1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. GLAY
  6. GLAYが出向いた音楽世界。「夏音」に綴じられた物語

【歌詞コラム】GLAYが出向いた音楽世界。「夏音」に綴じられた物語

このアーティストの関連記事をチェック

冬の名曲「Winter,again」G…

記憶に残る音楽は、思い出とセットになっているものだ。 声を張り上げて皆で歌った応援歌、特別な人が好きだと言ってよく聴いていた曲…ジャンルは様々だろう。

公開日:2015年9月9日 更新日:2018年8月30日


この記事の目次 []
  1. ・記憶のすぐそばにある音楽。
  2. ・注目を集めた『夏音』
  3. ・GLAYの『夏音』歌詞
  4. ・夏音ってどんな音?
  5. ・作詞・作曲者であるTAKURO自身『夏音』とは
  6. ・GLAY 最新情報
  7. ・リリース情報
  8. ・GLAY Profile


記憶のすぐそばにある音楽。

記憶に残る音楽は、思い出とセットになっているものだ。声を張り上げて皆で歌った応援歌、特別な人が好きだと言ってよく聴いていた曲…ジャンルは様々だろう。

普段なら思い出しもしない出来事を、特定の曲がBGMで流れるだけで過去に引き戻される。そんな時、嬉しいような悲しいような、何とも言えない想いに駆られるものである。

注目を集めた『夏音』

GLAYの『夏音』は、そんな記憶に残る音に想いを込めたナンバー。
2003~2009年まで放送されたバラエティ番組「恋するハニカミ!」の7~9月テーマソングでもあった。

メンバーである、TERUとTAKUROが最初から最後まで出演した番組でもあり、放送最後にはこの楽曲のアコースティックVerが披露されている。楽曲自体はテーマソングのみならず、目覚ましテレビでの紹介や、ミュージックステーションで2回出場を果たすなど大いに注目を集めた。

GLAYの『夏音』歌詞



――――

夏の空は今日も青空で君を思い出すから嫌いだった
君の声が聴こえる 耳をくすぐる響き
照れてる君が好き 夏の音に紛れて

(中略)

夏の星はとても瞬いて 君のはしゃぐ様子が嬉しくて
もっと好きと伝えたかったけれど 言葉にもできないまま
夏の音はとても儚くて 君を思い出すから切なくて
きっといつか君の哀しみを 全て背負うそれが僕の夢だった
あの頃…

――――


夏音ってどんな音?

タイトルにもある『夏音』、一体どんな音だろう?風鈴の音、雨が降る音、海の音等々、涼しげな音色を連想するが、どれも違う気がする。

もしかしたら、現実にはない音かもしれない。

“夏の空は今日も青空で君を思い出すから嫌いだった”

久しぶりに聴いた『夏音』に、思わず空を仰ぐ「僕」。きっと真っ青な空が嫌いだった頃よりは、成長した姿だろう。溢れ出てくる君と僕の2人の物語は、ハッピーエンドではない。彼が蓋をしていた物語が流れ出した時、その先に待っているものは――。

バラードナンバーである為か、メロディは全体的にしっとりとしているが何故か、ボーカルの音域は広い。

この曲を構成するのが、「僕」の叫びとも取れる気持ちと切なすぎる記憶だからこそである。その変化を表す為とはいえ、低音から急に高い声に持って行くのは中々難しいことだ。

しかし、この2つを分けて歌い上げた時に生まれるコントラストは、楽曲に彩を与えている。【神がかった声】の持ち主であるTERUがいたからこそ、『夏音』の世界は完成したと言えるのだ。

そんなGLAYの楽曲を視覚でカバーしたのが、喜田夏記という女性映像作家。彼女が作り上げたPVは、GLAYメンバーが登場しない初の試みながら、「夏音のPVがスゴい!」と噂になったほどだ。

アニメーション風な影絵の世界は実に幻想的なので機会あらば是非、堪能して欲しい。

作詞・作曲者であるTAKURO自身『夏音』とは



「ちゃんと音楽の世界にこちら側から出向いていったもの」。


PVでの試みも含め、今作ではあまり派手な演出が目立たなかったGLAY。あえて、自分たちのやり方を貫かなかったのは、見たままの楽曲を表現したかったからだ。

GLAYの音楽が残って消えないのは、そうした世界感を大切にしているからかもしれない。『夏音』が、テーマソングの枠を超えて愛されたように。

TEXT:空屋まひろ

GLAY(グレイ)は、TAKURO(Gt)、TERU(Vo)、HISASHI(Gt)、JIRO(Ba)の4人からなるヴィジュアル系ロックバンドである。旧メンバーとしてドラムスが数名関わっており、1990年から1992年まではSHINGO(Baも)、1992年はISO、1992年から1994年まではAKIRA、1994年から1995年まではNOBUMASAがとも···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

ORANGE RANGEは『おしゃれ番…

KICK THE CAN CREW「俺…