1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. インタビュー
  5. The Super Ball
  6. 【インタビュー】 The Super Ball、キュートなイメージから一変 ディープなラブソングに挑戦

【インタビュー】 The Super Ball、キュートなイメージから一変 ディープなラブソングに挑戦

ツインヴォーカルユニットのThe Super Ballが5月16日に、4th single『Second』をリリース。今作は“恋愛の葛藤”がテーマとなっている作品で、今までの可愛らしい彼らから一皮むけた、大人な雰囲気が曝け出されている。今回は、そんな二人に新譜についてじっくり話を伺った。

2018年5月16日

Interview

愛香


この記事の目次
  1. ・大人の恋愛みたいなのって歌ったことがなかった
  2. ・一番の良さって楽しそうにしている時の表情ですかね
  3. ・『Second』でお気に入りのワンフレーズ
  4. ・大事な思い出を表現したいなっていうようなメロディだったんですよね
  5. ・情景が浮かぶ歌詞とメロディのマッチ感がすごい良い
  6. ・プレゼント応募について
  7. ・The Super Ball 最新情報
  8. ・リリース情報
  9. ・ライブ情報
  10. ・The Super Ball Profile

The Super Ball(左から吉田理幹、佐々木陽吾)

大人の恋愛みたいなのって歌ったことがなかった

──恋愛のテーマに挑戦されるのは、久しぶりですよね。今回この『Second』という楽曲を制作された経緯をお聞かせください。


吉田理幹まず、The Super Ballとしてちょっと新しい挑戦をしたいと思っていました。音楽的にもそうだし、歌詞の世界観としても、今まで大人の恋愛みたいなのって歌ったことがなかったので、挑戦したいなっていうのが一番にありました。最初に、大人の恋をテーマに曲を作ろうっていうところから始まりましたね。


──そして、ガラッと大人な雰囲気に。

佐々木陽吾そうですね。最初、キャッチフレーズが甘カワのツインヴォーカルユニットでしたし。

吉田理幹正直、そのキャッチフレーズには違和感を感じていて、苦手だったというか…(笑)


──あれ?書いちゃいますよ、これ(笑)。

吉田理幹(両手を挙げて)(笑)すみません。

佐々木陽吾好きじゃないというか、恥ずかしかったんですよ。

吉田理幹そうですね(笑)恥ずかしかった。

佐々木陽吾今考えると恥ずかしいし、違う面もめちゃくちゃあるから、今回はそういう所を強く出そうということになりました。


──今作は、大人の恋愛というイメージでストーリーを作っていったような感じになるんですね。

吉田理幹そうですね。もう、完全に全部、実体験というより、妄想とか想像で細かく設定を決めて、ストーリーを作り上げたっていう感じです。


──細かく設定を決められていったという事ですが、情景描写がストレートじゃないところがあったり、がっつりストレートに彼氏って言っちゃったりっていうところがあるのがミソというか、すごいテクニックだなって思ったんですよ。具体的にいうと、「そんなカレシなんて」っていってる時点で、彼氏がいる人に恋をしちゃってる話だってわかったんですけど、二番のAメロで「腕時計見ないで 俺の目を見て」って言ってるじゃないですか。これが「腕時計」のところに「時計を」にしても、音的にはハマるんですよ。だけど、時計じゃなくて「腕時計」って言っているのが、家にまで行く関係じゃない、外で会っている関係なんだな、みたいなところがここに出てるような気がして。とても、計算されているなと思いました。

吉田理幹そうそう!

佐々木陽吾めちゃくちゃ気づいていますねー!



──ここは狙われたところということで。

吉田理幹そうですね。

佐々木陽吾もーちろん!「時計」も考えましたし。いや、それを気づいていただけるなんて。


──歌詞サイトなんで(笑)

佐々木陽吾いやー!嬉しいですよ。UtaTenさんにはいつもお世話になっています!ありがとうございます。


──あと、ここにはこういう意味が込められているっていう計算し尽したフレーズみたいなのはありますか?

佐々木陽吾1Bの「眉をひそめる仕草」です。捉え方が色々あると思う一行なんですけど、無意識に眉をひそめてるその女性は、困っている。何かを見て困っているのか、なんだろうな。困っているだけじゃなくて、もう、もしかしたら泣きたいくらいの感情を持っているかもしれないし、だから、その彼氏とはうまくいってないことを、男が横目で見て気づくっていうのを、いろんな捉え方で見て欲しいなっていう一行なんです。


──女性のほうがどういう心境なのかっていうところも主人公目線で書いているから、あえて触れずにいますね。

吉田理幹そうですね。だから、最終的に、この僕に、彼氏がいる女性が、もしかしたら自分のところに来たかもしれないし。でも、やっぱり彼氏が大切で、ずっと、ずーっと二番目の「Second」の男なんだっていうふうになるかもしれないし。それは、もう、聴いた人の想像に任せますっていう感じで。だからここの部分もそうだし。そういうのを意識して書きましたね。


──ストーリーを完璧にお届けし過ぎないようにみたいな。

吉田理幹そうですね。

佐々木陽吾まさしく。はっきり書くところと、ぼやかしてるところがあるから、しっかりみんなも想像してみてねっていうとこですね。


──作詞には谷口尚久さんが入られていますけど、一緒に制作をしてみていかがでしたか?

佐々木陽吾そうですね。前作から一緒にやって頂いているんですが、基本的には僕たちが書いてアドバイスをいただくっていう感じです。でも今回は、大人な恋愛がテーマっていうことで、一回りぐらい谷口さんのほうが年上なので、単純にこういうことがあったらどう女性は思うだろう?みたいな、そんな恋愛話もちょっと交えつつ、いろんな細かい表現とかを教えてもらいながら、3人で進めていった感じですね。


──サビの「愛したい 言葉で 腕で 表情で」という箇所がありますが、表情で愛するって何?!いいなー!と思いました。

佐々木陽吾たまんないですよねー。


──「腕で」までは、抱きしめるとかの感じがしますが、「表情」は何?って思いますよね。お二人は、どういう表情だと思われますか(笑)。

佐々木陽吾その表情がはっきりわかるほど面と向かってというか。近くでっていう捉え方もあるかなと思っていて。もちろん、自分の表情をもっと見てほしいとか、細かい表情まで見てほしいとか、そういう意味もあると思うんですけど。もっと近づきたいっていうのも、込められているかなーと。

吉田理幹本当に好きな人と一緒にいる時の表情ってあると思うんですよ。表情で愛するって言わないですけど、歌詞にして歌ってみて、自分はそれがあるよなーと思っていて。逆もそうです、あ、この子全然俺に興味ないなって、もう一瞬のその表情でわかったりするし、そういうのあるよなーって思っています。

一番の良さって楽しそうにしている時の表情ですかね



──お二人の間でも、(お互いの)この顔好きだなーみたいな瞬間ってありますか?

佐々木陽吾理幹の好きな顔ですか?結構ありますねー。やっぱ、横顔が結構好きです(笑)。

吉田理幹(うつむいて微笑)


──なんか、もう女子目線みたいですね(笑)。

佐々木陽吾僕が結構コンプレックスなのが、鼻のここが(眉間をさすって)、もうなさ過ぎて、出てなさ過ぎて。顔が薄すぎて…。

(鼻のココの部分、をさする佐々木)

──(笑)それが良さなんじゃないんですか。

佐々木陽吾いや、そうおっしゃってくれるのもわかるんですが、僕としては、やっぱりこういう(吉田を指して)しっかりした鼻が。

吉田理幹(笑)いやいやいやいや。

佐々木陽吾良くて。


──もう表情じゃなくて、普通に顔ですね(笑)。

全員:(笑)

佐々木陽吾確かに(笑)。いや、でも、その鼻の高さがわかるのは、やっぱり横顔。こうパッと(チラッと吉田を見て)見た時に、いや、いい鼻してんなーって。


──(笑)顔ですね、やっぱり(笑)。

佐々木陽吾(笑)。ってことは、そっか。横顔、横顔ですね。


──どうですか、吉田さんは?

吉田理幹自分は…。

佐々木陽吾全部が好き?

吉田理幹いや(微笑)、そうは言いたくないんだけど(笑)。

佐々木陽吾うん(笑)。

吉田理幹でも、やっぱ、一番の良さって楽しそうにしている時の表情ですかね。ライブでも、「あ、めちゃくちゃ楽しんでるな今日」っていう時は一番の表情をしているし。そんな感じですかね。


──佐々木さんから見た吉田さんはどうですか。感情が顔に出やすかったり、わかりやすいですか?

佐々木陽吾焦っている時とかはわかりますね。なんだろう。素の表情になるというか。なんか、「あ!今焦ってる!」っていうのはわかりますね。


──ご自身でその自覚はありますか。

吉田理幹いや、めっちゃあるんですよね(笑)。。

佐々木陽吾いつも、カッコいい顔だからこそ、「あ!今、抜けてるぞ!」みたいな。


──(笑)抜けるんですか。

佐々木陽吾魂抜けてるぞっていう顔がありますね。


──意外とお二人ともポーカーフェイスですか?

吉田理幹ポーカーフェイスではないと思いますね。

佐々木陽吾そう思いますね。


──では、態度にも出やすいタイプですか?

佐々木陽吾どうかなー。

吉田理幹でも、わかりますよね、やっぱり。

佐々木陽吾まあ、これだけ一緒にいればね。だいたい、そうっすね。

吉田理幹今どんなテンションなのか、イライラしているのか、ちょっとハッピーなのかは、だいたいわかりますね。

次ページ : カップリングは結構がっつりアレンジにも関った

【歌う動画トップテン:5/21付】今週…

【10周年記念動画】PassCode