1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. 清水翔太
  6. 清水翔太「化粧」に、みゆきファンの私が嫉妬した理由

【歌詞コラム】清水翔太「化粧」に、みゆきファンの私が嫉妬した理由

このアーティストの関連記事をチェック

”涙活”でストレス解消だ! 失恋歌詞に…

男性目線の純なラブソングといえばこれ!…

中島みゆきファンである私。大好きな彼女の名曲「化粧」をカバーする清水翔太に嫉妬をしてしまったのだ…。

公開日:2017年9月8日 更新日:2019年2月7日


この記事の目次
  1. ・歌いたくなる「化粧」
  2. ・魂が震える名曲
  3. ・聞けばわかる
  4. ・声から哀愁を感じる。
  5. ・清水翔太 最新情報
  6. ・リリース情報
  7. ・清水翔太 Profile

歌いたくなる「化粧」

「俺、『化粧』っていう歌が好きなんだよねー。歌いたくなる」 友人のインディーズで活躍中の男性シンガーはそう呟いた。

「化粧」…って、もしかして中島みゆきの「化粧」?なんで?

根っからの中島みゆきファンの私は、彼女の歌を「イイね!」と評価されると、その理由をついつい訊いてみたくなるのだ。

中島みゆきといえば、「糸」が頭に浮かぶ人が多いだろう…。それにこの歌は、Mr.Childrenの桜井和寿やJUJUがカバーしていることもあり、世代も広く有名な曲になった。

だから「糸」を良い曲だね、という意見は数多く聞く。人と人の出会いの歌であるこの曲は、名曲と称賛され、結婚式の定番曲としても好まれている。「人生の曲」だから納得がゆくというものだ。

周囲に「中島みゆきさんのファンなの!」と伝えたらば、しばしば「『糸』いいよね!」と言われることがある。ファンとして嬉しいのだが、少し辟易してしまう…。

だって「もっと他にも良い曲はたくさんあるんだよ!」って語りたくなるからだ。いつもその気持ちをグッと抑えている。

魂が震える名曲

----------------
今夜死んでもいいから
きれいになりたい
≪化粧 歌詞より抜粋≫
----------------
この「化粧」という曲は、女性がフラれて、最後にその男に会いに行く時に「今夜死んでもいいからきれいになりたい」と願いつつも…「流れるな 涙 心でとまれ」と、涙を必死で堪える、中島みゆき渾身の恨み節全開ナンバーだ。

しかし、どうしてだろうか。
知人の男性シンガーがドロドロの失恋曲『化粧』を歌いたがった。いったい、なぜなのだろうか?


聞けばわかる

理由は、清水翔太の「化粧」を聞くとすぐにわかるはずだ。「こんなにすごい曲があるのか!」と、誰もが思うはずだ。

それでも、私は「みゆきさんの曲はすごいに決まってる!ぜひ本家も聞いてみて」と、約20年も中島みゆきを推してきたファンである私は必ず「御本家」をお勧めしたくなる。

というのも、やはり彼女が持つ歌に対する表現力に他は敵うわけない!と思っているからだ。

しかし、やっぱり気になって清水翔太の「化粧」も聞いてみたのだ。御本家に敵うわけないさ…という気持ちを抱えつつ。

「あれ?なんか、けっこうイイんじゃない?」
素直にそう感じた。清水翔太がもつ、声の哀愁が「化粧」にとても似合っている。これはこれで味があっていい。違いでいうと、御本家であるみゆきさんの「化粧」は驚くほど感情をあらわにし、泣きながら歌唱している点。

それに対し、清水翔太の「化粧」はグッと感情を抑えて丁寧に歌っている。きっと、Barで生演奏で聴いたとしたら、聴いているこちら側が泣いてしまう!そんな「化粧」のように感じる。

そもそも、この化粧に登場する主人公は、捨てられた自分を最後のプライドでなんとか保ちつつ、涙が流れて化粧が落ちないようにしてバスに乗っているのだ。

完全な強さも人が羨むような完璧さもない…そんな主人公が歌の中にいるから、誰もが抱えている感情に寄り添える作品になるのだと思う。同じように誰もが、好きな人に愛されたいと思って、必要とされなかった哀しみを抱えているのかもしれない。

そして、そんな曲の背景さえも含めて、彼の歌声は綿密に繊細に表現しきっているように思う。

少し脱線してしまうが、清水翔太の曲ならば「君が好き」もオススメだ。特にその歌詞の中でも下記の部分。

----------------
一番大切な人
ずっと側にいて
駄目な僕を叱ってよ
≪君が好き 歌詞より抜粋≫
----------------

私はこの部分にキュンと来る。

「駄目な僕」という自虐的な部分があるからこそ切なさが増す。誰だって完璧じゃないけれど、そんな自分を好きでいて欲しいのだ。

声から哀愁を感じる。

----------------
化粧なんて どうでもいいと思ってきたけれど
せめて 今夜だけでも きれいになりたい
≪化粧 歌詞より抜粋≫
----------------

話をもどそう。「化粧」の主人公は女だから「今夜だけでもきれいになりたい」というけれど、男だったらきっと「駄目な僕」から脱却したい、と願う。

R&Bがベースにある清水翔太の表現力は全体的に哀愁が漂う。「化粧」の主人公のどん底の哀しみを伝えるのにぴったりなのだ。


「みゆきさんの『糸』にさ。『逢うべき糸に 出逢えることを 人は"しあわせ"と呼びます』っていう歌詞があるのを知ってる?あの『仕合わせ』は幸福の『幸せ』っていう意味じゃないんだよ。漢字が違うからね」と、私はついつい余計なことシンガーの彼に伝えた。


そして、さらに続けて伝えた。

「『仕合わせ』は必ずしも、いい出会いだけを指していないんだよ。いい出会いも一見悪い出会いも、全てめぐり合わせで…のちのちはそれが原因となって、誰かを暖める結果になることもあるし、誰かの傷をかばうかもしれない。全ての出会いは、意味があるっていう深い意味なんだよ」

私たちは「化粧」を聴いて誰かにフラれたことを消化して、「これも必要な出会いだった」と人生の中で位置付けていくんだろう。その時は、流れる涙を必死で止めていたとしても。

きっと、彼もそういう恋をしてきたから、この曲が歌いたくなったんだろう。男をそんな気にさせる清水翔太に私は嫉妬した。


TEXT 高宮景子

1989年産まれのポップやR&Bなどのジャンルで活躍する清水翔太は歌手としてだけでなく、シンガーソングライターとしても活躍している。2006年にボーカリストオーディションでボーカリスト/ダンサー部門で参加しトップ10まで残った。その後彼はソニーミュージックレコーズと契約。そして翌年2007年に···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

清水翔太 最新情報

リリース情報

●2018年12月19日 発売
清水翔太『LIVE TOUR 2018“WHITE”』

★DVD
価格:5,600円(税抜)
品番:SRBL-1830
初回仕様:三方背スリーブ仕様

★Blu-ray
価格:6,600円(税抜)
品番:SRXL-188
初回仕様:三方背スリーブ仕様

【収録内容】
-OPENING-

01. Friday
02. Sorry Not Sorry
03. My Boo
04. 君が好き
05. (I'm fine)
06. alone feat. SALU
07. Feel Good
08. Silver & Gold

-DANCER’S PERFORMANCE-

09. 踊り続けよう
10. Damage
11. I'm in love
12. Range Rover
13. ナツノオワリ
14. マダオワラナイ
15. Get Back
16. sonomama
17. Good Life

En1. Beautiful
En2. WHITE
En3. キミノセカイへ
En4. Rainbow

-ENDING-

【購入者特典】
《清水翔太応援店舗 購入者特典》
・清水翔太『LIVE TOUR 2018 “WHITE”』オリジナルポスターカレンダー
▷対象店舗はこちら

《TSUTAYA RECORDS購入者特典》
・清水翔太『LIVE TOUR 2018 “WHITE”』オリジナルポストカード付き応募ハガキ

全国のTSUTAYA RECORDS(一部店舗除く)/TSUTAYAオンラインショッピング(予約分のみ)でお買い求めいただきますと、先着で「オリジナルポストカード付き応募ハガキ」を差し上げます。こちらはご応募いただけますと抽選で『LIVE TOUR 2018 “WHITE”』の商品に付属されているスリーブケースにサインを入れ、5名様にプレゼントいたします。
※ご当選された方にはサイン入りのスリーブケースのみをお送りさせていただきます。

※特典には数に限りがありますので、無くなり次第終了となります。予め御了承下さい。
※上記店舗・ECショップ以外での配布はございません。ご了承下さい。

清水翔太 Profile

1989年生まれ、29歳。地元大阪のスクールでゴスペルを学び、ソウルミュージックに魅せられた事をきっかけに作詞・作曲、そして編曲までこなす天才肌のシンガーソングライター。

時に力強く、時に儚く歌い上げ、感情豊かな歌唱からラップまでこなせる日本では稀有なマルチな存在。2008年2月にメジャー・デビュー。これまでにシングル24枚、オリジナルアルバム7枚を発表。2017年にデビュー10年目を迎えた。

▷清水翔太 オフィシャルHP
▷清水翔太 Twitter

デビュー10周年!武道館目前にして活動…

斉藤由貴『悲しみよこんにちは』?「めぞ…