1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. 宇多田ヒカル
  6. 私の親友はあなただけ。宇多田ヒカルのWINGSは大事な人へのラブレター。

【歌詞コラム】 私の親友はあなただけ。宇多田ヒカルのWINGSは大事な人へのラブレター。

ケンカをした事のない人っていないと思う。ケンカする程、仲がいいって言葉があるくらい。絶対生きてれば1度はした事のあるもの。ケンカ。ケンカの後はバツの悪い、なんとも複雑な気持ちが残る。出来れば避けたいもの。だけど「ケンカするほど仲がいい」なんて言葉があるくらい、ケンカって本当は怒りのぶつけ合いじゃなくて愛情表現の一つなのかもしれない。

2018年1月20日


この記事の目次
  1. ・宇多田ヒカルの「WINGS」
  2. ・3つの存在への愛
  3. ・ケンカした後の複雑な気持ち
  4. ・3つの愛を込めたラブレター
  5. ・宇多田ヒカル 最新情報
  6. ・リリース情報
  7. ・宇多田ヒカル Profile
そんな事を思わせる歌がある。それは宇多田ヒカルの「WINGS」。

2006年に発売された彼女の16thシングルにあたる“Keep Tryin’”のカップリング曲。

2006年頃の彼女は、1度目の結婚生活を送りながら歌を歌っていた頃。

この曲が作られたきっかけは、当時の夫とケンカした事だそう。

その時の複雑な気持ちを「親友とケンカした後の複雑な気持ち」として歌っている。

でもどうして、「ケンカした後の複雑な気持ち」を歌っているのにその歌詞はケンカの後の複雑な気持ちよりも、大事な人を想う。

まるでラブレターを読み聞かせてもらっているかの様に聞こえるのだろう?

宇多田ヒカルの「WINGS」



じっと背中を見つめ
抱きしめようか考える
大胆な事は想像するだけ


ケンカを元にした歌だと知らずに聴いていると、この一節は片想いしている側が好きな人を見つめてドキドキしている様子が浮かぶ。

大好きな人の大好きな背中。いつも抱きしめたくて仕方ないけど、そこは切ない片想い。

そんな事は絶対出来ないからせめて想像してまたドキドキ…。

全くケンカのケの字も感じないし、親友よりも恋しい人の事を想っているって思う方がなんだかしっくりくる。

3つの存在への愛

大きいばっかりで飛べない羽
(あなただけが私の親友)
素直な言葉はまたおあずけ
(ラララらララ ラララヲウヲオ)
簡単に慣れてしまうのはなぜ
(あなただけが私の親友)


こちらが宇多田ヒカルの想いとは裏腹なイメージで歌を聴いているのを、まるで見透かす様にこの歌詞が続く。

ここで初めてこの歌の元になっている「親友」という言葉やケンカの発端になったのかと思わせる「簡単に慣れてしまうのはなぜ」という歌詞が出てくるのだけど。

好きな人への想いを歌っていると思って聴いているこちらからすると『あなただけが私の親友』という歌詞は脈略がなさすぎて、ちょっと疑問。

でも、こう捉えてみたらその疑問はスッキリする。大きいばっかりで飛べない羽。

これは大胆なことは想像するだけの事を指していて、想像はしているけど(大きいばっかり)現実にはなにも行動出来ていない事(飛べない羽)を意味している。

そして『簡単に慣れてしまうのはなぜ』。これは、好きな人側に気持ちがばれてしまっているパターンによくある。

片想い的にはくそーってなるやつです。「好き」って想われている事。自分の事を好きで居てくれる事に慣れてしまっている。

片想い側はまぁ好きだから仕方ないけど、なんか悔しいって想っちゃうやつ。

この『慣れ』ってとっても厄介。慣れから生じる言動や態度って、腹が立つ事が多い。

最初の頃はもっと大切にしてくれていたのに、とか思ったり。ひどいとケンカになる。

そう考えると『大きいばっかりで飛べない羽』『簡単に慣れてしまうのはなぜ』に続く『あなただけが私の親友』は、いつも傍で恋を応援してくれている存在と捉えられて、この歌が「ケンカの後の複雑な気持ち」を歌ったと言われて頷けるのだ。

こんな風に歌詞を捉えていくと、3つの存在への愛が隠されている事に気がつく。

それは「彼」「親友」「私」それぞれへの愛

ケンカした後の複雑な気持ち

向かい風がチャンスだよ
今飛べ
エンディングの少し手前で閉じないで
明日に備えて出来る事もあるけど
早めに寝るよ、今日は


向かい風って、強ければ強い程ただの迷惑な風でしかない。

けど、大きい羽があれば向かい風は大空に飛ぶためのチャンス。

向かい風は、相手が吹かせた「ごめんね」のタイミング。

このタイミングがきたら、逃さないで『今飛べ』!って、謝ってしまえば笑い話になる最後の最後。

『エンディングの手前』で意地を張ってしまっている「私」へ「親友」が背中を押すという形で伝える愛。

そして、そんな親友からのエールという愛を抱いて。

向かい風を焦らず待っている「私」は『明日』吹くかもしれない、向かい風に向けて『備え出来ることもあるけど。早めに寝るよ、今日は』と自愛する。

ちょっと恋に疲れた「私」から「私」への愛。

このWINGSで宇多田ヒカルが描いている事。それは「ケンカした後の複雑な気持ち」ではあるけれど。

ケンカをしたから「親友」からの愛を感じられたし。

その存在はいつも傍に在って自分に寄り添ってくれている存在である事を改めて感じたと思う。

3つの愛を込めたラブレター

あなたの前で言いたい事を紙に書いて
夢見てるよ大空


そして、自分がどうして好きな人を好きなのか。

好きな人へごめんねって思う自分の良くないところ。そんな事を考える事も出来た自愛の時間。

『あなたの前で言いたい事』は「ごめんね」もだけど。ごめんねと一緒に『紙に書いて』まで、しっかり伝えたい事。

それってやっぱり「大好き!」この一言に尽きる!

ケンカしても結局「大好き」って事を伝えたいから、WINGSを聴いてるとラブレターを読み聞かせてもらっている気持ちになってしまうのだ。

ところでこの歌が書れたのってどこだと思いますか?

私は絶対、曲中に出てくる『安心できる暖かい場所』だと思う。

その場所は大好きな人の大好きな背中の傍。きっとこの歌って、親友とケンカした歌としているけれど。

ケンカした大好きな人に素直にごめんね!大好き!って言えない彼女が照れ隠ししながら「彼」へ伝えるかわいい愛の歌。

そして3つの愛を込めたラブレターなんだと思う。

TEXT:後藤 かなこ

宇多田ヒカル 最新情報

リリース情報


2019年1月18日(金) リリース!
※同日配信もリリース

シングルCD 『Face My Fears』

★通常盤(初回仕様) 
価格:1,400円(税込)
品番:ESCL 5150
※初回仕様:「キングダム ハーツ」シリーズ ディレクター野村哲也氏描き下ろしピクチャーレーベル、PlayPASS対応

【収録曲】
01. Face My Fears (Japanese Version)
宇多田ヒカル & Skrillex (国内版ゲームソフト『KINGDOM HEARTSⅢ』オープニングテーマ)

02. 誓い
(国内版ゲームソフト『KINGDOM HEARTSⅢ』エンディングテーマ)

03. Face My Fears (English Version)
Hikaru Utada & Skrillex (海外版ゲームソフト『KINGDOM HEARTSⅢ』オープニングテーマ)

04. Don’t Think Twice
(海外版ゲームソフト『KINGDOM HEARTSⅢ』エンディングテーマ)

▷購入はこちらから




2019年3月6日(水) リリース!
アナログ『Face My Fears』
(生産限定アナログ盤)

★生産限定アナログ盤 
価格:2,500円(税込)
品番:ESJL 3114
※「キングダム ハーツ」シリーズ ディレクター野村哲也氏描き下ろし絵ポスター封入

【収録曲】
[Side A]
01. Face My Fears (Japanese Version)
宇多田ヒカル & Skrillex (国内版ゲームソフト『KINGDOM HEARTSⅢ』オープニングテーマ)

02. 誓い
(国内版ゲームソフト『KINGDOM HEARTSⅢ』エンディングテーマ)

[Side B]
03.Face My Fears (English Version)
Hikaru Utada & Skrillex (海外版ゲームソフト『KINGDOM HEARTSⅢ』オープニングテーマ)

04.Don’t Think Twice
(海外版ゲームソフト『KINGDOM HEARTSⅢ』エンディングテーマ)

▷生産限定アナログ盤の予約はこちらから

宇多田ヒカル Profile

シンガー・ソングライター
1983年1月19日生まれ

1998年12月9日にリリースされたデビューシングル『Automatic/time will tell』はダブルミリオンセールスを記録、15歳にして一躍トップアーティストの仲間入りを果たす。そのわずか数か月後にリリースされたファーストアルバム『First Love』はCDセールス日本記録を樹立。いまだその記録は破られていない。

以降、アルバムはすべてチャート1位を獲得。2007年にはシングル『Flavor Of Life』がダウンロード世界記録を樹立。

2010年に「人間活動」を宣言し一時活動休止期間に入ったが、2016年4月に配信シングル『花束を君に』『真夏の通り雨』のリリースによってアーティスト活動を本格始動する。2016年9月に発表した6枚目のオリジナルアルバム『Fantôme』は自身初のオリコン4週連続1位や全米のiTunesで3位にランクイン、CD、デジタルあわせミリオンセールスを達成するなど、国内外から高い評価を受けた。

2017年3月にEPICレコードジャパンにレーベル移籍。デビュー20周年を迎える2018年6月27日(水)に7枚目となるアルバム『初恋』を発売。11月からは約12年ぶりとなるライブツアー「Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018」を開催。2019年1月18日KINGDOM HEARTS Ⅲのテーマソングが収録されたシングル『Face My Fears』も発売予定。

▷宇多田ヒカルオフィシャルサイト
▷宇多田ヒカル「Face My Fears」グローバルサイト“#HikaruUtada #(Songs)“

▷世界の盛り上がりを可視化した特設サイト
▷KINGDOM HEARTS Ⅲ オフィシャルサイト

DaizyStripper「忘れられな…

「大阪☆春夏秋冬」の新成人メンバーはど…