1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. インタビュー
  5. ラックライフ
  6. 【インタビュー】ラックライフPONが語る「文豪ストレイドッグス」EDに込めた未来

【インタビュー】ラックライフPONが語る「文豪ストレイドッグス」EDに込めた未来 (3/3)


『meaning』はメンバーから早口の歌を希望された曲



──カップリングの『meaning』は、ギターリフがめちゃめちゃオシャレな楽曲ですね。曲が生まれたきっかけを教えてください。

PON:ふふ(笑)南国な感じがしますよね。この曲はメンバーがこの感じの曲が欲しいっていう事で、アレンジを考えてくれていて。それで“どんなメロディーが良い?”って話をしたらメンバーから“なんかわからんけど、早口な感じが良い”って言われて(笑)


──早口な感じ(笑)

PON:それこそさっき言った替え歌の適当の言葉を並べて、それが成長していったらこうなったっていう感じです。


──「君」という存在に送りたい応援歌にはなっていますよね。

PON:そうですね。適当な言葉を並べているとハマる言葉が出てくるんですよ。なんの意味もないけど、“ぴったりだなこのフレーズ”っていうのがあって。それが出てきたのが出だしの「アテンションプリーズ」だったんです。「アテンションプリーズ」って何に注目しているんやろうなって考えていたら、やっぱりライブの事を見て欲しいなって思って。“じゃあ、ライブハウスの曲を作ろう!”って思い立って、作り始めました。

僕も最初はライブを見ている側で、アーティストの楽曲を聴くたびに“元気でるなー”って感じて沢山の事を貰っていて。そういう存在になりたいなって思ってバンドを初めたんです。それからステージ側に立ってみて、“元気になれよお前ら~!頑張れよ~!”って気持ちでライブをしているんですけど、それをやっていくうちに自分も元気になっているんです。

あげるつもりやのに、自分が貰っている気がする。そういったパワーの循環があって、元気が元気を呼んでいる(笑)そういう関係がライブハウスで生まれているのって、すごく素敵な事だと思うんですよ。


──ライブハウスの事を歌っていたんですね。その関係性は素敵です!

PON:実はその関係性って偶然生まれているものなんですよね。対バンイベントでたまたま俺らのライブ見てくれたとか、YouTubeでたまたま見て気になってくれたりとか、そしてたまたま『文豪ストレイドッグス』を見て聴いてくれた人がいたりとか。

そういう偶然を運命的にすることは、自分たちで出来るんじゃないか!って思いました。ギュッと手を握り合えば、“これ絶対運命やん!”って言い合えるはずなんです。それぐらいの気持ちで俺らは、歌をあなたに歌っているよっていう事を伝えたいです。


──出だしに「アテンションプリーズ」が来るのはすごいですね!

PON:ねー!「アテンションプリーズ」が来るとはびっくりしましたよ(笑)


──運命という話が出ましたが、PONさん自身運命は信じるタイプですか?

PON:全然信じないです。ただ運命だと思えば運命になると思うし。運命は自分で作るもんだと思います。


──「ズラリと綺麗に並べた不満 おトイレにさっぱり流してしまうおう」という歌詞は、ユーモア溢れる内容ですが、確かに!って納得させられるなと思いました。

PON:(笑)遊び心で作りました。僕、結構ブーブー言っちゃうタイプなんですけど、世の中もっとブーブー言っちゃう人も多いじゃないですか。Twitterとか見てても不満な事しか呟いていない人もおるし。それに対して誰が得をする?って日々思っていて。マイナスな発言をしても何も変わらへんけど、でもその気持ちはわかるでっていうことで、こういう歌詞が出来上がりました。


──SNSとかは結構見られるんですか?

PON:めっちゃ見ます。Twitterに張り付いていますね。趣味エゴサーチ(笑)


──PONさんは日頃熱いメッセージを、Twitterに投稿されていますよね。

PON:(笑)あれは、忘れたくないメッセージで自分メモみたいな感じです。ライブでどんな事を思ったか?とか、あとは文章を書く事が好きやから。でもインスタグラムとかは苦手です。


──写真だから?

PON:そう(笑)文章の方がやりやすいですね。

友達に向けた応援歌「フレンズ」



──3曲目の『フレンズ』は、友達に向けた応援歌でしょうか?

PON:まんまですね。これは去年、すごく沢山友達に会う機会があって。俺らラックライフって4人とも高校の同級生なんですけど、高校の同級生男10何人で“旅行に行こうぜ!”ってなって旅行に行ったりもしました。

あと、地元のライブハウスが周年やからお世話になった人集めて、“飲み会しようぜ!”って企画して60人ぐらい集まったりもしました。友達の結婚式もあったし。まとまって友達に会う機会が多かったので、それですごく元気をもらったんですよね。何年ぶりに会ったかわからん奴にも、そのまんま昔のように話したりできる現象もあって。

その中で喋っていく内に、“お前会ってないうちにめちゃくちゃ苦労してるやん”みたいな奴もいたし、俺もそれなりに頑張ってきたと思うし。会ってないけど、違う所で頑張っていて、その先で今昔のままで会える関係が良いなって思って。じゃあ、あいつらに向けて曲を書きたいなって思ったのが始まりです。


──お友達と会う機会が多かったんですね。そこから生まれたとは!

PON:そうなんですよ。これはカワセくんの曲です(笑)


──カワセくん…?

PON:同い年のカワセくんです!“カワセおるやん!”って話したのがきっかけでした。


──そういった日常的な歌詞を盛り込むんですね。

PON:PONはそればっかりですね。脳みそとか感覚がめっちゃ普通の人なんですよ。だから人並に悲しくなるし、浮かれたりもするし、楽しくもなるし。でも小っちゃい事を見逃さないように生きていたいなって思っています。

例えば、“今日のお味噌汁はさつまいも!よっしゃあ~!”みたいな。それぐらいの幸せレベルで生きていたいなって思うタイプなんで。だから一々落ち込んで、元気になってと忙しい毎日です。


PONが選ぶピックアップフレーズ!

──では、『Lily』、『meaning』、『フレンズ』の中でお気に入りのフレーズを教えてください!

PON:『Lily』からは、「僕のまんま走れるように振り向かない今は」が好きですね。僕ね、振り向くのが好きなんですよ。振り向いて過去に浸って、あの頃は良かったよなって話すのがめっちゃ好きなんですけど、それをやっちゃいけない瞬間もあるんですよね。振り向きたいのは山々やけど、前を向かなきゃあかんって気持ちがすごく出た歌詞です。




──『meaning』ではどうでしょうか。

PON:「名もなき歌が誰かの道しるべになる」が良いです。これはいいとこや(笑)僕が作る歌は最初、名もなき歌なんですよ。俺しか知らへん歌が、歌っていくうちに誰かの道しるべになって支えになっていく。そんな素敵な事はないって部分です。


──『フレンズ』ではいかがでしょうか。

PON:むずいな~(笑)「フレーフレーさんきゅな出会ってくれて また会う日まで 頑張れ君はそっちで」が好きです。この言葉通り、ほんまにありがとうって思います!


──最後に『Lily』がどんな一枚になったかというのと、6月から始まる『Lily Release ONE-MAN TOUR』への意気込みをお願いします。

PON:僕らは今を歌うバンドなので、今どれだけPONが一番想っている事をこの3作に書きました。その想いを受け取って頂けたらと思います。ライブハウスでライブをするってことは、その日何を想ってこの瞬間誰を想うかみたいな瞬発力があると思うので、どんなライブになるかは言えへんし。

でも絶対楽しいものにはしたいと思っているし、そこにあなたがいてくれたらハッピーです!一生懸命歌いますので、ライブハウスに遊びに来ていただけたらと思います!



TEXT 本間美音
PHOTO 大西基

※初掲載時にライター名を誤って公開しておりました。関係者並びにご覧の方におわび申し上げます。

高校の同級生でもあるPON(Vo&Gt)、ikoma(Gt&Cho)、たく(Ba)、LOVE大石(Dr)の4人からなるギターロックバンド。 前身バンドを経て2008年にバンド名をラックライフに改名し、大阪・東京を中心に本格的な活動を開始。 2014年、1stシングル「ハルカヒカリ」でインディーズデビュー。 そ···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

『Flamingo』に棲む、米津玄師と…

神様、僕は気づいてしまった『20XX』…