1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. インタビュー
  5. Mr.EggPlant
  6. ネクストブレイク間違いなしの和歌山発エモーショナルロックバンドMr.EggPlant!【インタビュー:関西バンドの輪!】

ネクストブレイク間違いなしの和歌山発エモーショナルロックバンドMr.EggPlant!【インタビュー:関西バンドの輪!】 (2/2)




Mr.EggPlantがオススメするバンド!



──主にライヴハウスで活動されているMr.EggPlantさんが思う、特にかっこいいバンドさんを何組か紹介してください!

村上:俺は神戸の先輩の「iTuca」ってバンドですね。最近対バンしてないですけど、去年結構一緒にさせてもらってて、とにかくライブが良くて、初めて観た時も泣いちゃいました。バンドマンに訴えかけるライブで。すごいっていうか、俺らからしたらめっちゃ感動させられるし、たぶん一般人の人聴いても、共通するものがあって、心にくるものあるんじゃないかなというライブをしますね。

村上:1人1人も個性的で。

渡邉:俺も好きや。

酒田:初めて観た時に、めちゃめちゃ記憶に残ってたんですよ。それからもう1回観に行った時に感動して。MCもめちゃめちゃ熱いです。

片岡:毎回泣かせにくるやんな。

村上:バンドマンとしてとても勉強になりますね。ぜひ聴いてください。

──ありがとうございます!

片岡:僕は「バウンダリー」ですね。

──どんなバンドですか?

片岡:スリーピースのガールズバンドです。もうめっちゃ曲もいいし、ボーカルの歌がたまらんっすね。

酒田:この前も観に行ってたもんな。

片岡:僕はあんまり1人でライブ観に行かないんですけど、その日は行こうと決めてて。特に「BABY」っていう曲が好きです。

──「BABY」、聴いてみます!ありがとうございます。

渡邉:僕は「Split end」ですね。ギターのずんが元々お互いバンド入る前から知り合いで、ずんと同じ時期にバンドに加入したんで、それぞれ。お互い頑張ろうなってやってたら、「Split end」めっちゃカッコええ。ライブとか。で、僕らのイベント出てくれて、他のメンバーとも仲良くなりました。曲もカッコええし、ライブのちょっとしたアングラ感みたいなのが。

酒田:メンバーのキャラもいい。

渡邉:全国流通アルバム出して、僕らもちょうどまあ、ライバルというか。僕が一番に思う一緒に頑張りたいバンドです!

mini album「NEW GERM」とツアーについて!



──3月14日に初の全国流通盤となるmini album「NEW GERM」、リリースおめでとうございます!全体的にどのような作品になりましたか?

村上全曲個性が違うので、全部通して聴いてほしいですね!

片岡:ザ・ファーストって感じやな!

村上:全部通して聴いても飽きん。またすぐ繰り返して聴きたくなるアルバムになった。

片岡:だからいつもよりも凝ったというか。曲順考えるのも当たり前やけど、最初の曲から最後の曲の終わり方とかも結構意識して作りました。

村上:今まで結構長い曲多かったんですけど、今回は2分半台の曲があって、いい意味でサクッと聴けるっていうか、凝縮されてるみたいな。1曲1曲、って感じなんで初めて俺らのことを知った人も聴きやすいアルバムなんじゃないかな。

渡邉:メンバーの中でも一番好きな曲って違うかもしれない。

酒田:僕は「Persevere」が好きです。

片岡:実は今まで大事な人を思い浮かべて曲を作るっていうことがあんまりなかったんです。「Persevere」は、いろいろ身近に大切な人おるけど、やっぱり二十歳を超えて一番大事に残ってんのはやっぱり友達なので、地元の友達とかのことを思い浮かべながら(村上 万旺人と)2人で曲作ってるんですけど、一緒にディスカッションしながら歌詞は考えました。その時の気持ちと今の気持ちとの差もたぶん見えるし、この1曲通して共感できるところがいくつかみんなあると思うんで。

村上:着飾ってないていうか。素直に書いてる感じは一番あった。確か歌詞付ける時も友達と飲みながら話して作ったんですよ、2人で。だから気持ちが出てるっていうのもあって。本音ってやっぱり面と向かって言えないじゃないですか。だから曲にできて良かったです。



片岡:あと「DASH」っていう曲があって、この曲はほとんど英語なんですよ。これはプロデューサーに、EGG BRAINの薬師ジョーイさんが携わってくださって。歌詞は、僕とジョーイさんでいろいろ話し合いました。

酒田:曲を作っていただいて、それをアレンジ、編曲して。

片岡:どっちの要素も入ってるっていうか、一番新しい。

酒田新しい。僕らには全然ないものになってると思います。



──制作中はどういう感じでしたか?

渡邉:結構フランクな方です。関係性自体がわりと先輩、後輩って感じじゃなくて。

村上:相談しやすかったですね。そういう面では俺らに合ってるプロデュースしてくれたんかなって思います。

片岡:そうですね。俺らが作曲する時、結構凝り固まっちゃうんですけど、それをほぐして支えてくれました。

酒田:肩もみ屋さん。プロデュースって聞いたらガチガチにこう、みたいな感じのイメージあるかもしれないですけど、そういう感じではなくてほんまに今言ったみたいに「ちょっとここどうしたらいいですかね」っていうところを「こうしたらいいんじゃない?」ぐらいの感じで言ってくれて。

片岡:レコーディングもサポートしてくれた。

酒田:場も和ましてくれたり。安心しますね。

渡邉:すごい客観的な意見も僕らにとってめちゃめちゃ良くて。


片岡:レコーディング楽しかったよな。

──レコーディングが楽しいっていうのはいいですね。期間は長かったんですか?

村上:1週間ぐらいでした。悩むことも多かったですね。

片岡:でも、歌入れするってなって曲を聴いた時びっくりしましたね。

──どうして?

片岡:なんかデモと全然違うくて、めっちゃ良くなっていたので。

村上全員レコーディング中に成長したっすね、考え方とかも。

片岡:時間かけた分、すごく良くなったっていう。


──この曲もすごく元気が出る曲だと思います。MVにもなってる1曲目の「YELL/WOW」…。

片岡:「YELL/WOW」。これで「イエロー」って読むんですよ!「 YELL」と「WOW」で!

──なるほど、いいですね!

片岡:はい。これは清涼飲料水のCMをイメージして作ったんですよ。もう完全に。ここのAメロの部分で、誰もがあったようなイメージできる背景を取り入れて、サビはやっぱりガツンと応援歌なんで、応援するという歌詞ですね(笑)

──もうシンプルに応援歌って感じで。

片岡:そうですね。結構お客さんとの掛け合いとかもあるんで、そこも大事に聴いてもらえたらいいんじゃないかと思います!

YELL/WOW MV




──ありがとうございます。この「NEW GERM」を引っ提げてツアーが始まりますが、どのようなツアーになりますか?

片岡:レコ発は4月7日に太陽と虎で。アルコサイトとSEKIRARAとMELLOWSHiPの出演が決まっています。

片岡:最高なレコ発です。

村上:俺らしか呼べない組み合わせやと思うんですよね。

──では、ツアーの意気込みなどお願いします!

村上このツアーを通じていろんな人に知ってもらえたらと思います。いろんな出会いしたいですね。

酒田:行ってないとこもあるもんな。前回のツアーで。

渡邉:前回のとこ帰れるのも嬉しい。

村上:ああー、それも嬉しいな。

渡邉:またあそこ行けるんやって、いうのが嬉しくて。

酒田:そうですね。前回のツアーでめっちゃ得るものがあったので今回も楽しみです。

──結構いろんな場所回りますよね。特に楽しみな土地はあります?

渡邉:いっぱいあるよ。

酒田:へへ。

──地元とかですか。

村上:ああ、そうですね。

渡邉:地元編は上がる。

片岡:結構田舎のほうなんで、落ち着きますね。家族もそやし、友達もそやし。

渡邉:知り合いが観に来てくれるとライブ中ほんと支えられてる感があります。

村上:改めて、支えられてるって思いますね。

片岡:長野とかも大好き。ライブハウスの人がもうめっちゃ面白いんで。

渡邉:でもだいたいそうや。

酒田:どこのライブハウスも(笑)

村上:(カメラに向かって)全部大好きです。

──(笑)

最後に。



──ありがとうございます。最後に、UtaTenを観ている方へメッセージを。

片岡:どうも、Mr.EggPlantです!4月7日から始まるNEW GERM TOUR、よかったら遊びに来てください!

村上:CDも買ってもらお!

片岡:CDもね、3月14日にリリースされたので、よかったらタワレコやツタヤウェイで、手に取って聴いていただけたら嬉しいです。よろしくお願いします!

村上・酒田:お願いします!

酒田:よろしくお願いします。

村上:ありがとうございました。

──ありがとうございました!

TEXT:すずさや
Photo:安川 翔麻

Mr.EggPlant NEW GERM TOUR 2018

4/07(sat) music zoo KOBE太陽と虎 ※初日
4/11(wed) 尾道B&B
4/13(fri) 岡山CRAZYMAMA 2ndRoom
4/14(sat) 米子AZTiC laughs
4/18(wed) 福岡Queblick
4/20(fri) 大分club SPOT
4/21(sat) 松山Double-u Studio
5/05(sat) 和歌山CLUB GATE
5/06(sun) 京都GATTACA
5/18(fri) 奈良NEVER LAND
5/19(sat) 福井CHOP
5/20(sun) 金沢vanvanV4
6/02(sat) 上田Radius
6/03(sun) 宇都宮HELLO DOLLY
6/05(tue) 仙台MACANA
6/06(wed) 水戸LIGHT HOUSE
6/07(thu) 静岡UMBER
6/14(thu) 渋谷TSUTAYA O-Crest
6/15(fri) 名古屋RAD SEVEN
6/29(fri) 大阪アメリカ村 DROP ※FINAL

詳細は随時更新予定!

2012年4月に地元和歌山にて結成のロックバンド。歌唱力に定評のある片岡(Vo)の一度聴いたらクセになる歌声と、飾らない言葉を極上のメロディに乗せて放つ楽曲達を武器に若年層の同世代を中心とした幅広い世代で中毒者が増幅中! 2018年3月、PINE FIELDS内に発足した新設レーベルLUCK RIVER RECORDS···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

【ライブレポート】そこには“歌”があっ…

春は是非、音楽でも花を!