1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. BIGMAMA
  6. 日本一有名なあの「猫型のロボットとメガネ」だって憧れる! BIGMAMAのSPECIALSから考える特別な関係に必要な事。

日本一有名なあの「猫型のロボットとメガネ」だって憧れる! BIGMAMAのSPECIALSから考える特別な関係に必要な事。

このアーティストの関連記事をチェック

【ライブレポート】BIGMAMA、TR…

激しくも美しい音楽に心揺さぶられる!B…

そのバンドの事や歌詞を知らなくても、聴いた時に“なんだか心地がいいな”と感じる曲がある。BIGMAMAのSPECIALSがそれだった。

公開日:2018年10月29日 更新日:2018年11月1日


この記事の目次 []
  1. ・BIGMAMAの「SPECIALS」
  2. ・最高の共犯者
  3. ・本物の最強コンビ、それがSPECIALS
ちょっと照れた様な、控えめな声のボーカルのその半歩後ろを「背中は俺に任せろ」と、言う様に。

ボーカルを支えながらリードしていくギターの音。そのふたつの音に続いていく、バンドサウンドの中に一際目立つバイオリンの音がちょっと予想外で。一気に心が音に連れて行かれる。

まるで、子供の頃。大の仲良しと遊びに行く時、自然と繋いだ手のような。嬉しくて頼もしさのある音。

そんな音に連れ出されるままに、聴いていて思った事『SPECIALS』。特別ってなんだろう?そして誰もが憧れる。『SPECIALS』になるために必要な事ってなんだろう? 

その答えは、BIGMAMAの『SPECIALS』に。面白おかしく、だけど大真面目に歌われている。

BIGMAMAの「SPECIALS」



僕の一番の理解者で
それでいて常にライバル
でも時には最愛の恋人みたいな
頼りない相棒に見えて
実は影でスーパーヒーロー
と見せかけてやはりただのポンコツだけど
“SPECIALS”


この歌詞から見る“SPECIALS”とは“親友”の事だ。何を言っても、友情は揺るがない。

お互いを信じきれているからこそ言える“愛の詰まった冗談”で、その想いを綴っている。『最愛の恋人』なんて言葉まで飛び出すほどに、その存在への想いは“特別”なのだ。

そして、その想いと一緒に『最愛の恋人』に言い含められているのは、どんな時も傍にいてくれて。自分を応援してくれる。

お互いがより良くいられるように、切磋琢磨出来る事。自分の笑顔を想ってくれている気持ち。そして、時には弱音を吐けて安心して心を休められる存在でいてくれる事への感謝の気持ちだ。

当たり前だけれど、この二人は出逢ったその日から“SPECIALS”だったわけじゃない。じゃあ、どうしてこの二人はこんなにも想い合える親友になれたのだろうか。

それは、この後に続く歌詞がまるで思い出のアルバムをめくるかの様に物語る。

最高の共犯者

僕の一番の被害者で
お互いが常にアリバイ
でも僕らは最高の共犯者


『僕の一番の被害者』この被害者というのは、数々のやらかしに対しての謝罪なのだ。

『お互いが常にアリバイ』と続く様に、たくさんの出来事の中でピンチの時には、どちらも逃げる事なく。一緒にいる事でお互いの無実を証明してピンチを切り抜けてきたのだ。

それはもう、なくてはならない存在『最高の共犯者』なのだ。

さあ世界中の愛を盗みに行こうと
笑い合った日々を忘れないだろう


思えば友達って、何かきっかけがあって会話をして。どこか合う部分を見つけて。笑い合う分、打ち解けて行く。

そうして気がつけば、同じ時間を共に過ごしていて。自然に良い事も、時には悪い事も一緒に経験する。

その経験が多ければ多いほど、不思議に心は深く繋がり合って“信頼”が生まれる。

そして、共に重ねた時間は“思い出”となっていつまでも途切れることなく、共有してゆけるのだ。

こうして育まれた特別な感情は。『世界中の愛を盗みに行こう』なんて、絶対出来るわけがないとわかっていることすら、呆れることも馬鹿にする事もしない。

ただただ、“この二人なら出来る!”と疑う事なく“可能性”だけを見つめ。いずれ思い出となる新しい日々を、笑って進んでいける“信頼”を更に強くしていくのだ。

しかも、この事実。あの、日本一有名な名コンビ達を前にしても揺るぐことはないのだ。

本物の最強コンビ、それがSPECIALS

ネコ型のロボットとメガネも
コウモリ男と駒鳥も
R3とC2さえも
思わずみとれちゃうような
羨んでしまうような
最強のふたりになれる


この一節に出てくる名コンビ達。だいたい、想像がついていると思うが。特にわかりやすいのは『ネコ型のロボットとメガネ』だろう。

この有名な二人が毎週金曜日に繰り広げる物語は、子供だけでなく。大人もつい見入るほど楽しく明るく時に胸を熱くする素晴らしさだ。

その熱い友情で結ばれたネコ型のロボットとメガネすらも『思わずみとれちゃうような』『羨んでしまうような』『最強の二人』には、四次元と繋がるポケットも。未来の秘密道具もない。

もちろん、漫画のように出来すぎた美しいストーリだってない。

在るのは、どんな時も一緒にいる。どんな事も一緒に経験する。好きだけじゃない。自分を磨きたくなるような魅力を常に持っていてくれて。

一緒に居ると色んな事を頑張りたくなる、頑張れる。お互いを高め合える。人生を豊かにし合える。これこそが、誰かの“特別”になるために必要な事。

そしてあの。日本一有名なコンビすらも憧れる“SPECIALS”という、作り物ではない。本物の最強コンビなのだ。

TEXT:後藤 かなこ


【BIGMAMA メンバー】 金井政人(vo,g) / masato kanai リアド偉武(dr) / ib riad 柿沼広也(g,vo) / hiroya kakinuma 安井英人(ba) / hideto yasui 東出真緒(violin/key)/ mao higashide   バイオリンを擁する5人編成のロックバンド。2007年より現メンバーで本格的に活動開始。 ロック···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

『さよなら』に胸を痛めている人は絶対聴…

元ViViDボーカルSHINが歌う「G…