1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. 大森靖子
  6. 大森靖子が『きゅるきゅる』で描いた女の子による女の子のための叫びって?

【歌詞コラム】大森靖子が『きゅるきゅる』で描いた女の子による女の子のための叫びって?

このアーティストの関連記事をチェック

【インタビュー】道重さゆみ活動再開に歓…

あなたが、楽しく生きられますように―大…

大森靖子は、弾き語りを主に活動する、今最も勢いのあるアーティストの一人だ。特に若い世代の女性を中心に人気を集めている。

公開日:2017年9月23日 更新日:2017年9月23日

Column

辻瞼


この記事の目次 []
  1. ・きゅるきゅる 大森靖子
  2. ・物語がぎゅぎゅっと凝縮
  3. ・とてもキャッチ‐な題材
  4. ・こんな単語を使うのも大森靖子の計算の内
  5. ・大森靖子 最新情報
  6. ・リリース情報
  7. ・ライブ情報
  8. ・大森靖子 Profile
独特の世界観を持たせた歌詞が特徴的だが、今回はその中でも『きゅるきゅる』という楽曲を取り上げてみよう。『きゅるきゅる』はユーチューブの公式アカウントから試聴もできる。

きゅるきゅる 大森靖子



この曲は、「自分自身のことではなく、だれか他の人のことを歌った歌詞を書こう」と意識し続けてきた大森靖子が、メジャーデビューが決定した際に、あくまでキャッチ‐にわかりやすい曲を、と書き上げた曲だ。



――――
食べかけの愛にラップをかけて あなたはいつまでとっておく気よ
腐っちゃうのを試してるんでしょ かわいい人ね
――――

ここでは一般的な恋愛について、ごく簡単に切り捨てているように見える。「食べかけの愛」という表現が、なぜかあまり生々しくなく、付き合っていても、あるいは付き合うか付き合わないか微妙な時期なのに、はっきりさせずに逃げる男性を想像する。

物語がぎゅぎゅっと凝縮

「腐っちゃうのを試してる」という表現もなんだかフフっと笑えてしまう。はっきりさせずにもだもだと濁す男性=彼氏が、そのまま関係を続けることを実は拒んでいる、という印象だ。そんな彼氏の姿を「かわいい人ね」なんて言ってしまえるのは、歌詞の主人公=彼女が、実は彼氏のことが大好きだから。
たった二行の短い歌詞に、物語がぎゅぎゅっと凝縮されて描かれている。


――――
水色のレイディーなんて最近みないし
夢ばっかみないでこっち向いてアーメン!
――――

「水色のレイディー」ってなんだろう?
答えは大森靖子の伝記小説『かけがえのないマグマ』を読むと書いてある。
元々アイドルが大好きな大森靖子が、松田聖子のことを指して歌っている箇所だ。大森靖子にとって、「水色」が似合って着こなせるアイドルは聖子ちゃんだけ。最近ではそんな聖子ちゃんのように「水色」が似合う「レイディー」がいない、とちょっと切なく歌っている。

だとすると、続く「夢ばっかみないで」という箇所は、テレビの中のアイドルばかり追わないで、私のことも見てよ、という歌詞の主人公である彼女の叫びだ。

とてもキャッチ‐な題材

ここまで歌詞の中のカップルを追い掛けてみると、視点は常に彼女の側にあるのだが、彼氏の方は相当ダメ男なんじゃないだろうか。なんだか先行き不安な、でもどこにでもいるカップルだ。確かにとてもキャッチ‐な題材で、わかりやすい。


――――
連れてってよ ググってでてくるとこなら どこへだっていけるよね!
――――

「ググってでてくるとこ」という表現は、とても現代的だし、多分耳に残りやすい歌詞なのではないだろうか。若い世代の共感を呼ぶにはぴったりの言葉かもしれない。

でもよくよく考えてみれば、ぱっとみとても可愛い歌詞だけれど、「ググってでてくるとこ」なら「月」だって「木星」だって当てはまる。ちょっと極端かもしれないけれど、そんなことを考えてみると、なんだか切ない。

「どこへだっていけるよね!」という部分は、そんな切なさに解放感を与えている。私たちは本当は、日常を顧みなければ、体ひとつで確かに「どこへだっていける」のだ。


――――
きゅるきゅる私性格悪いからあの子の悪口絶対言わない
きゅるきゅるもう全部きゅるきゅるしたい
――――

「性格悪い」から「悪口絶対言わない」なんて、とても女の子らしいと思う。普通に考えてみたら、性格の悪い子というのは悪口ばかり言っていそうなイメージだ。

でもここでは「性格悪い」からこそ、絶対に「あの子」の悪口は言わないと歌っている。もし大森靖子が男性だったら、出てこなかった歌詞なんじゃないか、と思う。

きっとこの「私」は本当は「あの子」が大嫌いで、悪口だってため込んでいるはずだ。でも彼の前では絶対にそんなそぶりは見せない。じゃあ「あの子」って誰なんだろう?彼氏の元カノ?それとも彼氏を取り合っている恋のライバル?
なんだか創造力を試されるような歌詞だ。

こんな単語を使うのも大森靖子の計算の内

『きゅるきゅる』なんて単語を聞くと、なんだか頭が悪そうで、曲を聴かずに通り過ぎてしまう人もいるだろう。でもきっとこんな単語を使うのも大森靖子の計算の内……なのかもしれない。


他人の気持ちを歌いたい、と『かけがえのないマグマ』には書かれている。しかし、他人の気持ちがわかるには、自分自身が経験値をつまなければならない。

わかりやすく共感を呼ぶようで、どこか生活的で。大森靖子の恋愛経験が、特に活かされている歌詞ではないだろうか。

大森靖子(せいこ)は、1987年9月18日愛媛県松山市生まれ。自らを「超歌手」と呼ぶ、女性シンガーソングライター。武蔵野美術大学進学を機に上京。2006年にギターを始め、翌2007年より高円寺を中心に弾き語りのライブ活動をスタートさせ、2011年には4ピースバンド「大森靖子&THEピンクトカレフ」を···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

yonigeがさよならと歌っているのは…

『Family Song』、溢れ出てく…