1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. J-POP&特集
  5. 和楽器バンド
  6. 進化する和楽器バンド!その正体と魅力とは?オススメ曲まとめ

【特集】進化する和楽器バンド!その正体と魅力とは?オススメ曲まとめ

『和楽器バンド』という名前は今や誰もが耳にしたことがあるのではないでしょうか?その名の通り和楽器の和のサウンドとギターやベースなどのロックなサウンドを融合し唯一無二の音楽を奏でるバンドです。 近年ますます精力的に活動しファンを増やしている和楽器バンド。知れば知るほど惹きつけられるその正体と魅力を紹介します。

公開日:2019年3月15日 更新日:2019年6月16日


この記事の目次
  1. ・8人の精鋭が織り成す「現代型和楽器ロック」
  2. ・和楽器バンドの真骨頂が聴ける楽曲『天樂』
  3. ・オリジナル楽曲で紡がれる儚く雅な詞世界
  4. ・次なるステージへ
  5. ・和楽器バンド 最新情報
  6. ・リリース情報
  7. ・和楽器バンド Profile

8人の精鋭が織り成す「現代型和楽器ロック」

ボーカルとして美しいメロディを歌いあげるのは詩吟の師範でもある鈴華ゆう子。

和楽器奏者は国内外で活躍する4人。
箏(こと)のいぶくろ聖志、尺八の神永大輔、津軽三味線の蜷川べに、和太鼓の黒流。

ロックなサウンドを担う洋楽器奏者は3人。
ギターの町屋、ベースの亜沙、ドラムの山葵。
いずれもニコニコ動画界隈で名を馳せた経歴を持う実力者です。

そんな総勢8人の表現者からなる「和」をテーマとした全く新しいロックバンド、それが和楽器バンドです。



そんな和楽器バンドの魅力は和太鼓とドラムによる迫力のあるリズムに和楽器の音色と妖艶な歌が合わさった激しくも美しいサウンド。

2014年に発売されたデビュー・アルバム「ボカロ三昧」に収録されている「千本桜」のミュージックビデオは2019年3月時点で1億再生を突破し、多くの人々に和楽器バンドの名前が知れ渡りました。

和楽器バンド / 千本桜



和楽器バンドの真骨頂が聴ける楽曲『天樂』

千本桜のみならず、和楽器バンドはカヴァーも含めいくつもの名曲を世に送り出しています。

その中で最も和楽器バンドの雰囲気や魅力を感じられるのが「天樂」という楽曲。



静かに艶やかな歌を聴かせるAメロ、和楽器の旋律が幾重にも重なるサビ。
気持ちいい疾走感に乗せて美しく静と動を表現しており、和楽器バンドならではの「和」を感じられる繊細なアレンジが実にかっこいい。

実はこの楽曲も千本桜と同じくボカロ楽曲のカヴァーなのですが、原曲自体がとても和風な千本桜と異なり、天樂の原曲は和がテーマではあるもののサウンドやアレンジは骨太なギターロックなのです。

カヴァーということを忘れてしまいそうなくらい和楽器バンドらしさが色濃く表現されているこの楽曲こそ、和楽器バンドの魅力を体現していると言えますね。

【和楽器バンド】天樂 Tengaku 【VOCALOID】



オリジナル楽曲で紡がれる儚く雅な詞世界

多くの曲を美しくカヴァーしている和楽器バンドですが、そんな才能溢れる音楽家達が生み出すオリジナル楽曲は、カヴァー楽曲よりも更に強い世界観を放っています。

その一番の要因は「歌詞」

和楽器バンドのオリジナル楽曲の歌詞はコンセプチュアルかつ美しく、和楽器のサウンドだけでなく歌詞もまた和楽器バンドの大きな魅力の1つなのです。

オリジナル楽曲の作詞者は楽曲ごとに違います。主に作詞を手掛けるのはボーカルの鈴華ゆう子、箏のいぶくろ聖志、和太鼓の黒流、ギターの町屋、ベースの亜沙。

曲ごとに作詞者は違えど、共通しているのは「儚く雅な詞世界」です。

作詞者それぞれの言葉でその楽曲を儚く美しく彩る。
そんな魅力的な和楽器バンドの歌詞は、まだちゃんと和楽器バンドを聴いたことがないという人であれば是非歌詞をチェックしながら聴いてほしいですね。



どの楽曲の歌詞も素晴らしいのですが、特に歌詞の美しい世界観が生きている楽曲の1つに「Strong Fate」という楽曲があります。

----------------
聴こえる聴こえる 地を這い嘆く声
彷徨う彷徨う手のなる方へ
ただ
消えゆく消えゆく 残響の中で
蠢めく揺らめく 幻影をみる
≪Strong Fate 歌詞より抜粋≫
----------------

この楽曲の作詞を手掛けたのはボーカルの鈴華ゆう子。
妖艶なルックスを持ちながら詩吟の師範でもある彼女ならではの美しい詞が楽曲の世界観を見事に創り出していますね。


次なるステージへ

2016年には日本武道館公演、2018年には横浜アリーナ公演。そして今年1月にはさいたまスーパーアリーナでの2days公演を成功させ、日本屈指のバンドとして飛躍を続ける和楽器バンド。

この他にもオーケストラとのコラボレーションや世界文化遺産でもある宗像大社でのライブ、更には国外イベントへの出演に北米単独ツアーの開催とその人気は海外まで拡がっています。


【画像】和楽器バンド たまアリを歓喜で彩る決意の大新年会!


そんな和楽器バンドが去年の11月に発表した最新シングル「細雪」。

同年4月に発表された最新アルバム「オトノエ」のリードトラックとして発表後、映画「恋のしずく」の主題歌、TVアニメ「京都寺町三条のホームズ」のテーマソング、そしてショートフィルム「遠い時間、月の明かり」の主題歌という3つの大型タイアップが発表されました。

待望のシングルカットとなったこの楽曲は、和楽器バンドの進化の証明とも言えます。

これまで以上にロックと和楽器を絶妙に融合した美しく力強いサウンドとメロディ、そして曲の世界観を見事に表現した美しい歌詞となっています。

▼細雪の歌詞はコチラ

和楽器バンドがこれからも私達に素晴らしい音楽を届けてくれることを予感させます。


今回紹介した以外にも多くの名曲を生み出し奏で続ける和楽器バンド。
今後の更なる躍進に目が離せませんね。

和楽器バンドのアーティストページはコチラ


TEXT 武山和正

和楽器バンド(わがっきバンド)は、鈴華ゆう子(ボーカル)、神永大輔(尺八)、いぶくろ聖志(箏)、蜷川べに(津軽三味線)、黒流(和太鼓)、町屋(ギター)、亜沙(ベース)、山葵(ドラム)による8人組のロックバンド。詩吟と、尺八・筝・三味線・和太鼓の和楽器、ギター・ベース・ドラムのロ···

この特集へのレビュー

男性

楽太郎三世

2019/06/16 08:49

どうしてもVoであり リーダーでもある鈴華ゆう子が注目されがちだが、私は尺八師範の神永氏と、和太鼓の世界で若手を育てている黒流氏にもスポットを当ててほしいと思う。兎に角凄い面々だと思う

みんなのレビューをもっとみる

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

和楽器バンド 最新情報

リリース情報

●NOW ON SALE
NEW LIVE DVD & Blu-ray
「和楽器バンド 大新年会2019さいたまスーパーアリーナ2days 〜竜宮ノ扉〜」

和楽器バンド Profile

詩吟、和楽器とロックバンドを融合させた新感覚ロックエンタテインメントバンド。

国内外においてライブを積極的に行い、昨年は結成から3年経たずして初の日本武道館公演、海外においては初のニューヨーク単独公演と初の北米単独ツアーを開催。今、音楽シーンにて最も勢いのあるロックバンドとして注目を集める。

▷和楽器バンドオフィシャルサイト

アニメ「叛逆性ミリオンアーサー」過去へ…

心に響く歌詞と、圧倒的なパフォーマンス…