1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. インタビュー
  5. PENGUIN RESEARCH
  6. BRUSH UP KANSAI 2017、SPゲストのPENGUIN RESEARCHが会場中をなぎ倒しにやってくる!【インタビュー】

BRUSH UP KANSAI 2017、SPゲストのPENGUIN RESEARCHが会場中をなぎ倒しにやってくる!【インタビュー】

11月5日(日)に大坂城野外音楽堂で開催になるイベント「BRUSH UP KANSAI 2017」。「関西の次世代アーティスト&ダンサー&パフォーマーを発掘する!!というテーマを掲げたフェス」と記されたように、このイベントへは次の時代を担う逸材と期待を向けたアーティスト/ダンサー/パフォーマーたちが数多く登場。さらに、彼ら彼女らの未来を応援しようとBEVERLY/BRADIO/PENGUIN RESEARCHがゲストとして出演。

2017年11月1日

Interview

長澤智典


この記事の目次
  1. ・今回は晴れることを願いつつ
  2. ・高いテンション感に身体が追いつくのが大変
  3. ・みんなをなぎ倒していきたい
  4. ・初めてライブに触れる人たちも楽しめるセットリストに
  5. ・各自が上手くバランスを取りながら活動
  6. ・「もっともっと好きでいたい」気持ちになれるライブに
  7. ・プレゼント応募について
  8. ・BRUSH UP KANSAI 2017
今回、スペシャルゲストの中からPENGUIN RESEARCHが登場。「BRUSH UP KANSAI 2017」へ向けての想い。間もなく始まる全国ワンマンツアー「PENGUIN RESEARCH LIVE TOUR 2017-2018 PENGUIN QUEST~お台場に導かれし者たち~」への意気込みについて伺いました。

今回は晴れることを願いつつ



──PENGUIN RESEARCHは、11月5日(日)に大坂城野外音楽堂で開催になるイベント「BRUSH UP KANSAI 2017」へスペシャルゲストを担う一翼として参加します。みなさん、野外イベントへの出演経験は?

生田:僕ら、一度だけ野外ライブの経験があれば、そのときも会場が大坂城野外音楽堂でした。あのときは昼過ぎにライブを演らせてもらったんですけど、雨が降りまして。野外だけに、メンバーはビショビショな状態。

神田:それがまた楽しかったけどね。


生田:あのときはフロントの3人がびしょ濡れでしたね。なので、今回は晴れることを願いつつ、この日のイベントを楽しみにしています。

──雨の中の野外ライブというのも、なかなか想い出に残る経験でしたね。

神田:それだけならまだしも、あのときは夜にワンマンライブがあり、その前にイベントライブにも出演するというスケジュールで野音のステージに臨んだんですけど。そのときに鷹司くんがね。

生田:あのときは、そんな長い演奏時間じゃなかったのに声が枯れちゃったというか、人生で初めてっていうくらい酷い声になってしまって。

神田:ずーっと泣きそうな表情してたよね。

生田:そんな苦い想い出もあるように、個人的に今回の大坂城野外音楽堂でのライブはリベンジも兼ねてじゃないですけど、「ぶちかましたるぞー!!」くらいの気持ちを持って楽しもうと思ってます。

──11月中旬からは全国ワンマンツアー「PENGUIN RESEARCH LIVE TOUR 2017-2018 PENGUIN QUEST~お台場に導かれし者たち~」も始まるように、良い流れを作れたらいいですよね。

堀江:そうなるといいですよね。

生田:問題なくいい流れを作っていけるんじゃないかと思います!

──11月5日は秋の野外ステージだけに、どんな気候になっているのか…。

柴﨑:僕たちもお客さんも、身体を動かせば熱くなるんで問題ないです。どんな天気でも一緒に盛り上がりましょう!

高いテンション感に身体が追いつくのが大変

──ワンマンとイベントでは演奏時間が異なりますが、みなさん、その辺はどのように対処しているのでしょうか?

生田:1本1本のライブへ全力で向かう姿勢は、イベントもワンマンも変わらないところ。ただ…。

堀江:短い時間のほうが、逆に疲れますね。

──えっ、そうなんですか?


堀江:ワンマン公演だと、1本の中へ緩急流れを作りながら力も調整していけるじゃないですか。でもイベントライブだと限られた時間の中だから、最初からテンションMAXで攻めていく。PENGUIN RESEARCHの場合、演奏時間が短ければ短いほど燃焼率が高くなる。イベントで2曲だけ演奏したときなんか、最初から感情をMAXに持っていかなきゃいけなかったから瞬発的な消耗量がとにかく激しかった。

柴﨑:イベントだと、短い時間の中「インパクトを残してやるぞ」という気持ちがどうしても強くなっちゃうんで…。

神田:短いぶん最初からテンション上げてムチャクチャやっていくから、気がついたら怪我してたり。

堀江:だからみんな、ワンマンのほうがイベントよりも疲労感が少なかったりもするんです(笑)。

──PENGUIN RESEARCHって、とてもテンション高くパワー感も強くメロディックに爆走してゆくぶっ飛んだ楽曲が主じゃないですか。あのテンション感をイベントの中へ詰め込むとなったら、確かに感情を一気にMAXへ持っていく必要性があるのはわかる気がします。

堀江:短い演奏時間のときほど、気持ちが強く入り込むのか、弾き始めてすぐに「えっ、この曲こんなに速かったっけ?」と思ってしまう。それくらい、高いテンション感に身体が追いつくのが大変というか…。

神田:ワンマンライブほど俯瞰で自分たちを観る余裕がないぶん、演奏を始めてすぐに「あれっ?」と思うんだけど、すぐに「まっ、いいか!!」と全力でぶつかってゆく。結果、熱いライブになってものすごく疲れるという(笑)。

新保:それだけ毎回テンション高く熱いライブをやってるということなんです。


みんなをなぎ倒していきたい

──ぜひ、「BRUSH UP KANSAI 2017」へ向けての意気込みもお願いします。

新保:まずは、雨が降らないことを願います。せっかくの野外なんで、好天の下でやりたいですからね。ライブに関しては、何時ものように全力でぶつかっていきます。あとは体調に気をつけるくらいかな?健康こそが一番なこと。うがい手洗いを忘れずに、この日へ備えます。

──うがい手洗いは、これからの季節大事ですからね。

新保:そう。前にインフルエンザに罹り体調を崩し、病み上がりすぐにライブをやったときに体力の消耗量の凄まじさを痛感したんで、今回も健康体でイベントに臨みたいなと思っています。


柴﨑:今回、僕らスペシャルゲストなんですよね。そう呼ばれて出る経験ってなかなか無ければ、呼ばれ慣れてもいないので、ちょっと気持ちがソワソワもしてるんですけど。何時ものPENGUIN RESEARCHらしい、みんなへ熱さの伝わるライブになればいいなと思っています。

生田:「BRUSH UP KANSAI 2017」に出る人たちって、みんな勝ち上がって出場権をつかんだ人たちじゃないですか。言ってしまえば、出演者さんたちにとってこの日は一世一代の大舞台なわけですよね。そういうイベントへ僕らも出る以上は、僕らもみなさんに負けない熱いライブをするのはもちろん。出演者さんたちを鼓舞するじゃないけど、僕らがみんなをおらおらと煽ってゆくくらいのライブを見せてやりたいなと思っています。

神田:そうだね。僕もアマチュア時代は、組んでたバンドでいろんなオーディション形式のイベントに出てたから、「BRUSH UP KANSAI 2017」に出る人たちの気持ちもわかるんですよ。僕らが出ていたときも、かならずゲストバンドさんが出ていれば、「ゲストがなんぼのもんだ」という姿勢で挑んでたんですよ。今回は僕らがゲストという立場ですけど、そんな気持ちを一蹴するようなクオリティの高いライブをぶつけ、お客さんはもちろん、出演する人たちにも認めてもらいながら、みんなをなぎ倒していきたいと思っています。

堀江:大阪にちりとり鍋の美味しいお店があるんですよ。そこは、本当にすごく美味しくて。ただし、けっこう前に行ったきりなので、今回大阪へ行くことになり、またあの味を思い出してしまいました。そのちりとり鍋を食べることをモチベーションに変えながら、ライブが終わったら食べに行きたいなと思っています。



次ページ : 初めてライブに触れる人たちも楽しませたい

UNCHAIN『Get Acousti…

世代を超えて愛される理由とは?「おどる…