1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. J-POP&特集
  5. 2019年ブレイク必至の注目アーティストを紹介!

【特集】2019年ブレイク必至の注目アーティストを紹介!

星の数ほどいるアーティストの中から、もうすでに密かなブームがきているアーティストや、今年デビューしたてのホヤホヤなアーティストまで、選りすぐりをご紹介していきましょう!

公開日:2019年4月18日 更新日:2019年5月29日

Editor

時雨


この記事の目次 []
  1. ・ジャンルフリーなアーティストがたくさん!
  2. ・ブレイク必至の注目アーティスト
  3. ・須田景凪 (すだ けいな)
  4. ・Aimer(エメ)
  5. ・Rei
  6. ・さなり
  7. ・崎山蒼志
  8. ・2019年は新しい自分の「スタイル」で♪

ジャンルフリーなアーティストがたくさん!

音楽は日々、生まれています。一年単位で考えても数えきれないほどたくさんのアーティストがデビューします。ほんの数年前までは、音楽専門学校や大手音楽事務所、音楽レーベルなどが主催のオーディションを受けて、デビューへの切符を掴むのが一般的でした。

しかし、近年ではYOUTUBEなどの動画媒体で披露される歌ってみた動画や路上ライブの生中継、ニコニコ動画内でも大人気の音楽Pによる創作動画。もっとも手軽に世界にむけて音楽を発信することができます。そこで注目を浴びデビューに至るケースも多々あります。

凄まじいですよね。笑

しかし、手軽に情報発信できる=情報が増えるという事です。そんな情報が溢れてしまうとなかなか自分の音楽センスに突きささるアーティストに出会うのも一苦労ですね。

つまり、これまで以上に”オススメアーティストを見つけにくくなった!”という事でもあります。

加えて、最近では音楽ジャンルも多くなりました。ジャンル分けの定義さえ曖昧です。これってロックだっけ?ポップス?え?ボカロ?迷いますよね。

いやいや…そんなことは、もはや考えなくていいんです!まずは聴いてみなけりゃ分からない…自分の心に刺さればオールオッケー!

ということで、本記事では、兎にも角にも一度聴いてみてほしい触れてほしい2019年ブレイクアーティストをずらりと紹介します!

ブレイク必至の注目アーティスト

須田景凪 (すだ けいな)


須田景凪のデビューは2013年「バルーン」という名義でした。

作詞・作曲バルーンのボカロ曲『シャルル』が超人気な3つの理由を教えます!

ボカロPとしてYouTubeやニコ動などで徐々に人気が高まり、2017年にソロアーティスト”須田景凪”が誕生しました。

ん?なんかこのエピソード…どこかで聞いたことがあるような??そうそう!あの方!なんてことはとりあえず置いておいて…。

すでにバルーン名義での『シャルル』はご存知の方も多いでしょう。2017年のカラオケ総合ランキングで1位獲ってますからね♪

彼の印象は、とにかく器用!ボカロPの方は天才肌が多いのでしょうか?

冒頭でいきなり走るギター、ヴォーカルが始まるといきなりの高音に早口!歌唱力も抜群で、一気に彼の世界観に惹きこまれていきます。

▼オススメ楽曲の歌詞
----------------
身を焦がす様な鮮やかな群青
きっと間違えてはいないよね
繋がった手に尋ねていた
≪パレイドリア 歌詞より抜粋≫
----------------

優しめなJ-POPよりな楽曲「パレイドリア」
須田景凪の歌詞は、特別難しくはありません。意外な事に、読めばスッと理解しやすい言葉が並んでいます。

ボカロPの出身だと、歌詞も難解なのかと思ってしまいそうですがそうではなく、どちらかといえば優しめなJ-POPよりです。

----------------
下らない理想で笑い合っていた
この日々の終わりに隣にいたいもんな

不確定 今夜 変わらない関係
もっと夢を見ていたいのに
ほら夜は沈んでいくんだね
≪パレイドリア 歌詞より抜粋≫
----------------

なんて優しい歌詞なんでしょう…さては顔面も相当なイケメンでは?!なんて妄想が爆発しそうな、男性にしてはスウィートな歌詞でしょ?

そんな妄想を膨らませながら、動画にもかじりついてみてください。

▼田景凪「パレイドリア」MV


須田景凪(すだけいな)は、日本のミュージシャン、シンガーソングライター、作詞家、作曲家である。また、「バルーン」の名義でボカロPとしても活動している。所属はA-Sketch、レーベルはunBORDEである。2013年にニコニコ動画に「造形街」を公開したことをきっかけに、動画サイトに楽曲を発表する···




Aimer(エメ)


一切のプロフィールが公表されていないなぞの女性アーティスト、”Aimer(エメ)”です。

すでに本サイトでも取り上げられていますが、2019年は増々の飛躍が期待できるのではないかという事で、注目のアーティストとしてご紹介します。

奇跡の歌声を持つ歌姫「Aimer」の魅力を語ってみた!

彼女のデビューは2011年です。その後Aimerは着実にその知名度を上げ、2019年1月にリリースされた『I beg you/花びらたちのマーチ/Sailing』は、映画「Fate/stay night」の主題歌となり、オリコンチャートで初の1位を獲得しました。

▼オススメ楽曲の歌詞
----------------
ねえ輪になって踊りましょう
目障りな有象無象は全て
たべてしまいましょ
スパイスは堪え難いくらいがいいわ
lie, lie, lie, la la la...
≪I beg you 歌詞より抜粋≫
----------------

Aimerの最大の魅力はその”歌声”です。

過去に声帯を痛め治療を余儀なくされた経験を持ち、現在のような歌い方に辿りついたのですが、この『I beg you』は曲調・歌詞ともにそんな彼女の”世界”をそのまま表現していると感じます。

この楽曲でオリコン1位を獲得したことによって、2019年は彼女に一気に注目が集まる事が予想できるでしょう♪

▼Aimer 『I beg you』(主演:浜辺美波 / 劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]」Ⅱ.lost butterfly主題歌)


Aimer(エメ) シンガー 15歳の頃、歌唱による喉の酷使が原因で突如声が出なくなるアクシデントに見舞われるも、数年後には独特のハスキーで甘い歌声を得ることとなる。2011年にシングル「六等星の夜」でメジャーデビュー。 代表曲「蝶々結び」などを収録した4thアルバム「daydream」を2016年9···


Rei


Reiは、2019年ブレイクが期待されるアーティストとしてYouTubeから「Artist to Watch」の一人に選ばれているアーティストです。

YouTubeが注目しただけあって、彼女のギタープレイは最高!

ブルースに影響を受けていることから、楽曲はポップであってもどことなくブルースの”味”がする所が面白いんです。

▼オススメ楽曲の歌詞
----------------
皆の衆
ちょちょっと待って
今やるって 急いだって
しょうがない
≪LAZY LOSER 歌詞より抜粋≫
----------------

Reiのヴォーカルは、伸びる高音に滑舌はっきり!英詞がほとんどを占めていますが、覚えやすく誰でも簡単に歌えます♪

----------------
I've been LAZY all my life and
明日やるやる詐欺はやめたい
I've been LAZY all the time oh
三日坊主と二度寝に goodbye

oh oh oh oh oh oh no
I'm a LAZY LOSER yeah,
I'm a LAZY LOSER
oh oh oh oh oh oh no
I'm a LAZY LOSER yeah,
I'm a LAZY LOSER oh yeah
≪LAZY LOSER 歌詞より抜粋≫
----------------

ここで紹介した『LAZY LOSER』なんかは皆でカラオケでシャウト!なんて時にピッタリの曲♪

友達に合いの手を入れてもらったりして楽しめる楽曲でしょう♪

あいみょんに続き2019年は、ギター片手にポップなブルース(?)を歌うシンガーソングライター「Rei」に注目です!

▼Rei - "LAZY LOSER" (Official Music Video)


Reiは、1993年2月5日生まれ兵庫県伊丹市出身のシンガーソングライター・ギタリスト。2014年10月にライブ会場限定でファーストミニアルバム「BLU」を発売開始し、翌年2月には全国リリースも果たした。収録曲である「Long Way to Go」が「三越伊勢丹キャンペーン:これがわたしのthis is japan」に起···



さなり


若干16歳のラッパー「さなり」も、2019年ぜひ注目していただきたいアーティストの一人です!YouTubeで90万回再生されたデビュー曲『悪戯』はSKY-HIのプロデュースとしても有名です。

デビュー曲のちょっと背伸びした感じも良いですが、等身大の”今”を歌っているような「Prince」も16歳の”らしさ”があってとても良いです♪

▼オススメ楽曲の歌詞
----------------
爽快な夢をみてたbad days
real talk 時と共にサーフェイス
あっけなく終わるお互いのfate

好きにしなよ俺はこのままのペースで
苦い苦い苦いfake love
確かめ合う必要はない

24/7 隣にフレンズ yeah
フリーダム フリースタイル 君はいないね
≪Prince 歌詞より抜粋≫
----------------

まだ完成されていない透き通る”声”。ラッパーのイメージを覆す初々しいヴィジュアル…どこをとっても応援せずにはいられなくなるような存在です!

ご存知の方もいるかと思われますが、この「さなり」はAbema TVの「オオカミくんには騙されない」のシーズン5にも出演していました。やはり甘いマスクは映像向きでもあったんですね。(笑)

ラッパーとしては、小学生から動画をYouTubeにアップしていただけあってかなりの実力の持ち主!聞き取りやすいリリックや、伸びのある声に思わず聞き入ってしまいます♪

ヒップホップとかラップはちょっと…と苦手意識のある方も、すんなりと受け入れられるくらい”クセ”がありません。

▼さなり / Prince【Music Video】


2002年11月16日生まれ。 小学校低学年時にYouTubeに出会い、オリジナル動画の投稿を開始。 動画投稿の収入でパソコンを購入し、遊ぶように動画制作などを行っていた。 同じ頃、ラップミュージックと出会い、中学校に入るとフリースタイルラップで友達と遊び始め、中学2年生の頃からオリジ···




崎山蒼志



AmebaTVの「日村がゆく」という番組で頭角を現したシンガーソングライター崎山蒼志。

この番組に登場した時、彼は15歳。ほんのりと緊張感を感じさせながらも、圧倒的な技術力・リズム感をみせつけながら言葉のセンスが随所に光る歌を披露していまいた。

この素晴らしい弾き語りパフォーマンスに魅了された音楽関係者がたくさんいたと簡単に予想できる、それほど圧巻のパフォーマンスでした。


崎山蒼志がもつ、音の世界を、魅力あふれる歌詞をたっぷり紹介!!

脅威の感性の持ち主・崎山蒼志の魅力を語ってみた


▼オススメ楽曲の歌詞
----------------
裸足のまま来てしまったようだ 東から走る魔法の夜
虫のように小さくて 炎のように熱い

すばらしき日々の途中 こびりつく不安定な夜に
美しい声の針を 静かに泪でぬらすように

すばらしき日々の途中 こびりつく不安定な意味で
美しい声の針を 静かに泪でぬらして
≪五月雨 歌詞より抜粋≫
----------------

魅力的な角度で世界を切り取ったハイセンスな歌詞。少し独特な癖のある歌い方。圧倒的な演奏力。まだまだ若い崎山蒼志が描く世界観は、多くの人を魅了するでしょうし、非常に興味がそそる作品ばかり。

今後、彼が何を感じどんな言葉で様々なサウンドで築いていくのか、期待せずにはいられませんね。

「崎山蒼志の音楽」をぜひ、注目しましょう。

崎山 蒼志は、2002年8月31日生まれ静岡県出身のシンガーソングライター。所属事務所・およびレーベルはソニー・ミュージックアーティスツ。スリーピースバンド『KIDS A』のギターボーカルでもある。4歳からギターを弾き始め、小学6年生から作曲を始める。中学校三年生までに300曲を超えるオリジナル···



アーティスト単位ではなくバンドにフォーカスしたこちらの記事もぜひ、どうぞ!

2019年 大ブレイク間違いなしのバンド5選!


2019年は新しい自分の「スタイル」で♪


2019年になり、年号も「令和」となりました。

「平成」の時代も終わりを迎えた今年、これまでの自分の”スタイル”を変えてみるのも良いのではないでしょうか?

音楽の好みって、そうそう変えられるものではないですよね。

だがしかし!今年はそんな自分の殻を破ってみましょう!色んな音楽、色んなジャンルを超えて”新しい自分”に出会うのも楽しいですよ♪

TEXT:時雨


この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

”笑わない”昭和の歌姫・中森明菜の魅力…

悲しみの先へ…。関ジャニ∞「cryst…