1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. サザンオールスターズ
  6. パクった曲名だと堂々と言い切ってしまうのが桑田佳祐のいいところ。『勝手にシンドバッド』

【歌詞コラム】パクった曲名だと堂々と言い切ってしまうのが桑田佳祐のいいところ。『勝手にシンドバッド』

言わずと知れたサザンオールスターズのデビュー曲が『勝手にシンドバッド』。 当時人気だった、ピンクレディーの『渚のシンドバッド』と、沢田研二の『勝手にしやがれ』からパクった曲名だと堂々と言い切ってしまうあたりが、桑田佳祐のいいところではないか。

公開日:2017年10月28日 更新日:2017年10月28日


この記事の目次
  1. ・かつてのサザンオールスターズ
  2. ・勝手にシンドバッド
  3. ・衰えをまったく見せないサザン
  4. ・サザンオールスターズ 最新情報
  5. ・リリース情報
  6. ・公開中ミュージックビデオ
  7. ・サザンオールスターズ Profile
そもそもこんな分かりやすいパクリは普通しないだろう。悪気もなく、それどころか自慢げに語る桑田の横で申し訳なさそうにしているメンバーの顔がまたいい。

かつてのサザンオールスターズ

当時はお金がなかったというメンバーたちは、テレビ出演が決まり、放送日の前日、事務所から貰った1万円を握って、原宿に行って衣装さがしに出かけたらしい。だが、5人分。手元にあるのは1万円のみ。

買えたのはタンクトップと短パン。ゴールデンのテレビにタンクトップと短パンの6人組(当時はメンバーは6人だった)。かつてそんなミュージシャンがいただろうか。

そして25周年復刻版『渚のシンドバッド』CDでは、特典としてついていたのは「タンクトップ」だった。

この曲の印象は、とにかく早口。何を言っているのか分からない。で、タンクトップ。インパクトありありである。ところがあらためて、今、この曲を聞くと、全然早口じゃない。ちゃんと歌詞も聞き取れる。どうしてあのころは分からなかったのだろう。

昭和の曲はすべてがのんびりしていたのだろう。きちんと分かりやすく歌う、が基本だったのかもしれない。きれいな日本語。きれいな歌詞。それが当たり前だったのだ。

勝手にシンドバッド



道行く小学生は40年前も、現代の小学生も、そして大人も、
♪「いま、何時?」
と聞くと、返ってくる答えは必ず、
♪「そうねだいたいね~♪」
だ。そしてこりずに、また、
♪「いま、何時?」。「ちょっと待っててえ~♪」
コテコテのギャグとして40年も使われるなんて、名曲ではないか。


そして曲の中に出てくる、
♪「いつになれば湘南 恋人に逢えるの
お互いに身を寄せて
行っちまうよな瞳からませて
江ノ島が見えてきた、俺の家も近い」


かつて江ノ島は、お年寄りの参拝場所だった。それがこの曲の登場で、いきなりお洒落なデートスポットにのし上がってしまった。
この曲を境に、若者は誰しもが湘南へ向かって行くのであった。


♪「砂まじりの茅ヶ崎 人も波も消えて」
神奈川県にある小さな町、茅ヶ崎が全国区になった瞬間でもあった。
今でこそ茅ヶ崎は有名で、お洒落なカフェやサーフショップ。お高そうなセレブマンションが海岸近くに建っているが、その頃はとても田舎だったのだ。誰も知らない漁村と言ってもいいくらいだった。

その浜が、いまは『サザンビーチ』と名を変えている。夏の海水浴シーズンには、大音量で日中はずっとサザンの曲がエンドレスで流れている。ひとりのアーティストの曲だけを延々と流す海水浴場は、日本中どこを探しても、きっと茅ヶ崎しかないだろう。

サザンビーチはサザンファンしか来てはいけないのだろうか、という錯覚にまで陥ってしまうほどだ。

衰えをまったく見せないサザン

♪「胸さわぎの腰つき 胸さわぎの腰つき」
このフレーズが世間に出たその瞬間から、その後の音楽の歌詞がなんでもありになっていったように思う。
世間の価値観を変えてしまうフレーズでもあったのだ。


すごいなサザン。来年はデビュー40周年だという。メンバーも全員還暦を迎えた。それでも衰えをまったく見せない、すごいアーティファクトである。

1978年6月25日、ファーストシングルシングル「勝手にシンドバッド」を発売し、メジャーデビューしたサザンオールスターズは、現在、桑田佳祐(ボーカル・ギター)関口和之(ベース)松田弘(ドラムス)野沢秀行(パーカッション)原由子(キーボード・ボーカル)から成る5人組のロックバンドである···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

サザンオールスターズ 最新情報

リリース情報

●2019年11月27日(水)発売
◎サザンオールスターズ ライブ映像作品
『LIVE TOUR 2019 “キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ!!” だと!? ふざけるな!!』

★完全生産限定盤 
<LIVE+BONUS DISC+GOODS>
三点まとめ買いセット

[Blu-ray 完全生産限定盤] 
価格:9,990+税
品番:VIZL-2300

[DVD 完全生産限定盤] 
価格:9,990+税
品番:VIZL-2301
※ボーナスディスク、グッズに関しては後日発表

<完全生産限定盤 商品内容>
“三点まとめ買いセット”と題した完全生産限定盤には『LIVE TOUR 2019 “キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ!!” だと!? ふざけるな!!』に加え、ボーナスディスクにパッケージ化の要望が強く寄せられていた《あの映像》が収録!

そしてスペシャルグッズとして、ツアーに参加した人であればだれもが目にしたであろう、《あのグッズ》が同梱!ファン心をくすぐる超豪華盤になっている。

★通常盤 <LIVE>

[Blu-ray 通常盤]
価格:7,000+税
品番:VIXL-1200

[DVD 通常盤]
価格:7,000+税
品番:VIBL-1700〜1701

<『LIVE TOUR 2019 “キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ!!” だと!? ふざけるな!!』 収録内容>

*完全生産限定盤に同梱の『LIVE TOUR 2019 “キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ!!” だと!? ふざけるな!!』も共通

本編全36曲 メイキング映像付き

40周年イヤーの締めくくりとして行われ、サザンオールスターズ史上最大の約55万人を動員した約4年ぶりの全国アリーナ&6大ドームツアー「サザンオールスターズ LIVE TOUR 2019 “キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ!!”だと!? ふざけるな!!」。東京ドーム公演の模様を中心に、ツアーのメイキング映像とともに完全パッケージ化!

【収録曲】
※全形態共通

東京VICTORY
壮年JUMP
希望の轍
闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて
SAUDADE~真冬の蜃気楼~
彩〜Aja〜
神の島遥か国
青春番外地
欲しくて欲しくてたまらない
MOON LIGHT LOVER
赤い炎の女
北鎌倉の思い出
古戦場で濡れん坊は昭和のHero
JAPANEGGAE (ジャパネゲエ)
女神達への情歌〜報道されないY型(ケイ)の彼方へ〜
慕情
愛はスローにちょっとずつ
ゆけ!!力道山
CRY 哀 CRY
HAIR
当って砕けろ
東京シャッフル
DJ・コービーの伝説
わすれじのレイド・バック
思い過ごしも恋のうち
はっぴいえんど
シュラバ★ラ★バンバ SHULABA-LA-BAMBA
マチルダBABY
ミス・ブランニュー・デイ (MISS BRAND-NEW DAY)
イエローマン〜星の王子様〜
マンピーのG★SPOT
I AM YOUR SINGER
LOVE AFFAIR〜秘密のデート〜
栄光の男
勝手にシンドバッド
旅姿四十周年

*メイキング映像付

■LIVE Blu-ray / DVD先着予約・購入特典
全国CDショップ、オンラインショップにて「LIVE TOUR 2019 “キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ!!” だと!? ふざけるな!!」をご予約・ご購入の方に先着で「LIVE TOUR 2019 “キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ!!” だと!? ふざけるな!!」オリジナルクリアファイルをプレゼント!

※各店共通デザインとなります。
※特典は無くなり次第終了となります。
※一部お取扱いの無い店舗もございますので、詳しくはお近くの店舗へお問い合わせ下さい。
※4形態共通となります。

■『LIVE TOUR 2019 “キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ!!” だと!? ふざけるな!!』スペシャルサイト



◎SOUTHERN ALL STARS YEARBOOK「40」
●2019年11月27日(水)発売
期間限定出荷商品
価格:4,091+税
品番:AMD90012309

公開中ミュージックビデオ

▷サザンオールスターズ – 壮年JUMP (Full ver.)
▷サザンオールスターズ – 闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて(Full ver.)
▷サザンオールスターズ – 愛はスローにちょっとずつ(Full ver.)

サザンオールスターズ Profile

1978年6月25日にシングル『勝手にシンドバッド』でデビュー。

1979年『いとしのエリー』の大ヒットをきっかけに、日本を代表するロックグループとして名実ともに評価を受ける。以降数々の記録と記憶に残る作品を世に送り続け、時代とともに新たなアプローチで常に音楽界をリードする国民的ロックバンド。

2000年1月リリースの『TSUNAMI』が自己最高セールスを記録、第42回日本レコード大賞を受賞。2008年8月、史上初の日産スタジアム4DAYS“「真夏の大感謝祭」30周年記念LIVE”を成し遂げた後、無期限活動休止期間に。

2013年デビュー35周年を迎え5年間の沈黙を破り、シングルリリース&野外スタジアムツアーを敢行し大復活。2015年3月には約10年ぶりとなるアルバム『葡萄』を発表し、5大ドームや22年振りとなる日本武道館での追加公演を含む全国ツアーを開催、約50万人を動員した。

そして2018年、6月25日にデビュー40周年を迎え、NHKホールで“キックオフライブ2018「ちょっとエッチなラララのおじさん」”を開催。8月1日には、数々の名曲と新曲3曲が収録されたプレミアムアルバム『海のOh, Yeah!!』をリリースし大ヒットを記録。

2019年春より、6大ドームを含む全国11箇所22公演に及ぶドーム&アリーナツアーを行うことが決定。

【MORE INFORMATION】
▷サザンオールスターズ オフィシャルサイト
▷桑田佳祐 公式 YouTube channel
▷サザンオールスターズ公式Facebook
▷サザンオールスターズ公式ツイッター

K-POPの扉にノック!期待の大型新人…

シンデレラに比喩される様々な物語とは?…