後藤かなこのプロフィール


17歳の夏に一聴き惚れした歌声に誘われるがまま生きております。心に響く音楽・ライブ・言葉。そして海・波乗り・ビールとチョコと息子をこよなく愛する一児の母。そして私という人。波に自分が乗る事と音楽と言葉に想いが乗れば最強という持論と共に。今日も大好きな音と海と息子に笑顔をもらって筆をとります。

後藤かなこの人気記事

後藤かなこの記事一覧

【歌詞コラム】“令和”に聴くからこそ感じ取れる「M」に見るayuの決意。

平成の歌姫、浜崎あゆみ。彼女の持つ多くの楽曲の中で、平成が終わり令和になった今も、色あせる事なく愛され続けているのが『M』だ。悲恋を描いたその曲は平成を生きる人たちの内に秘めた恋の傷を癒した。今回はそんな名曲『M』をご紹介したい。

【歌詞コラム】globeのis this loveが気づかせてくれる大人になっても変わらない「love」。

何気なくつけていたラジオやテレビから流れてくる音楽。この頃はスマホの音楽アプリなんていうのもありますね。そんな身近にある音楽との出逢い。 初めて出逢う音楽や懐かしい音楽。聴く人それぞれにある音楽との出逢いと共に、よみがえる思い出があると思います。 その「懐かしい」思い出の音楽に『globe』の存在は欠かせないという方は多くいらっしゃるのではないかと思います。

【歌詞コラム】「愛だから言えない」accessのイメージと三部作に潜む真実の愛。

90年代半ば人気のあった男性ユニットと言えば、必ず名前が挙るaccess(AXS)。1995年の元旦に人気絶頂の中、「沈黙」と称して突然の活動休止宣言。前日の1994年の大晦日には紅白歌合戦に出場していた程の人気ぶりであった。そのaccessの活動休止宣言に涙したファンは星の数ほどいたのではないだろうか。ちなみに私もその一人。