1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. バンド&特集
  5. L'Arc~en~Ciel
  6. 才能の化学反応を魅せるバンド、L’Arc~en~Cielの名曲をご紹介!

【特集】才能の化学反応を魅せるバンド、L’Arc~en~Cielの名曲をご紹介!

日本が世界に誇るロックバンド、L’Arc~en~Ciel。フランス語で「虹」と意味するそのバンド名の通り、さまざまな色の音楽を楽しませてくれる唯一のバンドです。今回は、国境も時代も超えて語り継がれるL’Arc~en~Cielの名曲をご紹介していきたいと思います。

公開日:2019年5月18日 更新日:2019年5月18日


この記事の目次
  1. ・L’Arc~en~Cielについて
  2. ・L’Arc~en~Cielの名曲をご紹介
  3. ・虹
  4. ・あなた
  5. ・snow drop
  6. ・Driver's High
  7. ・SEVENTH HEAVEN
  8. ・幅広い音楽性が魅力!
  9. ・L'Arc~en~Ciel 最新情報
  10. ・リリース情報

L’Arc~en~Cielについて


L’Arc~en~Cielは1991年に結成された、hyde(Vo,)、ken(Gt,)、tetsuya(Ba.)、yukihiro(Dr.)の4人のメンバーによるロックバンドです。

メンバー全員が高い演奏技術を持ち、かつ全員が名曲を生み出す作曲能力を持っているというのがL’Arc~en~Cielの大きな武器となっています。

その音楽性の幅広さから彼らの楽曲は1つのジャンルに分類できず、「L’Arc~en~Ciel」というジャンルを作り上げているとも評価されています。

結成から25年以上経った今でも、名曲揃いのL’Arc~en~Cielの楽曲は色褪せることがありません。

L’Arc~en~Cielの名曲をご紹介


自身のバンド名を曲名に込めた、『虹』。ギターのアルペジオから始まり、歌いだしから一気に壮大な世界へと惹き込まれます。

この曲は1997年にリリースされた、元メンバーの逮捕により活動を休止していたL’Arc~en~Cielにとって活動再開のシングルとなる楽曲です。

----------------
時は奏でて
想いはあふれる
途切れそうなほど
透明な声に
歩きだした その瞳へ
果てしない
未来が続いてる
≪虹 歌詞より抜粋≫
----------------

「未来へ歩き出す」、そしてその未来は「続いている」。この言葉に、活動再開を待ちわびていた多くのファンの心は救われたのではないでしょうか。

生きていれば挫けてしまうこともありますがこの曲が心を強くし、前に進む力をくれます。

----------------
Ah 「少年は人の影に
歪んだ憎しみを見た」
そんな世界なんてもう
何も見たくないよ
何も!何も!何も!
≪虹 歌詞より抜粋≫
----------------

Cメロではパッと雰囲気が変わり、その構成もこの楽曲の魅力となっています。

心の奥底にある感情が溢れだすような、L’Arc~en~Cielが“今”何を思い、何を伝えたいかがひしひしと伝わってくるようです。

あなた


リリースから20年以上経ってもL’Arc~en~Cielの名曲として色褪せない存在感と人気を誇る楽曲です。

この楽曲を聴くと、L’Arc~en~Cielというロックバンドの魅力を改めて実感させられます。

----------------
胸にいつの日にも輝く
あなたがいるから
涙枯れ果てても大切な
あなたがいるから
≪あなた 歌詞より抜粋≫
----------------

確かなロックサウンドで奏でられる、感動的で幻想的なバラード。そして温かく力強い歌詞には心が震わされます。

幅のある音域で作られているゆったりしたメロディーやロングトーンから、ボーカルであるhydeの歌唱力や表現力をしっかり味わえるのもこの楽曲の魅力の1つです。

snow drop


『snow drop』は1998年にリリースされ、ミリオンセラーを記録したシングルです。歌いだしの低音からサビの高音までの音域の広さには度肝を抜かされます。

----------------
そう瞳閉ざしてないで
よく見つめてみて
真冬に咲いた
白いユキノハナに
今なら気がつくはず
≪snow drop 歌詞より抜粋≫
----------------

暖かい太陽の光に照らされた美しい冬の銀世界の中で、たくさんの命が春に向けて動き出すような景色が思い浮かびます。

Driver's High


エンジン音から始まり、イントロのかっこいいギターフレーズから少し気持ちを抑えさせるBメロやサビまでを焦らすような構成など、楽曲全体を通して、聴き手のテンションを突き動かすのがうますぎる楽曲です。

----------------
地平線に届くように
限界まで振り切ってくれ

Woh!
Clash! Into the
rolling morning
Flash! I'm in the
coolest driver's high

最高のフィナーレを!
Yeah!
≪Driver's High 歌詞より抜粋≫
----------------

熱くて楽しいロックサウンドに乗せられたやんちゃ心溢れる歌詞が童心に返らせてくれます。

まさにドライブしながら口ずさむのにもぴったりの楽曲ですね。

SEVENTH HEAVEN


L’Arc~en~Cielの音楽の世界を存分に味わうことのできる、エンターテイメント性に溢れた1曲です。

どこか幻想的にも感じられるロックチューンで、聴いているとその不思議な感覚が頭をハイにしてくれ、踊らずにはいられません。

----------------
我に続け さあ行こう 身体中の殻を破り
さらけ出す愛を繋ごう 抱きしめ合い確かめ合い
揺らめく楽園まで 失速しない待っちゃくれない
掴み取ってやるさ多分 Stairs to the seventh. Running up to heaven, Yeah!
≪SEVENTH HEAVEN 歌詞より抜粋≫
----------------

「我に続け」、とラルクが先導してどんどん彼らの世界観に惹き込まれて行きます。

自分自身をさらけ出し、解放的な気分になってただラルクの音楽をひたすら楽しめる。心も体も動かしてくれる楽曲です。

幅広い音楽性が魅力!


ほんの数曲を挙げただけでも、L’Arc~en~Cielの音楽性の幅広さに驚かされます。

どの曲もラルクにしか奏でられない音楽ばかりで、聴けば聴くほどL’Arc~en~Cielの世界の虜になってしまいます。

1つのバンドとは思えないほど、いろんな色を見せていろんな音楽を楽しませてくれるL’Arc~en~Ciel。メンバー全員が個々の才能を生かしてソロとして活動しており、そういった活動を通してもさまざまな音楽の魅力を発信してくれています。

しかし結成から25年以上経った今でも、まだまだこれからのラルクの活動や音楽を世界中が楽しみにしているのです。

TEXT ぽんつ

L’Arc?en?Ciel(ラルク・アン・シエル)は、日本の4人組ロックバンドである。 結成当初から現在まで変わらないメンバーは、ボーカルのHydeとベースのTetsuyaの2人である。 ギターは、1991年から1年弱でHiroが脱退し現在のKenが加入している。 ドラムは、1991年からはPero、1993年からはSakura、1···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

L'Arc~en~Ciel 最新情報

リリース情報

●GRASS VALLEY
『Original Album Remastered Edition Box』

[DISC 1]
1st Album『GRASS VALLEY』
 
[DISC 2]
2nd Album『MOON VOICE』

[DISC 3]
3rd Album『STYLE』

[DISC 4]
4th Album『LOGOS~行~』

[DISC 5]
5th Album『瓦礫の街~SEEK FOR LOVE』

[DISC 6]
6th Album『at GRASS VALLEY』

品番:DQCL-743~748
価格:12,500円+税
Sony Music Shop URL:
▷詳細はこちら

尾崎世界観とは違う視点で生み出される、…

倖田來未が歌う三つの"愛"「運命」「愛…