1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. インタビュー
  5. 佐藤広大
  6. 佐藤広大がアルバム「19BOX」を発表!どこよりも早くアルバムに込めた想い、届けます!【インタビュー】

佐藤広大がアルバム「19BOX」を発表!どこよりも早くアルバムに込めた想い、届けます!【インタビュー】

ルーツミュージック3部作シリーズを6月〜10月に渡りリリースしてきた佐藤広大が、ファーストフルアルバム「19BOX」の発売を発表。 ルーツミュージックから自身初のアルバムリリーすまでの心境について、どこよりも早く、UtaTenが本人にインタビュー!

公開日:2017年11月27日 更新日:2017年11月27日

Interview&Photo

愛香


この記事の目次
  1. ・前作「DOWNTOWN」について
  2. ・アルバム「19BOX」リリースを発表!
  3. ・プレゼント応募について
  4. ・佐藤広大 最新情報
  5. ・リリース情報
  6. ・佐藤広大 Profile
(第1弾~2弾のインタビュー記事)


佐藤広大、女性の心を金庫と例えた『MONEY IN THE BANK』の3分半のストーリー!


佐藤広大が旧友SWAYを迎え、全てのパリピに捧ぐ「Baby Baby Baby feat. SWAY」リリース!


前作「DOWNTOWN」について



──ルーツミュージックシリーズ第3弾の「DOWNTOWN」は、過去にインタビューした第1弾、2弾ともまた違ったテイストになっていますが、このようなテーマの曲を作られたきっかけは?

佐藤:そうですね、80's Funkオマージュ、90's HipHopオマージュに続く第3弾のテーマは非常に悩みました。シリーズの延長でR&Bか!バラードか!など頭を抱え込んだんですが、あえてのロックで。ミネアポリスサウンド的な。もちろんロックとR&Bというのも深い繋がりのあるジャンルですし、良い意味でファンのみんなの期待を裏切られたらいいなと思い制作しました。
今回の3部作はルーツミュージックというテーマと共にライブで盛り上がるアップ曲が欲しかったんですよね。今までミッドな曲が多かったので。先月のワンマンライブでその感触を掴めたので良かったです!


──「DOWNTOWN」の音でイメージした年代や地域は?

佐藤:やっぱり80年代。そして場所はニューヨーク。年代としては、自分の生まれた1985年というものを意識していますし、大好きなプリンスの全盛期です。ディレイやリバーブ感も良い感じにその年代をオマージュしてみました(笑)


──BGMとしても聴けるし、歌詞を聴くと意外と厳しいことを言っていて面白いです。

佐藤:そうなんですよね、意外と僕には珍しいぐらい厳しめかも(笑)でも、伝えたい部分があって…この曲は夢を持った女の子が大都会に飛び込んでみたものの、世間に流されて夢や自分を見失いかけている…そんなストーリーをイメージして作ったのですが、みんな「空を見上げること忘れないで」「たまには空を見上げようぜ」ということを、歌詞の中で伝えたかったんです。

足元や目の前のことだけじゃなく、大きな広い空を見上げて、もう一度、深呼吸しよう。悩んでいたことが少し楽になるかもしれないからという応援ソングなんです。

今年の夏、花火大会でライブ出演をさせていただいた時、打ち上がる花火を見て「花火の時ぐらいだな、こんなに空を見上げるのって」とふと思い、空を見ながら色々考えていたんです。そしたら、少し悩んでいたことに対して前向きになれたりして。こんなこと自分で言うのもカッコつけているみたいで、キャラじゃないかもだけど、本当に空を見上げることって大事なんだって思ったんですね。そんな思い出からこの曲のインスピレーションが生まれました。


──海外(特にアメリカ)のダウンタウンをイメージしがちですが、日本にも同じことは言えると思いますか?

佐藤:僕自身もデビュー前、地元・北海道を出て東京に住んだこともあるので、その時の孤独や葛藤は、間違いなくこの歌詞に活かされてますね!



──どういった思いでこの歌詞を書かれたんでしょうか?

佐藤:先ほども熱く語ってしまいましたが、空を見上げようということ。上を向いて歩こうですね。僕の中で今までなかったアプローチの応援ソング。
ただ、モニカ、マリア、ジュリエットなど80年代の日本の楽曲にありそうな女性の名前を入れてみたり、「シラけるぜ」とかは氷室さんがよくBOOWYで使っていたイメージもあって、海外だけじゃなく日本のロックも実は意識しています。


──「Oh my skyscraper」に入るところの展開が気持ちが良いです!

佐藤:そうですねー!
あのリバーブ感に現代風のオートチューンを織り交ぜることで良い感じのバランスになりましたし、本当に摩天楼感というか、ゴーストバスターズがあのメロで思い浮かぶぐらい歌詞とハマりました(笑)

今、読売テレビ・日本テレビ系「秘密のケンミンSHOW」でDOWNTOWNがエンディングテーマとして流れているんですが、ここの部分を使っていただいてます。やっぱ印象的なフレーズなんだなと改めて思いました。
ちなみにサビと思われがちな部分なんですが、実は構成的にここはBメロなんです。(笑)

──歌い方で意識されたことがあれば聞かせてください。

佐藤:そうですね…もちろん真似はしてないんですけど(笑)ニュアンスで行き詰った時に氷室京介さんならどう歌うかなぁ。吉川晃司さんだったらどう歌うかなぁ。とかは考えました。
ブリッジ部分はhideさんならどういう歌い回しかなぁ。とかそんな感じで、自分のルーツである日本のロックを意識しながら、レコーディングしました!


──レコーディングも楽しそうだなって思いましたし、ライブも日本人アーティストのライブではなかったノリが生まれそうですよね。

佐藤:ありがとうございます!
この曲は制作段階でライブの映像がハッキリ見えていました。
まずマイクスタンドはマストだなと。(笑)そして、わかりやすい踊りも。みんなでワイワイできるような振り付けもあると、この曲のライブが更に生きるなと思って、ワンマンライブで早速試してみました!


──お気に入りのフレーズと、気にいっている理由について聞かせてください。

佐藤:サビ部分も好きなんですが、この曲の重要部分。「そう、どこの誰もが空を見上げる事 忘れた Crazy Downtown 何も無かった様にまた 日が昇る」ですかね!ここは一度、曲の尺も含めて無くそうか議題に上がったんですが、どうしてもということでねじ込んだ箇所です。




──コウメ太夫さんのリリックダンスムービーの感想を。

佐藤:この日は残念ながら立ち会えなかったんですが、本当に素晴らしい仕上がりでしたね!Baby Baby Babyの時とはまた違った一面、シュール感は流石でした(笑)できれば、直接見たかったです!コウメさん、ありがとうございます!



──第3弾全てが出揃いました。3作通して、感じることはありますか?

佐藤:スノーグローブはノスタルジーな楽曲で自分の歩んできた気持ちを歌詞に変換しましたが、今回はルーツサウンドを重視して制作したので、スノーグローブで佐藤広大を知ってくださった方には特に、良い意味でギャップを伝えられる内容になったと思います。

拘った部分と遊びココロのバランスが揃った感じ。ルーツの全てを伝えることはできませんが、自分が歩んできた、サウンドのルーツ、Funk、HipHop、Rockを表現出来たことはアルバムへの架け橋になりますね!


アルバム「19BOX」リリースを発表!

──次はアルバム「19BOX」ということですが、どんなアルバムになる予定ですか?

佐藤:その名の通り、ジュークボックスのようなアルバムにしたいです。
そして、自分自身もジュークボックスのような多様性のある人間になりたいという希望も込めて。
シンプルにjukeboxというタイトルにしようか悩んだんですが、リバイバルを中心に行ってきたので、1900年代の西暦も伺える表記で「19BOX」(ジュークボックス)という表記にしました。


──「19BOX」を通して、ファンの皆さんに伝えたいことはどんなことですか?

佐藤:そうですね、改めて佐藤広大がフルアルバムを作るとこうなる!みたいな感じが伝われば良いなと。様々なジャンルの楽曲を揃えました。楽曲だけじゃなく歌詞の世界観もリバイバルさせたり、映画「嘘八百」主題歌のイチゴイチエのようなキャッチーなJ-POPまでとにかく幅広く。それぞれ違った世界観をコンパイルした時に「なるほどな」と思ってもらえたら嬉しいです。
もちろんメッセージ性やストーリーも意識しています。僕の想いも乗せていますが、やはり楽曲が皆に行き渡った瞬間からその人のモノになるので、それぞれの感性で解釈して日常生活に当てはめてもらえたら。日々の励みになったり、寄り添えるアルバムになれたらと願いを込めてお届けします。


──インタビューを見てくれた皆さんに最後に一言お願いします。

佐藤:UtaTenさんのインタビューはスノーグローブから始まり、3作配信企画と取りあげて頂き、本当にありがとうございます!全て読んでくださった方いらっしゃいますかー??(笑)

そして、遂に。ようやく!フルアルバムのリリースが決定しました。UtaTenさんと共に歩んできた佐藤広大、初のフルアルバムです!僕はデビューまで長い道のりを過ごしてきましたが、ここまで溜め込んだからこそ生まれたアルバムだと思います。

アルバム「19BOX」リリースに向けて更に動いて行きますし、リリース前後にはライブも頻繁に行いたいと思ってます。
やっぱり、楽曲を生で受け取ってもらいたいのが一番なので是非、皆さんライブ会場に会いに来てください!引き続き、HPなどで追加情報など更新しますので、宜しくお願いいたします!


プレゼント応募について

Twitterで応募するとサイン入り私物バンダナをUtaTenをご覧の方に抽選でプレゼント!!

【応募方法について】
UtaTenのTwitterアカウント(@utaten)をフォローをします。
(既にフォローしていただいている方はそのままで!)

②UtaTenのページにあるこの記事上下のツイートボタンからツイート。
※入力されている内容は消さないようにご注意ください!(追記はOK!)

③応募完了となります。応募締め切り後、当選者の方にDMにて当選の旨をご連絡致します。
※応募完了後であっても、該当のTweetの削除、UtaTenのフォローを外した場合、その時点で応募対象外となります。





【応募締め切り】
12/10 21:00まで

【当選の通知方法】
締め切り後に抽選を行い、当選者には@utatenからDMにてご連絡いたします。
※ご自身のTwitterアカウントのDM設定をご確認ください!!


北海道出身。シンガーソングライター。 大学在学時代にボーカルユニット「JACKPOT」、コーラスグループ「Symphony」のメンバーとして活躍し、2009 年より本格的にシンガーを目指す。 2016 年7 月にリリースしたシングルCD「My ONLY ONE feat. 宏実、YUTAKA(Full Of Harmony) は読売テレビ ・日···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

佐藤広大 最新情報

リリース情報



タイトル:GIFT
発売日:2018年11月14日(水)
価格:¥2,000 +税
曲数:7曲
レーベル:ASWYL Inc.
配信:各社全国販売
CD:北海道、FCサイト限定販売

★CD取扱店
TOWER RECORDS 札幌ピヴォ店
HMV札幌ステラプレイス店
北海道玉光堂全店舗
音楽処
オフィシャルファンクラブ"恩楽family"通販

■収録曲
1. Now or Never feat ELIONE
2. 涙雪
3. Never Ever Let You Go
4. color
5. 想い出のカケラ
6. 約束の唄 (読売テレビ・日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」2018年10月クールED)
7. Gift-2018ver.-

佐藤広大 Profile

北海道出身。シンガーソングライター。
大学在学時代にボーカルユニット「JACKPOT」、コーラスグループ「Symphony」のメンバーとして活躍し、2009 年より本格的にシンガーを目指す。

2016 年7 月にリリースしたシングルCD「My ONLY ONE feat. 宏実、YUTAKA(Full Of Harmony) は読売テレビ
・日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」のエンディングテーマに選ばれ、オリコンデイリーチャート18 位、FM NORTH WAVE「SAPPORO HOT100」2 週連続2 位を記録。

地元・札幌を拠点に活動を続けていくうちに、順調にいかない日々を支えてくれた仲間や地元の人たちの愛に気づき、感謝、恩返しを芯として聴く人の心を両手でほぐすようなメッセージソングを歌い始め、共感と話題を集める。

その後、持ち前のコミュニケーション能力を最大限に生かし、地元のテレビ番組に出演し、ラジオDJ としても活躍。現在はNORTH WAVE にて「from R&B」「RADIO GROOVE」、テレビ北海道(TVh)にて「音語」のレギュラーを持つ。

そして2017 年2月、「スノーグローブ」(C/W Diamond Dust feat. EXILE SHOKICHI)で念願のメジャーデビューを果たす。

公式HP
http://kodaisato.com/

公式Twitter
https://twitter.com/satokodai601113

公式Instagram
https://www.instagram.com/satokodai601113/

公式Facebook
https://www.facebook.com/dosankosoul/

続け!女王蜂の歩む修羅の道

今の時代だからこそ響く 伝説のロックン…