1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. DAOKO
  6. DAOKOが身を委ねる蒼い仮想世界

【歌詞コラム】DAOKOが身を委ねる蒼い仮想世界

このアーティストの関連記事をチェック

DAOKOさん「打上花火」から・・感傷…

今ドキの恋と季節感が見事にマッチ!「打…

DAOKOは1997年生まれ、2018年1月の時点でハタチの女性シンガー、およびヒップホップMCだ。動画投稿サイトへの投稿がきっかけとなり、m-flowに認められるなどして、2015年にメジャーデビューしたばかり。まだまだこれからが気になる、大注目のアーティストと言えるだろう。

公開日:2018年2月12日 更新日:2018年2月16日

Column

辻瞼


この記事の目次
  1. ・DAOKO「さみしいかみさま」
  2. ・「仮想の世界」と「ヒビカセ」
  3. ・DAOKO 最新情報
  4. ・リリース情報
  5. ・イベント情報
  6. ・DAOKO Profile
今回取り上げる楽曲「さみしいかみさま」は、DAOKOの最新アルバム『THANK YOU BLUE』を飾る一曲だ。

得意のウィスパーボイスで独自の虚ろでありつつ美しい世界を表現している。

「さみしいかみさま あたしのこといってんの」という歌詞から、歌詞の主人公が、誰かに自分を「さみしいかみさまだ」と言われているのだ、とわかる。

と同時に、ここでいう「あたし」は歌詞の主人公だけに止まらず、DAOKO自身のことも指しているに違いない。

歌詞の主人公になりきったDAOKOは、「さみしいかみさま」と言ってきた相手に「さみしくなんかない さみしいとか考えない」と畳み掛ける。

DAOKO「さみしいかみさま」

触れたら崩壊 仮想の世界
何度も創りなおして
ずっと待ってた 身体甘くして
月の裏側から


歌詞の内容から推し量る限り、DAOKOの描く仮想世界はいつだって夜だ。

都会の夜を見下ろしながら、アイフォン越しにDAOKOの世界を覗いているような、背徳感にも似た感情が生まれる。

SNSから発信したり、YouTubeを再生したりしながら、私たちは「仮想の世界」とコンタクトを取ろうと必死になる。

仮想世界の住人は「ずっと待ってた」と私たちを迎え入れてくれるだろう。

「仮想の世界」と「ヒビカセ」

この「仮想の世界」から連想するのは、同じく動画再生サイトから活動を開始したアーティスト・れをるの楽曲「ヒビカセ」だ。

「ヒビカセ」は初音ミクをテーマにやはりパソコン越しの「仮想の世界」を歌っている。是非聴き比べて遊んでみて欲しい。

「ずっと待ってた 身体甘くして」「どれくらいの愛情をこの世界に向けてんの?」など、「さみしいかみさま」の歌詞とも通じるものがないだろうか。

ある意味で、初音ミクも「さみしいかみさま」の1人と呼べると私は思うのだ。

バーチャルの世界だからこその孤独感や虚しさが、楽曲のそこここにはびこっていて、けれど私たちは彼女たちに直接触れることすらできないでいる。

自分たち自身も「仮想の世界」の住人だ、と気づくまで、そう時間はかからない。

「触れたら崩壊」するくらい脆く儚い世界なのに、私たちはどうしたってこの世界を見捨てることができないのだ。背景はずっと夜、月が私たちを見下ろしている。

『THANK YOU BLUE』のタイトル通り、DAOKOのイメージカラーは「蒼」だ。「青」と書くよりは、「蒼」と書きたい。

その方が、なんだかずっと深い「あお」という気がしないだろうか。

深くてしかもビビットな「蒼」い仮想世界は、時には海のように、時には空のように、そして時には夜のように優しく包み込んでくれる。

真っ蒼な夜の「仮想の世界」から、「さみしいかみさま」が私たちを見ている。

どれくらい近づけるかわからないけれど、いつか出会う時まで「ずっと待って」いて欲しい。そんなことを想うのだ。

Text:辻瞼

DAOKOはニコニコ動画の投稿で人気が出たアーティスト。インディーズ時代の活動名は「daoko」。2015年3月、女子高生の時に1st アルバム『DAOKO』にてメジャーデビューをはたす。所属事務所は2012年 から2015年までは「LOW HIGH WHO? PRODUCTION」、次に、2015年 から2016年まで「2.5D management」···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

DAOKO 最新情報

リリース情報

●1月15日(水) DIGITAL RELEASE
「御伽の街」

作詞・作曲 DAOKO / Nariaki Obukuro
編曲 Nariaki Obukuro
Produced by Nariaki Obukuro

イベント情報

●DAOKO 「二〇二〇 御伽の三都市 tour」
出演:DAOKO
サポートメンバー:キーボード・網守将平、ギター・永井聖一、ベース・鈴木正人、ドラム・大井一彌

《名古屋公演》
日程:2020年2月3日(月)
会場:名古屋CLUB QUATTRO
時間:OPEN:18:30 / START:19:30
[問]JAIL HOUSE 052-936-6041

《大阪公演》
日程:2020年2月4日(火)
会場:梅⽥CLUB QUATTRO
時間:OPEN:18:30 / START:19:30
[問]清⽔⾳泉 06-6357-3666

《東京公演》
日程:2020年2月10日(月)
会場:恵比寿リキッドルーム
時間:OPEN:18:30 / START:19:30
[問]ホットスタッフプロモーション 03-5720-9999

【チケット代】
前売4,400円
当日券4,900円(ドリンク代別)
※オールスタンディング

DAOKO Profile

DAOKO(だをこ) 1997年生まれ、東京都出身。ラップシンガー。

15歳の時にニコニコ動画へ投稿した楽曲で注目を集め、2015年3月女子高生にしてTOY’ S FACTORY から1st アルバム『DAOKO』にてメジャーデビュー。

2016年4月には学校法人・専門学校HAL2016年度新CMのCMソングを担当。

2017年8月18日公開の映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」主題歌である米津玄師 プロデュース楽曲 DAOKO × 米津玄師『打上花火』アニメーションMVが2億9千万視聴(7/31現在)を越え勢いはとまらない。

2018年、小林武史プロデュースによる楽曲「終わらない世界で」が、9月27日にサービスが開始された任天堂 /Cygames によるアクションロールプレイングゲームアプリ『ドラガリアロスト』主題歌に決定。

12月には待望の3rdアルバム「私的旅行」が発売。年末、第69回NHK紅白歌合戦に出場。今最も輝く女性アーティストとなる。

▷DAOKO 公式サイト

永遠に続く映画のエンドロールのような光…

【歌う動画トップテン:2/19付】バレ…