1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. 歌詞コラム
  5. RCサクセション
  6. 僕たちがRCサクセションの「スローバラード」に魅了される理由

僕たちがRCサクセションの「スローバラード」に魅了される理由

1976年に発表されたRCサクセションの名曲『スローバラード』。 当時のRCサクセションはまだ『雨上がりの夜空に』などでブレイクする前。その時の彼らは仕事もなく、不遇の時代を過ごしていた。 『スローバラード』はロック史に残る名曲であると同時に、当時の忌野清志郎の生活を反映した曲でもあるのだ。

公開日:2019年8月2日 更新日:2019年8月2日


この記事の目次 []
  1. ・実は実体験が元になった歌だった!?
  2. ・「メタ構造」が持つ魅力
  3. ・色あせない純粋さ

実は実体験が元になった歌だった!?

----------------
昨日はクルマの中で
寝た
あの娘と
手をつないで
市営グランドの
駐車場
二人で毛布に
くるまって
≪スローバラード 歌詞より抜粋≫
----------------

『スローバラード』の歌詞は情景描写から始まる、車の中で一夜を過ごすカップルの話である。



なぜ彼らが車の中で寝ることになったのかはわからない。途中でガス欠になったのかもしれないし、家に帰れない事情ができたのかもしれない。

しかし、この冒頭の歌詞はいつ見ても秀逸だと思う。なぜなら、使われている言葉は簡単な言葉のみ。

それなのに彼と彼女がお互いをどう思い合っているのか。その日の気温や湿度、お互いの体温といった微細な感覚が伝わってくるようだ。

「市営グラウンドの駐車場」などという単語は日本のロックで使われたことは無かっただろう。詩人としての忌野清志郎の才能は冒頭の数行だけにも溢れている。

「車の中で女の子と一夜を過ごす」というのは、実際に当時の忌野清志郎が体験した出来事だったそうだ。それをそのまま歌詞に書き起こしたのがこの曲だという。

実際はこんなにロマンチックな出来事ではなかったそうだが、いずれにしても素晴らしい歌詞だと思う。

「メタ構造」が持つ魅力

----------------
カーラジオから
スローバラード
夜露が窓をつつんで
悪い予感の
かけらもないさ
あの娘のねごとを
聞いたよ
ほんとさ
確かに聞いたんだ
≪スローバラード 歌詞より抜粋≫
----------------

車のラジオから流れてくる「スローバラード」。

それはもちろん、RCサクセションの曲ではない。



この曲の主人公たちは誰か別の歌手が歌った「スローバラード」を聞いている。しかしそういう状況を歌ったRCサクセションのこの曲は、まぎれもなく「スローバラード」の名曲なのだ。

この一種のメタ構造のようなものが、この曲を普遍的なものにしたひとつの要因かもしれない。

今に至るまで、RCサクセションの『スローバラード』をカーラジオから聞いたカップルは、日本中にたくさんいるはずなのだ。

当時の清志郎のように。

色あせない純粋さ

----------------
カーラジオから
スローバラード
夜露が窓をつつんで
悪い予感の
かけらもないさ
ぼくら夢を
見たのさ
とっても
よく似た夢を
≪スローバラード 歌詞より抜粋≫
----------------

あの子の寝言を聞いて、同じ夢を見る。

若い二人が互いの距離を縮め、未来に希望を持つ姿が想像できる。しかし、先にも書いたように当時のRCサクセションはロクに仕事もなく、レコードもまともに出せないような状況だった。

そんなどうしようもない状況の中で、それでもささやかな希望を持つしかなかった忌野清志郎の感情が『スローバラード』にはあると思う。

1980年代にRCサクセションが爆発的に売れ、彼らを取り巻く状況が一変しても『スローバラード』が持つ純粋さは失われることがなかった。

それはこの曲がもはや清志郎の実体験だけではなく、まだ何者でもない若者の青春そのものを時代を超えて描くスケールを持っていたからなのだと思う。

日本のロック史に輝く名曲『スローバラード』。ぜひ、車の中で聞いていただきたい。

TEXT まぐろ

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

愛する人から愛されないときの処方箋・コ…

選び取った今を生きるBase Ball…