1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. コラム
  5. 米津玄師
  6. 思い出の苦い果実

思い出の苦い果実

ニコニコ動画のボーカロイドプロデュ―サーから出発した、米津玄師。今となっては、連ドラや映画の主題歌なども手掛ける、若者から絶大な支持を集めるメジャーなアーティストへと成長しましたね。

2018年4月24日


この記事の目次
  1. ・米津玄師の「Lemon」
  2. ・「あなたは私の光」
  3. ・酸っぱくて苦い過去の思い出を表現
  4. ・米津玄師 最新情報
  5. ・リリース情報
  6. ・ライブ情報
  7. ・米津玄師 Profile
米津玄師の楽曲のなかには、「メトロノーム」や前シングル曲の「灰色と青」など、昔つきあっていた人、友達だった人を懐かしむものがいくつかあります。

今回のドラマ「アンナチュラル」主題歌としてリリースされた「Lemon」も、そんなかつての恋人に思いを馳せた歌詞になっています。



米津玄師の「Lemon」



夢ならばどれほどよかったでしょう
未だにあなたのことを夢にみる
忘れた物を取りに帰るように
古びた思い出の埃を払う


みなさんは、別れた相手のことを思い出すことがありますか?また、それはどんな思い出でしょう?

相手との楽しかったことしか思い出さないよ、という健全な人もいるとは思いますが、なかには、つらいことや思い出したくないことまで思い出してしまって、わーっと頭をかきむしりたくなる、そんな人もいるのではないでしょうか。

「夢ならばどれほどよかったでしょう」という歌詞が、いまだに受け入れられないような辛い過去があったことを示してます。

その過去は、何年も経った今でも、夢に見てしまうぐらい彼の記憶に鮮烈に残っているのです。

「あなたは私の光」

あの日の悲しみさえ あの日の苦しみさえ
そのすべてを愛してた あなたとともに
胸に残り離れない 苦いレモンの匂い
雨が降り止むまでは 帰れない
今でもあなたはわたしの光


思い出したくもないのに、思い出してしまう過去。

でもそれは、それだけ自分が相手を愛していたという事実に他なりません。

ですが、「夢ならばどれほどよかった」かと思うような思い出も、もう夢でしか見ることができない、過去になってしまっているのです。

もう戻れない過去、思い出だけがいつまでもそこにあって、なくなることがないから始末が悪いんですよね。

辛いことがあったとき、過去を思い出して、思い出にすがってしまう。

そうして、「あなた」の存在に助けられている自分がいる。今でもなお、「あなたは私の光」なのです。

酸っぱくて苦い過去の思い出を表現

どこかであなたが今 わたしと同じ様な
涙にくれ 淋しさのなかにいるなら
わたしのことなど どうか忘れてください
そんなことを心から願うほどに
今でもあなたはわたしの光


では、果たして自分は相手にも同じことを望んでいるのでしょうか。

自分のことを思い出して、泣いてほしいと。

思い出にすがるからこそ分かることは、こんな辛い思いは、相手にはしてほしくないということ。

そんな思いをしないでいいように、自分のことなど忘れてほしい。

自分は思い出にすがって散々泣いているのに、相手にはそうなってほしくない。

それほど、相手のことを大事に思っているのが伝わってくる歌詞ですね。

胸に残る、酸っぱくて苦いレモンの匂い。苦い過去を例えるのに、これほどぴったりなものはないでしょう。

ひとりの人を懸命に愛したからこそ残る、たくさんの思い出。

それらを抱えて生きるひとたちに寄り添った曲として、この「Lemon」があります。

TEXT:遠居ひとみ

米津玄師 最新情報

リリース情報

「パプリカ」
発売日:2018年8月15 日(水)
初回限定:7インチ紙ジャケ+CD+DVD+みんなのうた楽譜+ポスター型歌詞カード ¥1,500税込 / SRCL-9934~9935
通常盤(初回仕様):CD+みんなのうた楽譜 ¥700税込 / SRCL‐9936 
→通常盤:CD only 

<収録内容>
-CD-
1.パプリカ
2.パプリカ(Instrumental)

-DVD- (「初回限定」のみに収録)
1. パプリカ Music Video
2. パプリカ Teacher Video
3. パプリカ Music Video 2

ライブ情報

米津玄師 2018 LIVE
会場:千葉県 幕張メッセ 国際展示場ホール1~3
日程:2018年10月27日(土) OPEN 16:30 / START 18:00
2018年10月28日(日) OPEN 15:30 / START 17:00
(ライブの正式タイトルは未決定となります)

米津玄師 Profile

米津玄師(ヨネヅケンシ)
ハチ名義でボカロシーンを席巻し、2012年本名の米津玄師としての活動を開始。

その独特なサウンドメイクをした楽曲の強さと、リアルな言葉の数々は圧倒的で、今の音楽シーンにはない新鮮さを鮮烈に刻み話題に。2015年リリースの3rdアルバム「Bremen」ではオリコン週間チャート1位、iTunes週間チャート1位、Billboard Japan週間チャート1位という三冠を達成、2015年度レコード大賞優秀アルバム賞受賞した。

2016年はユニバーサル・スタジオ・ジャパン15周年企画 “やり過ぎ” コラボ、ルーヴル美術館特別展「ルーヴル No.9 ~漫画、9番目の芸術~」公式イメージソング、佐藤健・有村架純らが主演の映画「何者」の主題歌を中田ヤスタカ×米津玄師として初のコラボレーション作品として発表したりと、多岐にわたる才能を披露した。同年9月に発売したシングル「LOSER / ナンバーナイン」はオリコン週間シングルランキング自身最高の2位を記録。

2017年2月には羽海野チカ原作のTVアニメ「3月のライオン」エンディングテーマを務め、自身初のアニメタイアップとなったシングル「orion」は、iTunesチャートを始め、各配信ダウンロードサイトで軒並み1位を獲得し、配信11冠という快挙を達成した。6月に発売したTV アニメ「僕のヒーローアカデミア」のオープニングテーマとして書き下ろした「ピースサイン」がオリコン週間シングルランキング2位を獲得。

iTunesチャートでもシングル・バンドルと1位を獲得。8月には、初音ミク10周年「マジカルミライ2017」テーマソングとして、ハチ名義の「砂の惑星」を発表し、ニコニコ動画でボカロ最速ミリオンの記録を樹立。また、映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」主題歌をプロデュースし、「打上花火」DAOKO×米津玄師として発表した。

11月には4枚目のアルバム「BOOTLEG」を発表し、オリコン週間チャート1位、iTunes週間チャート1位、Billboard Japan週間チャート1位を始めウィークリー1位の23冠という快挙を達成。2018年1月からはTBS金曜ドラマ「アンナチュラル」の主題歌として「Lemon」を書き下ろした。米津玄師の勢いはまだまだ止まらない。

Photo Taro Mizutani

■オフィシャルHP
http://reissuerecords.net/

「みんなで笑って、ともに歌おう!」WA…

【インタビュー】Roys、その個性の三…