1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. インタビュー
  5. 家入レオ
  6. 【インタビュー】家入レオ、愛と復讐心の間で生まれる“虚無”を歌った『もし君を許せたら』を語る

【インタビュー】家入レオ、愛と復讐心の間で生まれる“虚無”を歌った『もし君を許せたら』を語る

このアーティストの関連記事をチェック

カラオケ春ソング決定版2018、新学期…

見せつけろ、私達の底力!「メジャーセカ…

8月1日に14枚目のシングルとなる『もし君を許せたら』をリリースした家入レオ。ドラマ「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」の主題歌となっている今作は“虚無”を曲にしたシリアスなラブソング。主人公の感情や杉山勝彦の書く歌詞を、インタビューを通して読み解いていく。

公開日:2018年8月6日 更新日:2018年8月6日

Interview

愛香


この記事の目次 []
  1. ・『もし君を許せたら』
  2. ・家入レオの“許す”“許せない”
  3. ・虚無や復讐と愛の間にある葛藤を表現
  4. ・すぐそばにある幸せを『めがね』で感じる
  5. ・『あおぞら』
  6. ・最後に…
  7. ・プレゼント応募について
  8. ・家入レオ 最新情報
  9. ・配信情報
  10. ・リリース情報
  11. ・ライブ情報
  12. ・家入レオ Profile

『もし君を許せたら』

──今作『もし君を許せたら』はカップリング含めた1枚を通して、今ある幸せと向き合えるような作品だと感じました。家入さんにとってはどんな1枚になりましたか?

家入レオ:そうですね、本当に喜怒哀楽をはっきり持っている私らしい1枚になったかなと思っています。


──喜怒哀楽がはっきりしているのが自分らしさと。…家入さんって怒るんですか!?仏みたいな方だと思っていますが(笑)。

家入レオ:それはないです!全然怒ることもありますよ!溜め込んでいないでサラッと言っちゃいます。


──やっぱり大爆発的な怒りではないんですね!溜めないように意識されているんですね。

家入レオ:そうですね!


──そんな家入さんらしい1枚ということですが、タイトル曲『もし君を許せたら』はまた杉山勝彦さんの作詞曲ということで。イントロがなく歌詞始まりになっていますよね。もう、始めの一言目が耳に触れた瞬間…“売れる!”って確信しました(笑)!

家入レオ:嬉しいです、ありがとうございます!


──家入さんがこの曲に持ったファーストインプレッションはいかがでしたか?

家入レオ: 実はこの作品はこの形で初めからあったものではないんです。ドラマ用に自分で作詞作曲している曲とJazzin’parkのおふたりが作曲してくださった曲と、他のクリエイターさんと作った曲も何曲かあって、その中でも今のこの曲がドラマにも今私がやりたいことにもハマるなと思ってJazzin’parkさんの音で制作をスタートさせました。
Jazzin’parkさんのデモを初めて聴いた時は、スタイリッシュだなって思いました。


──そこから杉山勝彦さんの歌詞が入るまではどのような経緯が?

家入レオ:杉山さんのことは『ずっと、ふたりで』の時もそうですし、人間の心の些細な動きを描くのがすごく上手な方だと感じていたんです。私はこれまでも“歌心”を大事にしてきたから、こういうスタイリッシュなサウンドと、歌心を乗せられる人がコラボしたら面白いんじゃないかと思って、今回杉山さんに歌詞をお願いしました。
なので私はメロディーも曲も作っていないんですけど、曲の核を作れるのは自分だけだと思っているから、そこをわかってくださりながら、想いを姿にしてくれる人たちとこうやって制作ができたのは幸せなことだなって思います。


──ご自身もドラマ用に作詞作曲をされていたとおっしゃっていましたよね、そこが今作の核になってきたような。

家入レオ:はい、私もこのドラマの脚本を読んだりお話を聞く中で感じたことから書きました。
誰でも理想とか正義をそれぞれに持っていると思うんですけど、正しいものって当たり前にわかるじゃないですか。だけど、そう生きられないような弱さだったり現実だったりがあって、そこと葛藤している姿こそが生きて行くということだと思ったし、美しいものだなって思ったんですよ。そういう曲を作りたいと思って。


──いつかその歌詞もどこかで世に出て欲しいですが…。それでは『もし君を許せたら』もご自身が作詞をされた曲くらいの感覚で歌われているような。

家入レオ:そうですね、それぞれがそれぞれのプロフェッショナルの中で力を出すっていうような。


──Jazzin’parkさんのメロディーが今家入さんがやりたいことにもハマっていたということでしたが、その背景についても伺っていいですか?

家入レオ:今年の春に長期のお休みをもらってロンドンに一人旅に行っていたんですけど、デビューしてから初めて周りにスタッフさんもいなくて日本から遠く離れた環境に身を置いたんですね。そこで自分のことを客観的に見てみたときに、自分が本当に大事にしていくべきことって、楽曲制作とミュージックビデオ、ジャケット撮影とライブっていう4本の柱なんじゃないかなって思ったんです。
去年は武道館に立たせてもらったりもして、“変化をしたい時期”だったんですけど、今年に入ってからは“今あるものをじっくり育てていきたい”っていうことを思って帰国したところでこのドラマの主題歌のお話をいただいたという流れがあったんです。


家入レオの“許す”“許せない”


──『もし君を許せたら』の主人公である“僕”と“君”に家入さんなりに持たせているストーリーってありますか?

家入レオ:それこそ恋人同士、男女っていうところでも聴けると思うし、人間関係のほつれとしても聴けるし、人間の“性(さが)”っていうところを歌っているようにも思えるような、どんな場面にも当てはまるように作って頂きました。
「もし君を 許せたら また誰かを 愛せるかな?」って自分に問うているということはまだ許せていないっていうことじゃないですか、だけど人はその時間や人が戻らないってわかっていても縋ってしまったり、戻そうとしてしまう悲しくて切ない生き物で。そういう“虚無”の曲を作りたいと思って作曲家さん、作詞家さんにお話ししました。


──なるほど。“虚無”という言葉が本当にしっくり来る感じですよね。この曲の中で最終的に解決するわけでもないまま終わりますもんね。

家入レオ:そうなんです!


──この歌詞に度々出てくる、「許す」ということに対する、家入さんご自身のお考えとしてはいかがですか?

家入レオ:そうだなぁ…でも結局、相手を許せないっていうことは自分を許せないっていうことだと思うから、自分も苦しい想いをすることになると思うんです。だけどやっぱり許すことってすごく難しくて。だから時間をゆっくりかけてほつれを解いていくのがいいのかなと思います。


──許せない時って、どうあがいても許せないものですもんね..。

家入レオ:許せない。明日かもしれないし1週間後かもしれないし、10年後
かもしれないし何かのきっかけがあったらかもしれない、わからないけど、ちゃんと許せる時は絶対に来るから、絶望できる時にした方がいいと思う。


──家入さんが最近許せなかったことってあります??

家入レオ:えー!なんだろうな。母は“よくここまで生きてこられたな”って思うほど少女みたいに可愛らしい人なんですけど(笑)、ツアー中に母が家に来てご飯を作ってくれていたんです。それである日、歯磨き粉が切れたので「どこにある?」って聞いたら棚にあるっていうことだったんで開けたらなんとなく軽めの、いつもの歯磨き粉があって、さらに初めて開封するときについているはずのシールもなくて…パッと歯磨き粉見たらテスターって書いてあって(笑)。


──テスター買えちゃったんだ(笑)!

家入レオ:本当、この人すごいなってー…(笑)


虚無や復讐と愛の間にある葛藤を表現


──『もし君を許せたら』は、滑らかに歌い上げられているような印象でしたが、レコーディングの際に意識したことや、自然と込められる想いなどがあったら教えてください。

家入レオ:今っていろんなところで自分の作品を発信できるじゃないですか。表現することに溢れている世界だから、あえて表現をしないことを表現しようと思って歌いました。
いつも自分のメロディーや言葉を心に留めたいって思っているんですけど、本当に通過させていくだけのような、去る者は追わないっていうような仄暗さで歌っていました。


──なんだかすごく難しい…家入さんの中でも実験的な部分があったりもしました?

家入レオ:レコーディングの段階ではもう確固たるイメージはありました。でも、その前のプリプロの段階では“こういう感覚でいいのかな?”っていう探りはありました。


──ほぉ(驚)…。

家入レオ:歌い上げるような感じだったり、声量とか気持ちで来られると、悲しさがあんまり伝わらないような気がして。


──なるほど!“虚無”ですもんね!

家入レオ:はい、訴えかけないようにしました。


──歌詞について一箇所家入さんの感覚を伺いたい部分があるのですが、「悲しい顔は 見たくなくて 僕は声を 上げないけど」の部分について、彼は“君”のことを許せずにいるのに、悲しい顔は見たくない、そして声を上げないというのはどういう気持ちでしょう?

家入レオ:例えばすごく好きな人がいて、その人に自分の声が受け取ってもらえなかったとしたらすごく傷つくじゃないですか。すごく好きな人に裏切られた時って、復讐したいとか、傷つけたいとまで思ったりすることもあると思うんです。だけど“あなた”のことを嫌いになれなくて、“あなた”に復讐できる、傷つけられるような術を持っているけど「僕は声を 上げない」なんです。その切なさがギュッと閉じ込められているところですよね。


──うわぁ…なるほど。それなのに「眠ったふりの 僕を冷たい瞳で見た」って…。

家入レオ:一番虚無を感じるところですよね、その人は散々心の中を荒らしたのに、その人にとって自分は心にとめるほどの存在でもないって。一人で悶々としているシーンが切り取られていますよね、夜明け前のような..。


──夜明け前って一番考え事して病む時間帯ですよね(笑)。

家入レオ:ある(笑)!


──そういう時こそ曲ができたりもしそうです(笑)。

家入レオ:その下っていく作業って必要だったりしますね!


──いろいろお話を伺ってきましたが、『もし君を許せたら』の中から家入さんのピックアップフレーズについても聞かせてください!

家入レオ:タイトルにもなっている「もし君を 許せたら また誰かを 愛せるかな?」っていう2行に、人としての葛藤とか美しさとか弱さが全て詰まっているので、ぜひこのキャッチーなところをみんなに口ずさんでもらえたらなって思います。
次ページ : すぐそばにある幸せを

家入レオは、1994年12月13日生まれ、福岡県久留米市出身の女性シンガーソングライターである。13歳の時に、絢香などのメジャーアーティストを輩出した「音楽塾ヴォイス」に入塾。曲作りを開始。2012年2月、1stシングル「サブリナ」をリリースしメジャーデビュー。アニメ『トリコ』のエンディングテ···

【インタビュー】TRCNGメンバープロ…

【インタビュー】LM.C、約2年ぶりの…