1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. 歌詞コラム
  5. 空想委員会
  6. 僕の嫌いな雪はまるで。戻れないあの日々の拙い僕の恋のようで、大人にな った今の僕そのものだ。

【歌詞コラム】僕の嫌いな雪はまるで。戻れないあの日々の拙い僕の恋のようで、大人にな った今の僕そのものだ。

このアーティストの関連記事をチェック

羨ましくて、暖かくて、冬のワンシーンに…

空想委員会。そういえば学生時代というと何かの「委員会」に所属して、学校の為に何かしら活動をしていたなぁ…。と、遠い昔を思い起こさせるバンド名である。そう、「空想委員会」は三人組のギターロックバンドだ。空想委員会の楽曲はボーカルギターを努める三浦隆一が自身の体験や空想を元に作詞をしている。その三浦隆一の出身地は青森県だそうだ。なるほど、だから空想委員会の『僕が雪を嫌うわけ』は、聴いた途端に雪をとても身近に感じるのだ。しかしこんなに雪が密接な曲なのに『僕が雪を嫌うわけ』では、どうして雪が嫌われているのだろう?

公開日:2017年12月10日 更新日:2018年3月29日


この記事の目次 []
  1. ・空想委員会「僕が雪を嫌うわけ」
  2. ・雪が降る季節思い出すのは、幼いながら一生懸命に恋をしていたあの頃
  3. ・心から大切な人、その存在の暖かさが身に染みる「僕が雪を嫌うわけ」
  4. ・空想委員会 Profile
この「僕が雪を嫌うわけ」の舞台は『何度季節越えても苦い記憶よみがえる』という歌詞のまま、主人公である男性の「苦い記憶」の思い出が舞台です。

空想委員会「僕が雪を嫌うわけ」



真っ白な雪 舞い落ちる街
僕らの道途切れた
君が終わりにした
雪のように跡形も残らない


『真っ白な雪舞い落ちる街』というのは、男性が生まれた育った街の事。苦い記憶はその街にまだ住んでいる時に終わってしまった過去の恋の事。

『雪のように跡形も残らない』と表現される程に『君が終わりにした』恋の結末は男性にとって絶望と言っても過言ではなかったのでしょう。

雪が降る季節思い出すのは、幼いながら一生懸命に恋をしていたあの頃

真っ白な雪 舞い落ちる時
思い出した笑顔を
子ども過ぎた僕の拙い恋
恥ずかしいほど狭い世界で


今でも雪と共に思い出される笑顔。その笑顔は『子ども過ぎた僕の拙い恋』が表現している、幼いながら一生懸命に恋をしていた日々。

まだ終わる前の楽しかった頃の彼女の笑顔。大人になって、感情を抑えながら社会で生きる毎日。

その中で振り返る、幼く一生懸命な恋の日々は『恥ずかしいほど』幸せで、彼女も友達も家族も傍に居る。

傍に居すぎてちょっと『狭い世界』と感じる事はありながらも笑顔を思い出すくらいに暖かく幸せだった日々がこの一節には描かれています。

その一方で別れのきっかけを推測させる一節でもあります。この『子ども過ぎた僕の拙い恋』というのは幼さの表現。

幼いと言いながら、大人になっても苦い思い出として、忘れる事が出来ない恋をしていた。

そしてこの『恥ずかしいほど狭い世界』。人間関係が密である事に窮屈感を覚え出す。そんな子供と大人の狭間の年頃と言えば高校生あたり。

この二人の別れのきっかけは「広い世界への憧れ」だったのです。二人は卒業と共に地元を離れる決心をしたのでしょう。

男性が選んだその道には彼女も一緒のはずだった。けれども、彼女は男性とは別の道を選んだのです。

心から大切な人、その存在の暖かさが身に染みる「僕が雪を嫌うわけ」

真っ白な雪 舞い落ちる度
君のことを探すよ
一目会って気持ち伝えたいが

真っ白な雪 舞い落ちる度
君のことを想っても
もうどこにもいない
雪が責める
なくしてしまった未来を


独り地元を離れて暮らし始めた男性の心にあるのは、彼女への想い。嫌いになったわけではないのに、別れを選んでしまった後悔。

『一目会って伝えたい』それは「もう一度やり直せませんか」の一言。しかし、途切れてしまった道の先にはもう彼女はいないのです。

この男性につきまとう「雪」は彼女そのものであり、男性自身の後悔と孤独なのです。

この最後の歌詞『雪が責めるなくしてしまった未来を』がその事を物語っています。

『僕が雪を嫌うわけ』それは「もうどこにもいない彼女」と「彼女への後悔と独りで歩まなければならなくなった孤独」を雪に痛感させられるからなのです。

でも、心から大切な人。自分の幼さ。心から信頼出来る人たちの存在の暖かさ。それは全て「離れてみなればわからなかった事」です。

そして雪は一年中、降り続ける事はありません。必ず雪解けの時期が巡ってきて雪は心を責め続ける事は出来ません。

心を責めているのは自分自身の後悔である事に気がついた時。きっとこの男性は彼女を見つける事ができるのでしょうね。

『僕が雪を嫌うわけ』ちょっと冬に聴くには切なすぎる歌ですが。冬に聴くからこそ。傍にいてくれる大事な存在の暖かさを、より深く感じられるラブソングです!

TEXT:後藤 かなこ


空想委員会は、青森県八戸市出身でボーカル、ギター、委員長の三浦隆一・宮城県出身でギター担当の佐々木直也・新潟県現妙高市生まれ千葉県育ちでベース担当の岡田典之からなる3人組バンドでレーベルはキングレコード株式会社。2011年12月にBUDDY RECORDSからファーストミニアルバム「恋愛下手の作···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

その胸のざわつきを、フジファブリック「…

福耳「DANCE BABY DANCE…