1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. バンド&特集
  5. sumika
  6. sumikaの魅力を徹底解説!

【特集】”聴かせる”バンド、sumika。その魅力やおすすめ曲に迫ります!

このアーティストの関連記事をチェック

本当の恋って何?sumikaの名曲Lo…

映画「君の膵臓をたべたい」見終わった時…

『キミスイ』やユニクロなどでのタイアップ作品やあちこちの夏フェスでリスナーの心を震わせるバンドsumika。彼らの魅力&オススメの歌詞をご紹介します!

公開日:2019年1月31日 更新日:2020年5月20日


この記事の目次 []
  1. ・sumikaとは?
  2. ・sumikaが持つ3つの魅力。
  3. ・①:落ち着いた声と、確かな演奏
  4. ・②:聞き手に自由を与える、多彩な比喩
  5. ・③:熱いLIVEパフォーマンス
  6. ・絶対に読んでほしい歌詞2選。
  7. ・Lovers
  8. ・溶けた体温、蕩けた魔法
  9. ・心の住処にsumikaを。
  10. ・sumika 最新情報
  11. ・リリース情報
  12. ・sumika Profile

sumikaとは?

2013年に結成された神奈川県出身のバンド「sumika」。片岡健太(Vo&Gt)、黒田隼之助(Gt&Cho)、荒井智之(Dr)、小川貴之(Key&Cho)の4人組バンド。明るくも繊細な歌詞やサウンドに注目です。

sumikaが持つ3つの魅力。

住むところを表す「住処」がバンド名の由来であるという「sumika」。今やタイアップに夏フェスにと引っ張りだこの彼らの魅力を3つ、ご紹介いたします!



①:落ち着いた声と、確かな演奏

最近、再熱の兆しを見せるロックバンドブーム。その煽りを受け、個性的なバンドが数多く現れました。

しかし、どのバンドもなぜかハイトーンボーカルばかり。もちろん、その中にもそれぞれ個性があるので一概に同じという訳ではありません。

でも、sumikaは歌声から一味違います。

やや低めで大人っぽい歌声。歌詞がスッと心に入り込むような優しさ。

他とは違う歌声をもつボーカルが非常に印象的です。「歌声が好き!」というファンが多いのも頷けますね。

そして聞き逃してはいけないのが、その歌声を盛り上げる演奏。特に、他のバンドにはあまりいない「キーボード」が曲にやわらかさを出しています。

優しげなボーカルと相まって奏でるメロディーの癒し効果は抜群。疲れた心にもおすすめです。(笑)

②:聞き手に自由を与える、多彩な比喩

「比喩」とは、他の何かに例えて表現すること。

sumikaの楽曲には、そんな比喩表現が取り分け多く使われている印象があります。

例えば、失恋に向き合おうとする気持ちが歌われた「ソーダ」という曲。歌詞には「けむくじゃら」という言葉が多用されています。

前後の歌詞から、これはあるカップルが一緒に飼っていたペットだということがわかるのですが、これを「犬」や「猫」と限定しないのがsumikaの素晴らしさ。

なぜなら「けむくじゃら」とふんわり表現しておくことで、聞き手が勝手に動物を想像し、自身の思い出に落とし込むことができるからです。

「すごいリアルな歌詞だなぁ」

「こんなことあったなぁ」

なんて自己投影し、曲に入り込めるのはこの技術があってこそ。

聞く人の心を惹きつける理由の一つはここにあったのですね!

③:熱いLIVEパフォーマンス

優しさを感じる曲が多いsumikaですが、意外なことにLIVEは激アツなんです!

パフォーマンスはもちろん、特に注目していただきたいのはMC。曲の歌詞や曲を作った時のストーリーになぞらえて、ボーカルの片岡さんが熱く語ります。

胸を打つようなメッセージからの演奏は、感動もひとしお。

動画サイトなどにLIVE映像がアップされていますから、ぜひチェックしてみてくださいね。


絶対に読んでほしい歌詞2選。



Lovers

個人的には平成最後の名ウェディングソングと言っても過言ではないと思える一曲。一生一緒にいることを決めた男性の気持ちが歌われています。



”よそ見しても浮気してもいいから、僕のところに戻ってきて”

そんな一途すぎる大きな愛。言われたいですよね、こんなこと。(笑)

歌詞から察するに、主人公である男性は割と弱めな男性。草食系とまではいかないけれど、ワガママな彼女に振り回されているようなタイプ。次の歌詞が物語っています。

----------------
ねぇ浮気して ねぇ余所見して
ずっとずっと離れぬように
好きでいる理由は少し
嫌いになる理由は沢山
≪Lovers 歌詞より抜粋≫
----------------

それでも、この彼は決めるのです。

----------------
だけど代用品はないから
腹を括りますかな
≪Lovers 歌詞より抜粋≫
----------------

……素晴らしい。この一言に尽きますね。(笑)

おまけに最後のサビには、以下のようなメッセージまで。

----------------
最後の最期に
あなた朽ち果てるまで
愛し抜いていきたいと思うのです。
≪Lovers 歌詞より抜粋≫
----------------

「嫌い嫌いも好きのうち」というものなのか。どんなにワガママでも、どんなに傍若無人でも、この彼女のこと好きなんでしょうね。大きな愛と大きな器で彼女を迎える愛がひしひしと伝わる一曲です。

男性の皆さん、告白やプロポーズにおすすめですよ!(笑)

溶けた体温、蕩けた魔法

こちらもsumikaの鉄板ラブソング。しかし、Loversとは少し毛色が違います。



ご覧いただいた通り、男女のすれ違いや傷つけ合いを歌った曲。とはいえ悲しい曲ではなく、「傷つけ合うたびに愛が深まる」というような内容です。

”深い愛”という点ではLoversとも似ていますね。

男と女はなかなか分かり合えないもの。出会ったばかりでも、長く付き合っていても、性別の差はなかなか超えられません。

ぶつかることも多く、時には傷つけあってしまう。むしろ心の距離を近づけようとするたびに傷つけあってしまう。

でも、その傷こそが相手を思う気持ちに気づくきっかけにもなる。次会った時や将来的に笑い合えるようなネタになることもある。

だから、傷つけ合うことを怖がらずに、全てを受け入れていこう。……そんなメッセージが込められています。

特に以下の部分。
----------------
僕ら寄り添って
傷をつけ合って
好きの分 嫌いも
等しく言い合える
ちょっと面倒だけどね
欠かせない一手間を
かけてやっと解り合える筈だから
≪溶けた体温、蕩けた魔法 歌詞より抜粋≫
----------------

「大切な人と喧嘩をしてしまった」と落ち込む人にぜひ聞いて欲しいですね。

心の住処にsumikaを。



以上、sumikaの魅力やおすすめ曲についてご紹介いたしました。

数あるバンドに埋もれない、特別な魅力を持つsumika歌声はもちろん、ご紹介した通り楽曲そのものの優しさもピカイチです

2013年結成とキャリアはそれほど長くはないものの、活動休止など様々な経験を経た今、注目度は爆発的に上昇しています。

それを裏付けるように、ここ最近は映画やキャンペーン主題歌のタイアップも多々。今後もさらに露出が増えるでしょうから、期待して待ちましょう!

TEXT ゆとりーな

【特集】本当の恋ってなんだろう? sumika「Lovers」歌詞のヒミツと厳選の踊ってみたはコレ!

sumikaは2013年5月に結成されたバンド。メンバーは片岡健太(Vo./Gt.)、黒田隼之介(Gt./Cho.)、荒井智之(Dr./Cho.)、小川貴之(Key./Cho)の4人組バンド。 ライブでは彼ら以外のサポートミュージシャンも加わった形態となる。通常のバンド以外にも、sumika[camp session]としてアコースティックでも···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

今更誰かに聞けない、初音ミクが歌う「千…

平成を象徴する歌姫 安室奈美恵!!

アルバム情報

『Chime』
発売日:2019/03/13

2019.03.13 RELEASE
2nd Fulli Album
『Chime』

・初回生産限定盤(CD+DVD)
SRCL-11064~11065 3,800+tax

・通常盤(CD only)
SRCL-11066 3,000+tax

タイトル / 歌手 歌い出し

フィクション(フジテレビ"ノイタミナ"TVアニメ「ヲタクに恋は難しい」オープニング・テーマ)

sumika

さあ 今日も始めましょうか 昨日挟んだ栞の続きから 楽あれば苦もあり ストーリーは波の随に

ペルソナ・プロムナード

sumika

メイクしな そんでアップしな 夢の国のような此処ピンしな シェアしなそんでハピしな 独り占めなんかしないでバズしな

ファンファーレ(劇場アニメ 君の膵臓をたべたい オープニングテーマ)

sumika

夜を越えて 闇を抜けて 迎えにゆこう 光る朝も

春夏秋冬(劇場アニメ 君の膵臓をたべたい 主題歌)

sumika

桜の予報も虚しく 大雨が花を散らせた 4月の風 少し寒くて 夜はまだ長くて

秘密

sumika

両目擦って 瞼開いて 残る夜の残像 枕に沈む

ホワイトマーチ(JR SKISKI 2018-2019 キャンペーンテーマソング)

sumika

灰固まった道歩き 呼吸も上手くできない 深呼吸をすれば 肺も固まる様なこの街

10時の方角

sumika

漕ぐペダルは10トンを越える 位の重さでギアを下げ込む 桜前線とご一緒に 私も戦線に赴くのです

Monday

sumika

「おはようです」 はい、お目覚めです 散らばるのさばる 日曜夜

Strawberry Fields

sumika

才能の果汁を啜っていた 自我はなくイノセント モルヒネは10代までみたいじゃない 成人には正規毒を処方

Hummingbird's Port

sumika

歌詞公開をリクエスト!

Flower

sumika

「ほら、意地っ張りが駄々をこねてら」 「あら、銭にならねえおこだわりだな」 異端児を見つめる群衆の 視線の先はこの私 (ですな)

あの手、この手

sumika

春風吹けども まだ冷える夜は 二人の手を戸惑わせた 手と手握りしめ 歩いていた夜の

ゴーストライター(痛快TV スカッとジャパン"ファミリースカッと"テーマソング)

sumika

薬で保つような 笑顔ならもう作らなきゃいい 大人らしいあなたを 見上げるように

Familia

sumika

Ding Dong ベルが鳴り Ding Dong