1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. Uru
  6. Youtubeから生まれた奇蹟の歌声…Uru「しあわせの詩」

【歌詞コラム】Youtubeから生まれた奇蹟の歌声…Uru「しあわせの詩」

このアーティストの関連記事をチェック

10月のラジオ"パワープレイ"を大特集…

「Uru」唯一無二の歌声を持つ、謎に包…

Uruの歌声を聴いてみてほしい。きっと、その透明感に魅了されるはずだ。 皆さんは、Uruという歌手をご存じだろうか。メジャーデビューしてまだ一年とちょっと。アルバムこそ出していないが、シングルが4枚、映画やアニメ、ドラマのタイアップ曲が多く、曲にも聞き覚えがあるかもしれない。

公開日:2017年8月10日 更新日:2017年8月10日

Column

毛布


この記事の目次 []
  1. ・インターネットをやる人に高い知名度
  2. ・歌詞から伝わってくるUru




インターネットをやる人に高い知名度

だが、知名度という意味では、音楽が好きな人で、特にインターネットをやる人には、もっと高い。メジャーデビューの前から、彼女はYoutubeにカバーソングを投稿しつづけていたからだ。その数、100本以上。ロウソクの灯る部屋で、顔の半分だけだした彼女の歌声はヒーリング効果抜群で、思わず最後まで聴き入ってしまう

デビューしてからは自身で作詞や作曲をしているUruだが、カバーソングの時以上に楽曲の透明感は増し、そこに素の彼女の純粋さが加わっている。今回歌詞をとりあげる「しあわせの詩」は、そんな等身大の彼女の温かさが、歌声からも、歌詞からも伝わってくるものになっている。


歌詞から伝わってくるUru

---
気がつくとまた目が覚めて
初めに見るいつもの天井
今日はどんな服を着て何を食べようか
---




冒頭は、「起きて、さあ今日は何をしよう」と言ってしまえばそれまでの内容。けれど、Uruの歌詞は、そういう些細なことにも、ちゃんと目が向けられている。朝起きると天井が見える。天井のことなんて、普段は気にも留めない。それでもUruは天井をじっと見る。
服を選ぶ、食べるものを選ぶ。みんながなんとなくこなしていることでも、Uruはちゃんと味わい、楽しみながら一日を過ごしている。


---
歩けば足音が心地よくて
疲れた体が心地よくて
瞬きするように小さなことだけれどそれが幸せ
---


そして、そういう小さなことを味わうことこそが、「幸せ」なのだと、ちゃんと気付いている。カバーソングでは、原曲へのリスペクトを残しながらも、自分なりに解釈した表現をしなければならない。そういう物事を味わう姿勢は、カバーを一生懸命歌ってきたUruだからこそできることだ。

---
誰かの言葉が温かくて
あなたの笑顔が温かくて Um
一つ一つ喜びが積もっていく
これが一番の幸せ
---



「誰かの言葉」「あなたの笑顔」。これはUruの歌に対する周囲の反応のことなのだろう。Uruにとってのたくさんの「喜び」を積もらせて今がある。「積もっていく」という表現は、今まで地道に努力を積み重ねてきたUruならではのものだ。
そういう喜びを、ひとつひとつ積もらせていくことが、一番の幸せだと歌う。


Uruは、透明感のある歌声もさることながら、ブログなどでみせるキャラクターもほっこりと癒し系だ。ついこの前は、春のパン祭りのシールが全部集まり、とても喜んでいた。文章から彼女の純粋さが伝わり、癒されたい人にはおすすめである。

TEXT:遠居ひとみ

聞く人を包み込むような歌声と、神秘的な存在感で注目を集めるシンガー。 2013年よりYouTube チャンネルを立ち上げ、様々なジャンルの楽曲をカバーする事をスタート。 素顔をほとんど見せないモノトーンに統一された映像と、透き通る歌声が徐々に注目を集め、メジャーデビューまでに100本に及···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

CUBERS、ダンスを封印し初の生バン…

Anlyの1番側にいる存在、『北斗七星…