1. パクった曲名だと堂々と言い切ってしまうのが桑田佳祐のいいところ。『勝手にシンドバッド』

パクった曲名だと堂々と言い切ってしまうのが桑田佳祐のいいところ。『勝手にシンドバッド』

言わずと知れたサザンオールスターズのデビュー曲が『勝手にシンドバッド』。 当時人気だった、ピンクレディーの『渚のシンドバッド』と、沢田研二の『勝手にしやがれ』からパクった曲名だと堂々と言い切ってしまうあたりが、桑田佳祐のいいところではないか。

2017年10月28日


この記事の目次
  1. ・かつてのサザンオールスターズ
  2. ・勝手にシンドバッド
  3. ・衰えをまったく見せないサザン
そもそもこんな分かりやすいパクリは普通しないだろう。悪気もなく、それどころか自慢げに語る桑田の横で申し訳なさそうにしているメンバーの顔がまたいい。

かつてのサザンオールスターズ

当時はお金がなかったというメンバーたちは、テレビ出演が決まり、放送日の前日、事務所から貰った1万円を握って、原宿に行って衣装さがしに出かけたらしい。だが、5人分。手元にあるのは1万円のみ。

買えたのはタンクトップと短パン。ゴールデンのテレビにタンクトップと短パンの6人組(当時はメンバーは6人だった)。かつてそんなミュージシャンがいただろうか。

そして25周年復刻版『渚のシンドバッド』CDでは、特典としてついていたのは「タンクトップ」だった。

この曲の印象は、とにかく早口。何を言っているのか分からない。で、タンクトップ。インパクトありありである。ところがあらためて、今、この曲を聞くと、全然早口じゃない。ちゃんと歌詞も聞き取れる。どうしてあのころは分からなかったのだろう。

昭和の曲はすべてがのんびりしていたのだろう。きちんと分かりやすく歌う、が基本だったのかもしれない。きれいな日本語。きれいな歌詞。それが当たり前だったのだ。

勝手にシンドバッド



道行く小学生は40年前も、現代の小学生も、そして大人も、
♪「いま、何時?」
と聞くと、返ってくる答えは必ず、
♪「そうねだいたいね~♪」
だ。そしてこりずに、また、
♪「いま、何時?」。「ちょっと待っててえ~♪」
コテコテのギャグとして40年も使われるなんて、名曲ではないか。


そして曲の中に出てくる、
♪「いつになれば湘南 恋人に逢えるの
お互いに身を寄せて
行っちまうよな瞳からませて
江ノ島が見えてきた、俺の家も近い」


かつて江ノ島は、お年寄りの参拝場所だった。それがこの曲の登場で、いきなりお洒落なデートスポットにのし上がってしまった。
この曲を境に、若者は誰しもが湘南へ向かって行くのであった。


♪「砂まじりの茅ヶ崎 人も波も消えて」
神奈川県にある小さな町、茅ヶ崎が全国区になった瞬間でもあった。
今でこそ茅ヶ崎は有名で、お洒落なカフェやサーフショップ。お高そうなセレブマンションが海岸近くに建っているが、その頃はとても田舎だったのだ。誰も知らない漁村と言ってもいいくらいだった。

その浜が、いまは『サザンビーチ』と名を変えている。夏の海水浴シーズンには、大音量で日中はずっとサザンの曲がエンドレスで流れている。ひとりのアーティストの曲だけを延々と流す海水浴場は、日本中どこを探しても、きっと茅ヶ崎しかないだろう。

サザンビーチはサザンファンしか来てはいけないのだろうか、という錯覚にまで陥ってしまうほどだ。

衰えをまったく見せないサザン

♪「胸さわぎの腰つき 胸さわぎの腰つき」
このフレーズが世間に出たその瞬間から、その後の音楽の歌詞がなんでもありになっていったように思う。
世間の価値観を変えてしまうフレーズでもあったのだ。


すごいなサザン。来年はデビュー40周年だという。メンバーも全員還暦を迎えた。それでも衰えをまったく見せない、すごいアーティファクトである。

K-POPの扉にノック!期待の大型新人…

シンデレラに比喩される様々な物語とは?…