1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. インタビュー
  5. GIRLFRIEND
  6. GIRLFRIENDのGirl's Talk、「キセキラッシュ」に込めたそれぞれの演奏の拘りを初公開!【インタビュー】

GIRLFRIENDのGirl's Talk、「キセキラッシュ」に込めたそれぞれの演奏の拘りを初公開!【インタビュー】 (2/4)



「ヒツゼンになった私たちのお風呂ジャンケン」

――トカゲで盛り上がるとは思いませんでした。では、次のカードいきましょうか。こちらです「ヒツゼンになった私たちの○○」。
バンドの活動をしていく中で、最初は決まってなかったけど誰かがやり始めたことや、みんなで決めたことが、今ではもう当たり前になってしまった。そういったことは、何かありますか?


MIREI:はい。「ヒツゼンになった私たちのお風呂ジャンケン」

MINA&NAGISA&SAKIKA:ああ〜。

MINA:確かに。

SAKIKA:うまいな。

NAGISA:確かに。うまい。

――うまいですね。座布団もってきてもらいましょう。

MIREI:ありがとうございます。お風呂ジャンケンは、一緒に住んでるから、一緒に帰ってきたりするんで、お風呂の時間も被るじゃないですか。誰かが勝手に入るとかじゃなくて、ヒツゼン的にジャンケンして順番を決めるってことになりました。

NAGISA:当たり前になってるな。

MINA:当たり前。ジャンケンしようってなるもんな。

MIREI:そう。ジャンケンしようっていつもみんな集まります。

――誰が、勝率が高いとかあるんですか?

MIREI:いやー、ありますね。誰やろ。

NAGISA:最近NAGISAは、自分的に発見したのが最初絶対みんなチョキ出すねん。

MIREI:それ言ったらあかん(笑)。

MINA:それ、だって気づいてなかったん?

NAGISA:違うねん違うねん違うねん。気づいてなかったけど…。

SAKIKA:それNAGISAさ、言わずにグー出せば…。

NAGISA:気づいてたん?逆に。

MIREI:気づいてないよ。

SAKIKA:気づいてないけど、気づいたとしてもNAGISA言わずにグー出し続けてたら勝ってたのに。

NAGISA:それはなんか嫌やん。

MIREI:嫌なんや。

NAGISA:でも最近パー出す人もいた。

MIREI:そやな、確かに。

NAGISA:そう、だから狂ってきてます。


――今までは、それを知ってて、何回かそのお陰で勝ったこともありました?

NAGISA:ええ?どうやろ。わざとチョキ出したりもしました。

MIREI:あいこにするように?

NAGISA:あいこにして。で、負けて。自分の運を試すみたいな。

SAKIKA:わざとグーも出したりした?

NAGISA:しました。

MIREI:したんか〜い!

SAKIKA:したんかい!

NAGISA:してましたね。

――NAGISAさんは、お風呂ジャンケンを違った楽しみ方もしてたんですね。では、もうひとつお願いします。

SAKIKA:あ、あたしいいですか?「ヒツゼンになった私たちの話し合い」です。上京してきてから、話し合いをしてない時期が長くなると「なんかそろそろ話し合いしたほうがいいんちゃうか」みたいな話になって、もうこれは定期的にやらないとあかんねんなって思うことがすごく多くて、ヒツゼンになってきてるのかなって思います。

MIREI:そうやな。

――それはいろんな音楽性の話だとか今後こういったことをしたいとかいろんなことをやるんですか。

全員:そうですね。

SAKIKA:曲制作してるときとかは話し合いでこういう曲欲しいからこういう曲一回つくってみようとか話したりします。ライブの反省会もそうですし、結構定期的にごはんとかも4人で行ったりとか。「そろそろ行ってないから行こかぁ」とか、定期的に4人でちゃんと集まる機会みたいなのは必要というかヒツゼンというか、なってきてるかなと思います。

次ページ : ガールズトークの話題は禁断のあのテーマも!?

GIRLFRIEND(ガールフレンド) SAKIKA(Vo, G)、NAGISA(G)、MINA(B)、MIREI(Dr)の4人からなるガールズバンド。 清水翔太やSCANDALらを輩出した大阪のキャレスボーカル&ダンススクール出身者で2015年に結成され、全員が作詞、作曲、アレンジを手がける。2016年8月に初のCD作品「Hello···

「東京パフォーマンスドール」夏の〇×ト…

never young beach の…