1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. インタビュー
  5. エルフリーデ
  6. 期待のガールズバンド・エルフリーデ!平成の女の子を表す歌詞に注目

【インタビュー】期待のガールズバンド・エルフリーデ!平成の女の子を表す歌詞に注目

2017年の8月に結成、渋谷TSUTAYA O-Crestでワンマンライブを行うなど、デビュー前からメディアの注目を集めてきた4人組のガールズロックバンド、エルフリーデが4月24日に1st full album『real-Ize』を発表してメジャーデビュー。見た目の可愛らしさはもちろんのこと、その容姿を裏切る(?!)力強いサウンドに、きっと胸をつかまれるはず。

公開日:2019年4月25日 更新日:2019年5月9日


この記事の目次
  1. ・エルフリーデのバンド結成秘話
  2. ・メンバーのキャラクター
  3. ・音楽の道を目指そうと思ったきっかけ
  4. ・エルフリーデの魅力を出した『real-Ize』
  5. ・エルフリーデ 最新情報
  6. ・リリース情報
  7. ・エルフリーデ Profile

左から、星野李奈、みくる、山吹りょう、ゆーやん

エルフリーデのバンド結成秘話

──女性ロックバンドというと、敢えて女性らしさを強調するか、「女扱いしないでください!」って肩ひじを張るかのパターンが多いと思うんですが、エルフリーデはそのどちらでもなさそうですね。

星野李奈:まったく自然体ですね。だんだんこういうバンドって増えてくるんじゃないかと思いますが、エルフリーデが先導できればいいなと思っています。


──そもそもは、どういう経緯で結成されたんですか?

星野李奈:きっかけは私です。もともとサポートミュージシャンとしても活動していましたが、バンドでも売れてみたいと思っていました。そんなとき、サポートしていたバンドにいたりょうちゃんに出会ったんです。

「この子ヤバい。売れる」と思って声を掛けたら一緒にやるといってくれたので、最初はりょうちゃんの強いキャラを生かしたユニットをやろうかなと思っていたのですが、りょうちゃんはギタリストなので、弾きながら歌うのも大変かなと思ってボーカルとドラムを捕まえて、バンドにしました。

ゆーやん:捕まったのが、わたしとみくるちゃんです。

星野李奈:りょうちゃんのキャラクターと似たようなタイプでは意味がないと思って、違うタイプがいいなと思っていたんです。みくるちゃんはちょっとオトナなところもあるし、芯が強くて歌声もよかったので、りょうちゃんに紹介されて即、みくるちゃんの加入が決まりました。

そして、私と同じくサポートミュージシャンとして活動していたゆーやん。彼女は、サポートという立場なのにどのライブでもとても人気があったんです。それで、一緒にやろうって声をかけて、この形になりました。


──見事に、実力とルックスを兼ね備えたメンバーが揃ったわけですね。

星野李奈:ルックスは重視しました。性格ももちろん大事。楽器は、やっている以上弾けて当然という前提だったので、それプラスそのルックスと性格。そしてキャラクター性がかぶらないように、という考えでメンバーを構成しました。

メンバーのキャラクター

──なるほど。ではそれぞれのキャラクターを簡単に説明してください、

星野李奈:私はたぶん、真面目なんです。自分に高いハードルを設定する傾向があります。頼りにされると嬉しいですね。


──リーダーらしいリーダーですね。

星野李奈:というか、ベーシストというのがやっぱり合っているんだと思います。

みくる:“ザ・リーダー”です。本当に頼りになります。


──りょうちゃんはどんなキャラクターですか?

山吹りょう:うーん。マイペースなのかな。

星野李奈:男気あるよね。白黒はっきりしている。

みくる:ほわんとしているようでいて、しっかり自分を持っていますよね。

星野李奈:こういう見た目だし、“性格悪いんじゃないの”って勘違いされやすいんですが、単純に、本当にさっぱりした性格なんです。ストレートに、嫌なことは嫌っていうし、いいことはいいって言うし。だから、ガールズバンドには重宝される性格です。

山吹りょう:末っ子キャラです。


──あっ、末っ子なんですか?

星野李奈:このバンドの中では末っ子のポジションですね。見た目同様ですが、キャラは妹です。


──そうなんですね。では、ボーカルのみくるさんは?

みくる:普通です。

星野李奈:この答え方からわかるように、ツンデレなんです(笑)。


──自分のことをいうことに照れがあるのでは?

みくる:いえいえ、全然いいところがないんです。


──でも、李奈さんとりょうさんの紹介の時には、さっとお二人の良いところを話してくれましたよね?

星野李奈:そうなんです。みくるちゃんはすごくよく見てくれているんです。

みくる:私は周りに支えられているので。

星野李奈:でもこう見えてSっ気は強いんですよ。みくる様って呼ばれています。


──ああ、わかります。歌っているときの芯の強さに表れていると思います。

みくる:ええー? 出ていますか?

星野李奈:ボーカリストにあまりいないタイプですよね。絶妙です。


──ゆーやんさんは、どんなキャラだと自己評価していますか?

ゆーやん:どうなんでしょう? 自分ではそんなに天然キャラだとは思わないんですけど。天然って言われます。本当はしっかりした大人の女性になりたくて。

みくる:ちょっと静かにしてください(笑)。

ゆーやん:そういうふうになりたいと思っています。

山吹りょう:願望、ね。

ゆーやん:李奈が全部支えてくれているので、李奈が辛くなったときには私が支えられるような女性になりたいと思っています。李奈に頼りっぱなしなところがあるから。

星野李奈:ゆーやんはストイックなんです。頑固なくらいに。“もうお酒は飲みません”って宣言をしたら、それまで毎日飲んでいたのに、本当に1年間1滴も飲みませんでした。

ワイワイ楽しいのも大好きだし楽観的に生きてきたタイプなんですが、自分の中で何か1個目標を作ったら徹底してやりきるという、メリハリがとても強いタイプです。

山吹りょう:だけど天然でオバカ(笑)。

星野李奈:やばいんですよ。ゆーやんのエピソードは本当に尽きません。

みくる:“嘘でしょ?” ってことがよく起きるんです。

星野李奈:停めておいた自分たちの機材車を、スタッフの方が気を遣って移動させてくださったんですが、ゆーやんは元の場所にあった全く別の車に平気で乗り込もうとしていました。

山吹りょう:明らかに違う車なんですが。

みくる:そうそうそう。「なんか違うと思ったんだよね」とか言いながら戻ってきました。違うと思ったら乗っちゃダメ!

星野李奈:言い間違いや聞き間違いも半端なく多いんです。伝わっていると思ったら全く伝わっていないことがよくありますね。


──聞いているようで、聞いていないのかしら。

星野李奈:だからライブのMCも、ゆーやんの分は台本を作っています。それを読むんですが、それがまたたどたどしくて……。

山吹りょう:そうやって抜けているところもありそうなんですけど、ひとりで海外にも行っちゃうんです。

みくる:何だっけ、外国で、すごく基本的な単語が分からなかったんだよね?

ゆーやん:Todayがわからなくて……。

みくる:「2日」、Two Dayだと思ったんでしょ?


──それでもちゃんと帰って来られましたね。

ゆーやん:ネットもつながらない状態で、英語も全くわからないのに。

山吹りょう:それがすごい。

星野李奈:生命力が強いんですよね。ゆーやんが、ある意味バンド内の緩衝材になってくれていますね。私も真面目過ぎてキリキリしてしまう時があるし、りょうも猫みたいだし。そんなときにゆーやんがボケをしてくれて、和みます。

次ページ : 音楽の道を目指そうと思ったきっかけ

SHISHAMO『明日も』ヒーローと共…

日常に潜むyonigeを『顔で虫が死ぬ…