1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. コラム
  5. Maison book girl
  6. 現代音楽×アイドル?!引きこまれる一人称の世界観「Maison book girl/room」

現代音楽×アイドル?!引きこまれる一人称の世界観「Maison book girl/room」

2014年にサクライケンタプロデュースにより、活動を開始した”Maison book girl” 音楽家サクライケンタの総合プロデュースにより、現代音楽とpopsの融合で唯一無二の楽曲を作り出している。

2018年7月4日


この記事の目次
  1. ・Maison book girlの「room」
  2. ・リスナーを引きつけるサビの途中の”間”
  3. ・新しいサウンド、新しい音楽の形を創造するMaison book girl
  4. ・Maison book girl 最新情報
  5. ・ライブ情報
  6. ・リリース情報
  7. ・Maison book girl Profile
まずはじめに現代音楽に対して、どのような印象をもっているだろうか。難しく、なかなか馴染みの少ない音楽というイメージが根付いているのではないか。

なぜなら複雑なリズムに加え、歌いづらいメロディ、そして不協和音がうみだす不思議なハーモニーが特徴であるからだ。

反対に、アイドルポップスは誰もが思わず口ずさんでしまうようなメロディーや、明るくてキャッチーなものが多い。

まったく違う2つのジャンルを融合することでサクライケンタが生み出したのが現代POPというジャンルだ。

聴きづらいと言われる現代音楽の特徴を全て癖になるリズムに変えた。現代音楽の仕組みを理解していなくてもなぜか引きこまれてしまうのがMaison book girlの楽曲達である。

2017年7月に発売されたアルバム「412」のリード曲である「rooms」もその1つだ。



Maison book girlの「room」



「何も変わらないの僕らは。
ただ狭い部屋を眺めている
電車が揺れては 傷をつけて、
少しずつ闇を深めて行く」


Maison book girlの歌詞は基本一人称から見える景色を綴ったものが多い。王道アイドルソングでよくあるキラキラしたものではなく、誰もが過ごしたことのある不安まじりの退屈な日常だ。

一見つまらなそうに思えるが、どこかミステリアスで神秘的な世界観がリスナーを魅了している。

1人ぼっちの部屋(=room)は 唯一自己を守れる空間である。しかしそこにいては変化することもなく、ただ時間が過ぎていくだけだ。

外に出れば出るほど傷つくとはたくさんあるが、眺めているだけでも自分が置いかれているような気がした。

「もう伝えたいことがなくなった 過去と嘘 カーテンの隙間から崩れる景色見てるの」

もう綺麗事を語ることすらできず、生きてくことに必死になってしまった。「伝えたいことはない」という切ない歌詞でありながら、悲しいとすら感じさせない。少女達が冷静に淡々と物語を語っているからであろう。

リスナーを引きつけるサビの途中の”間”

「何もかもがあって 何もなくなるの
雨の音が、作っては壊してく
心をそっと切って 体をなくして
手のひらを 眺めた先は何もないから」


これだけモノにあふれた現代でも、結局自分には何もない。全てをなくすことはいとも簡単であったのだ。

サビの途中で音がなくなり、リスナーを引きつけるような”間”がある。この”間“こそ現代音楽の特徴と言えるだろう。

ただ音楽の流れがとまるだけでなく、リスナーが現実にもどる瞬間でもあるのだ。そして次のフレーズに入る瞬間少女達のブレスの音と共に一気に音楽に引き込まれる。実に面白い構成である。

現代音楽の複雑さは人生と似ているようにも思う。分かりづらいメロディーが繰り返されたり、いきなり山場がきたりする。

理解しにくいものが続くが、だんだん面白く感じてくることもあるのだ。諦めながら生きていくのは悪いことではないのだ。

何もなくても生きていれば”何もない“ということが存在する。だからこそMaison book girlの歌詞と現代POPSが綺麗に調和していて、聴きやすいのではないか。

新しいサウンド、新しい音楽の形を創造するMaison book girl

「安心していいよ 全部なくなるの
新しい居場所とか 連れ去ったから
手のひらの傷も 白が塗り替えて
叶えたかった夢の途中 光を消した」


夢も居場所もなくなった。しかし生きていれば、いつかは同じようにこの苦しみだってなくなるのだ。

部屋には一人だが、一人ぼっちの部屋は複数存在する。だからタイトルは「room」ではなく「rooms 」という複数形になっているのではないだろうか。

ただ頑張れという応援ソングだけが人々を元気づけるのではない。現代POPという斬新で面白いサウンドにのせてシンプルに絶望を歌うからこそ、救われることもある。

新しいかたちを生み出しているMaison book girlから今後も目が離せない。


TEXT:松原 千紘

Maison book girl 最新情報

ライブ情報

Maison book girl「Solitude HOTEL 4F」
2017年12月28日(木)東京都 Zepp DiverCity TOKYO
OPEN 18:00 / START 19:00 *チケット発売中!
「Solitude HOTEL 4F」特設サイト
http://www.maisonbookgirl.com/4f/


リリース情報

タイトル:「cotoeri」  
楽曲:M1.言選り M2.十六歳 M3.雨の向こう側で
   M4.言選り(instrumental) M5.十六歳(instrumental) M6.雨の向こう側で(instrumental)
発売日:2017/12/13  品番:TKCA-74600 価格:¥1,300(込)
*「初回プレス分限定特製ジャケット仕様(EPサイズ紙ジャケット)


■インストアイベントスケジュール
12/9(土) 15:00 タワーレコード新宿店 7Fイベントスペース
12/9(土) 19:00  TSUTAYA IKEBUKURO AKビル店
12/10(日) 14:00 新宿マルイメン 屋上特設ステージ
12/10(日) 18:00 タワーレコード渋谷店 4Fイベントスペース
12/11(月) 20:00 ヴィレッジヴァンガード渋谷本店
12/12(火) 20:00 タワーレコード渋谷店 B1F「CUTUP STUDIO」
12/13(水) 20:00 TSUTAYA IKEBUKURO AKビル店
12/14(木) 19:00 タワーレコード新宿店 7Fイベントスペース
12/15(金) 20:00 HMV&BOOKS TOKYO 7Fイベントスペース
12/16(土) 15:00 タワーレコード名古屋パルコ店 西館1階イベントスペース
12/16(土) 19:00 ヴィレッジヴァンガード名古屋中央店
12/17(日) 13:00 タワーレコード梅田NU茶屋町店
12/17(日) 18:00 タワーレコード難波店 5Fイベントスペース

Maison book girl Profile

オフィシャルサイト
http://www.maisonbookgirl.com/

レーベルサイト
http://www.tkma.co.jp/jpop_top/maisonbookgirl.html

twitter
https://twitter.com/maisonbookgirl

特設サイト
http://www.maisonbookgirl.com/roomNo412/

【歌う動画トップテン:7/9付】誰も知…

【インタビュー】w-inds.に97歳…