1. “完結”するチャットモンチーが見せた、たった1つの桃源郷

“完結”するチャットモンチーが見せた、たった1つの桃源郷

チャットモンチーが完結を発表した。チャットモンチーは2000年に結成された女の子のみで構成されたロックバンドだ。2011年にドラムの高橋が脱退するまでは3人編成だった。ドラムが抜けたあとも、「チャットモンチーのドラマーに代わりはいない」として、あえて新メンバーを募らず、二人体制で活動を続けた。そのチャットモンチーが、2018年7月をもって、活動を「完結」する、と発表したのだ。

2017年12月30日

Column

辻瞼


この記事の目次
  1. ・チャットモンチーの「シャングリラ」
  2. ・どんな人の心にも突き刺さる歌詞
  3. ・チャットモンチー 最新情報
  4. ・ライブ情報
  5. ・チャットモンチー Profile
チャットモンチーの「完結」には、ツイッター上でもファンの間でも様々な言葉が行きかっているが、発表された声明文からは、前向きな決断であることが伺える。

チャットモンチーでなくなった二人が、今後どんな風に私たちの前に現れるのか、今からとても楽しみだ。でもやっぱり、ちょっと寂しい。

2000年を学生として過ごした世代の人たちにとって、チャットモンチーの存在はあまりに大きいものだから。

そんな中、代表曲のひとつ「シャングリラ」を改めて聴き直してみたい。

シャングリラはドラムの裏打ちから始まる、まだ三人だったころに作られた曲だ作曲もドラマー・高橋が担当している。

特徴的なリズムを刻み、一度聴いたらなかなか忘れられないメロディだ。

少しだけ歌詞を覗いてみよう。

チャットモンチーの「シャングリラ」




携帯電話を川に落としたよ
笹舟のように流れてったよ あぁあ
君を想うと今日も眠れない
僕らどこへ向かおうか?あぁあ


冒頭、サビから始まってすぐあとのAメロに当たる部分だ。

ここで歌われる「携帯電話」とは、2017年からするとアイフォンやスマートフォンしか浮かばないかもしれない。

しかしシャングリラの発表された当時、まだまだ「携帯電話」といえばガラパゴス携帯、いわゆるガラケーが主流だった。

「笹舟」という喩も。ぱかぱか開く野暮ったいデザインのガラケーだと考えれば、より伝わりやすいだろう。

「君を想うと今日も眠れない」というのは、そんな携帯電話からの着信を待っているような、そんな切なさを滲ませている。

曲調全体としては、別に楽器どうしが激しく主張しあったり、うるさかったり、轟音、というわけではない。

歌詞が聴きとりやすい、ごくシンプルな音づくりだ。しかしそのシンプルさが、却って突き刺さるように心に響いてくる。

いかにもチャットモンチーらしさが全開の一曲なのだ。

どんな人の心にも突き刺さる歌詞

シンプル、とはいいつつも、ドラム、ベース、ギター、ひとつひとつの楽器のそれぞれの良さや持ち味を存分に引き出した音づくりがなされている。

グルーヴというには簡素すぎるが、独特のリズム感があり、カラオケでも歌いやすい。まさにチャットモンチーの代表曲だ。

「携帯電話」なんて単語から、少し古いのかな?と時代を感じたりもするかもしれない。

けれどそんな心配は全く無用だ。どんな人の心にも、どこかで必ず刺さってくるものが見つかる。

そんな不思議な魅力も、チャットモンチーならではだ。

シャングリラはドラムが特に際立っているため、二人体制になってからのチャットモンチーを知った上で、改めて聴き直すと、ある種感慨深いものがある。

「完結」を発表した彼女たちに触れながら、もう一度「シャングリラ」を奏でて欲しいと願ってやまない。

そのとき、この桃源郷はまた新しい風景を見せてくれるはずだ。



TEXT:辻瞼

チャットモンチー 最新情報

ライブ情報

「CHATMONCHY LAST ONEMAN LIVE ~I Love CHATMONCHY~」

日程:2018年7月4日 (水)

場所:日本武道館

時間:開場 17:30 / 開演 18:30 (終演21:00予定)

料金:全席指定 ¥8,640 (税込み) ※記念品付き / 3歳以上チケット必要 / 客席を含む会場内の映像・写真等が公開される場合がございます。あらかじめご了承ください。

お問い合わせ:HOT STUFF PROMOTION TEL 03-5720-9999 (平日12:00〜18:00)


「チャットモンチーの徳島こなそんそんフェス2018 ~みな、おいでなしてよ!~」

日程:2018年7月21日 (土)・22日 (日)

場所:アスティとくしま

時間:開場:11:00 / 開演:13:00 (終演21:00予定)

料金:各日 10,800円 (税込み) ※3歳以上チケット必要 / 客席を含む会場内の映像・写真等が公開される場合がございます。あらかじめご了承ください。 / 2日間通し券の販売はございません。

お問い合わせ:デューク高松 TEL 087-822-2520 (平日10:00~18:00)

公式ホームページ:http://www.konasonfes.jp


チケット先行受付 (両公演とも)

チャットモンチーオフィシャルモバイルサイト「SMA☆アーティスト」

http://smam.jp/chat/

チャットモンチー オフィシャルホームページ

http://www.chatmonchy.com/

チャットモンチー Profile

橋本絵莉子(Guitar, Vocals, Synthesizer) / 福岡晃子(Bass, Drums, Chorus, Synthesizer, Percussion etc.)

2000年徳島で結成。2005年メジャーデビュー。2006年リリースのSG.「シャングリラ」がヒット。2007年リリースの2nd AL.『生命力』に続き、09年リリースの 3rd AL.『告白』は、オリコン初登場 2位を記録。2008年には、初の日本武道館公演を開催。メジャーデビューから2年4か月での日本武道館2days公演は、女性ロックバンドとしては史上最短(※当時)で、現在のロックシーンを 代表するバンドへと成長を遂げる。2011年にDr.高橋久美子の脱退により、橋本、福岡の2ピース体制となる。2014年には、サポートメンバーを迎えた体制での活動を発表し、6th AL.『共鳴』を15年にリリース。そしてデビュー10周年の日本武道館公演を行い、2016年には郷里徳島で主催フェスを2daysで初開催。大成功を収めた。最新作は、シングル『Magical Fiction』(2017年4月リリース)。デュオ“橋本絵莉子波多野裕文”(橋本)やユニット“くもゆき”(福岡)での活動、CM歌唱(橋本)や徳島での多目的スペースOLUYOの運営(福岡)など、それぞれ多彩な活動を行っている。

「NMB48」村瀬紗英・谷川愛梨・加藤…

人工知能がMV制作!?前代未聞の「マジ…