1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. ライブレポート
  5. 新しい学校のリーダーズ
  6. 昭和な大映ドラマ以上に大胆不敵で超絶インパクト大!!新しい学校のリーダーズのライブにぶっ飛んだ!!

昭和な大映ドラマ以上に大胆不敵で超絶インパクト大!!新しい学校のリーダーズのライブにぶっ飛んだ!!

本サイトでもアルバム『マエナラワナイ』について過去にインタビュー。同作品を手に、新しい学校のリーダーズが初ワンマンライブ 「無名ですけどワンマン~有名になんかなりたくない。なりたいけど。~」を渋谷WWWで行いました。チケットはソールドアウトを記録。今、大勢の人たちから熱い視線を注がれている新しい学校のリーダーズ、そのライブの模様を、ここにお伝えします。

2018年4月27日


この記事の目次
  1. ・彼女たちは「自分たちにしかない個性や自由ではみ出していく」。
  2. ・ブレーキが壊れ、アクセル全開で暴走!!!!
  3. ・その甘い衝撃に病み付きになる??
  4. ・新しい学校のリーダーズには、情念系ナンバーがとても似合う。
  5. ・あなたがこれまで体験してこなかった嬉しい衝撃が、そこには広がるはずだ。
  6. ・新しい学校のリーダーズ 最新情報
  7. ・リリース情報
  8. ・ライブ情報
  9. ・イベント情報
  10. ・配信情報
  11. ・新しい学校のリーダーズ Profile
【インタビュー】常識を超えた先の驚異的な空間に、僕らの新しい学校のリーダーたちがいた!!



彼女たちは「自分たちにしかない個性や自由ではみ出していく」。

 場内は、身動きするのも大変なほど、人・人・であふれていた。それくらい、新しい学校のリーダーズに対する期待が膨らんでいる証拠。その期待に違わぬ内容のライブを…なんて、こんな軽い書き出しでは彼女たちに対して失礼だ。

この日のライブの感想をあえてひと言で示すなら、「ぶっ飛んだ」という言葉が相応しい。それくらい、これまでに体験したことのない、とても衝撃的でアバンギャルドなステージングが舞台上では繰り広げられていた。

 SUZUKAが右太股を右手で2回叩くたびに起きる、嬉しいドラマ。それが、音響と音声、映像とメンバーのセリフやパフォーマンスがシンクロし生み出されるドラマチックな演出の数々だ。新しい学校のリーダーズのコンセプトにも重なるように、彼女たちは終始「自分たちにしかない個性や自由ではみ出していく」メッセージを投げかけては、世の中に対しての小さなレジスタンス(抵抗)を試みてゆく。

 何より、ダイナミックな動きの中に描き出す、形容し難い奇天烈で大道芸的なダンスパフォーマンスの数々には終始圧倒され続けていた。その動きにはすべて意味がある。自分の知識不足から、その意味を理解するまでには至らなかったが、それでも観る者を一発で惹きつける前衛的??なステージングには、唯一無二な存在感を覚えずにいられなかった。



ブレーキが壊れ、アクセル全開で暴走!!!!

学校を舞台に物語を描き出す新しい学校のリーダーズらしく、チャイムの音へ導かれ、メンバーが舞台に並ぶ形でライブは幕を開けた。冒頭を飾ったのは、『席替ガットゥーゾ』だ。パンキッシュでアバンギャルドでジャジーなロックナンバーの上、いきなりブレーキが壊れ、アクセル全開で暴走し出したメンバーたち。そのダイナミックな動きと雄々しく攻める歌声のインパクトへ一瞬にしてやられてしまった。グイグイと押しせまるステージングのインパクトは、かなり強烈だ。途中、歌に合わせメンバーがジャンケンポンを行う場面では、一緒にジャンケンを行う人たちの姿もあった。



 メガホンを片手に。時には、そのメガホンを頭に乗せながら、新しい学校のリーダーズは『SNS24時』をぶち噛ましてきた。エネルギッシュでパワフルなステージングは、天井知らずでヒートアップしてゆく。その迫力に押されつつも、負けじと熱狂を返す観客たち。場内の熱は、どんどん燃え盛っていた。



デジタルロック/EDMなスタイルを軸に据えた『宮尾』でも、彼女たちの前衛的な動きに、ずっと眼が釘付け状態だ。彼女たちは言う、「はみだせばいいじゃない」と。確かにそうだ。世の中の理解や常識を超えた表現を行うからこそ、そこには、僕らの理解さえ超越した斬新で新しい衝撃を与えるステージングが広がってゆく。彼女たちは異端な存在だ。でも、その異端が衝撃的であるほどに、それは、何時しか新しい先端になる。それを、新しい学校のリーダーズは予感させてゆく。



その甘い衝撃に病み付きになる??

「自分らしく、力強く個性を出してください」。アルバム『マエナラワナイ』の原点となったのが、ポップ/チャーミング/スウィート/カラフルなEDMナンバーの『マエナラワナイ』。人へ無理に同調するのではなく、つねに自分らしくあれ。その姿勢を持つことで、毎週月曜日に訪れる憂鬱を吹き飛ばす。その力の源を、『マエナラワナイ』を通し新しい学校のリーダーズは心へ注いでくれた。

MIZYUのつぶやいた「加計学園ってなに?」の言葉に続いて流れたのが、「ワカラナイワカラナイ」と歌が始まる『ワカラナイ』。風刺の効いた絶妙な展開に、場内には笑いがあふれていた。艶かしくしもメロウ??。いやいや、スーッと浮遊しながら奈落へ落ちてゆくような不思議な感覚だ。求めるように見せて突き放す!?なんてストレンジな世界だ。その甘い衝撃に病み付きになる??。わからないわからない…。



教室にある机に座り歌うRINとKANON。その周りでSUZUKAとMIZYUが舞うようにパフォーマンスを行い出したのが、『zzz』。とてもノスタルジック感満載な楽曲だ。机と椅子を使ったパフォーマンスは数あれど、女子校生たちの教室の中での気だるい様を描き出した!?斬新な動きは、言葉では形容し難いインパクトを持っていた。終盤、寝てしまうRINとKANON。最後にはKANONが机の上で寝そべる姿まで登場。一つ一つの動きに、小さな革命さえ感じてしまうほどだ。



 校内マラソン大会の中、一緒に走ろうと約束したのに置いてかれる人の悲劇を歌にしたのが、アバンギャルドなロックナンバーの『キミワイナ'17』。ライブでは、4人が走り出す姿からスタート。だんだんと親友との距離が開くだけではなく、自分の限界さえも迎え、ヒーヒーゼェゼェあえぐ様を、彼女たちはぶっ飛んだ演技!?交じりのパフォーマンスを通し、ドラマチックに描き出していた。恨み節を満載!?した、まるで大映ドラマ風な様が、たまらなく刺激的だ。


新しい学校のリーダーズには、情念系ナンバーがとても似合う。

ここで、H ZETT M率いるエレピ、ウッドベース、ドラムによる楽器隊、その名もH ZETTRIOが登場。演奏が炸裂したとたん、一気に昭和モダンでレトロな世界へタイムスリップ。届けたのが、SUZUKAが情念たっぷりに、昭和歌謡ムード満載で歌い上げた『毒花』だ。メラメラと感情の内側から沸き上がる熱。新しい学校のリーダーズには、この手の情念系ナンバーがとても似合う。

続く『透明ガール』を、ここでは『透明ガール H ZETT M edit ver.』として、スケールあふれた情熱ドラマチック/バーストしたストレンジなポップソングへ大胆にアレンジ。MIZYUが朗々と歌いあげていった。


さらに、恋の裏切りを描いた『恋の遮断機 feat.H ZETTRIO』では、うらぶれたアングラムードを全開。なんて情念渦巻いた楽曲だ。むしろ新しい学校のリーダーズには、感情の内側を大胆どころか、盛大にさらけ出した昭和なレトロムービー感がとても似合う。
生演奏を従えたステージに続き、本編最後を飾った『最終人類』でも、彼女たちは身体中から沸き上がる衝動を歌とパフォーマンスへぶつけていた。人類の最終形態!?その表現に近い大胆な刺激を持ったステージングへ、満員の観客たちも圧倒されつつ、沸き立つ感情を舞台上へぶつけていた。



あなたがこれまで体験してこなかった嬉しい衝撃が、そこには広がるはずだ。

アンコール前に上映した、新しい学校のリーダーズ初の合唱曲『ピロティ』のMV。その映像に続き「ワン・フォー・オール オール・フォー・ワン」を合い言葉に、アンコールも『ピロティ』からスタート。「みんなで歌いましょう」と誘うメンバー。一緒に歌う人もいれば、4人の姿を見入る人もいたりと、そこは様々。でも、メンバーの動きに合わせ、身体を揺らせば、大きく手を振り上げたりと、そこには、気持ちを一つに溶け合う光景が描き出されていた。モダンでアンニュイでノスタルジックなその空気の中にいるだけで、気持ちがどんどん軟体化してゆく。でもそれが、とても心地好かった。

続く『透明ガール ORIGINAL VER.』では、演奏に合わせ手拍子が飛び交うなど、エレクトロな楽曲に刺激を受け、気持ちを心地好くトリップさせてゆく人たちも多かった。

最後の『学校行けやあ゛』でも、アゲな!?エレクトロナンバーの上で、彼女たちがわちゃわちゃと弾け飛んでいた。もちろん、会場中の人たちも、一緒に楽しい喧騒の中ではしゃぎ続けていた。

正直、あのインパクトと衝撃満載な、唯一無二とも言える表現力を持った前衛歌謡パフォーマンスなステージングを言葉にするのは難しい。いや、それが出来ない自分にもどかしさを覚えている。ここに書いた文章は、あの日のインパクトの一割も満たしていない。とにかく新しい学校のリーダーズのライブを観て欲しい。きっと、あなたがこれまで体験してこなかった嬉しい衝撃が、そこには広がるはずだ。そして、また触れたくなるに違いない。


Text:長澤智典
Photo:Yuji Kaneko/junpei kawahata


【セットリスト】
1.席替ガットゥーゾ
2.SNS24時
3.宮尾
4.マエナラワナイ
5.ワカラナイ
6.zzz
7.キミワイナ'17
8.毒花
9.透明ガール(H ZETT M edit ver.)
10.恋の遮断機 feat.H ZETTRIO
11.最終人類

EN1.ピロティ
EN2.透明ガール ORIGINAL VER.
EN3.学校行けやあ ゙


新しい学校のリーダーズ 最新情報

リリース情報


new SG『狼の詩』 新しい学校のリーダーズ×H ZETTRIO
発売日:2018.8.29 価格:1,200+税 品番:VICL-37428
収録曲
1.「狼の詩」 作詞:阿久悠 作曲:H ZETT M
2.「雨夜の接吻」 作詞:阿久悠 作曲:H ZETT M

※配信情報
iTunes Store、レコチョク ほか主要配信サイト、また Apple Music、LINE MUSIC、Spotify、dヒッツほか定額制聴き放題サービスにて8月29日より一斉配信開始。

■過去作品
1stシングル 『毒花』
発売日:2017.6.7 価格:1,200+税 品番:VICL-37286 商品形態:CD
M1「毒花」
M2「ワカラナイ」
――――
2ndシングル 『キミワイナ’17』
発売日:2017.10.25 価格:1,200+税 品番:VICL-37326 商品形態:CD
全2曲
M1「キミワイナ’17」 作詞:新しい学校のリーダー達 作曲:H ZETT M
M2「SNS24時」 作詞:辛酸なめ子 作曲:H ZETT M
――――
1stAL 『マエナラワナイ』
発売日:2018.3.21 価格:2,800+税 品番:VICL-64968
M1 席替ガットゥーゾ 作詞:新しい学校のリーダー達 作曲:H ZETT M
M2 キミワイナ’17 作詞:新しい学校のリーダー達 作曲:H ZETT M
M3 恋の遮断機 feat.H ZETTRIO 作詞:新しい学校のリーダー達 作曲:H ZETT M
M4 ワカラナイ 作詞:jam 作曲:H ZETT M
M5 zzz 作詞:MIZYU 作曲:H ZETT M
M6 毒花 作詞:jam 作曲:H ZETT M
M7 SNS24時 作詞:辛酸なめ子 作曲:H ZETT M
M8 透明ガール(H ZETT M edit ver,) 作詞:midicronica(716/894) 作曲:LASTorder 編曲:H ZETT M
M9 最終人類 作詞:モーモールルギャバン 作曲:H ZETT M
M10 ピロティ 作詞:鈴木晋太郎 作曲:H ZETT M

<過去作品Music Video>
「毒花」MUSIC VIDEO
https://gyao.yahoo.co.jp/player/00091/v10245/v0994000000000543400/
「キミワイナ’17」MUSIC VIDEO
https://gyao.yahoo.co.jp/player/00091/v10245/v0994000000000543491/
「恋の遮断機 feat.H ZETTRIO」MUSIC VIDEO
https://gyao.yahoo.co.jp/player/00091/v10245/v0994000000000543570/
「最終人類」MUSIC VIDEO
https://gyao.yahoo.co.jp/player/00091/v10245/v0994000000000543602/

ライブ情報

8月11日(土)ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018
8月19日(日)SUMMER SONIC 2018
8月25日(土)DISK GARAGE MUSIC MONSTERS -2018 summer- ※予約特典会実施予定
9月2日(日)夏の魔物2018 in TOKYO ※特典会実施予定
9月8日(土)BAY CAMP2018 ※特典会実施予定
9月23日(日)イナズマロックフェス2018

■追加ゲスト公演情報
Mysterious Superheroes Tour Final~濃縮還元遊戯舞台~ ツアーファイナル!!!
日程 : 8/18(sat)
会場 : 東京 日比谷野外大音楽堂 SOLD OUT! 立見席追加 若干数発売中!
OPEN 16:00 / START 17:00
チケット : 前売 ¥5,000(tax in 全席指定)
・ぴあ ・ローソンチケット ・イープラス
info:サンライズプロモーション東京 0570-00-3337

イベント情報

8/29(水) 17:00 あべのHoopイベント広場
8/30(木) 20:30 タワーレコード渋谷店 4F

配信情報

1stAL 『マエナラワナイ』
iTunes Storeほか主要配信サイト、Apple Music、dヒッツほか定額制聴き放題サービスで配信中!!
・iTunes Store
https://itunes.apple.com/jp/album/id1348202579?app=itunes&ls=1
・レコチョク
http://recochoku.jp/album/A2001183777/
・mora
http://mora.jp/package/43000005/VICL-64968/

■H ZETTRIO プロフィール
H ZETT M(piano/青鼻)、H ZETT NIRE(bass/赤鼻)、H ZETT KOU(dr/銀鼻)
2014年、スイスで開催されている世界3大ジャズ・フェスティバル「モントルー・ジャズ・フェスティバル」への出演をキッカケに、活動を始め、国内外の大型フェスに多数出演。
H ZETT M(pf/青鼻)のユニーク且つ“無重力奏法”と形容されるテクニカルなピアノと、H ZETT NIRE(bass/赤鼻)、H ZETT KOU(dr/銀鼻)が支えるキレのあるリズムセクションを武器に、独自のアンサンブルを響かせる。この3人以外には作り出せない音楽とグルーヴを追求し続けている。

■阿久悠 プロフィール
作家・作詞家
1937年2月7日生
1959年、明治大学文学部卒業後、広告代理店宣弘社に勤務し、番組企画やCM制作等を手掛ける。1966年にフリーとなり、本格的な文筆活動に入る。
尾崎紀世彦「また逢う日まで」、沢田研二「勝手にしやがれ」、ピンクレディー「UFO」などこれまでに作詞を手掛けた曲は5千曲以上に及ぶヒットメーカー。また、企画・審査員として携わったテレビ番組「スター誕生」からは、森昌子・桜田淳子・山口百恵を始め、岩崎宏美・小泉今日子・中森明菜ら数多くのスターを世に送り出した。
また、映画化された「瀬戸内少年野球団」に代表される著作も多く、「家族の神話」「家族元年」といった日本の家族を題材とした小説や近年は大人の恋愛小説「絹婚式」「あこがれ」「もどりの春」などを上梓。その後も空想野球小説「球心蔵」(河出書房新社)などを発表。
1997年に刊行された短編小説集「恋文」、長編小説「ラヂオ」はその後ラジオドラマ化され、特に「ラヂオ」(NHK-FM)は第38回ギャラクシー賞ラジオ部門優秀賞を受賞する。
作家生活30周年を迎えた1997年、14枚組CD全集「移りゆく時代、唇に詩」を発売、新作の歌詞100篇を収録した「書き下ろし歌謡曲」(岩波新書)を刊行する。同年30年間にわたる作詞活動に対して、日本文芸振興会主催による第45回菊池寛賞を受賞。さらに1999年春、紫綬褒章を受賞。2000年10月、掌編小説集「詩小説」にて第7回島清(しませ)恋愛文学賞を受賞。
2007年8月1日、作詞家生活40周年の年に逝去。享年70。 同年、旭日小綬章を受章。
2011年10月に母校である明治大学駿河台キャンパス内に「明治大学阿久悠記念館」オープン。

新しい学校のリーダーズ Profile

踊る、セーラー服と奇行癖。と称され む、む、む。と、ざわつきながらも、
つまらない現代社会を強く・楽しく生きるべく、個性を発揮し、許される自由を見つけることで
社会に怒られないレベルでアンチテーゼを投げかけ、【はみ出していく】小さな小さなレジスタンス。
4人組ダンスパフォーマンスユニット「新しい学校のリーダーズ」でーす。

【オフィシャルホームページ】
http://leaders.asobisystem.com/
【オフィシャルSNS】
Twitter https://twitter.com/japanleaders
Instagram:https://instagram.com/japan_leaders/
Facebook:https://www.facebook.com/asobisystemleaders
LINE公式ブログ:http://lineblog.me/leaders/

【インタビュー】 Lead「初々しい男…

【インタビュー】七色の声を持つ歌い手・…