1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. サカナクション
  6. サカナクション『グッドバイ』で山口一郎は何に別れを告げたのか?

【歌詞コラム】サカナクション『グッドバイ』で山口一郎は何に別れを告げたのか?

このアーティストの関連記事をチェック

夜に踊る意味を解き明かすサカナクション…

映画「バクマン。」は渾身の傑作!友情・…

様々な音楽ジャンルを組み合わせ作り上げる独自サウンドがたまらないバンド、サカナクション。そんな彼らの人気曲の中から、今回は「グッドバイ」の歌詞に込められた山口一郎の想いを読み解きます!

公開日:2019年8月22日 更新日:2019年8月22日


この記事の目次 []
  1. ・新たな出発の曲
  2. ・ヒットした先に見えた景色
  3. ・信じる道を行くという決意
  4. ・6年ぶりの新作でも重要な曲
2013年にアルバムをチャート1位に送り込み、紅白歌合戦にも出場したサカナクション。頂点を極めた彼らが次の一歩としてリリースしたシングルが『グッドバイ』です。しかしこの曲は勝利宣言ではなく、迷いと決別の曲だったのです。歌詞に込められた山口一郎の想いを読み解きます。

新たな出発の曲



『グッドバイ』は『ユリイカ』との両A面シングルとして、2014年1月にリリースされました。その前年、2013年のサカナクションはまさに飛ぶ鳥を落とす勢いでした。

2013年3月リリースの6thアルバム『sakanaction』で初のオリコンアルバムチャート1位を獲得。収録曲『Aoi』はNHKサッカー中継のテーマ曲となり、年末には紅白歌合戦にも初出場します。デビュー以降、着実にファンを増やしてきたサカナクションにとってひとつのピークとなった年でした。

その直後にリリースされたのが『グッドバイ』なのです。バンドとしてひとつの頂点に達した後、彼らがどこに向かうのか。

新たな一歩を踏み出す出発の曲と言っていいものでした。しかし、『グッドバイ』は頂点を極めた彼らの勝利宣言ではなく、迷いと決別の曲だったのです。歌詞に込められた想いを読み解いていきましょう。


ヒットした先に見えた景色


----------------
探してた答えはない
此処には多分ないな
だけど僕は敢えて歌うんだ
わかるだろう?
グッドバイ 世界から知ることもできない
不確かな未来へ舵を切る
グッドバイ 世界には見ることもできない
不確かな果実の皮を剥く
≪グッドバイ 歌詞より抜粋≫
----------------

サカナクションはクラブミュージックやダンスミュージックの要素を持ちつつ、ポップでキャッチーな曲作りを行ってきたバンドです。

山口一郎も、自分たちの音楽はアンダーグラウンドなクラブミュージックと広く大衆に受け入れられるポップミュージックを繋ぐものだと語っていました。

そういう意味では、アルバムが1位を獲得し、テレビでも自分たちの曲が流れる状況というのはサカナクションにとって目指していた場所だったはずなのです。

しかし、冒頭の一節から意外な言葉が飛び込んできます。
「探してた答えはない 此処には多分ないな」

「此処」というのは何処を指しているのでしょう。オリコン1位のことか、紅白歌合戦の舞台なのか、テレビの音楽番組で演奏したスタジオなのか。

いずれにしろ、2013年のサカナクションが経験した諸々のことすべてを含んでいるのではないかと思うのです。

アンダーグラウンドな音楽をメジャーな場所に繋げたい。そのために自分たちはメジャーな場所に行く。

売れる必要がある。そしていざ実際にその場所に立ってみたら…。

「探してた答えは此処にはない」
そんな虚無感のようなものが『グッドバイ』からは感じられます。しかし、それでも自分は歌うんだ、不確かな未来へ舵を切るんだという決意が歌われているのです。


信じる道を行くという決意



----------------
どうだろう
僕には見ることができないありふれた幸せいくつあるだろう
どうだろう
僕らが知ることのできないありふれた別れもいくつあるだろう
グッドバイ世界から何を歌うだろう
≪グッドバイ 歌詞より抜粋≫
----------------

2007年のデビュー以来、正確には2009年に東京に本格進出して以来、サカナクションは日本のミュージックシーンで「売れる」ことを目標のひとつにしていました。

色々な曲を分析し、シングルヒットを狙って曲を作ったこともあります。

しかしその結果見えてきたものは「ここは自分たちがいる場所ではない」という思いだったのではないでしょうか。

サカナクションがやりたくないことをやってきたとは思いません。彼らの音楽はいつでも真摯なものだったと思います。

しかし、その中でも犠牲にしてきたものはあったのだと思います。

『グッドバイ』は今まで自分たちが進んできた道から解き放たれ、本当に自分たちの信じる道を進んでいくのだという決別の歌なのだと思います。

ただ、この曲ではまだ方向ははっきりと見えていません。

「何を歌うだろう」と、自分でも確信を持てていないことを正直に歌詞にしています。

だからこそ『グッドバイ』は山口一郎の2014年1月時点でのリアルな思いを表現していると思えるのです。

6年ぶりの新作でも重要な曲



サカナクションは2019年6月、実に6年ぶりの新作『834.194』をリリースしました。『グッドバイ』も収録されています。

サカナクションは2018年に初のベスト盤『魚図鑑』をリリースしましたが、『グッドバイ』はシングル曲でありながら完全限定プレミアムBOXに別バージョンが収録されたのみで、他の通常盤や初回限定盤には収録されませんでした。

前作からの流れで見た時に、新しい一歩を踏み出す決意の曲である『グッドバイ』は間違いなく新作の中でも核になる曲のひとつで、安易にベスト盤に収録することを避けたのかもしれません。

ぜひ、6年ぶりの新作を通して聞いていただきたいと思います。

TEXT まぐろ

2005年に活動を開始し、2007年にメジャーデビュー。 日本の文学性を巧みに内包させる歌詞やフォーキーなメロディ、ロックバンドフォーマットからクラブミュージックアプローチまでこなす変容性。 様々な表現方法を持つ5人組のバンド。全国ツアーは常にチケットソールドアウト、出演するほとん···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

「NMB48」谷川愛梨・加藤夕夏・安田…

単純だけど、おしゃれでカッコイイ!「思…