1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. Plastic Tree
  6. Plastic Treeが辿り着いた遠い国

【歌詞コラム】Plastic Treeが辿り着いた遠い国

2018年3月発表のアルバム「doorAdore」の最初の1曲「遠国」。しずかな鼓動のようなイントロと、色気のある演奏、吐息のような有村竜太郎(Vo)の歌声が特徴的な曲だ。

2018年7月2日

Column

辻瞼


この記事の目次
  1. ・Plastic Treeの遠国
  2. ・Plastic Treeのバンドとしての在り方、未来が示された1曲
  3. ・Plastic Tree 最新情報
  4. ・最新リリース情報
  5. ・配信情報
  6. ・ライブ情報
  7. ・ゲーム情報
  8. ・Plastic Tree Profile
MVではアーティスト写真と同じ真っ黒な衣装を着て砂丘で歌うメンバーが映し出されている。

メインのアーティスト写真では真っ白な衣装だが、これは赤外線で撮影されたもの。赤外線の写真を撮るには、早朝を狙わなければならないらしい。

アーティスト写真を撮る段階ではMV撮影は予定していなかった。しかし、早朝から遠出をして、砂丘というシチュエーションが揃い、「せっかくだから」というその場のノリで撮影されたという。

そのせいか、MV自体は凝ったつくりのものではなく、遠景を演出しつつ衣装のままのメンバーが実演する、というものだ。

しかし「その場のノリ」というにはあまりに儚く、またゆらゆらとした危うげな色気がただよい、さすがに20周年を迎えたバンドだな、という印象。

早速、Plastic Tree遠国の歌詞を少し覗いてみよう。

Plastic Treeの遠国


たとえばそれは輪舞曲 ふたりぐるぐる廻れど
繋いだ指ほどいて 次の人探す
たとえば難破船で ひとり嵐を漂う
波音だけがきっと 結末を知るの


儚く色気のあるのは、歌詞もまた同様だ。モノクロームの危うげな色気が、ここでも遺憾なく発揮されている。

今回、アルバムの発表に際し、メンバーがひとり1曲ずつ請け負ってセルフライナーノーツを書いている。

「遠国」という曲について、有村は「曲をはじめて聴いたときに一枚のデッサンのような絵が見えて。そしてバンドで音を積み上げたり、それに言葉をつけていったりすると、空や風や光や湿度やらを感じとれるような具体的な風景画となり。」と語っている。

「遠国」の歌詞は一見すると恋愛について歌っているかのような印象だが、曲全体を聴くと、タイトルに表れているように、どこか遠い国で鳴っている美しい音色のようなイメージがわいてくる。

それは、たしかに「風景画」という表し方が一番しっくりとくるようだ。はじめ「デッサン」だったこの楽曲が、バンドとして音を重ねていくごとに、だんだんと加筆されて1枚の「風景画」として完成された。

その風景の一端は、前述したMVの中に、砂丘として表れている。歌詞の言葉やギター、ベース、ドラムの音色を聴いていると、まるで異国のおとぎ話を聴いているような、そんな風にも受け取れないだろうか。

「風景画」とはいいつつも、歌詞はしかし、やっぱり色気を感じさせると思う。その色気はあの真っ黒な衣装と相まって凄みを増している。

時には夢の中をただよっているような歌声が、艶やかなギターのノイズと重なり、幻想的な曲にしあがっている。

有村は続けて「あまりにも自然で理想的な曲の生まれ方」とも書いている。前作「剥製」というアルバムを発表した際は、メンバーの口から「バンドの最終形態」という言葉が多く語られた。

その「最終形態」から「ドア」を開いた結果のひとつが「遠国」であり、Plastic Treeとして、ひとつの到達点でもあるのだろう。

Plastic Treeのバンドとしての在り方、未来が示された1曲

「doorAdore」というタイトルは、メンバーの言葉を借りれば「バンドの次の扉 (door) を連想させる」、「バンドの音楽への敬慕 (Adore) を体現した」アルバムだ。

決して完成した曲だけに満足せず、次へのビジョンが明確に生まれている。

それはバンドにとっては結果論なのかもしれないが、それでも「最終形態」「理想的」「バンドの音楽への敬慕」という言葉の数々は、ただ場数を踏んだだけのバンドからは生まれないと思う。

「遠国」は、まさにそのようなバンドの在り方や、今のバンドの状態を、特に顕著に体現した、到達点であり次への道しるべなのだ。

そして私はそこに、一握の砂に混じった確実な色気を感じる。曲を聴いた人が、どのような感覚を砂の中から見つけ出すのか。

夢、幻惑、切なさ、暗さ、光、それらが全て合わさったとき、「遠国」は「風景画」として完成するのだろう。

TEXT:辻瞼

Plastic Tree 最新情報

最新リリース情報

Plastic Tree
New Single「インサイドアウト」
2018年7月25日発売

■「インサイドアウト」:PlayStation(R)Vitaゲーム「Collar×Malice -Unlimited-」主題歌
■「灯火」:PlayStation(R)Vitaゲーム「Collar×Malice -Unlimited-」エンディングテーマ


【初回限定盤A】 (CD+DVD) / \1,800(+税) / VIZL-1409
[CD]通常盤と同内容
[DVD]
「インサイドアウト」Music Video


【初回限定盤B】 (CD+ブックレット) / \1,800(+税) / VIZL-1410
[CD]通常盤と同内容
※豪華フォトブックレット付属


【Collar×Malice盤】 (CD) / \1,200(+税) / VICL-37412
[CD]通常盤と同内容
※ゲームジャケット仕様


【通常盤】 (CD) / \1,200(+税) / VICL-37413
[CD]
1.インサイドアウト
2.灯火
3.インサイドアウト(Instrumental)
4.灯火(Instrumental)

配信情報

iTunes Store、レコチョク、moraなど主要サイトにて、7月25日より配信。

Plastic Treeの旧作品はiTunes Store、レコチョク、mora主要サイト他、LINE MUSIC、Apple Music、AWAなど定額制音楽ストリーミングサービスでも一部楽曲配信中

iTunes Store:  
https://itunes.apple.com/jp/artist/plastic-tree/id151146953
レコチョク:  
http://recochoku.jp/artist/2000006145/
mora:  
http://mora.jp/artist/132118/all
Apple Music: 
https://itunes.apple.com/jp/artist//id151146953
LINE MUSIC: 
https://music.line.me/artist/mi0000000000fa7f16/album
AWA: 
https://s.awa.fm/artist/a25d92622945603ed217/?playtype=copy_artist&t=1492197063

ライブ情報

【Plastic Tree Autumn Tour 2018「in the other side」】
■2018/9/16(日) 仙台/Rensa [OPEN 17:00/START 18:00]
[問]クールマイン TEL;022-292-1789

■2018/9/22(土) 熊本/B.9 V1[OPEN 17:30/START 18:00]
[問]BEA TEL;092-712-4221

■2018/9/23(日) 福岡/DRUM LOGOS[OPEN 16:00/START 17:00]
[問]BEA TEL;092-712-4221

■2018/9/28(金) 名古屋/ボトムライン[OPEN 18:00/START 19:00]
[問]キョードー東海 TEL;052-972-7466

■2018/9/29(土) 大阪/なんばHatch[OPEN 17:00/START 18:00]
[問]キョードーインフォメーション TEL; 0570-200-888

■2018/10/6(土) 神奈川/神奈川県民ホール[OPEN 17:00/START 18:00]
[問] KMミュージック TEL; 045-201-9999

【チケット料金】¥5,800(税込)
◎3歳以上有料/3歳未満入場不可
◎オールスタンディング *10/6神奈川県民ホール公演のみ全席指定
◎当日1drink order *10/6神奈川県民ホール公演を除く

ゲーム情報

「Collar×Malice -Unlimited-」について
【製品概要】
---------------------------------------------
タイトル:Collar×Malice -Unlimited-
(読み:カラーマリス アンリミテッド)
対応機種:PlayStation(R)Vita
ジャンル:ラブ×サスペンスAVG
CERO:審査予定
発売予定:2018年7月26日

通常版 6,804円(税込)
限定版 8,964円(税込)
DL版 6,264円(税込)
ツインパック 11,448円(税込)

【スタッフ】
プロデューサー:島れいこ

ディレクター:吉田博明、尾河依

原画・キャラデザ:花邑まい
ちびキャラ原画:夏目ウタ

シナリオ:有野幸、小縞なお、砂原有季

音楽:MANYO

Plastic Tree Profile

1993年12月、有村 竜太朗と長谷川 正がPlastic Treeを結成。

精力的なLIVE活動で着実にファンを獲得し、1997年6月「割れた窓」でメジャーデビュー。作品は攻撃的なギターロックからポップなものまで多岐にわたり、ボーカル有村の特徴的な歌声とバンドの持つ独特な世界観で、唯一無二の存在として 確固たる地位を確立。その世界観は海を越え海外でも人気を集め、ワールドツアーを敢行するなど世界的にも評価の高いバンドである。

2012年にメジャーデビュー15 周年を迎え、レーベル移籍。その後もコンスタントにリリースを重ね、2015年には初の男子限定公演や主催イベントを開催。同年12月におよそ3年振りとなるニューアルバム「剥製」をリリースし、2016年3 月〜5月で春ツアー「剥製」を開催。8月には3年連続で「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」出演するなど精力的にライブ活動を続ける中、8月17日にPlayStation Vita用ゲーム「Collar×Malice」オープニング主題歌「サイレントノイズ」をリリース。9月から全国ツアー「Black Silent/White Noise」を開催し、10月10日に東京国際フォーラムホールAでツアーファイナルを迎えた。2017年にメジャーデビュー20周年を迎え、1月25日にシングル「念力」を、6月21日にはシングル「雨中遊泳」をリリース。7月29日には周年“樹念”で初のパシフィコ横浜公演を開催。

9月6日にはトリビュートアルバム「Plastic Tree Tribute〜Transparent Branches〜」を発売。2018年3月7日には自身14枚目となるオリジナルフルアルバム「doorAdore」をリリース

Official Site
http://www.plastic-tree.com/

Label Site
http://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A023907.html

【インタビュー】川嶋あいの15周年ベス…

【歌う動画トップテン:7/9付】誰も知…