1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. インタビュー
  5. edda
  6. 歌詞の言葉一つにも、いろんな想いが込められているeddaのデビューシングル『チクタク』【インタビュー】

歌詞の言葉一つにも、いろんな想いが込められているeddaのデビューシングル『チクタク』【インタビュー】 (2/2)


「バイバイ」一つを取っても、いろんな想いを含んでいます。

――『チクタク』を作るうえでのイメージがあったら、ぜひ教えてください。

edda:最初に監督さんから言われたのが、「エンディングではちょっとひと息つくような、ほっとするような歌が嬉しい」と言うことでした。そこからああいう(ポップで軽やかな)感じにしたんですけど。

 「チクタク」というタイトルや言葉は、「いろんな時の流れや平行世界など」をギュッと凝縮した想いとして現しています。「時が流れる」のは「前へ進むこと」でもあるように、とても前向きなこと。だけどその中へは、つねに不安ややりきれなさを孕んでいる。「それでも前へ進んでいくんだ」という希望を現せたらなと思い、作りました。

――eddaさんの作り上げる歌には、つねに相反する感情が背中合わせで共存していません?

edda:私、一面しか見えないものにあまり魅力を感じないところがあって。だからeddaとして表現するものにも、捉え方によっては別の側面もあるという風に表現してゆくことを心がけています。それに、一つ一つの物語の中へ出てくる主人公自身にいろんな感情があるのは当たり前のこと。その感情を描くうえでの言葉選びや、どういう目線を持って描くかが一つ一つの歌になってゆく。ただ、eddaの性格上、たとえ明るい表情の中にもちょっとダークな部分や沈んだ言葉を潜ませ描くところがある。むしろ、そこがeddaの中へ一貫してある表現スタイルなのかも知れません。

――『チクタク』の中でeddaさんなりに気に入ってる歌詞の一節があれば、ぜひ教えてください。

edda:サビ終わりに「バイバイ」と言葉を記したんですけど。そのひと言を取り上げても、中にはいろんな気持ちや感情が複雑に、たくさんの本音となって詰め込まれています。

それは前へ進んでゆくうえで弱い自分と決別するためのバイバイであったり、これまで寄り添ってきた人たちとのバイバイだったり。「バイバイ」一つを取っても、そこには「明るく前向きなバイバイ」も「悲しいバイバイ」もといろんな想いを含んでいます。だから歌うときも、いろんな想いの方向で耳や心に響くバイバイに聞こえるようにと歌いました。



――「もう怖くなんてないよ バイバイ」と一節を取っても、その中にはポジティブ/ネガティブいろんな感情が詰め込まれているわけだ。

edda:いろんな風に解釈していけるし、そこを楽しんで欲しいなと思います。

――この歌、アニメを観ていく中でもどんどん受け止め方が変わりそうですね。

edda:そこは意識しています。私自身がアニメの第一話と最終話のお話を知ったときに異なる心象を覚えたように、どちらの印象にも受け取れる言葉を意識しながら書いています。物語の展開に合わせ『チクタク』の印象も変わっていったら嬉しいですね。


キラキラしたワードをどう使うか



――『ディストランス』と『魔法』は、映画「アヤメくんののんびり肉食日誌」の主題歌と挿入歌へ起用中。こららも、作品の世界観を意識して制作した形なのでしょうか?

edda:はい。『ディストランス』は「明るい曲を」と言われたことや、「アヤメくんののんびり肉食日誌」自体がポップで可愛い映画だったことから、はちゃめちゃなサウンド感も意識しつつ、ただ明るいだけではなくeddaとしての世界観も投影したかったこともあって、銀竜草(ぎんりょうそう)という花を題材に歌詞を書きました。

――銀竜草??

edda:銀竜草は腐った肉の上に咲く腐生植物。映画に出てくるアヤメくんと椿ちゃんのちょっと狂った恋の形を、『ディストランス』の中では、腐った肉側の目線で…その腐った肉が銀竜草をすごく愛していて…という目線で書きました。

『魔法』は、「バラード」「この部分に流します」と、まだ音の入ってない映像を先に見せていただきました。それを見たうえで、そのシーンに合う心の動きや音を意識して作りました。

――それぞれの歌詞でお気に入りのところも、ぜひ教えてください。

edda:『ディストランス』では「巡り合い」という言葉を大切にしています。先に楽曲制作の依頼を受けたときにも、「この作品は"巡り合い"というワードを大切にしているから、もし、その言葉を使えるのなら使って欲しい」と言われました。そこから私は、「めぐりあいってやつのせいだ」と書きました。
私が、あえて「めぐりあいってやつのせいだ」と書いたのも、「巡り合い」というキラキラとしたワードをどう使おうかと考えたときに思いついたのが、「ちょっと皮肉っぽく使おう」ということからなんです。

――皮肉っぽくですか?

edda:はい。巡り合いのせいでこんな風になっているけど、その巡り合いのおかげで(仲が深まって)とも受け止められるように。どちらにも取れる皮肉めいた表現がこの映画らしくて可愛いなと思い、「めぐりあいってやつのせいだ」と書きました。この言葉はけっこう気に入ってます。

『魔法』は、遠くにいる人間を想っている生き物の気持ちで書いた歌。とくにサビには、遠くにいる大切な人の幸せを願いながら歌うイメージを持って書いたように、サビの歌詞は全部大切に思っています。


今は同じ部屋に冷蔵庫があって、すぐに飲み物に手が届く(笑)



――完成したシングル『チクタク』、今のeddaさんにとってどんな1枚になりましたか?

edda:アニメや映画のテーマ曲に選んでいただいたこともあって、より多くの人たちの耳に入る作品になるんだろうなぁと思っています。3曲とも、これまでのeddaが持っていたダークな部分も感じていただける歌詞やメロディや展開も組み込まれているように、このシングルを通してeddaに興味を持っていただいた方が、他の作品にも触れ、「eddaってこういう人なんだ」とより深く知っていただける、そのきっかけとなる作品にもなったと思います。

――今回のジャケットも、みずから描きました。



edda:これまでもみずから描いてきたように、これからもジャケットは自分の手で描いていけたらなと思っています。その理由の一つとしてあるのが、歌の中で明確な答えを示していないぶん、それをジャケットの絵やMVを通した映像など、いろんな表現手段を通して提示したいからなんです。そうやって想いを共有していけたら嬉しいです。

――ぜんぜん余談ですが、上京して以降いろんな面での変化も出てきました?

edda:正直、あまり変わってないです。仕事柄、以前にも増して外へ出る機会は増えましたけど、基本的に事務所かレコード会社へ行く程度くらい。たまに他の場所へ行くことになると、事前に行き方を調べたりドキドキはしちゃいますけど。それ意外は、実家の頃と変わらず部屋でずっと過ごしています。部屋の内装も実家と変わらずの形にしているよう、外に出ることが増えた以外の環境の変化はとくにないです。あっ、以前は冷蔵庫の飲み物を取るのに2階から1階へ降りてたけど、今は同じ部屋に冷蔵庫があって、すぐに飲み物に手が届くという便利な部分は変わりました(笑)。

――eddaさん自身、自分の世界観をしっかり持っている方ですよね。

edda:小さい頃から変わらぬ好きな世界観があるように、そこを軸にしながら、少しずつ枝葉を広げてゆく形で、これからも表現し続けていきたいなと思っています。

――最後に、なぜeddaと名付けたのか。その理由も教えてください。

edda:昔からある物語や現実に起こった出来事を伝える伝記のことをedda(エッダ)と言うらしく私が作り出す世界を表現するうえでその言葉がピッタリだったことからeddaにしました。これからもいろんな物語を、音楽はもちろん、絵や映像などさまざまな表現手段を用い伝えていきたいなと思っています。ぜひ、eddaの世界へ触れてください。



プレゼント応募について

Twitterで応募するとサイン入りポスターをUtaTenをご覧の方に抽選でプレゼント!!

【応募方法について】
UtaTenのTwitterアカウント(@utaten)をフォローをします。
(既にフォローしていただいている方はそのままで!)

②UtaTenのページにあるこの記事上下のツイートボタンからツイート。
※入力されている内容は消さないようにご注意ください!(追記はOK!)

③応募完了となります。応募締め切り後、当選者の方にDMにて当選の旨をご連絡致します。
※応募完了後であっても、該当のTweetの削除、UtaTenのフォローを外した場合、その時点で応募対象外となります。





【応募締め切り】
10/30 21:00まで

【当選の通知方法】
締め切り後に抽選を行い、当選者には@utatenからDMにてご連絡いたします。
※ご自身のTwitterアカウントのDM設定をご確認ください!!


edda 最新情報

リリース情報

1st Album
「からくり時計とタングの街」

1stシングル「チクタク」(日本テレビほかアニメ「Infini-T Force」エンディングテーマ)、
2ndシングル「フラワーステップ」(読売テレビ・日本テレビ系新ドラマ「探偵が早すぎる」主題歌)、
ドラマタイアップ曲「ループ」(テレビ東京系ドラマ24「忘却のサチコ」エンディングテーマ)を収録した1stアルバム待望のリリース!

《CD》
1. からくり時計
2. フラワーステップ 
3. ループ
4. エメラルド
5. トントン
6. リンドン
7. 星のない空  
8. 宇宙ロケット
9. チクタク
10. カイバノネイロ
11. merry
12. 導きの詩

《初回盤DVD》
・「ループ」Music Video
・edda Studio Live @ 森の家( 「導きの詩」「グールックとキオクのノロイ」「リピート」「星のない空」)

MV

edda 「ループ」Music Video(short ver.)
https://youtu.be/-0-fVutBn38

edda 「フラワーステップ」Music Video
https://youtu.be/ca_isefh8zk

edda「チクタク」Music Video(short ver.)
https://youtu.be/nRrp03T-yck

11月7日リリース 1st フルアルバム「からくり時計とタングの街」(トレーラー)
https://youtu.be/4STNty7vU_I

ライブ情報

1st Album『からくり時計とタングの街』発売記念インストアイベント
11月27日(火) 21:00~ 【東京】タワーレコード渋谷店 4Fイベントスペース
12月01日(土) 13:00~ 【大阪】タワーレコード梅田NU茶屋町店 6Fイベントスペース
12月02日(日) 15:30~ 【愛知】タワーレコード名古屋パルコ店 西館1Fイベントスペース

edda 自主企画イベント“くものくろーる"
12月11日(火) 【東京】SHIBUYA TAKE OFF 7
出演:edda / phatmans after school / Kaco
チケット:\3,000(税込) ※別途ドリンク代 \600
※開場/開演時間、チケット一般発売日は後日発表

edda ワンマンライブ「からくり時計とタングの街の音楽会」
■2019年3月21日(木祝) 【大阪】ヒルズパン工場
OPEN 17:00 / START 17:30 全自由(整理番号付)
問い合わせ先:キョードーインフォメーション 0570-200-888 (10:00~18:00)
■2019年3月24日(日) 【東京】渋谷WWW
OPEN 16:00 / START 17:00 全自由(整理番号付)
問い合わせ先:ソーゴー東京 03-3405-9999 (月~土 12:00~13:00 / 16:00~19:00 ※日曜・祝日を除く)

edda Profile

1992年生まれ 福岡県出身 音楽塾ヴォイスにて軸となる音楽性を形成。
音楽による表現だけに留まらず、イラストやジオラマなどを創作することで、独自の世界観を追求するアーティスト。

昨年5月31日に地元である福岡限定シングル「半魚人」を自主レーベル・Erzähler RECORDSよりリリース。

売り切れ店が続出したのを受けて、7月19日に初の全国流通盤となるミニアルバム「さんかく扉のむこうがわ」を同レーベルよりリリース。

同年10月11日、ビクターカラフルレコーズよりシングル「チクタク」(日本テレビほかアニメ「Infini-T Force」エンディングテーマ)でデビュー。

2018年5月には、Coccoからの提供曲やササノマリイとの共作曲などを収録したEP「ねごとの森のキマイラ」を、続いて8月22日に読売テレビ・日本テレビ系新ドラマ「探偵が早すぎる」主題歌の「フラワーステップ」をリリース。

■公式サイト
https://www.eddavilla.com/
■公式Twitter
https://twitter.com/__e_d_d_a__
■Instagram
https://www.instagram.com/__e_d_d_a__/

ルックスとパワーが光り輝くシンガーMa…

吉澤嘉代子「月曜日戦争」は誰が何と戦っ…