1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. コラム
  5. My Hair is Bad
  6. My Hair is Bad「最愛の果て」は、アラサー女のための恋哀歌だった

My Hair is Bad「最愛の果て」は、アラサー女のための恋哀歌だった

「最愛の果て」って、あなたはどこだと思いますか? 愛し、愛されて、心に満ちてくる優しさ。そして、それがずっと続いていくということ。私も、この曲を最初に聴いたときはそう思っていた。

2017年9月4日


この記事の目次
  1. ・マイヘア 「最愛の果て」
  2. ・アラサー世代以上に共感
  3. ・My Hair is Bad 最新情報
  4. ・最新リリース情報
  5. ・ツアー情報
  6. ・リリース情報
  7. ・My Hair is Bad Profile
恋心を赤裸々につづったドキドキする歌詞と、今にもかみついてきそうな激アツなライブパフォーマンスで、注目度が急上昇。今や各地のフェスでも引っぱりだこのスリーピースバンド、“マイヘア”ことMy Hair is Bad。
メンバーは新潟県上越市出身で、中学・高校の同級生。3人とも、20代前半の男の子だ。

若者ならではの恋や、日常、思い出のみずみずしさ。そして、時に煩悩が噴き出すような激しく圧倒される歌詞で、当然ながら若者からの支持が厚い彼ら。
でも、それだけじゃない。My Hair is Badはアラサー以上の女性にもささるバンドだと、私は思わずにいられない。

「若いバンドだし」「恋愛の感覚が違うかも」…そう考えると、踏み出しにくいのも確か。でもちょっと、この「最愛の果て」の歌詞を見てみてほしい。

そこには、女性の心の中で常にぐるぐると渦巻いている感情が、あると思うのだ。

マイヘア 「最愛の果て」



――――
もう 笑わなくていい
だって 疲れているでしょう
退屈でギリギリな日々 隣りにいてあげる
もう 大丈夫だよ もう充分 頑張ってるんだしいいよ
いいこいいこ そう 甘えん坊でいいよ
――――

この「最愛の果て」という曲は、一見するととても優しい。メロディーもそうだけど、歌詞がとにかく優しい。
例えば仕事や人間関係がうまくいかなくて、暗い気持ちのとき。「もう 大丈夫だよ もう充分 頑張ってるんだしいいよ」なんて慰めのセリフを言われたら、心がほどけて涙がこぼれてしまいそうな気がする。
そして、社会人になって、仕事上のミスや修羅場を何度もくぐってみるとわかると思うけど、こういうセリフは自分で自分に言い聞かせるのでは効果がない。人に言われなきゃダメなのだ。

この曲には、そんな女性にとって“しみる”言葉がちりばめられている。
彼らに“毒”を求めていたいちリスナーとしては、拍子抜けな気もしたけど、これはこれで新しいな…なんて思って聴いていた。

でも、リピートしていてある時ハッと気づいた、この曲の裏にあるもの。
「最愛の果て」の“果て”は、冒頭の歌詞が思わせるような“究極のやさしさ”とは、まったく逆のところにあるんじゃないか? この歌詞って実は、女性が陥りがちな“重い恋愛”について歌っているんじゃないのか?
…そんな思いが頭から離れなくなったのだ。

――――
すぐに泣かなくていい
もっと楽に考えよう
泥酔でノリノリなAM4:00 朝起こしてあげる
もう大丈夫だよ ちゃんとまるっと覚えていなくていいよ
できる できない じゃなくて
無理に やらなくていいよ
――――

例えば、この曲の主人公が女性だとして。彼女は、相手のすべてを受け入れられるやさしい女性だ。
「朝起こしてあげる」「覚えていなくていいよ」「無理にやらなくていいよ」という、あたたかい言葉から、そんなイメージがわいてくる。
AM4:00に泥酔の相手を起こすのは、正直、至難の業かもしれない。それでも相手を許し、献身的に尽くす。それは、彼の幸せが彼女自身の喜びでもあるからだ。

それに、1節目に引用した歌詞の「隣りにいてあげる」「頑張ってるんだしいいよ」「甘えん坊でいいよ」もそう。まるで男性を寛大に許す、許しすぎてしまう、経験を積んだ女性のよう。若い頃はなかなか真似ができないことだと思う。

――――
何も言わないで
目を逸らしてあげるよ
君が前を向くなら
笑って許してあげる
――――

でも、このあたりから雲行きが怪しくなってくる。「目を逸らしてあげる」って、いったい、何から?

優しさの中によぎる、一抹の不安。
”目を逸らす””前を向く””許す”これらの言葉が意味するところは…もしかしてこの男、浮気をした?という想像。そう考えると、俄然、話が重苦しくなってくるのだ。

――――
何も言わないで
ちゃんとわかってあげるよ
今夜、帰ってくるなら
笑って許してあげるよ
――――

その上で彼女が「許してあげるよ」と言っているのを、さらに深読みしてみる。

「あげるよ」というのが何だか押し付けがましいし、恋愛ではケンカして不満をぶちまけてこそ、わかることもあるはずだ。何をしても許されたり、受け入れられすぎるのって、ちょっと気持ち悪い。
「今夜、帰ってくるなら」なんて、行動の制限付きで許されたくもないし。

それに、30年近く生きていると何となくわかってこないだろうか。「許してあげる」と口では言ったとしても、女性は決して心から許してはいないということ。好きであればあるほど、忘れることはなかなか難しい。
”好き”の反対は”無関心”とよく言うけれど、愛や憎しみがある限り、その相手に無関心にはなれないから。

つまり。この曲に出てくる思いやりにあふれる女性は、相手にとって最初は安らぎかもしれない。けれど時が経つにつれて、“干渉ばかりしてくる”“重い”存在になってしまう…。しかも、かけた時間と労力の量だけ、相手に執着してしまうのだ。

――――
答えなんて 見つからなくていいよ
先生だって 本当は知らないよ
君が教えてくれた パンケーキの味
きっと ずっと ちゃんと きちっと
覚えていられないよ
もう一度 行こう もっと一緒にいようよ
――――

それでも彼女は言う。“一緒に答えを見つければいいじゃない”“もっと、ずっと、一緒にいようよ”。もしかしたら、彼は彼女のその態度こそが重くて、浮気をしてしまったのかもしれないのに…。

例えばカフェの一角で、恋愛末期らしきカップルがもめている。
「私ばっかり我慢してた」と、泣きじゃくる彼女。うんざりした彼は、「誰も頼んでないよ。そっちが勝手にやってたんじゃん」と、投げやりに一言。
そんな場面に、この曲はとてもしっくりくると思う。
曲の後半の一カ所だけの和音の歪みも、この裏ストーリーを象徴しているように思えてならない。


アラサー世代以上に共感

アラサー世代以上の女性の方は、思い当たりませんか? 若かりし日の、こういう”やり過ぎた感”。私は思い出して胸が痛くなった。現在進行形の恋愛とは、全然別の意味で。

”最愛の果て”が、どこに行きつくのかは、人それぞれだ。でも、この曲ではその“果て”は、”愛して愛されて幸せ!”というハッピーな状況では、必ずしもない。「最愛=愛しすぎてしまった状態」「果て=終わり」は絶望的。
初めての恋ではなく、いろいろなものを超えてきたからこその、そんな実感。

マイヘアの曲に漂うのは、確かに若い男性の恋愛に対する想い、というのが多い。でも、それは予想以上に女々しくて、全部がハッピーエンドじゃない。
そして、こうして時々、女性の暴かれたくない心境を逆撫でしてきたりもする。


でも、夢物語ばかりの恋愛ではないからこそ、甘くて、苦くて、心を預けてしまいたくなるような深みがあると思う。
そう、特にアラサー以上の女性にとっては、My Hair is Badの裏に隠された恐ろしさこそが、魅力的なのだ。


My Hair is Bad 最新情報

最新リリース情報

【作品情報】
My Hair is Bad
Blu-ray / DVD「My Hair is Bad ギャラクシーホームランツアー 2018.3.30,31」
2018年8月8日(水)
Blu-ray UPXH-20068 \5,800+税
DVD(2枚組) UPBH-20222/3 \5,000+税
収録内容(Blu-ray、DVD共通)~武道館へと向かっていくホールツアーのドキュメントも含む、My Hair is Bad武道館2DAYS、全セットリストを完全収録。


ツアー情報

My Hair is Bad presents「セーフティーバントツアー」

6/2(土) 東京 Zepp Tokyo
6/9(土) 北海道 Zepp Sapporo
6/16(土) 愛知 Zepp Nagoya
6/23(土) 大阪 Zepp Osaka Bayside


リリース情報

【作品情報】
My Hair is Bad
3rdアルバム 「mothers」
発売中

初回限定盤 【CD+DVD】 UPCH-29271 \4,200+税

     ①紙ジャケット仕様
      ②2017年5月4日日比谷野外音楽堂ワンマンライブ映像DVD(ハイパーホームランツアー)
通常盤   【CD】 UPCH-20464 \2,800+税


CD収録内容(2形態共通)
1.復讐
2.熱狂を終え
3.運命
4.関白宣言
5.いつか結婚しても
6.元彼女として
7.僕の事情
8.噂
9.燃える偉人たち
10.こっちみてきいて
11.永遠の夏休み
12.幻
13.シャトルに乗って

My Hair is Bad Profile

【My Hair is Bad】
Gt.Vo. 椎木知仁(シイキトモミ)
Ba.Cho. 山本大樹(ヤマモトヒロキ)
Dr. 山田淳(ヤマダジュン)

新潟県上越市出身(在住)3ピースロックバンド 。
2013年2月に初の全国流通盤1st Mini Album「きのうになりたくて」をリリース。
年間100本を超えるライブ本数を重ね、2014年には1st Single「だまれ」、1st Full Album「narimi」、翌年2015年に2nd Single「一目惚れe.p.」をリリース。
2016年5月には初のメジャーリリース作となったSingle「時代をあつめて」をEMI Recordsより発売。2016年にリリースした2nd Full Album「woman’s」はオリコン・ランキング5位初登場を記録、2016年12月~2017年6月まで敢行したハイパーホームランツアーは43本全箇所ソールドアウトした。2017年12月~2018年4月まで行なった初のホールツアー「ギャラクシーホームランツアー」も全公演即日完売、東京では日本武道館2Daysを大成功に終えた。
マネジメントはインディーズより引き続きTHE NINTH APOLLOが務める。

My Hair is Bad Official HP http://www.myhairisbad.com/
My Hair is Bad Official Twitter  https://twitter.com/MyHairisBad @MyHairisBad
My Hair is Bad UNIVERSAL MUSIC HP:http://www.universal-music.co.jp/my-hair-is-bad/

ASIAN KUNG-FU GENER…

POPUPがBIGCATで初ワンマン!…