1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. 歌詞コラム
  5. フジファブリック
  6. 過去を繋いできたフジファブリックが、ありのままを歌う「破顔」

【歌詞コラム】過去を繋いできたフジファブリックが、ありのままを歌う「破顔」

このアーティストの関連記事をチェック

その胸のざわつきを、フジファブリック「…

「フジファブリック」友の遺志を継いで進…

フジファブリックの10thアルバム『F』に収録されている「破顔」は、壮大なストリングスと重厚なサウンドが特徴の楽曲だ。その歌詞には、壮絶な過去を乗り越え、ありのままに未来に向かおうとする彼らが表れている。今回はその決意を読み解いていく。

公開日:2019年5月8日 更新日:2019年8月9日


この記事の目次 []
  1. ・消えかけた未来を繋ぎ止めた覚悟
  2. ・破顔
  3. ・「ありのまま」で先へ
  4. ・過去も今も受け止めて進んでいく

消えかけた未来を繋ぎ止めた覚悟


2004年にメジャーデビューした「フジファブリック」は、抒情的なメロディと歌詞が魅力的なロックバンドである。

かつてのVo/Gt、志村正彦を中心に結成。ほとんどの楽曲の作詞作曲を志村が担当していたが、2009年12月、志村正彦が急逝。

2011年に、残されたメンバー、山内総一郎(Vo/Gt)、金澤ダイスケ(Key)、加藤慎一(B)の三人が新体制で再活動。メンバー全員が作詞作曲を担当することに。2014年には、初の日本武道館を成功させた。

2019年にバンドはメジャーデビュー15周年を迎え、10月には大阪城ホールでの公演が決まっており、バンド史上最高の勢いを感じることができる。

そして2019年1月に発売された10thアルバム『F』は、変幻自在の多彩な楽曲が収録され、これまで積み上げた15年を体感できる一作となった。

その中の2曲目に収録されている、『破顔』。作詞作曲を担当するのは、現Vo/Gtの山内総一郎。

アニメ「3Dガール」のEDテーマにもなったこの曲の歌詞には、これまでの「過去」と「現在」の「ありのまま」を歌い、未来に向かおうとするフジファブリックがよく表れている。

今回は、そんな彼らの決意を紐解き紹介していく。

破顔


----------------
枯葉のリズム 終わりの季節 僕の手を引いてた
白い吐息は消えかけていた未来
≪破顔 歌詞より抜粋≫
----------------

紅葉の時期が過ぎ、四季の最後である冬を迎えた描写から始まるが、「僕の手を引いてた」と何処か引っ掛かりが見える。

冬といえば、植物や生物が眠りにつき、どこか寂しさを感じる季節である。そして志村正彦が亡くなった季節であり、バンドのみならずファンとしても、意識せざるを得ない季節だ。

その冬に起きた大きな喪失によりフジファブリックは、冬の日の「白い吐息」のように消えかけたのである。

----------------
遥かな空に霞む星たち今日も揺らしている
微かな印でも奇跡と呼んでいたい
≪破顔 歌詞より抜粋≫
----------------

消えかけた未来を繋ぎ止め、「フジファブリック」という名前を残し新体制での活動を決めた三人。そんな並々ならぬ覚悟で掲げた決意は、時に明るさを変える瞬間があっても、常に星のように光らせてきた。

その覚悟から生まれた一瞬一瞬の節目は、どんな小さな出来事でも「奇跡」なのである。

----------------
繰り返しでも振り出しでもいい無邪気に見せて
≪破顔 歌詞より抜粋≫
----------------

これまで積み上げてきたものが無駄になってしまっても、また一から積み直さなくてはいけなくなってしまっても、ただ目の前の「音楽」に、彼らはまっすぐ向き合ってきた。

「ありのまま」で先へ


----------------
会いたい人に会えたかな なりたい人になれたかな
君が君らしくいることで僕が僕らしくいれたよ
≪破顔 歌詞より抜粋≫
----------------

志村正彦は亡くなる直前まで音楽に向き合い、自らの「音楽」を創り続けようとした男だった。そして彼にしか創れない様々な名曲を生み出した。唯一無二の彼の「音楽」を誰よりも理解していたのは、他ならぬメンバー達である。

だからこそ、彼らは、志村正彦の「音楽」と共に前に進むことを決めたのだ。

残された三人が、もし、志村の才能を超えようとしていたら、その過去に縛られ、バンドの存続はありえなかった。志村正彦とその「音楽」を愛し、志村らしさを全員で受け入れることで、「フジファブリック」は15周年を迎えることができたのだ。

志村正彦らしさが詰められた「音楽」と、残された三人の自分達らしさを出した「音楽」を共存させることで、過去を風化させることなく、現在へと繋いでこれたのである。

----------------
ただ息をする今日という日が何より素晴らしいことさ
何もいらない さあ行こう 心配なんか何もない 何もない さあ行こう
≪破顔 歌詞より抜粋≫
----------------

壮絶な過去を繋ぎ止めた彼らが歌う、あまりにもシンプルな喜びの言葉。全てを受け入れた、何も飾らない「ありのまま」の姿で未来に向かおうとする意志が伝わってくる。

タイトルに使われた「破顔」という言葉は、自然と顔をほころばせて笑う表情を意味しているが、この「ありのまま」の姿から零れた言葉なのだと考えることができる。

「フジファブリック」は現体制としての再活動から、精力的に新曲を発表し、新たなファンを獲得してきた。

そんな彼らから発せられた、「心配なんか何もない」、「さあ行こう」という歌詞は、困難を乗り越えてきた自信から生まれたフレーズであり、これから先も、飾ることのない、「フジファブリック」であり続ける覚悟が詰まった言葉なのだ。

過去も今も受け止めて進んでいく


メンバーはよく、ライブのMCやインタビューで志村の話を語る。

それは過去を断絶することなく、地続きでバンドを続けている証だ。

彼らが「ありのまま」に繋いでくれている「イマ」が、これまでとこれからのファンの双方を魅了させる。そしてその決意のままに鳴らした歌が、聴く人の心を共に先へと連れていってくれる。

彼らを遮るものは何もない、「イマ」を越えてどこまでも進んでくれることを期待する。

TEXT 京極亮友

2000年、志村正彦を中心に結成。2009年、志村が急逝し、2011年夏より山内総一郎(Vo/Gt.)、金澤ダイスケ(Key)、加藤慎一(Ba)の新体制で本格始動。 叙情性と普遍性と変態性が見事に一体化した、シーン屈指の個性派ロックバンド。 「銀河」、「茜色の夕日」、「若者のすべて」などの代表曲···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

平成から令和を股にかける"いちいち気に…

ASIAN KUNG-FU GENER…