1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. インタビュー
  5. J☆Dee'Z
  6. 【インタビュー】急成長の歌唱力と大迫力のMV。『あと一歩』でJ☆Dee'Zが伝えたいことは…

【インタビュー】急成長の歌唱力と大迫力のMV。『あと一歩』でJ☆Dee'Zが伝えたいことは…

3月7日にニューシングル『あと一歩』をリリースしたJ☆Dee’Zに、大迫力のMVの撮影の裏側についてや表現したい想いについて伺ってまいりました!ご覧ください!

2018年3月7日

Interview

愛香


この記事の目次
  1. ・背中を押せるようにというイメージで
  2. ・あと一歩 / J☆Dee’Z(ジェイディーズ)
  3. ・J☆Dee'Zがやっていた部活は…?
  4. ・ORESKABANDとのコラボ楽曲について
  5. ・J☆Dee'Zのピックアップフレーズ!
  6. ・プレゼント応募について
  7. ・J☆Dee'Z 最新情報
  8. ・リリース情報
  9. ・ライブ情報
  10. ・J☆Dee'Z Profile

背中を押せるようにというイメージで


2018年3月7日release 1stミニアルバム「あと一歩」

──今回表題曲になっているの『あと一歩』を聴いて、J☆Dee'Zさんの歌唱力の成長ぶりに驚きました!曲を聴いていて努力されているんだなって伝わってきましたし、だからこそ歌詞にも説得力を持たせられているんだなと…。

一同:嬉しい〜!!


──皆さんご自身も歌への姿勢や歌唱力という部分にも変化は感じられていたり?


ami:前は3人でコーラスをするとき、自分の音に必死だったんですけど、今は主メロを歌っている人の細かい変化にも合わせていくようなことができるようになったなって思います。音とかボリュームがバシッと揃ったときにピリッと感じることが多くなったよね!

Nono:良い時はそうだし、逆に揃わなかった時の気持ち悪い感じが前よりも分かるようになってきた。

MOMOKA:確かに、言われて気づくことが多かったけど、自分たちから気づいて直そうと思うことが多くなりました。


──言葉の伸ばし方とか、すごく細かいところまでこだわっているのかなと言う印象を受けましたが、『あと一歩』のレコーディングで意識したポイントや大変だったことなどエピソードを聞かせてください。

ami:この疾走感溢れる応援歌で私が譲りたくなかったのが、高い音の時にファルセットに逃げずに実声で歌うって事だったんですけど、最初の「伝えたい 君に」とかサビの「君と同じ未来追いかけたい」の部分って実声かファルセットかのギリギリのラインのところで逃げずにガムシャラな感じが伝わるように実声で、手をグッと握り締めながら歌いました(笑)。

Nono:私はレコーディングの時、この曲の中でいっぱいでてくる「Ohhh..」のところをいつも歌っているところと違うところ(身体の部分)で歌うっていうのを意識しました。普段歌っているところで歌うと、すごく軽く聴こえちゃうんです、だからお腹をすごく意識して、歌詞がない部分だけども背中を押せるようにってイメージで歌いました。


MOMOKA:この曲で結局言いたいのは“ありがとう”なんじゃないのかなって今私は思っているんですけど、この曲はもちろんなんですけど、試合に挑む前からの一連の流れを意識しました。チームメイトとか、君っていう相手は人によって違うと思うけど、1曲を通してのイメージを大事にしています。


──J☆Dee'Zさんも現在3人でやっていらっしゃるから、やっぱりこの曲で歌われているようなところっていうのは普段から感じることだったり。

一同:そうですね!

ami:「八つ当たりしちゃって」って歌詞があるんですけど、八つ当たりってしたくなくてもしちゃったり、罪悪感でモヤモヤした気持ちが生まれたりっていうのもあるけど、相手がいないとできないことだからやっぱりメンバーのことを思い出します。


──J☆Dee'Zさんは結成からもう長いですけど、今の自分達だからこそ見つけた仲間との仲直りの仕方とか、メンバーとうまくやっていくために心がけていることはありますか?


Nono: 何をしているわけじゃないですけど、メンバーの気持ちの変化とかモチベーションがわかるようにはなってきましたね!最近まではそれを意識しすぎるところがあったんですけど、意識しすぎるせいで自分の意見が言えずに結果的にマイナスになることがあるので、今は意見や想いは言うようにしようと思っています!


──Nonoちゃんは言えないタイプだったんですね..

Nono:みんなそうだったかもしれない、気にしちゃうんだよね!

ami&MOMOKA:うんうん。

ami:私は意識していることでいうと、メンバーに何かものを伝える時に結果を先に言うようにしています!言うって決めたら2度めのチャンスはないじゃないですか、なのに回りくどく説明をしていくと途中で言いづらくなってきて言いたいことからズレていってしまのがもどかしいので…。

Nono:あとこれは自分の中のことなんですけど、不安だったりとかネガティブになっちゃっている時は“なんとかなるよ!”って言い聞かせるようにしています!3人揃って心配になったり不安になることってあるんですけど、不安ってことを口にすると良くないと思うので、できるだけ“気にしない!”とか“なんとかなる!”ってことは言葉にするようにしています!


──MVを見たんですけど、人数が!すごいですね!!

MOMOKA:61人です!

あと一歩 / J☆Dee’Z(ジェイディーズ)



──ダンスの構成はみなさんで考えられたんですよね!?

一同:そうなんです!

MOMOKA:いつもの20倍(笑)!

ami:まだみなさんに会う前、61人の構成を考えるってなってとりあえずひたすら61個の○(マル)を書きました!

一同:おぉ〜〜〜って(笑)。

ami:1回3時間くらいの練習が4回くらいしかなくて、練習の前に構成を完成させておきたい!っていうのがあって、紙に書きながら見え方を想像していたんですけど、実際会ってやってみたら見えかたが変わってきて、調整しながらでした。大人数でやったことがないからレパートリーがありすぎるのが難しかったです!

MOMOKA:大人数でやっているダンスの動画を見て勉強しながら頑張りました!

Nono:構成を考える時に、カメラワーク的なものも考えながら期待も想像も膨らんでいって楽しかったです!


──3人の表情も本当に楽しそうだったのが印象的でした!

MOMOKA:ほんっっっとに楽しかったです!

ami:今までは MVで挑戦することが多くて。『ひとひらの涙』だったら合宿をやっていたり、『Answer』だったら武者修行をやるっていう事をしていて、そこでもリアルな表情はあったけど、今回の『あと一歩』はダンスを始めた時期の初心を思い出したんです。踊る事って楽しいんだって感じられるシンプルな答えが心の中に落ちてきたので、あっという間に感じました。『あと一歩』のMVの日だけじゃなく、それまでの四日間の練習の日とかも青春だなって思い返せるというか。





MOMOKA:今になってももう一回学校に行きたいなって。あの感じをまた感じたいって今でも思いましたもん。本当だったらあのパフォーマンスを生で見てもらいたいって思ったんですけど、MVを見ていただくだけでも伝わるかなって思っていて。


──練習のシーンもありましたよね。窓に映る自分をみて練習するっていう。

MOMOKA:寒かったしね。実際中で練習できたの1日だけだったし。

ami:ずっと外でやっていて、しかもその学校が千葉の海の近くて風が強くて。踊ればあったかいって思ってたんですけど、みんな鼻真っ赤にしてて(笑)窓ガラスに映りきらない子たちも何とか自分の動きをコントロールしながらやっていましたね。

J☆Dee'Zがやっていた部活は…?



──みなさん部活の経験はあるんですか。

MOMOKA:ありますあります。でも今は所属していないです。

ami:私、メンバーが何の部活に入っていたか、正直知らないんですよ。

Nono:J☆Dee'Zの活動があったから部活はやったことがなくて。でも小学校の頃のクラブ活動だったら茶道クラブ部に入っていました!囲碁とか将棋とかをやりながら和菓子を食べるっていう。


──最高じゃないですか!

ami:何も茶をたてていない(笑)

Nono:先生がたててくれる(笑)あとはパソコンクラブもやった事があります。早く打てるようになりたくて入ったんですけど、無理でした…。

ami:私はイラストとか美術みたいなやつのクラブと、コンピューターみたいなのを兼任していて。ずっとwordで文字を打つとか!最近だったらフットサル部に入っていました。

一同:(笑)

MOMOKA:いくつのとき?

ami:中学生かな。Nonoに茶をたててないじゃんとか言ったけど、私も一回もフットサルをした事がないんです。(笑)

MOMOKA:参加してないの?

ami:参加してないんじゃなくて、フットサル部自体が活動してない。

Nono:何がしたくて入ったの?

ami:なんか入っていましたね。今までがコンピューターとかだったから、フットサル部って言葉だけで聴いたらハツラツな感じするじゃないですか。それを言ってみたい好奇心で入部していました(笑)

MOMOKA:私は手話部に入ってました。中学1年生で入っていたんですけど、その時にメジャーデビューになったので幽霊部員でしたね。


──何か覚えた手話はあるんですか?

MOMOKA:私の名前はMOMOKAです。よろしくお願いします。それしか出来ない…。

Nono:茶道なのに茶をたてられない。

ami:ボール蹴れないんだよ。

一同:(笑)


──手話が今後の活動に活きればいいですね!

MOMOKA:本当、それがしたくて入ったのに、結局参加が出来なかったです。


──落ちサビの所の3人で歌う所が凄く良いなって思って!レコーディングでは緊張されましたか?


ami:私はそのパートって、Aメロとかの方が好きだったよりも長いじゃないですか?だけど一番好きだったに時間がかかったんですよ。好きだったってどういう気持ちで言っているんだろう?って思って。これからも好きでいたいっていう気持ちもあるだろうし、今好きだけどあの時は好きだったなっていう色んな捉え方ができるなって。
だから強く言えばこれからの決心にもなるし、ちょっと弱く言ってみれば今辛いけど好きだったし頑張ろう!って思えるこれからのあと一歩なのかな?っていうのがありました。それらを考えながら色んなバージョンを録ってみて、作詞作曲家さんとも相談して、ここは決心という事だからちょっと強めにいこうっていう風になり、最終的には強めになりました。それまでの工程とかに一番時間がかかりましたね。


──声だけがすごく際立つ所だなと思いました。

Nono:そうですよね。シーンってなるしね。

MOMOKA:「思い出した」のフレーズは、J☆Dee'Zがダンスのグランプリを獲ったときの事を思い出しました。目を瞑って歌いました。


──『Crazy For You』は初めてのテイストな楽曲ですね。

ami:そうなんです。ちょっと大人になりたいんだけど、なかなかカッコ付かないみたいな感じで。背伸びをしたまさに高校生な、大人にも大人扱いされて子ども扱いもされるような。間にいる私たちだからこそ歌える楽曲だなって。


──これ年を重ねていくと見せ方とか歌い方も変わっていきそうですね。

ami:そうかも。サウンドとか歌い方もそうなんですけど、カッコいい感じでクールな風に歌おうって思っていて。でもその中に可愛さとかもあるんです!「今に見てな」とか強いだけじゃない可愛さも入れてるので、歌い方も皆で相談して決めました。「ここってこういう風に歌えばいいかな?」って。


──20代に皆さんがなられたときに、この曲をぜひ歌ってほしいです。大人になってからの『Crazy For You』も聴いてみたい。

ami:変わるのかなー?

MOMOKA:変わりそうだよね。



次ページ : 〇〇とのコラボ楽曲

プー・ルイ卒業、レンタルトレード終了を…

喜多村英梨のライブに行く人は知っておき…