1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. J-POP&特集
  5. amazarashi
  6. その歌詞に込められた思いとは?amazarashiの楽曲の深さ

その歌詞に込められた思いとは?amazarashiの楽曲の深さ

顔を見せないスタイル・独特の世界観が他にはない魅惑のバンド・amazarashi。深い歌詞からなにを伝えようとしているのか?amazarashiの深すぎる魅力に足を踏み入れていきます!

公開日:2019年3月14日 更新日:2019年11月12日

Editor

mayuka


この記事の目次 []
  1. ・謎に満ちた"amazarashi"
  2. ・amazarashiとは
  3. ・バンド名に込められた想いと深い意味
  4. ・顔出しせず!ライブ演出は圧巻
  5. ・歌詞とMVに込められた意味
  6. ・四の五の言わずとにかく聴いてみて?おすすめの3曲
  7. ・命にふさわしい
  8. ・エンディングテーマ
  9. ・性善説
  10. ・amazarashiの楽曲で考えさせられるもの

謎に満ちた"amazarashi"


顔を出さないスタイルと独特で妖艶ともいえる世界観のMV、プロジェクションマッピングを使った見事なライブ演出…。全てにおいて、「らしさ」が光るバンド・amazarashi。今回は、そんなamazarashiの魅力や深い歌詞についてご紹介します!

amazarashiとは

amazarashiとは、青森県出身の秋田ひろむ(ボーカル・ギター)と豊川真奈美(キーボード)で結成されたバンドです。

まずは、amazarashiとはいったいどんなバンドなのか、詳しく見ていきましょう!

バンド名に込められた想いと深い意味

amazarashiというバンド名はデビュー当時から少しずつ変化しています。2007年「STAR ISSUE」という名前でバンドを結成。その後、「あまざらし」に改名します。

そして2010年、現在のバンド名である「amazarashi」にさらに改名し、メジャーデビューを果たしました。

また、amazarasiというバンド名には、「日常に降りかかる悲しみや苦しみを雨に例え、僕らは雨曝(あまざらし)だが、”それでも”」という意味が込められていると、秋田ひろむが語っています。

それでも…の続きはなにが当てはまると思いますか?その続きを、amazarashiの楽曲からそれぞれ感じ取ることができるのではないでしょうか。

秋田ひろむの思いが端々まで込められている、深いバンド名だったんです!

顔出しせず!ライブ演出は圧巻


▲虚無病 / Live ver.

amazarashiは、顔出しをしないスタイルで音楽活動を行っています。そのスタイルもまた、amazarashiの世界観を創り上げる一つの要素です。

また、顔出しをしないで行われるライブ演出は圧巻!バンドメンバーの前にスクリーンを張ったまま、そこに文字や映像を映し出して行われる独特のライブ演出です。

思わず目を奪われるこの演出は、見る人を惹きつけ心を鷲掴みにされ虜にしてゆきます!YouTubeでもこのライブ映像を見ることができるので、ぜひ堪能あれ!

歌詞とMVに込められた意味

amazarashiの最大の魅力は、なんといっても意味深い歌詞とMV映像。「この言葉には、いったいどんな意味が込められているのだろう?」と思わず考えさせられます。

様々な想いを言葉に落とし込んでゆくamazarashiのセンスが詰め込まれている歌詞は、共感を覚える方も多いはずです。

また、楽曲はぜひMVと合わせて楽しんでみてください!MVの世界観も独特で、物語が見え隠れするため、つい見入ってしまいます。

繰り返し聴くことでさらにamazarashiの良さが感じられる。この中毒性こそが、amazarashiにハマるポイントです。

四の五の言わずとにかく聴いてみて?おすすめの3曲

とにかくの名曲ぞろいといえるamazarashiの楽曲。そんな中から今回は、特に触れて欲しいオススメの3曲をご紹介します!

命にふさわしい


『命にふさわしい』は、2017年2月22日にリリースされた作品です。この楽曲は、PrayStation®4用アクションRPG「NieR:Automata」とのコラボレーション楽曲として秋田ひろむが書き下ろした一曲。

「命を投げ出すに値するほど、大切なものは何か」というテーマが掲げられ、秋田ひろむが楽曲を制作しました。

----------------
失くした何かの埋め合わせを 探してばかりいるけど
そうじゃなく 喪失も正解と言えるような
逆転劇を期待してる そしてそれは決して不可能じゃない
途絶えた足跡も 旅路と呼べ

愛した物を守りたい故に 壊してしまった数々
あっけなく打ち砕かれた 願いの数々 
その破片を裸足で渡るような 次の一歩で滑落して 
そこで死んでもいいと 思える一歩こそ 
ただ、ただ、それこそが 命にふさわしい
≪命にふさわしい 歌詞より抜粋≫
----------------

歌詞を読んでいただきました?ただそれだけで、心にグッとくるものがありませんか?そして、歌詞に共感を覚える部分がきっとあるはず。

「死んでもいい」と思えるくらい大切に毎日を生き、一歩を歩んでいること。それこそが、「命」に値するのではないかというメッセージが込められています。

そして、この曲の中には何度も「心さえなかったなら」という歌詞が出てきます。

「心さえなかったなら」、悲しみや苦しみも感じることはないのに。希望なんて簡単に捨てられるのに。そんな「心」を持つ人間ならではの感情の苦しみを見事に表現しています。

また、こちらのMVには200体の人形を使った映像があるんですが…。実は、このMVでは性格診断ができるようになっています。心理学者である川島洋先生が関わった本格的な性格診断です。

気になる方は、ぜひ一度ご覧ください!

●命にふさわしい / MV


エンディングテーマ


『エンディングテーマ』は、2016年2月24日にリリースされたアルバム『世界収束』に収録された作品です。

----------------
満たされていたいって いつも思うけれど 満たされていないからこその 願う力
腹が減ってる時の 食欲みたいな物 あなたはどうか大事にしてね

僕が死んだら 流れ出すエンドロール 僕が主演の 青春群像
お世話になった人達の 名前がずらっと並べば 何時間掛かるか分からないや

そんな事考えると ちょっと笑えてくるよな
だからエンディングテーマはこんなもんだろ
≪エンディングテーマ 歌詞より抜粋≫
----------------

この『エンディングテーマ』も、ぜひMVと合わせて見てほしい一曲なんです!

MVでの世界は2116年。世界人口は1人。死までのカウントダウンをしている最後の人口である、秋田ひろむがベッドに横になっています。死を迎えるとき、どんな言葉を残したいか。それを「エンディングノート」に書き残していく様子が描かれています。

人は、満たされた毎日を生きたいと願うものですよね。秋田ひろむは、それは満たされていないからこその感情だと感じています。しかし、「満たされていないってのは幸せなのかな」という歌詞もあります。

「生きたい」という感情や、やりたいこと、伝えたいことがあるのは、「満たされていない」故かもしれませんが、生きているからこその幸せな感情なのでしょう。

人間の最期を考えさせられる、そして「生きる」ことの意味を教えてくれるような名曲です!

●エンディングテーマ / MV


性善説


『性善説』は、2013年4月10日にリリースされたミニアルバム『ねえママ あなたの言うとおり』に収録された作品です。

----------------
ねえママ あなたの言う通り 隣人は愛して然るべきだ
陰口ほど醜いものはないわ 手を取り合って 微笑み合って

こんな時代に 生き延びるだけでも 容易くはないわ どうか幸せに

ねえママ あなたは言ったじゃないか 嘘をつけばバチがあたると
神に祈れば救われると 苦労はいつか報われると
ねえママ 僕は知ってしまったよ 人間は皆平等だと
世界はあるがまま美しいと それ等は全くの詭弁であると
≪性善説 歌詞より抜粋≫
----------------

性善説とは、人は生まれながらに善であるという倫理学、道徳学です。そしてこの曲の中で「ママ」は「僕」に、性善説を説いています。

しかし、成長しさまざまな経験をするうちに、「僕」は性善説を疑っていきます。

この世の中には、善と悪が混沌している、頑張っても報われないことがある、人は平等でない、では性善説は否定されるのではないか?そんな現代社会への疑問をなげかけるべく歌っているようにさえ感じる一曲です。

MVでは、母親と子の様子が描かれていますが、この映像にも「性善説」の矛盾が存在しています。

その答えはぜひ、MVを見て「性善説とはなにか?」をあなたなりに考えてみてください!

●性善説 / MV


amazarashiの楽曲で考えさせられるもの

いかがでしたか?

amazarashiの楽曲には、「生と死」や「生き方」などを深く考えさせられるものが多くありますね。

その独特の世界観に、あなたも引き込まれてみませんか?他にはない魅力を持つamazarashiに、今後も注目です!

TEXT:mayuka

青森県在住の秋田ひろむを中心としたバンド。 日常に降りかかる悲しみや苦しみを雨に例え、僕らは雨曝だが「それでも」というところから名づけられたこのバンドは、「アンチニヒリズム」をコンセプトに掲げ、絶望の中から希望を見出す辛辣な詩世界を持ち、ライブではステージ前にスクリーンが張···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

第3期決定!『やはり俺の青春ラブコメは…

声優で歌手!アニソン界の歌姫「水樹奈々…