1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. アニメ・声優
  4. 特集
  5. カフカ的世界観!!『東京喰種:re 』第2期のテーマ曲『katharsis 』と『楽園の君』

【特集】カフカ的世界観!!『東京喰種:re 』第2期のテーマ曲『katharsis 』と『楽園の君』

TVアニメ『東京喰種』が最終章を迎えました。OP曲、ED曲共に、ファンの間で絶賛されています。心を貫くような旋律を次々と生み出した『東京喰種』の世界と、その最終章のテーマ曲『katharsis 』と『楽園の君』の魅力をお伝えします。

2019年1月6日


この記事の目次
  1. ・『東京喰種トーキョーグール』の概要
  2. ・『東京喰種トーキョーグール』の世界観
  3. ・『東京喰種トーキョーグール』から『東京喰種トーキョーグール:re』へ
  4. ・OPテーマ「katharsis」を歌うのは、TK from 凛として時雨
  5. ・ EDは、österreich (オストライヒ) の『 楽園の君 』
  6. ・『東京喰種トーキョーグール2』が2019年に公開!!

『東京喰種トーキョーグール』の概要

人間を食する喰種(グール)が存在する世界で、人間と喰種の苦悩が描かれています。ホラー&ダークファンタジーが魅力的で、彼らのバトルアクションがみどころです。原作は、漫画家石田スイ先生の作品で、週刊ヤングジャンプで連載されていました。

 画像引用元 (Amazon)

『東京喰種トーキョーグール』の世界観

原作には、カフカの『変身』が引用されています。

”カフカの有名な小説に青年が毒虫になってしまう話がある。
毒虫になった青年は、食べ物の嗜好が変わり、新鮮な食べ物は口に出来ず、腐りかけのチーズなどを好むようになった―-”

『東京喰種トーキョーグール』の世界観は、カフカの小説『変身』に通じるものがあります。


『東京喰種トーキョーグール』から『東京喰種トーキョーグール:re』へ


喰種も毒虫と同じく、人の食事には吐き気を覚え、人肉を好んで食します。(カフカの毒虫は人肉は食べませんが)突然、人間から喰種になってしまった主人公・金木 研は、どんな食品も食べることができず、変貌してしまった自分に、嘆き苦しみます。

彼は、もともと人間で、喰種の内臓を移植されたため、喰種になってしまったのです。そんな彼を救ってくれたのは、「あんていく」という珈琲店のマスターでした。喰種は、コーヒーだけは、美味しく飲めるのです。

人肉を食べる喰種は、人間に駆除されます。そのため、人間と喰種の闘いが始まります。
その闘いで喰種側に付き、その挙句、捜査官につかまり生死のわからなかった金木が、いつの間にか、佐々木 琲世と いう名の捜査官となって、人間側に存在しています。しかも、彼は、20年間の記憶をうしなっていました。ここからが、『東京喰種トーキョーグール:re』のストーリーとなります。


OPテーマ「katharsis」を歌うのは、TK from 凛として時雨



TKは、『 東京喰種トーキョーグール:re 』(第2期)の公式サイトの中で、「この類い稀な物語の中で、僕の音楽をより一層深くえぐるように鳴らすことが出来ました。」とコメントしています。

----------------
例えば目が覚めて「すべては幻だ」って
奇跡めいた妄想を叶えて欲しいんだ
僕が描いた罪で結末を満たさないで
≪katharsis 歌詞より抜粋≫
----------------



東京喰種の世界は、人間と人間を食らう喰種が存在する世界です。それは彼らにとっての現実であり、しかも絶望の結末しか想像できません。辛いなんて、生ぬるいものではなく、狂気の世界です。その世界観が、幻想のように目の前に広がります。東京喰種の世界が、彼の音楽を作り上げたという一曲です。

また、”2014年リリースのシングル『 unravel 』は、アニメ『 東京喰種トーキョーグール 』のOPとして、配信で30万ダウンロードを超える大ヒットを記録。”とあります。



金木研の身に起こったことは、東京喰種の世界でも、稀有な出来事です。人間でありなら、喰種になってしまった、唯一の存在です。そんな彼の苦しい想いが伝わってきます。声の切なさもですが、曲の激しさにもゾクゾクします。


EDは、österreich (オストライヒ) の『 楽園の君 』

オストライヒは、高橋國光さんのソロプロジェクトバンドです。2015年に TVアニメ 『東京喰種トーキョーグール√A』のOPテーマ『無能』、2015年10月1日発売のゲーム 『東京喰種 JAIL』の主題歌に『贅沢な骨 』を提供しています。2018年には、高橋さんがギターを務め、ゲストボーカルに飯田瑞規さん、バスに岩久保佳秀ドラムに山口大吾さん、コーラスに鎌野愛さんを起用し、『東京喰種トーキョーグール:re』では第2期EDテーマとして『楽園の君』を提供しています。

『贅沢な骨』もですが、『無能』は、歌詞や曲がぶっ飛んでいます。



その後、『東京喰種トーキョーグール:re』(第2期)のために制作していた曲『幻股』は、難易度の高いもので、「誰が歌えるねん。」と思ったと高橋氏は、コメントしています。
それが、あることをきっかけに変ります。




『楽園の君』は、高橋氏が、この物語の最終回を読んだ後に、出来上がった曲です。それまでに構想されていたものを捨て、新しく制作されました。出来上がったデモ曲を聞いて、石田スイ氏は、彼を天才だと 言ったそうです。

もともと石田氏は、高橋氏が失踪して解散してしまったthe cabsのファンでした。石田氏は、この『楽園の君』を聴いた時、自分は高橋氏の作る曲が好きで、the cabsのファンだったのだと確信したそうです。以前は「なんでこんなもん作っちまったんだ」と嘆いていた高橋氏も、この曲だけは、「これはいい曲だと思う」と言ったそうです。

高橋氏は、最終回を読んで、「報われすぎた」とコメントしています。曲の変更も、そのあたりが原因です。TK氏の曲も、『unravel 』と『katharsis 』では、詞の内容に違いがあります。『東京喰種:re』のエンディングが、ふたりの曲に影響を与えていると言っても過言ではないでしょう。曲もあわせて、物語もぜひ見て欲しいです。

『東京喰種トーキョーグール2』が2019年に公開!!

2017年に公開された、実写版映画 『東京喰種トーキョーグール』の続篇が2019年7月19日に、公開される予定です。仮名は、『東京喰種トーキョーグール2』です。キャストは金木研を窪田正孝、霧嶋董香を山本舞香、月山習を松田翔太が演じます。前作は、ほぼ原作通りで、クオリティの高いものでした。ただ、ストーリーを熟知している元祖のファンには、物足りなさもあったようです。今度の作品は、どんなものになるのか、今年の夏が楽しみです。

TVアニメ『東京喰種:re』 公式サイト
https://www.marv.jp/special/tokyoghoul/

『東京喰種:re』ツイッター
https://twitter.com/tkg_official

TEXT 郷 菜美

リアルハイスペック集団IVVYのプロフ…

失恋した少女はゾンビになった。人気ボカ…