくこだわりが強かったんですけど、今はもっといろんな角度から家入レオっていうものを楽しんでいきたいなっていうのがあるのでいろんな表現方法をしたいです。
もっといろんな作曲家さんとコラボしたいし、声優やナレーションにも興味がありますね。才能あるなしじゃなくて、要はやるかやらないかっていうところに今は自分のマインドがあるので新しいことにどんどんチャレンジしていきたいですね!


──今回のシングルではいろんな角度から家入レオを楽しみたいという想いが特に現れていると思うんですけど、『ずっと、ふたりで』を杉山勝彦さんから受け取った時の感想はいかがでしたか?

家入:聴くのと歌うのと全然印象が違って、正直聴いた時はピンとこなかったんです。でも歌ってみたら自分の声にすごく合ってる、この曲しかないなって運命的な感じもありました。
杉山さんにはドラマの主題歌っていうことは伝えていたんですけど、内容まで詳しく説明していなかった中でこの歌詞が上がってきたから、“これは本当にハマったな”っていうのがありました。


──その後の具体的なディレクションは?

家入:特に無くて、「家入さんが思うように歌ってください」っていう感じだったので自分の中でメロディーに耳を傾けながら進めました。


──先ほどいろんな表現方法をしたいとおっしゃられましたけど、今回そこに対するアプローチはできましたか?

家入:はい。今回の制作を進める上でも武道館のライブが自分の中ですごく大きくて。武道館ライブまでは日常の消化しきれない気持ちを、ライブをすることによってゼロに戻していくっていうことが多かったんですけど、5周年、支えてくれてありがとうっていうところと、ずっと憧れていた武道館でできたっていう記念が色々重なったので、人より遅かったかもしれないんですけど初めて自分を表現したいっていうところじゃなくて来てくれたみんなにありがとうっていう気持ちだけでステージに立てたんです。
表現の余力が残っていて常にブレーキをかけている状態だったから苦しくもあったんだけど、それが終わった時に本当に最高だったよって言ってもらえて、音楽って自我じゃないのかもしれないなって思って初めて作詞作曲を他の人に託したっていうのがあって、いい距離感で歌えたというか。自分で作るとどうしても、自分の思う自分っていう限られたところでしか歌を歌わなくなるので、新たなチャレンジとしてよかったなと思います。


──今後は自分が表現したい自分っていうよりも、みんなが求める家入レオでありたいっていう気持ちが出てきたような?

家入:そうですね、だからと言って私が一切曲を作らないわけではなく、他人に全部任せることもあるし、共作もあるし、自分で全部完結させることもあるし。その真ん中にあるのは良いものを作りたい、歌っていきたいっていう気持ちで色んなトライアルをしていきたいです。


──今回のシングルは2曲目が家入さんの作詞作曲で3曲目はトータス松本さんの曲ということですが、それぞれの曲づくりが始まるまでの経緯を聞かせてください。

家入:『だってネコだから』は、デビューしてからはリリースが決まってから曲を作りましょうっていうことが多くなっちゃった中でもナチュラルに日常の中で生まれた曲です。性格がネコっぽいって言われることが多いので、その目線で曲作ろう♪と思って作ったんです。『ヒーロー』は三井住友銀行さんのCMのお話を頂いて、歌わせていただくことになりました。


“らしさ”を出したウルフルズカバーの『ヒーロー』



──『ヒーロー』はウルフルズさんのカバーということですが、難しかったところは?

家入:トータスさんって、もはやジャンルじゃないですか(笑)。だからどう歌おうっていうのはあったんですけど、原曲に尊敬の念は抱きつつ、あえて私色に染めようと思ってアレンジを爽やかにしました。テンポを少し早めました。


──歌詞の中で家入さんが特に共感している情景ってありますか?

家入:「泣きじゃくり 悔しがり ブチ切れたあげくに ふさぎ込む そんなのヒーローと呼べはしないだろう」っていうところです。私を含めてみんなヒーローとかヒロインになりたくてなれなくて葛藤していると思うし、私はここの歌詞に特に共感しています。
一人称を“俺”っていうことに対して、こんな日が来るなんて!って思ったんですけど、心意気的には男女関係なくみんなに愛される曲だと思ったからすんなり歌えたっていうのもあって、その気持ちが集約されているところだなって思います。



──なるほど。曲の最後で解いていることをあえて聞いてしまいますけど、家入さんの中のヒーロー的な部分ってどんなところだと思いますか?

家入:私の場合はすごく臆病なので、嘘をついたり自分を偽っちゃうと他人はごまかせても勝負事の時にそのことが浮かんできちゃうんですよ。なので、勝負事に直面するときに客観的な自分が現れて「だってお前あのときズルしたじゃん」とか逆に「あの時頑張ったじゃん」って本音が出てくるから、そこが良くも悪くも自分らしさな気がしています。
でも面倒くさい(笑)!


──この曲を自分のものにするために特にしたことはありますか?

家入:トータスさんの曲はほとんど知っているんですけど、この曲はちょっと聴いたことがある程度だったので、ある意味ストンと腑に落ち、「自分の曲です」ぐらいの感じで歌えました。楽しく思うがままにっていう感じでしたね。


次ページ : ネコに扮した家入レオ

秦基博のアルバム収録曲だった「Girl…

松尾優、プレママが癒やされる調べの誕生…