1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. 歌詞コラム
  5. FLOW
  6. 酒の名前がずらり!FLOW『Go! Go! Drinkers』

【歌詞コラム】酒の名前がずらり!FLOW『Go! Go! Drinkers』

メンバー全員がお酒大好きなFLOWですが、作詞を手がけたKOHSHIは大の酒好きと言われています。そんな彼が作った楽曲『Go! Go! Drinkers』。KOHSHIのことを歌っているかのような歌詞に注目してみていきましょう。

公開日:2019年5月16日 更新日:2019年5月16日


この記事の目次
  1. ・酒好きで知られるKOHSHI
  2. ・テキーラ愛が溢れている
  3. ・Go! Go! Drinkers
  4. ・毎晩繰り広げられる宴
  5. ・二日酔いもなんのその
  6. ・酒と戦う日々
  7. ・テキーラに捧げる歌
  8. ・FLOW 最新情報
  9. ・リリース情報
  10. ・ライブ情報
  11. ・FLOW Profile

酒好きで知られるKOHSHI


楽曲の作詞を手がけたKOHSHIは、酒好きだらけのFLOWメンバーの中でも大の酒好きである。特にテキーラが好きで、テキーラマエストロの資格まで取得してしまったほどです。

そんなKOHSHIは、テキーラ好きが歌詞に表れることもあります。『Bring it on!』や『Steppers high』など、さりげなくテキーラが登場する曲があります。

そんな中でもテキーラのために作ったとも言われている曲が『Go! Go! Drinkers』。タイトルからして陽気な酒飲みという雰囲気ですが、歌詞を見てみるとまさにKOHSHIのことを歌っているように聞こえます。

では、そんな『Go! Go! Drinkers』の歌詞を見ていきましょう。

テキーラ愛が溢れている

Go! Go! Drinkers


----------------
We're Fighting Drinkers オラ コモエスタス アミーゴ
We're Fighting Drinkers もっと高み目指して行こうぜベイベー
We're Fighting Drinkers 君はイカしたセニョリータ
Crazyな夜と踊りましょう
Shot! Shot! Shot! Shot! Shot! Shot! テキーラ!
≪Go! Go! Drinkers 歌詞より抜粋≫
----------------

歌い出しからテキーラが登場しますが、この曲はFLOWの15周年イヤーを記念して作られたアルバム『Fighting Dreamers』に収録されている楽曲です。

メンバーそれぞれが1曲ずつ手がける中、KOHSHIが作ったのがこの楽曲でした。テキーラのためだけに作ったとも言われるだけあって、ほぼテキーラのことしか歌っていません。

歌い出しの歌詞だけでも、KOHSHIのテキーラ愛がどれほどのものか伝わるでしょう。

毎晩繰り広げられる宴


----------------
日が沈んだらReady go ! 世代 性別 越えて飲もうぜ
夜行性さ完全にまるでバンパイアイヤイヤー
ビール 焼酎 バーボン ポン酒マッコリ もうなんでもござれ
グラス交わしたんなら もうみんな運命共同体
≪Go! Go! Drinkers 歌詞より抜粋≫
----------------

歌詞を見る限り、世代や性別関係なく、とにかく酒好きが集まった大宴会のようです。

おなじみのビールに焼酎、バーボンや日本酒など、酒の種類も豊富で、酒ならなんでもいい、といったところでしょうか。

----------------
日が昇るまでLet it go! 同じ話はループすんのに
回らない ろれつなら 酔っ払いヤイヤイヤイヤー
マジな話は無しよ! どーせ 明日忘れちゃってんだから
花咲き乱れた宴なら全員躁状態
≪Go! Go! Drinkers 歌詞より抜粋≫
----------------

日が落ちたら集まって、日が昇るまで続く宴。まさに酒豪達の集まりです。気持ちよく酔っているからこそ腹を割って話せることもあります。次の日には忘れてしまっていることも、気持ちよく付き合える理由かもしれません。

とにかくハイになって、その一瞬を思い切り楽しむ。酒飲み達にとっての天国と言えます。

二日酔いもなんのその


----------------
二日酔いなら迎えよう 今宵も鳴り止まない誘い
No !と返しちゃっといて やっぱYes!Yes!Yes!Yes!YES!
揺さぶられてたまるか 上がるガンマGTPの数値に
泳ぎきってみせるさこれはアルコール大航海
≪Go! Go! Drinkers 歌詞より抜粋≫
----------------

当然、夜が明けるまで飲み倒していれば二日酔いにもなります。しかし二日酔いなんてなんのその、誘い断ることなく、今日宴に繰り出します。

「ガンマGTPの数値」という歌詞が非常にリアルで面白いところです。ガンマGTPというのは肝臓に関する数値で、これが高いと肝臓に異常が起きている可能性があります。

KOHSHIが本当に酒飲みだからこそ登場してくる言葉です。しかし、数値の高さも気にせず、アルコールの海を泳ぎ切ろうとしているところがさすがです。

酒と戦う日々


----------------
寝ちゃダメと寝ちゃダメと光るボトルよ
ちっちゃいのそろそろ行っとこうか?
≪Go! Go! Drinkers 歌詞より抜粋≫
----------------

1番の歌詞では、眠気に打ち勝ってテキーラに手を出します。眠気と戦ってまで酒を飲み続けるあたりが、酒豪っぷりを表しています。

----------------
大丈夫と 大丈夫と嘯くそぶり
何と戦ってんのだろうか?
≪Go! Go! Drinkers 歌詞より抜粋≫
----------------

2番では大丈夫と嘯きながら酒を飲み続けます。連日酒を飲み続けていれば酒も抜けきらず、体調が優れないこともあるでしょう。それでも酒を飲み続けることに意味はないのでしょう。

「何と戦ってんのだろうか」という歌詞に、KOHSHIの本音を見たような気がして面白い部分です。そうは言っても飲むのですが。

テキーラに捧げる歌


----------------
We're Fighting Drinkers オラ コモエスタス アミーゴ
We're Fighting Drinkers もっと高み目指して行こうぜベイベー
We're Fighting Drinkers 僕はイカれたマルガリータ
Freakyな愛に狂いましょう
Shot! Shot! Shot! Shot! Shot! Shot! テキーラ!
≪Go! Go! Drinkers 歌詞より抜粋≫
----------------

ラストのサビでは愛に狂っています。毎晩酒飲み達と集まり、酒を酌み交わし、二日酔いもなんのその。ここまでテキーラのことしか歌っていない曲もそうはないでしょう。テキーラマエストロの資格まで取得してしまうほどの愛があってこその歌詞です。

日々酒を飲みまくっているだけあって、KOHSHIも健康には気をつけているようですが、お酒で体を壊すことのないよう、健康には気をつけて欲しいですね。

あまりの酒豪ぶりにひやひやしつつも、テキーラ愛をこれでもかと見せつけてくる『Go! Go! Drinkers』は、ある種のラブソングとも言えそうです。

TEXT 岡野ケイ

FLOW 最新情報

リリース情報

●2019年4月10日(水)
11th ALBUM『TRIBALYTHM』

★初回生産限定盤
価格:6,926円(税抜)
内容:CD+BD

★通常盤
価格:3,000円(税抜)
内容:CD

【CD収録楽曲】※初回生産限定盤・通常盤共通
01. TRIBALYTHM -Intro-
02. 風ノ唄
(「テイルズ オブ」シリーズ20周年記念TVアニメ「テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス」オープニング主題歌)

03. Break it down
(2019年配信予定「NARUTO×BORUTO」 新作ブラウザゲームタイアップソング)

04. 火花
05. PENDULUM
(PC・アプリゲーム「コードギアス 反逆のルルーシュ ロストストーリーズ」テーマソング)

06. サンダーボルト
07. INNOSENSE
(「テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス」第2期エンディング主題歌)

08. 音色
(ドラマ「幸色のワンルーム」(ABCテレビ)主題歌)
09. BELIEVER
10. Smells Like 40 Spirit
11. BURN
(PS3、PS4用ゲームソフト「テイルズ オブ ベルセリア」)

12. ONENESS(日本武道館テーマソング)
13. アイオライト
14. TRIBALYTHM -Outro-

【Blu-ray Disc収録内容】※初回生産限定盤のみ
・150分を超えるライブ映像完全収録
・15th Anniversary Final「FLOW LIVE BEST 2019 in 日本武道館 ~神祭り~」ドキュメンタリー等(※収録内容詳細は後日発表)


ライブ情報

●FLOW LIVE TOUR 2019「TRIBALYTHM」

【2019年】
5月26日(日) 横浜Bay Hall
6月9日(日) 福岡DRUM LOGOS
6月15日(土) 札幌ペニーレーン24
6月22日(土) なんばHatch
6月29日(土) 名古屋ダイアモンドホール
7月6日(土) 仙台Rensa

【全公演共通】
チケット:5,300円(税込 / オールスタンディング)

[備考]
※未就学児童も入場可能。入場者全員チケットが必要。
※オールスタンディングのため、 各自の責任のもと参加のこと。
※ライブハウスで開催する本ツアーにおいては、ペンライト、 サイリウムなどの“光り物”の使用は不可。
※入場の際、別途ドリンク代(¥500)が必要。

【チケット先行】
オフィシャルサイトチケット先行は、ローソンチケット(紙チケット)/LINEチケット(電子チケット)の2種類から選択可能。ローソンチケット・LINEチケットのうち、どちらか1種類を選択してエントリー。

複数公演エントリーの場合も、 全て同じ種類でエントリー。1公演でも別の種類からのエントリーがあった場合は、全てのエントリーが無効(落選)。どちらを選択しても、当選確率・入場順などの優劣は一切なし。受取方法などの違いがあり。案内をよく確認の上、 どちらか一方からエントリーのこと。

FLOW Profile

KOHSHI(Vo)、KEIGO(Vo)、TAKE(Gt)、GOT’S(Ba)、IWASAKI(Dr)の5人組ミクスチャーロックバンド。

兄弟であるKOHSHI(兄、Vo)、TAKE(弟、G)が1993年から音楽活動を始め、1998年にFLOWを結成。99年にKEIGO(Vo)、GOT’S(Ba)、2000年にIWASAKI(Dr)が加わり現在の形となる。

2003 年にシングル「ブラスター」でメジャーデビュー以来、ツインボーカルが織り成すメロディの強さと幅広い音楽性を武器に多くのヒット曲を世に放つ。特にアニメ作品との親和性に定評があり、アニメ『NARUTO-ナルト-』オープニングテーマ「GO!!!」や、『コードギアス反逆のルルーシュ』オープニングテーマ「COLORS」、『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』オープニング主題歌「風ノ唄」など、数多くのアニメ作品のテーマ曲も手がけている。

さらに2006年以来、海外での活動にも精力的に取り組み、アジア、北米、南米、ヨーロッパなど、これまでに18ヶ国55公演を超えるライブ実績をもち、”ライブバンド”として国境を越えて音楽を届けている。

2018年には、これまでにコラボレーションを重ねてきた数々の歴代アニメ主題歌・関連曲だけにフォーカスを当て、15th Anniversary TOUR 2018「アニメ縛り」と題した日本全国と中南米5カ国でのツアーを行い、アニメ・ロックといったジャンルを超えたライブを全世界で繰り広げた。

2019年1月には、10年ぶり2度目の日本武道館単独公演を成功させ、4月にオリジナルアルバム「TRIBALYTHM」(トライバリズム)を発売。アルバムを引っさげた全国7都市を回るFLOW LIVE TOUR 2019「TRIBALYTHM」を開催。

▷FLOW武道館2019特設サイト
▷FLOW OFFICIAL SITE

夜の本気ダンス♪これでノれなかったら嘘…

山下智久から漂う”男の色気”とは?『S…